「萬來舎・ノグチルーム」見物[昔、書いた福沢166]2019/12/09 07:04

      「萬來舎・ノグチルーム」見物<小人閑居日記 2003.3.11.>

 昨日は、暇人のやじ馬で、三田の山で「萬來舎・ノグチルーム」というのを 覗いて来た。 学生時代はもちろん、最近ニュースになるまで、そんなものが あることすら、知らなかった。 公開二日目の昼前、740番という整理券を もらって並んでいたら、後ろの慶應の学生の母親という人に「あの、蔵みたい な建物は何ですか」と訊かれた。 これは知っていて、「演説館」。 三田通り 側の幻の門のあたりは、桜がチラホラ、キャンパスは入学手続に来た嬉しそう な若い人やご家族がそこここにいて、なかなかいい風景だった。

 「萬來舎・ノグチルーム」というのは、慶應の三田キャンパスにある、私が 学生の頃は第二研究室と呼んでいた建物で、昭和26(1951)年8月に建 っている。 谷口吉郎の設計、1階玄関部南側に談話室として設けられた小ホ ールのデザイン、前庭とそこに設置された三点の彫刻をイサム・ノグチが担当 した。 この建物が建てられた場所は、明治初年、福沢諭吉が「千客万来、来 る者はこばまず、去る者は追わず」という精神で「萬來舎」を開設した所だっ た。 新しい建物は「新萬來舎」として構想されたのだった。 今度、慶應で は新しい大学院施設をこの場所に建設することになり、この「萬來舎・ノグチ ルーム」を壊し、その一部を移築することにしたので、問題化したのだった。

 初めて見たノグチルームは、山小屋風といったデザインで、中央の暖炉や籐 (だと思う)の敷物や編み細工のもたれ、曲線に特色のあるテーブルや長椅子 などの家具が、目についた。 前庭の彫刻、白河石の「無」は似たようなもの が湘南の海岸にあったような気がし、鋳造鉄板の「若い人」と鋳造鉄棒の「学 生」はかなり錆びていた。