《築地明石町》モデルの孫2019/12/13 07:13

 11日に東京国立近代美術館で「鏑木清方 幻の《築地明石町》特別公開} を観て来たので、一日「昔、書いた福沢」を休み、《築地明石町》のモデルの孫に ついて以前書いた「等々力短信」を出すことにする。 東京国立近代美術館は、 15日の会期末前で、ものすごい人だった。 2007年に行った鎌倉市鏑木清方 記念美術館は、閑散としていたのに…。

      等々力短信 第1052号 2013(平成25)年10月25日

               パリに生れ、パリに死す

 ヨーコ・タニ、谷洋子という名の女優を、ご記憶だろうか。 グレアム・グ リーン原作の映画『静かなアメリカ人』(1958年)で助演、同年の『風は知ら ない』ではダーク・ボガードと共演、第二次大戦末期、日本人捕虜の尋問のた めに空軍中尉がインドのジャイプールで日本語を学び、教えてくれる美しい女 性と恋に落ちる、そのスズキ役。 『バレン』(1960年)ではアンソニー・ク インとイヌイットの夫婦を、『青い目の蝶々さん』(1962年)では日本に単身赴 任したイヴ・モンタンの夫が浮気したのではと疑い、ゲイシャに扮して探るシ ャーリー・マクレーンの妻に、化粧や着付けをする芸者を演じた。 フランス のテレビ番組や舞台にも出た。 日本映画では、1956年の久松静児監督、田中 澄江脚本『女囚と共に』に出ているが、その共演者がすごい。 田中絹代、原 節子、木暮実千代、香川京子、淡路恵子、久我美子、杉葉子、浪花千栄子。 前 田敦子と大島優子の区別はつかないのに、こちらは皆、顔が浮ぶのは、年を取 った証拠だろう。

 森まゆみさんが、岩波の『図書』8、9月の上下で書いた「谷洋子のポルトレ」 を読み、谷洋子(1928(昭和3)年~1999(平成11)年)の本名が、猪谷洋子、 その母の名が妙子と知って、私にはピンと来る本があった。 富岡多惠子さん の『中勘助の恋』(創元社)である。 中勘助の“恋人”が、猪谷妙子だったか らだ。 妙子とその母江木万世(ませ)は、中勘助の人と文学を考える上で最 も重要な二人で、共に中勘助に「愛の告白」をしている。 万世は、中勘助の 一高以来の友人、新橋の江木写真館の息子、江木定男の妻で、鏑木清方の代表 作《築地明石町》(1971年切手になった)のモデルになったほどの美人だった。

 中は若い友人夫妻の娘妙子を、幼い頃から大層可愛がり、江木定男が妙子13 歳の時に亡くなると、父親代りの役を務める。 膝の上の妙子にねだられてし たお話を、東京高商で経済学を専攻フランスに留学した猪谷善一と結婚し、パ リで洋子の母になった妙子に請われて、書き上げたのが『菩提樹の蔭』だった。

 猪谷一家は1930年に帰国、洋子は母も出た東京女高師附属女学校(現お茶 の水女子大附属中学・高校)から津田塾大学に進み、英語を身につけ二番で出 た。 女学生の時、母妙子が死ぬ。 どうしても外国に出たくて1950年カソリ ックの縁で渡仏、パリ大学にも通った。 最初は画家を志し、なかなか帰国し ないので、父が仕送りを止め、レビューに出た。 「日本から持って行った着 物を重ねて着て、一枚ずつ脱いだらすごく受けたのよ」、異国で女一人、気風よ く生きた。 『天井桟敷の人々』のマルセル・カルネ監督に見出されて映画デ ビューする。 俳優と結婚して別れ、長い付き合いの恋人ロジェと幸せに暮し、 70歳で没、ブルターニュのお墓に一緒に入ったという。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「等々力」を漢字一字で書いて下さい?

コメント:

トラックバック