吉村昭さんの『生麦事件』、皆村武一さんの中公新書[昔、書いた福沢171]2019/12/15 07:23

        新旧武器の威力の差<小人閑居日記 2003.4.28.>

 4月18日に生麦事件について書いて以来、吉村昭さんの大冊『生麦事件』 (新潮社)を読んでいた。 5年ほど前の出版時に買ったが、積んどく本にし ていた。 最大の収穫は、新旧武器の威力の差の問題だった。

 この本は生麦事件の発生から、薩長連合による倒幕までを描いている。 薩 摩藩は文久3(1863)年7月2日、生麦事件の下手人の処刑と、死傷者に 対する賠償金を要求して、鹿児島に来航したイギリス艦隊と戦争になった(薩 英戦争)。 それまでに赤間関(下関)を通過する外国艦船を砲撃してきた長州 藩は、翌元治元(1864)年8月5日、英仏蘭米4か国連合艦隊の来襲を受 けた(下関戦争)。 この二つの戦争による実地体験で、薩長両藩は、新旧武器 の威力の差を知った。 外国軍のアームストロング砲など施条式後装鋳鉄砲が 先端の尖った鉄製の砲弾(椎の実弾)で射程距離3.6キロと長いのに対し、 台場の青銅砲からの砲弾は球型で正確に目標に飛ばす飛距離も短く(1キロ弱)、 威力も明らかに椎の実弾より劣っていた。 鉄砲も新式のライフル(施条)銃 と火縄銃では連射のスピードも威力も大きな差があった。 陸戦も経験した長 州は、西洋の陣法の優秀なことも知った。

 この教訓に学んだ薩長両藩は、ただちに近代装備の購入に努め、たまたま南 北戦争が終わって余剰の出ていた武器を大量に輸入することができた。 それ が戊辰戦争で、数の上では圧倒的に優勢な幕府軍に大勝できた要因になったの である。

       「鹿児島の火災」問題<小人閑居日記 2003.4.29.>

 薩英戦争でイギリス軍艦が鹿児島の市街地を焼いたことが問題になった。  ニューヨーク・タイムズは「イギリスの残忍な行為」という社説を掲げて、町 を砲撃して炎上させたのは、なんの罪もない市民の生活を奪ったことは残虐で 非人道的行為だと指摘したという。 今度のイラク戦争の空爆で、しばしば一 般市民の被害が問題になり、先の大戦の空襲(4歳の私も経験した)や広島・ 長崎への原爆はどうだったのかと、考えていたところだったので、興味深かっ た。

 吉村昭さんの『生麦事件』に、パーシウス号が城下町の上町に近づき、火箭 (かせん)をしきりに放って、その一弾が上町向築地海岸の硫黄商薬師忠兵衛 の土蔵に当って、数千俵の硫黄に引火し、強風にあおられて大火になったとあ る。 この「火箭」だが、皆村武一さんの『『ザ・タイムズ』にみる幕末維新』 (中公新書)に「ロケット弾」とあった。 皆村さんの新書には、1864年 2月10日付『ザ・タイムズ』から、この「鹿児島の火災」問題がイギリス下 院議会で論議された経過がくわしく書かれている。 結論をいえば、ブックス トン議員の動議にもとづいて、政府は鹿児島の町を焼いたことに対して遺憾の 意を表明すること、イギリスが鹿児島で行なった攻撃(戦争)は文明国間で戦 争に際して通常守らなければならない義務と政策に違反するものであること、 攻撃を指揮したクーパー提督に個人的に責任があることが、採択されたという。  吉村昭さんの『生麦事件』では「バクストン」の動議は否決された、と結論が 逆になっている。 皆村新書は否決されたのは、ロングフィールドの修正案だ から、ブックストンの動議が採択された、となっている。

         「嘘をつく」こと<小人閑居日記 2003.4.30.>

 吉村昭さんの『生麦事件』を読んで、もう一つ感じるところがあったのはし ばしば「嘘をつく」ことである。 生麦事件では、島津久光の行列中から、供 頭の奈良原喜左衛門がリチャードソンを斬り、小姓組の者たちがマーシャルた ちに刀をふるった。 横浜村に常駐していた幕府の神奈川奉行阿部正外(まさ と)は、支配定役の清水又三郎を島津久光一行のいる程ケ谷宿に派遣し、下手 人の引渡しを要求した。 応対に出た薩摩藩士は、浪人態の者が突然現れ外国 人に斬りつけたもので、薩摩藩とはなんの関係もないと答えた。 その後、現 場で事件を目撃した村人の証言にもとづく申上書で、奉行所が正確な事実をつ かんでいることがわかると、薩摩藩は、架空の藩士で軽輩の足軽岡野新助が斬 りつけ、同人は行方知れずになっているという届書を提出し、その主張を薩英 戦争までもつらぬく。

 イギリス艦隊が鹿児島に来航し、国書をつきつけて交渉が始まる。 奈良原 喜左衛門は、事の発端が自分の責任であったことを思い、西瓜を売りに行く商 人を装って、軍艦に上がり代理公使ニールらを殺害する奇襲計画を上申する。  奈良原や海江田武次(事件発生時の先導役)らは、商人風のマゲに結い直し、 八艘の舟で各軍艦に漕ぎ寄せたが、不審感を抱いたイギリス側に警戒され、計 画を中止せざるを得なくなる。

 幕府による生麦事件の賠償金の支払交渉でも、武力行使をちらつかせるイギ リスに対し、延引また延引、期限の引き延ばしがはかられる。 老中や若年寄 が病気と称して出て来なかったり、責任を取るべき上の者の責任回避が目立つ。

 長州藩の4か国連合艦隊との和議でも、正使毛利家一門の家老宍戸刑馬とし て交渉に出たのは高杉晋作だった。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「等々力」を漢字一字で書いて下さい?

コメント:

トラックバック