中川眞弥さんの「『文字之教』を読む」[昔、書いた福沢181]2019/12/25 07:02

         『文字之教』を読む<小人閑居日記 2003.6.25.>

 6月の第三金曜日には、毎年「ジャーミネーターの会」がある。 近年は有 楽町の日本外国特派員協会が会場になっている。 高校時代に、日吉の慶應高 校と三田の女子高、それに私の志木高で、新聞を作っていた仲間の会だ。 「ジ ャーミネーター」というのは、発芽試験器だそうで、三校の新聞部が新人研修 のために出していた研究紙の名前だった。 洒落た先輩(生意気な高校生)が いて、名前にしても、そんな新聞を出していたことも、大したことをやってい たものだと思う。

 毎年スピーチがあるが、今年(20日)は幼稚舎の舎長をなさった先輩(9 年上)中川眞弥さんの「『文字之教』を読む-徳富蘇峰の指摘-」という話を聴 いた。 『文字之教』は、福沢諭吉が明治6年に刊行した子供向きの国語教科 書である。 従来の難しい四書五経の素読といった方法でなく、やさしく、漢 字をわずか928種しか使わずに、日常の役に立つ言葉や文章が身につくよう に工夫されたものだ。 『第一文字之教』『第二文字之教』『文字之教附録 手 紙之文』の和綴三冊本、『手紙之文』は草書体の木版刷り、実際に手紙を書くた めの手本になっている。 今日、ほとんど、読んだ人はいないだろう。 中川 眞弥さんの話を聴くうちに、それが、素晴らしいものだということが、徐々に わかってきた。

      蘇峰の挙げた福沢文章の特色<小人閑居日記 2003.6.26.>

 『文字之教』がどんなものか、『第一文字之教』から例を示す。

    第七教

   酒  茶  飯  砂糖

   買フ 喰フ 良キ 悪キ

  酒ヲ飲ム○茶ヲ飲ム○飯ヲ喰フ○子供ハ砂糖ヲ好ム

  ○良キ子供ハ書物ヲ買テ読ミ悪キ男ハ酒ヲ買テ飲ム

    第十五教

   角  尾  毛  髪

   髭  魚  蛇  坊主

  牛ニ角アリ○犬ニ尾アリ○魚ニ毛ナシ○蛇ニ足ナシ○女ニ髭ナシ

  ○女ニモ男ニモ髪アレドモ坊主ニハ髪ナシ

 徳富蘇峰は、明治23年4月『国民之友』80号に、前月(つまり出版から 17年を経て)この『文字之教』を読み、福沢について、世間が認める新日本 の文明開化の経世家としてではない一面、つまり文学者としての福沢の役割、 日本文学が福沢に負うところの多いことを説明するのに、この本が「大なる案 内者」となる、と書いた。 福沢が、すでに明治6年の時点で、平易質実、だ れでも読むことができ、だれでも理解できる「平民的文学」に注意したことを 知るのだ、と。

 蘇峰は、そうした「平民的文学」の先駆者としての福沢の文章の特色として 七つを挙げる。 1.その言葉の使い方に警句(「警策」エピグラム)があって、 一種の気迫がある。 2.身の回りの卑近な例を引くので(「直截」)、誰でも理 解しやすい。 3.他人が考えもしない発想(「非常の事を通常に云う」)。4. 比較が巧みで難しい理屈が納得しやすい(「不釣合」に突飛な対比)。 5.用 語の意味をつまびらかにして、分かりやすい(「死中に活」)。 6.諧謔、頓智、 諷刺、嘲笑、中でも最も多いのは嘲笑。 7.「嘲笑的な特色と相伴ふて離れざ るものは、懐疑的香味是なり。」

 この七つのうち、5までは、人がもし子細に学習すれば、その一片を学ぶこ とができるだろうが、6.7.は福沢に天性のもので、実に旧日本破壊、新日 本建設に際して、人々を目覚めさせるのに一大利器になったという。

『サイラス・マーナー』<等々力短信 第1126号 2019(令和元).12.25.>2019/12/25 07:09

『サイラス・マーナー』は読んだことがなく、作者のジョージ・エリオット がジョージなのに女性だというのも、知らなかった。 1861年の刊行当時、女 性の作品というだけで軽視されたことと、彼女が妻子のいるパートナーと暮し ていたという事情があった。 恩師の奥様、小尾芙佐さんが9月、光文社古典 新訳文庫から『サイラス・マーナー』を上梓された。 高校生の時に出合って いたが、2016年本屋大賞(翻訳小説部門)を受賞された『書店主フィクリーの ものがたり』(その年6月25日の短信1084号で紹介)に好きな小説の一つと して出て来て、原作を再読、感動し、この物語の素晴しい魅力を、今の人たち にもぜひ伝えたいと、強く感じられたのだそうだ。 私などは翻訳本を読むだ けでもかなりの時間を要したから、翻訳のご苦労は如何ばかりかと思った。

 機織り職人のサイラス・マーナーは、婚約者がいたが、親友の裏切りで金を 盗んだという無実の嫌疑を受け、教会の御神籤で有罪とされ、親友と婚約者が 結婚して、故郷を遠く離れラヴィロー村の採石場近くに移り住む。 すっかり 人間嫌いになり、機を織って稼いだ金貨を眺め数えるだけを唯一の楽しみに、 孤独な守銭奴となって15年になる。 村には、経済格差の二つの階級があっ た。 郷士のキャス家を筆頭に、地主の旦那衆、医師、獣医、牧師、教区執事、 治安判事など。 他方に、肉屋、車大工など商工人、そして農民、小作人。 教 会でも、居酒屋の虹屋でも、それぞれの席が決まっていた。

 キャス家の長男ゴッドフリーは、ラミター家の美人ナンシーと結婚したいの だが、実は秘密の結婚で子があり、そのため次男のダンスタンに脅されている。  サイラスは貯めた虎の子272ポンド余を盗まれ、悲嘆に放心状態となり、犯人 のダンスタンは姿を消す。 キャス家では大晦日の大宴会があり、そこへ子を 抱いて乗り込もうとした秘密の妻モリーが雪の中で倒れ、子供だけがサイラス の小屋にたどりつく。 たまたまの発作から覚めたサイラスは、炉端に金貨か と見違えて黄金色の巻き毛の幼子を見つける。

 サイラスは、金貨の代りにやって来た二歳の幼子を、救貧院にやらず、自分 で育てる決心をし、妹の名を採ってエピーと名付ける。 車大工のおかみさん ドリーの強い助けもあり、娘エピーがサイラスと世間の絆を結びつけてくれる ことになる。 庶民階級のドリーが、サイラスの過去の受難、教会の御神籤で 有罪とされた件を聞いて、いろいろと考えた、いわば「哲学」が、とてもいい。  「わたしらが知るかぎりの正しいことをしてな、あとは信じるだけなの。」 父 親のサイラスの格別な愛情のもとで、エピーは成長する。 純粋な愛というも のには詩のいぶきが感じられ、このいぶきは、ずっとエピーをとりまいていて、 エピーの心はいつまでも初々しさを保っていた。