九鬼隆一という人物[昔、書いた福沢182]2019/12/26 06:55

        九鬼隆一と大臣病<小人閑居日記 2003.6.28.>

 司亮一という人の書いた『男爵(バロン)九鬼隆一 明治のドン・ジュアン たち』(神戸新聞総合出版センター)を読んだ。 九鬼隆一は、慶應義塾に一年 ほどいて文部官僚になり、福沢諭吉の家にも親しく出入りしていたが、明治1 4年の政変でこの人に裏切られた福沢が、生涯許さず蛇蝎のごとく嫌った人物 だ。 『「いき」の構造』の哲学者九鬼周造はその四男である。 周造の母、隆 一の二番目の妻、初子(を、この本は使っているが、波津(子)の表記で名高 い)は、岡倉天心との恋愛(今日の不倫)問題で知られる。

 九鬼家というのは、水軍に端を発した摂州三田(さんだ)の殿様で、九鬼隆 義という人が、その重役白洲退蔵とともに、福沢と親しかった。 だが隆一は、 殿様ではなく、三田の重臣である星崎という家から、隆義がそこから養子に来 た三田の支藩、綾部藩の首席家老九鬼隆周(ちか)の家に養子に入って、星崎 貞四郎から九鬼静人(しずと)になり、慶應義塾に入った頃から隆一を名乗り 始める。 誰にでも藩主家の出と思わせる名乗りに、この人物の計算が見え見 えだといえないか。 九鬼隆一は、大臣病患者だった。 そのために懸命に働 き、着実に立身出世して、明治初期の文部行政、とりわけ美術関係のそれに大 きな業績を残している。 しかし、大臣にはなれなかった。 立身出世の過程 で、敵を作り過ぎた。 福沢も、その門下生たちも、その敵だった。 大臣病 患者は、今でもごろごろいる。 小泉純一郎首相が、自民党内で人気がないの は、派閥順送りの大臣人事をしないからだろう。

        小間使いという手口<小人閑居日記 2003.6.29.>

 『男爵九鬼隆一』の副題が「明治のドン・ジュアンたち」なのは、まず九鬼 隆一自身が「漁色家」だったからだ。 二番目の妻、初子は、杉山波津といい、 15歳祇園の半玉だったのを、その初々しさと美貌、きらめく知性に惚れ、置 き屋にかけあって落籍(ひか)し、小間使いという名目で屋敷に置いた。 そ れは明治8(1875)年頃のことで、長女琴、長男良造が早世した後、次女 光子が生まれる直前の明治16(1883)年5月になって、つまり8年ほど して正式に結婚している。

 明治31(1898)年8月28日付万朝報の記事「麹町区三年町一番地枢 密顧問官帝国博物館長九鬼男(爵)は、いわゆる美術に熱心なるよりも、むし ろ女色に熱心にして、婦人に対してはかつてその醜美を論じたることなく、手 当たり次第に手を附け、これまで雇い女を孕ましたること数次なりしが、その 数多き内に今なお紀念として存し居るは、荏原郡大井村千四百七十六番地酒井 申太郎の二女みね(二十九)にて、同人は二十八年三月中、小間使いとして雇 い入れられたるものなり」。 司亮一さんは、森有礼のように蓄妾を弾劾する意 見は、なお先駆的なものでしかなかったという当時の風潮にふれ、「それはいい。 重く受けとめるべきは、隆一が酒井みねに手を付けていたのが、初子が精神を 病みつつあった時期とほぼ一致するという事実である」と書いているが、「それ はいい」というのは、それもよくない。