「私の福沢諭吉」俳句「読書渡世」2020/01/01 08:00

 明けましておめでとうございます。 毎年元日のお笑い種に、ご覧に入れて いる自作の俳句、俳誌『夏潮』一月号の親潮賞応募作、題して「読書渡世」二 十句です。 「昔、書いた福沢」の途中、期せずして「私の福沢諭吉」俳句と なりました。

初句会自由は不自由の中にあり

初午や密かにお札捨ててみて

寒暁の豆腐屋もまた実業家

筆一管で生きる決意や冴返る

戦争の最中も書読む春の風

シスコ春メリケン少女と写真撮る

大船は航跡太し春の海

古川の土手の散歩や朝桜

娘らは長唄復習ふ春の宵

物干に裸で寝るや星涼し

取り合ひて蘭和辞書引き明易し

筍飯目黒不動は藪の中

人生蛆虫渡れ浮世を軽く視て

宵闇に殺気の人と擦れ違ふ

門閥は父の敵よちちろ虫

燈火親し一家総出の手内職

秋風や父の形見の典籍売る

爽やかや読書渡世の一市民

鄙事多能下宿の障子みな洗ふ

棄つるのは取るの法なり煤払

 この内『夏潮』一月号に掲載して頂いた、つまり辛うじて俳句だったのは、 次の三句でした。

寒暁の豆腐屋もまた実業家

大船は航跡太し春の海

爽やかや読書渡世の一市民

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「等々力」を漢字一字で書いて下さい?

コメント:

トラックバック