「マヽヨ浮世は三分五厘」[昔、書いた福沢197]2020/01/20 07:09

      「マヽヨ浮世は三分五厘」<小人閑居日記 2003.12.31.>

 「マヽヨ浮世は三分五厘」という言葉は、よく引用される福沢諭吉の手紙に 出て来る。 明治8年4月24日付、旧中津藩上士の島津復生宛。 『文明論 之概略』の写本を贈り、「此書は昨年三月の頃より思立候得共、実は私義洋書並 に和漢の書を読むこと甚狭くして色々さし支多く、中途にて著述を廃し暫く原 書を読み、又筆を執り又書を読み、如何にも不安心なれども、マヽヨ浮世は三 分五厘、間違たらば一人の不調法、六ケ敷事は後進の学者に譲ると覚悟を定め て、今の私の智恵丈け相応の愚論を述たるなり」と書いた中の一句である。

 この「マヽヨ浮世は三分五厘」だが、ずっと「さんぶごりん」と読んでいた。  こんど出た『福沢手帖』119号に、進藤咲子東京女子大学名誉教授の書かれ た「福澤諭吉書簡から この一句、この一節」を読んで、頭をブッ叩かれるよ うな思いがした。 「さんぷんごりん」なのだという。 「三分(さんぷん)」 は銀貨一匁の十分の一、「五厘」は一分(いっぷん)の二分の一。 「浮世は三 分五厘(さんぷんごりん)」は慣用句で、多く「浮世三分五厘」の形で用い、そ れほど値打ちのないこと。 「分(ぶ)」と読む場合、一分(いちぶ)は一両の 四分の一、一朱の四倍に相当する金貨である。 銀一分(いっぷん)は一両の 六百分の一に相当するから、「三分(ぶ)」と読むと、「三分(さんぷん)」の1 50倍もの大金になってしまって、まったく意味をなさないのだ。 年末にあ たり、無学を恥じ、深く反省しながらも、「マヽヨ浮世は三分五厘(さんぷんご りん)」を三度唱えたのであった。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「等々力」を漢字一字で書いて下さい?

コメント:

トラックバック