「生命を寿ぐ-高校生の声の力」[昔、書いた福沢199]2020/01/22 07:05

     「生命を寿ぐ-高校生の声の力」<小人閑居日記 2004.1.21.>

 20日、「生命を寿ぐ-高校生の声の力」という催しを三田へ見に行った。 母 校慶應義塾志木高校の生徒が出演し、慶應義塾アート・センター(所長は同期 の鷲見洋一文学部教授)の主催。 声を出して読む日本語がいろいろ話題にな っているが、速水淳子さんという熱心な国語の先生が指導したものだという。

 まず「越中万葉を歌う」、授業で学んだ和歌や俳句を徹底的に読み込み、研究 した上、北陸への研修旅行では、歌や句が作られた現場で、集団発声や個人朗 唱を試みたビデオを見る。 「越中万葉」というのは、『万葉集』にある大伴家 持が越中の国守として赴いたときに詠んだ歌。 普通の朗唱もあるが、自分で 曲をつけ、一人や集団で歌うのが多い。

 三年生「日本語表現」クラスによる発表は、「朗読」と、高校生が日常使う言 葉で、ある日の教室を再現した“FREE TALK”。 「朗読」では、島尾 敏雄・ミホ『戦中往復書簡』、新田次郎『八甲田山死の彷徨』がよく、前者は読 んでみたくなった。

 二年生は「古今集 賀の歌を歌う」。 今の国歌「君が代」は、『古今和歌集』 賀歌三四三の、読み人知らずの歌から来ているのだそうだ(天皇賛美の歌にさ れたのは明治期以来)。 もともとの「君」は、大事な人ということで、その大 事な人の長寿を祈る長寿祈念の歌だった。 長寿祈念や相手を大事に思うとい う、そのこころを帯して、高校生たちは自分の「君が代」を作詞し、21のグ ループに分かれ、歌や読みやパフォーマンスで表現した。 「君は聞かずや/ 志木高の/緑溢るる森/鳥は木々で羽を休め/狸は草原を駆け回る/枇杷、柿、 橘、山桜…」という「志木高賛歌」に始まり、いくつもの「君」を想う愛の歌 (英語の歌も多い)、各国の言葉で長寿を願うグループ、古代人に扮して踊り回 る連中、太鼓の音を模して手を拍ち足を踏み鳴らすもの、そして強烈なロック などなど。

 最後は二年生118名が、会場の通路にひろがって、あの歌会始の調子で 朗詠する「君が代披講」。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「等々力」を漢字一字で書いて下さい?

コメント:

トラックバック