「コソアド系」[昔、書いた福沢209]2020/02/09 07:56

          「コソアド系」<小人閑居日記 2005.1.12.>

 暮に届いた『福澤諭吉年鑑31 2004』を、ぼつぼつ読む。 進藤咲子東京 女子大学名誉教授の「勝海舟の談話語―『海舟語録』を資料として―」が興味 深い。 晩年の勝海舟が『海舟語録』でしゃべっている体言、動詞・指定表現・ 補助用言の用例を洗い出して、江戸言葉から東京語への変遷の過程を考察して いるものだ。 体言では、江戸語以来の普通語・俗語として、田舎ツポウ、(学 問が)淵博、嚊(かかあ)、ケチ(ケチーとも)、七両二分(江戸時代間男の謝 罪金額)、なんぼ、馬鹿奴、やかましや。 明治のことばと考えられるのが、間 (あい)の子、演説、海軍卿、機会的、金貨本位、元勲、御陪食、参議、シヤ ツ、征韓論、政府病、全権、大臣、勅任、藩閥、貧民、文明、明治政府、野蛮、 理想、猟官、憲法、雑居(内地雑居)、(文明の)流儀、などだという。

 代名詞の用例を挙げたところで「コソアド系」の語を使う場合が多い、とあ った。 「コソアド系」という言葉を知らなかった。 アチラ、アノ、アレ、 アレ等、コチ、コツチ、コノ方(ほう)、ソレなどだから想像はつくが、『広辞 苑』を引く。 「(国語学者佐久間鼎による命名)「しじご(指示語)」参照」と ある。 そこで「指示語」とは「物事を指し示す機能を持つ語。「これ・それ・ あれ・どれ」「こう・そう・ああ・どう」の類」。 老人になると多用する語だ。  そこで新しい言葉を思いついた。 「コソアド系」老人。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「等々力」を漢字一字で書いて下さい?

コメント:

トラックバック