居合から福沢諭吉を切る[昔、書いた福沢211]2020/02/11 07:03

        居合から福沢諭吉を切る<小人閑居日記 2004.4.9.>

 3月27日、日本橋室町の三井本館7階食堂で福沢諭吉協会の土曜セミナー があった。 ここは、いずれ三井美術館になるのだそうだ。 講師は幼稚舎教 諭の岩崎弘さん、「福澤先生と居合」。 福沢研究にも、いろいろな切り口があ るもので、剣道をやっている岩崎さんは、長年ここから調べて来た。

 福沢の居合は、本格的なものなのだそうだ。 少年時代に中津で中村正(庄) 兵衛に立身(たつみ)新流という居合術を学んだ。 おそらく町道場でなく、 藩の道場だろうという。 立身流の居合術は室町時代末期に伊予の人、立身三 京によって創始され、佐倉堀田藩と中津奥平藩(立身新流)に伝えられた。 中 津藩では途絶えたが、佐倉では現在も二十一代宗家、加藤高という方がいると いう。 この立身流の居合をビデオで見た。 立って刀を抜く立会、座って抜 く居組、ともに襲ってくる敵の機先を制し、一刀必殺の鋭さを感じさせるもの だった。 

 鍛練によって「抜かずして、敵に勝つ」境地に達するという居合術は、福沢 の「捨て身」や「気力体力」の源となった、というのが結論だったようだ。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「等々力」を漢字一字で書いて下さい?

コメント:

トラックバック