中川眞弥先生と巣鴨の「ちはら町並み美術館」2020/02/15 07:11

 文中、N先生とあるのは、2015年7月に亡くなった中川眞弥先生である。  中川眞弥先生については、下記でも触れていた。 なお、『三田評論』1月号長 谷山彰塾長と『ノーサイド・ゲーム』の福澤克雄TBSディレクターの新春対談 に、福澤さんの幼稚舎時代、担任の中川真弥先生に叱られた話が出て来た。

中川眞弥先生を悼んで<小人閑居日記 2016.2.6.>

中川眞弥さんの「『文字之教』を読む」[昔、書いた福沢181]<小人閑居日記 2019.12.25.>

中川眞弥さんの「福澤諭吉の年少者向け著訳」[昔、書いた福沢200]<小人閑居日記 2020.1.23.>

      巣鴨の「ちはら町並み美術館」<小人閑居日記 2005.4.27.>

 嬉しい便りがあった。 昨年3月の「等々力短信」で紹介した巣鴨の「ちは ら町並み美術館」を、N先生が38人の女子学生を引率して訪れてくださった という。 館長夫人からの葉書には「当館では珍しく若くてピチピチしたお嬢 様方で、学生時代を大変懐かしく思い出しました」とあった。

 慶應幼稚舎の舎長をなさったN先生は、ある保育の専門学校で教えておられ る。 「日本の文化を知る体験学習」で、いろいろなところへ学生を見学に連 れて行って欲しいというのが学校の希望なのだそうだ。 その日は“とげぬき 地蔵”へ行き、「ちはら町並み美術館」に寄ったらしい。 雑司ヶ谷の鬼子母神 にも行き、これから上野国立博物館の法隆寺宝物館、江戸東京博物館、浅草仲 見世と浅草寺、深川不動堂と江戸資料館、下町風俗資料館、王子の飛鳥山博物 館などの見学を予定しているという。

 おもしろそうな授業だ。 手元に『TOKYO博物館ブラリブラリ』本山賢司 著、1997年、山と渓谷社という本がある。 大きいのから、小さいのまで、け っこう無料というのもあって、実にいろいろな施設があるものだと感心する。  東京にはいくらでも対象がありそうだ。 日本文化というと、歌舞伎教室とか (ひと幕の立見も)、寄席とかもあるけれど、お金がかかるかな。 国立劇場に は、資料展示室がある。 そういえば学生時代、館長夫人と一緒だった文化地 理研究会というクラブで、毎月東京のお祭りや縁日などの行事を見て歩いたこ とがあった。

コメント

_ 轟亭(ちはら町並み美術館) ― 2020/02/15 17:42

「ちはら町並み美術館」については、下記をご参照下さい。
「ちはら町並み美術館」再訪<小人閑居日記 2007. 5.8.>
豪華本『絵画で旅する 日本の町並み』の誕生<小人閑居日記 2007. 5.9.>
写生旅行に内助の功<小人閑居日記 2007. 5.10.>

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「等々力」を漢字一字で書いて下さい?

コメント:

トラックバック