福沢索引2005.5.14. 以後2005年5月のブログ[昔、書いた福沢217]2020/02/17 06:58

2005.5.14.からは<小人閑居日記>のブログを始めたので、以後[昔、書い
た福沢](と、その時代(とした方がよいか))は、このブログのバックナンバ
ーで読んで頂ける。 索引として、表題と若干の内容を掲げる。

福沢のよきパートナー、小幡篤次郎<小人閑居日記 2005.5.16.>
 「福澤先生ウェーランド経済書講述記念日」講演会「小幡篤次郎没後100年
―福澤諭吉を支えた第一人者―」、講師は服部禮次郎福澤諭吉協会理事長と西澤
直子福澤研究センター助教授。
小幡篤次郎の役割と社会構想<小人閑居日記 2005.5.17.>
 西澤直子助教授の講演「小幡篤次郎とモラルサイヤンス」。 小幡は、士族社
会の人々が、身分制度が崩壊した後、士族社会にかわって、近代社会において
自分たちの存在意義を認めるような、新しい帰属意識を持つことが出来る集団
として「健全にして且楽しき新家庭」を考えていた。

今、明治の変革から学ぶべきもの <小人閑居日記 2005.5.24.>
 NHKスペシャル、シリーズ『明治』。
「ゆとりか、学力か」<小人閑居日記 2005.5.25.>
 シリーズ『明治』第1集「ゆとりか、学力か」。
日本人の生 活と品性の特性<小人閑居日記 2005.5.26.>
 シリーズ『明治』第2集「模倣と独創―外国人が見た日本―」。
明治「税制改正」の教訓<小人閑居日記 2005.5.27.>
 シリーズ『明治』第3集「税制改正、官と民の攻防」。
国のありかたを建白する情熱<小人閑居日記 2005.5.28.>
 シリーズ『明治』第4集「国のありかたをどう決めるか」。
『明治』を見て思うこと、少々<小人閑居日記 2005.5.29.>
福沢と適塾出身者の交流<小人閑居日記 2005.5.31.>
 芝哲夫さんの講演「適塾と福澤諭吉―適塾生との交流」。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「等々力」を漢字一字で書いて下さい?

コメント:

トラックバック