福沢索引2006年3月のブログ・池井優さんの「戦後日本外交の展開とスポーツ」[昔、書いた福沢227]2020/02/27 07:20

池井優さんの「復活!名講義」<小人閑居日記 2006.3.20.>
 2008年に創立150年を迎える記念事業の一つ「復活!慶應義塾の名講義」、
池井優法学部名誉教授の「戦後日本外交の展開とスポーツ」を聴く。

その試合は現場で観た<小人閑居日記 2006.3.21.>
 池井優さんの話の中に、幸運にも子供の頃、その現場にいた試合がいくつか
あって、自分史に重なる。 父のやっていた工場が日大水泳部のプール・合宿
所に近かったので、古橋広之進、橋爪四郎ら“フジヤマのトビウオ”たちは身
近な存在だった。 オドゥール監督率いるサンフランシスコ・シールズとの「日
米野球」の試合を観ている。 ボクシングの世界フライ級タイトルマッチで、
白井義男がダド・マリノを破って、世界チャンピオンになった試合も、同じく
後楽園球場で観た。

古橋広之進さんへの父の手紙<小人閑居日記 2006.3.22.>
 古橋広之進さんは、昭和60(1985)年12月2日から31日まで日本経済新
聞に、「力泳五十年」と題する「私の履歴書」を連載した。 和綴の製本をして、
古橋さんに送った、それに添えた父の手紙。

ふんどしと水泳パンツ<小人閑居日記 2006.3.23.>
 占領下の当時、接収されていた神宮プール、試合の時だけという条件つきで、
使用が許可された。 1947(昭和22)年8月8日、全日本水泳選手権大会の
決勝、古橋広之進400m自由形準決勝で、古橋さんは4分38秒4の世界新記
録で泳いだが、日本の水泳連盟が国際水泳連盟から除名中のため、未公認の幻
の世界新記録となった。
(当時のことは、田畑政治さんを主人公にした2019年の大河ドラマ『いだて
ん』の後半で描かれた。)

オドール監督、そして「水泳の人」<小人閑居日記 2006.3.24.>
 オドール監督の前で踊った記憶があるという、ガールフレンドからのメール。 
「水泳の人」は、キッパス監督、昭和25(1950)年の水泳日米対抗にコンノ、
マックレーンらをひきいて来日したアメリカチームの監督。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「等々力」を漢字一字で書いて下さい?

コメント:

トラックバック