大河ドラマ、呉座勇一さんの見方と、『麒麟がくる』2020/04/05 07:26

 呉座勇一さんは、「私たち日本史研究者の間ではNHKの大河ドラマの評判は 芳しくない。専門家だから、つい厳しい目で見てしまうのだ。」と言う(「呉座 勇一の歴史家雑記」朝日新聞2018年11月13日「ドラマ「真田丸」の妙」)。  細かい事実関係より世界観の方が気になり、近年の大河ドラマで顕著なのは、 現代的価値観を持ち込みすぎている点だそうだ。 側室が当り前の社会で、正 室があからさまにヤキモチを焼く。 戦乱が日常的に起きた時代に、主人公が 平和主義を唱える。 とはいえ、現代的価値観と懸け離れた思考の登場人物ば かりでは、視聴者が感情移入できない。 この点で、呉座さんが巧妙だと見た のが、2016年の「真田丸」で、視聴者の分身を登場させたことだ。 それが真 田信繁(堺雅人)の幼馴染という設定のきり(長澤まさみ)である。 彼女は 現代的価値観を現代的な言葉遣いで語り、作品世界で明らかに浮いていた。 そ れは、彼女が視聴者の代弁者だからに他ならない。 要するに、現代的価値観 を作品の基調にするのではなく、スパイス的に用いるべきだ、というのだ。

 その呉座勇一さんの見解から、今年の大河ドラマ『麒麟がくる』を考えてみ よう。 まず主題、戦乱のない平らかな世をもたらす「麒麟がくる」のを期待 しているというのだから、基調、大きなテーマは平和主義である。 時代の傍 観者のような明智光秀十兵衛(長谷川博己)を主人公に据えて、戦国時代の只 中に派遣して、美濃の斎藤道三家、京都の足利将軍家、尾張の織田家、駿河の 今川家、三河の徳川家の現場へ、カメラを持ち込んでいる。 作者の池端俊策 さんが、呉座勇一さんのコラムを読んだかどうかわからないけれど、完全にそ の見解を逆手に取り、明智光秀を視聴者の身代わりにして『麒麟がくる』を書 いたかのように思えるのだ。 明日、触れるが、明智光秀は40代になるまで の動静が詳しく分かっていないそうで、それも時代の傍観者としての設定を強 く後押ししている。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「等々力」を漢字一字で書いて下さい?

コメント:

トラックバック