三種の神器が乗った列車2020/05/06 06:54

 原武史さんの『昭和天皇』(岩波新書・2008年)を読んで、「等々力短信」第 999号「お濠の内の祭」を書いたのは2009(平成21)年5月25日だった。 そ のあらましは、以下の通りである。 昭和天皇は宮中祭祀をきわめて重要なも のと考え、熱心だったが、平成の天皇も皇后とともに、宮中祭祀に非常に熱心 で、「その熱心さは、古希を過ぎても一向に代拝させないという点で、昭和天皇 を上回っている」。 だが、室町時代前期の後光厳から江戸時代末の孝明(明治 天皇の父)まで歴代天皇の葬儀は、神式でなく、天皇家の菩提寺、御寺(みて ら)と称した京都の泉涌寺(せんにゅうじ)で執行された。 明治維新後、天 皇を中心とする明治新政府の樹立で、新政府は祭政一致を方針とし、神道の国 教化を推進した。 「宮中祭祀」は、新嘗祭を除くほとんどが、明治になって 創られた「伝統」なのである。

 政治学者で日本政治思想史がご専門の、その原武史さんが、いわゆる「鉄っ ちゃん」鉄道マニアぶりを発揮して、昨年10月から朝日新聞の土曜版の連載 している『歴史のダイヤグラム』が、まことに興味深い。 昨年10月22日に は、新天皇の「即位礼正殿の儀」が行なわれた。 この儀式が東京で行われる のは、平成に次いで二度目、それまでは京都で行われていた。 明治中期に制 定された旧皇室典範では、即位の礼と大嘗祭は京都で行われなければならない ことが規定されていて、大正と昭和の即位礼正殿の儀に相当する儀式は、京都 御所の正殿に相当する「紫宸殿」で行われた。 大正天皇も昭和天皇も、東京 から東海道本線を走る御召列車に乗り、途中名古屋で一泊してから京都に向か った。 ただし京都に向かったのは、天皇だけではなく、皇位のしるしとされ る「三種の神器」、すなわち八咫鏡(やたのかがみ)、草薙剣(くさなぎのつる ぎ)、八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)もまた、天皇が乗ったのと同じ列車で 運ばれたのだ。

 三種の神器のうち、鏡の本体は伊勢神宮に、レプリカは皇居の賢所(かしこ どころ)にある。 剣の本体は熱田神宮に、レプリカは天皇の住居にある。 勾 玉は剣のレプリカと同じところにあり、両者を合わせて「剣璽(けんじ)」とい う。 東京から京都まで列車で運ばれたのは、正確にいえば鏡のレプリカと、 この剣璽だった。

 剣璽は一泊以上の天皇の外出の際、天皇と一緒に運ぶことになっていたから、 天皇が乗る「御料車」に剣璽を置く「奉安室」が設けられた。 鏡のレプリカ は原則として賢所から動かさず、例外的に京都で即位の礼と大嘗祭を行うとき だけ動かした。 つまり鏡のレプリカが皇居の外に持ち出されたのは、1915(大 正4)年と1928(昭和3)年の2回しかない。 御召列車には、御料車のほか に「賢所乗御車(かしこどころじょうぎょしゃ)」と呼ばれる車両が連結された。  大正天皇の即位の礼に合わせて、東京の鉄道院大井工場で製造された「賢所乗 御車」が実際に使われたのは上の2回だけで、1959(昭和34)年に廃車とな った。 そう説明した原武史さんは、いまなおJR東日本の東京総合車両セン ターに保管されているらしいので、「賢所乗御車」を今回の即位の礼に合わせて 公開してほしい、鉄道史上唯一の、「神」を乗せる車両だからだ、と書いている。

「神器の剣、敗戦後の往還」2020/05/07 07:05

 原武史さんの『歴史のダイヤグラム』、11月30日は「神器の剣、敗戦後の往 還」だった。 名古屋市の熱田神宮は、「三種の神器」の一つである草薙剣を祀 っている。 これとは別に剣のレプリカが、八尺瓊勾玉と一緒に天皇の住む御 所にあり、合わせて「剣璽」と呼ばれていることは、昨日も触れた。 「剣璽」 は天皇の外出とともに動かす場合があり、これを「剣璽動座」という。 だが 原則として、熱田にある剣の本体を動かすことはない。

 ところが、かつて一度だけ、剣の本体を動かしたことがあった、というので ある。 時は太平洋戦争末期の1945(昭和20)年7月31日。 昭和天皇は内 大臣の木戸幸一に、「伊勢と熱田の神器は結局自分の身近に御移して御守りする のが一番よいと思ふ」「信州の方へ御移することの心組みで考へてはどうかと思 ふ」などと述べた(『木戸幸一日記』下)。 来たるべき本土決戦に備え、天皇 は伊勢神宮に祀られている八咫鏡の本体と、熱田剣の本体を、「自分の身近」に 移そうと考えていたのだ。

 天皇の言う「信州」は、当時建設が進んでいた長野県の松代大本営を指して いるのだろうが、実際には天皇が東京を動くことはなかった。 一方、鏡の本 体と剣の本体は、松代でなく伊勢や熱田により近い岐阜県の水無(みなし)神 社に移すことになったが、それが実現しないうちに敗戦を迎えてしまう。

 8月15日の敗戦によって、神器を移す必要はなくなったはずだ。 実際に鏡 の本体は動かなかった。 ところが剣の本体は、『昭和天皇実録』によれば、 1945(昭和20)年8月22日に、熱田神宮から水無神社に移している。 水無 神社は、JR高山本線の飛驒一ノ宮駅の近くにあり、島崎藤村の父で、『夜明け 前』の主人公、青山半蔵のモデルとされる島崎正樹が宮司をしていた神社とし て知られている。 「新調の外箱に神剣を奉納し、御名御親筆の勅封紙と麻に て厳封の上、さらに勅使たる侍従の封を施した後、従来御奉納の外箱中に奉安 し、施錠する」厳戒態勢で運んだ。 熱田は伊勢と違って名古屋という大都市 にあり、占領軍に神器を奪われるのを恐れたのかもしれない。

 熱田神宮から水無神社までの移動に際しては、陸軍東海軍管区司令部が協力 した。 おそらく剣の本体は、軍用車で運ばれたのだろう。 しかし熱田神宮 に戻された同年9月19日には、武装解除がすでに進んでいた。 復路もまた 往路同様、車で運ばれたという証言があるが、必ずしも記憶が正確でないのだ そうで、原武史さんは、飛驒一ノ宮から熱田まで、高山本線と東海道本線を走 る普通列車で運ばれた可能性も捨てきれない、とする。

 そして、敗戦直後の混乱のさなか、どの列車も込み、窓も敗れていただろう。  そうした列車に神器が乗せられ、無事に熱田まで戻ってきたとすれば、まさに 奇跡としか言いようがない、というのだ。

「三種の神器」と「万世一系の皇統」2020/05/08 07:11

 宮中祭祀を重視した昭和天皇の姿を描いた原武史さんの『昭和天皇』(岩波新 書・2008年)の第1章は、「「万世一系」の自覚」である。 昭和天皇は、裕仁 皇太子として成人式を終えた直後から明治天皇祭に出席して以降、祝祭日のた びに宮中三殿に通い、祭祀に出席することが多くなる。 当時の皇太子が学ん でいた東宮御学問所(このたび上皇上皇后ご夫妻が移られた高輪皇族邸が東宮 御所で、そこに設けられた)での教育、倫理を担当した杉浦重剛(しげたけ) が大きな影響を与えた、と言われる。 杉浦は講義の方針として、第一に「三 種の神器に則り皇道を体し給ふべきこと」を挙げ、1914(大正3)年6月22 日に始まった講義でも「三種の神器」をまず取り上げた(『杉浦重剛全集』第四 巻)。

 1910(明治43)年の国定教科書『尋常小学日本歴史』の教師用教科書発行 をきっかけに、いわゆる南北朝正閏論争が起こった。 南北朝時代については 南北朝を対等に扱い、両朝のうちどちらが正統かは論ずべきでないとする執筆 者の喜田貞吉に対して、1911年、南朝正統論者から非難の声が上がり、桂太郎 内閣が喜田を休職処分にして南朝正統説の採用を閣議決定するとともに、南朝 を正統とする勅裁まで下された。 これにより南北朝時代は「吉野朝時代」と 改められ、北朝の天皇の存在はいっさい認められなくなった。 裕仁皇太子の 東宮御学問所より前、学習院初等科時代のことである。

 しかし、天皇家は南朝ではなく、北朝の血統を継いでいたから、血統に代わ る正統性の根拠を見出さなければならなくなった。 そこで浮上してきたのが、 1392年の南北朝統一の際、南朝から北朝に譲り渡されたとされる「三種の神器」 であった。 南朝正統論が確立した1911(明治44)年以降、「三種の神器」は 「万世一系の皇統」を担保する神聖なものとなった。 明治天皇はもちろん、 大正天皇もおそらくなかった意識を、昭和天皇は皇太子時代から、決して見て はならない神器に抱くようになる、と原武史さんは言う。

 「三種の神器」が神聖なものとなったことで、その一つである八咫鏡の分身 が安置されている賢所、あるいは宮中三殿全体は、八咫鏡の本体が安置された 伊勢神宮や、草薙剣の本体が置かれた熱田神宮同様に「聖なる空間」となった。  そこで行われる宮中祭祀は、もはや「創られた伝統」ではなくなるのである、 と原武史さんは指摘している。

「「三種の神器」の確保が第一」2020/05/09 06:54

 原武史さんの『昭和天皇』(岩波新書)の第4章「戦争と祭祀」に、「「三種 の神器」の確保が第一」という節がある。 太平洋戦争末期、昭和天皇が戦争 を終結させようとした究極の目的は、「三種の神器」の確保にあった、というの である。 1945(昭和20)年7月25日の『木戸幸一日記』と『昭和天皇独白 録』には、それぞれ次のような記述がある。

 「爰(ここ)に真剣に考へざるべからざるは三種の神器の護持にして、之を 全ふし得ざらんか、皇統二千六百有余年の象徴を失ふこととなり、結局、皇室 も国体も護持(し)得ざることとなるべし。」(『木戸幸一日記』下)  (馬場記…「象徴」という言葉が、ここに出て来るのに驚く。やがて新しい 日本国憲法で「象徴」となるのは天皇だから。第一条「天皇は、日本国の象徴 であり日本国民統合の象徴であつて、この地位は、主権の存する日本国民の総 意に基く。」)  「敵が伊勢湾附近に上陸すれば、伊勢熱田両神宮は直ちに敵の制圧下に入り、 神器の移動の余裕はなく、その確保の見込が立たない、これでは国体護持は難 しい、故にこの際、私の一身は犠牲にしても講和をせねばならぬと思った。」(『昭 和天皇独白録』)

 ここには明らかに、東宮御学問時代に(昨日書いた)杉浦重剛と白鳥庫吉か ら受けた教育の影響が見られる。 天皇は杉浦から、「三種の神器」の重要性を 学ぶとともに、十代のうちに歴代天皇の陵を参拝することで、「百二十四代」の 天皇であることを実感するようになった。 天皇がこだわった「国体」の護持 というのは、「万世一系」の皇室を自分の代で終わりにしてはならないというこ とであり、国民の生命を救うのは二の次であった、と原武史さんは厳しく指摘 している。

 原武史さんは、さらに、こう書く。 敗戦直後に天皇は、日光にいた皇太子 にあてて手紙を書き、「今度のやうな決心をしなければならない事情」について、 「戦争をつゞければ 三種神器を守ることも出来ず 国民をも殺さなければな らなくなったので 涙をのんで 国民の種をのこすべくつとめたのである」と 説明している(高橋紘『象徴天皇』岩波新書、1987年)。 「三種神器」が一、 「国民」が二という順序は変わっていない、と。

靖国神社への臨時列車と山口誓子2020/05/10 07:17

 原武史さんの『歴史のダイヤグラム』に戻ろう。 2月8日は「誓子と靖国 への臨時列車」。 日中戦争から太平洋戦争に至る時期、靖国神社では毎年4 月と10月に戦死した将兵を祭神に合祀する臨時大祭が行なわれた。 これに 合わせて全国から遺族が選ばれ、列席するため、鉄道省が交付する無賃乗車証 をもち、遺族専用臨時列車に乗って続々と上京した。 1943(昭和18)年4 月22日から始まった臨時大祭では、約4万人の遺族が列席した。 このうち 三重県の遺族は、東海道本線、関西本線、参宮線を経由して東京と鳥羽の間を 結ぶ臨時列車を往復とも利用している。

 その帰路、4月28日午後10時25分東京駅発の臨時列車は、主要駅だけに 停車したようで、停まらない駅に帰る遺族は29日の午前6時に名古屋に到着 したところで、定期の普通列車に乗り換えた。 当時のダイヤで、関西本線名 古屋6時25分始発湊町(現・JR難波)ゆきの普通列車がある。

 その列車は長島から三重県に入り、7時11分頃に富田(とみだ)に着いた。  この駅から、地元在住の俳人、山口誓子が乗ってきた。 松尾芭蕉の出身地で ある伊賀上野を、俳人仲間とともに訪ねるためだった。

 「私達の乗つた二等車には、靖国神社の大祭に参列して帰つて来た遺族が乗 つてゐた。息子を失くした母親達の顏にも、外から見ては、悲しみの片影だも なく、たゞお互ひが郷土を同じうしてゐるといふ親しみの為めに一種の和やか さが私には却つて悲しく思はれた」(『山口誓子全集』第十巻)」

 河原田、加佐登(かさど)、井田川と普通列車が停まるたびに、彼女らは一人、 また一人と降りていった。  「中に、磨かれたやうに美しく年をとつた婦人がゐて、私は屢々そのひとの 方へ眼を遣り、そのひとのしづかに話す艶のある声を聞いたりなどしてゐたが、 そのひとも傍の人々に『来年又お目にかゝります』と云つて、どこかの駅に降 りて行つた」(同)

 原武史さんは、そう引用して、その婦人の言葉には、来年もまた遺族として 臨時大祭に参列する覚悟のようなものがうかがえる、その心の奥に隠された悲 しみを見逃さない俳人の観察眼にうならされた、と結んでいる。