家族主義的経営に道はないのか2020/07/01 07:04

 清宮政宏教授の「福沢山脈を引き継ぐ経営者たち」を読んで、当然、4月の「等々力短信」に「武藤山治の先見性」を書いたことを思い出した。 そこでは、武藤山治の鐘紡での革新的経営について、「生産会社には、生産、販売、労務の三要素があるが、一番力を入れたのが労務、人間尊重と家族主義的経営だ。 職工の優遇、福利厚生施設の充実、たとえば学校、託児所、娯楽施設をつくり、提案制度、社内報も日本で最初に始めた。 生産は、最新鋭の機械を金に糸目をつけず導入、テーラーシステムを取り入れ工場管理を徹底し、高品質の糸を紡出した。 販売では、アメリカ仕込みの宣伝を採用する。」と書いた。

 その武藤山治の人間尊重と家族主義的経営にふれている時、私自身の経験を思い出していた。 私はもう二タ昔も前、父の創業した零細なガラス工場を父や兄と経営していたのだが、戦後の集団就職で上京した中卒を職人に育てる家族的経営をモットーにしていた。 職工の優遇、福利厚生施設の充実、提案制度、社内報などにも、心を配っていた。 高度経済成長期に、効率や能率、生産性を重視する経営ばかりが持てはやされるなかで、人間尊重と家族主義的な日本的経営、小粒でも情と味のある工場にも、生きる道があるのではないか、という思いがあった。 当時、参考にしたのがソニー厚木工場での実践、小林茂著『創造的経営―その実践的探究』(マネジメントセンター出版局・1968年)だった。

 中小企業の銀行との付き合い方<小人閑居日記 2020.4.13.>で、少しふれたように、父の死後、家族的温情的な「いいわ、いいわ」の経営を続けていたこともあって、2000年直前の金融危機に、銀行の厳しい姿勢と貸し剥がしに直面し、にっちもさっちもいかなくなって、閉じることになった。 それでも工場の土地を処分し、借入金は完済、従業員には退職金も支払ったのであったが…。

 というわけで、日経新聞を読まなくなって二タ昔にもなる。 コロナ騒ぎで、「解雇」と合わせて「雇い止め」という言葉を聞く。 「雇い止め」を知らなかった。 有期で雇われていた人が、契約期間満了時に再契約されないことだそうだ。 非正規雇用というのが、爆発的に増えたのも金融危機以後のことである。 経営の形態も大きく変わっているのだ。 しかし、コロナ後の変化する世界に、もしかしたら、かつての人間尊重と家族主義的な日本的経営のような道もあるのではないか、などと思うのである。

鶴田真由、母方のルーツは新選組の森陳明2020/07/02 07:00

 6月29日に、女優・鶴田真由の「ファミリーヒストリー」を見ていたら、滋賀大学経済学部名誉教授の筒井正夫さんという方が登場、鶴田真由(以下敬称略)の母方の高祖父村田一郎と、曽祖父吉村三木太郎の話をした。 筒井正夫さんは戦前の企業家ネットワークを研究し、関係資料が揃っているらしい書棚の前だったので、私は清宮政宏滋賀大学経済学部教授の先生ではないかと思って、俄然興味がわいた。 日本にはない動力をどうするか、福沢諭吉、勝海舟あたりが、日本には水がある、水力を利用してやっていこうと「水力組」を作ったという話も出た。 殖産興業、当時の製紙会社、紡績会社の経営に深くかかわったのが、あとで出てくる高祖父村田一郎という人物だった。

 鶴田真由の母方のルーツは、桑名藩の森陳明(つらあき、常吉)、幕末の京都で一会桑(一橋、会津、桑名)の活動をしていたが、桑名藩内部の主戦派と恭順派の対立の中、主戦派の藩主松平定敬(さだあき・会津藩主松平容保(かたもり)の弟)に従って、彰義隊で戦い、仙台で新選組に属して改役(あらためやく、指揮官)となり、蝦夷地まで転戦、明治2(1869)年函館で敗れ負傷、反逆の罪で責任をとり斬首となるところを許されて切腹した。 森家は家名断絶、長男陳義(つらよし)は、母方の姓、若槻を名乗った。 桑名十念寺の「森陳明之墓」の字は藩主松平定敬の書、長男陳義への遺言「恩義を忘れず、私事を捨てよ」が刻まれている。

 若槻陳義(森でなく毛利とも言っていたらしい)の子が、鶴田真由の曽祖父にあたる若槻三木太郎で、三木には森の字が隠されている。 三木太郎は、桑名藩の家老である吉村権左衛門家の養子になる。 吉村権左衛門は恭順派で、主戦派に暗殺されていたので、恭順派と主戦派が恩讐を超えて手を結んだことになるという。 ノーサイド、桑名藩ワンチームのドラマである。

長くなったので、高祖父村田一郎と、曽祖父吉村三木太郎の話は、また明日。

水力利用の製紙会社と紡績業計画2020/07/03 06:43

 鎌倉由比ガ浜に、かいひん荘鎌倉という有形文化財の瀟洒なホテルがある、オーナーの井上さんのおばさんが、富士製紙の社長だった村田一郎の邸宅を買ったもの。 庭に村田の置き土産の不思議な形の灯籠と蹲がある。 製紙道具のグラインダーストーン、材木を砕いてバルプをつくる日本初アメリカから輸入した機械の、丸くて穴の開いた臼のような部品を使っている。

 村田一郎は、安政4(1857)年薩摩生まれ、先祖は藩の御用商人で、一郎の叔父林徳左衛門は複数の船を所有して海運業を営み、西郷隆盛、大久保利通とも通じていた。 明治5(1872)年、新政府は大久保の推進で地券を発行、林は大久保から紙の製造を持ち掛けられた。 紙の需要が多くて、和紙では間に合わず、紙幣の用紙まで輸入していた。 叔父に頼まれた村田一郎は、17歳でアメリカに渡り、製紙を学ぶ。 村田一郎は、昨日、冒頭で述べた、当時の製紙会社、紡績会社の経営に深くかかわることになる。 水力利用というメインの考え方を持った一人だった。 明治20(1887)年富士製紙を設立、明治22(1889)年富士工場をつくり、亜硫酸法と砕木法で木材パルプをつくるのに水車動力を利用した。 副社長から社長(明治24(1891)年から明治41(1908)年)になった。 大正13(1924)年鎌倉に邸宅を建てる。

 相模原市公文書館に、村田一郎が発起人の、明治39(1906)年の道志川水流使用承認願があった。 紡績業に利用するものだったが、認可が下りなかった。 村田の事業を引き継いだ人物が、森陳明(つらあき)の孫、吉村三木三郎だった。 5年越しの計画は完成しなかったが、戦後、道志ダム(奥相模湖)が出来て、村田一郎と吉村三木三郎の先見の明が明らかになった。 明治43(1910)年、三木三郎は村田の四女静と結婚する。 勝ち組薩摩と、負け組桑名の結びつきで、三木三郎が有能な人だったからだろうという。 そして村田一郎は鶴田真由の高祖父となり、吉村三木太郎は曽祖父となる。

 明治39(1906)年、村田一郎は日本統治下の台湾の恒春で、台湾恒春興農社をつくり、サイザル麻の栽培を始め、当時、軍事用などでマニラ麻が払底し、需要の多かったサイザル麻ロープを製造する台湾繊維をつくり、現地のトップに就く。 日本が去った後も、台湾に一つの産業を残したのである。

父方は別府温泉のホテルニューツルタ2020/07/04 07:09

 鶴田真由の父方は、別府温泉のホテルニューツルタだった。 ルーツは大分県佐伯市にあった。 初代の高祖父兵吉は、佐伯藩の武士で小谷姓だったが、何かの理由で息子の道造(曽祖父)を連れて、佐伯を逃れ別府に移ったと、現在の当主鶴田浩一郎(真由の従兄弟)は言う。 別府の菩提寺圓正寺で、兵吉が庄屋の鶴(雨に隺)田家に助けられ、勤勉と人物によって鶴田姓を許されたとわかる。

 番組が佐伯市を調べると、道造の出身地とあった四浦(ようら)半島の先端、高浜に小谷姓の家が一軒あり、事情を知っていた。 リアス式海岸で、黒船来航の前年には、清国の漁船が漂着したような場所だった。 豊後水道を見渡す高台に、家の跡と小谷兵部守(実名大谷徳蔵)の墓があった。 二本差の武士で半農半漁、旧佐伯藩(毛利家)から、海岸の警固を命じられていたが、大きな秘密に触れ(見つけてはいけないものを見つけた)、明治3(1870)年45歳で毒殺されたという。 後にその墓を建てたのは、鶴田道造・萬吉兄弟だった。 明治5(1872)年、兵吉は、13歳の息子道造を連れて出奔した。

 初代の高祖父兵吉(文政7(1824)年生)は、鶴田姓を許された別府で網元となり、二代道造(曽祖父)は、200人の網子を抱える大きな網元となった。 明治6(1873)年には、別府港が開港される。 折からの別府温泉の興隆にのり、鶴田家は、旅館業を始める。 5月13日の「「湯治舟」がわからなかった」に書いた時期で、別府港のすぐそば、海岸の好立地で、繁盛し、代々議員なども務めた。 祖父勘一と結婚した祖母栄子がやり手で、がっちりしたスタッフを育てて、旅館を大きく発展させた。 面倒見がよく、画家などが長く逗留し、宿賃代わりの絵がたくさん残っている。 戦中、傷痍軍人の宿や病院として使われ、戦後は、進駐軍に接収された。 真由の父は、勘一・栄子夫妻の六人の子供の末っ子で四男の剛司、逗留の画家の影響を受け、絵を描き、東京芸大を出て、三菱電機の工業デザイナーとなる。

 鶴田真由の母方、吉村三木太郎の子泰明(祖父)は東京帝大(地質関係専攻)を出て商工省の官僚となって世界を飛び回り、外務省の嘱託として昭和15(1940)年新婚の妻嘉子とともに香港の日本領事館に駐在した。 同じ、領事館に勤めていた中国人シウロン・ロー(東京帝大出)と家族ぐるみの付き合いをし、昭和18(1943)年に生まれた順(真由の母)と、シウロン・ローの息子ティモシーも仲良くなる。 吉村家は、本郷から鎌倉に越した。

 一方、別府の鶴田家の四男剛司は、東京芸大を出て三菱電機の工業デザイナーとなり、昭和39(1964)年会社からアメリカのイリノイ工科大学に留学した。 学生寮で出会ったのが、香港から留学していたティモシー・ローだった。 剛司の社宅は鎌倉にあった。 帰国する時、ティモシーから、鎌倉の吉村家に顔を出し、土産物を届けてくれるように頼まれた。 江ノ電の駅で、赤い傘を差して出迎えたのが、順だった。 剛司と順は恋に落ち、二年後に結婚、昭和45(1970)年、真由が生まれる。

山中伸弥さんのコロナウイルスについての発信2020/07/05 06:30

 6月27日の阿川佐和子「サワコの朝」は、山中伸弥京都大学iPS細胞研究所所長・教授が、最近、積極的に発信を続けているコロナウイルスについて語った。

サンフランシスコに毎月行くが(カリフォルニア大学サンフランシスコ校グラッドストーン研究所iPS細胞研究拠点上席研究員)、2月からはリモート。 3月からコロナウイルスについて発信するようになったのは、 (1) 重症化すると、あっという間に亡くなる。怖さを伝えたい。 (2) 短期では終わらない。1年、2年、長期の対策が必要。

 いろいろ発信の機会があるので、その状況を使わせて頂こうと。 家族やiPS細胞研究所の広報は反対したが、そんなことを言っている場合じゃない。 怖い。 個人の意見として、始めた。

 必ず、出口はある。 5年後、10年後には終わっている。 人類はコロナウイルスとうまくつきあえるようになっている。 ワクチン、治療薬(このウイルスに特化した薬)によって、インフルエンザと同じようになっている。

 日本はかなり善戦したと思う。 アメリカ、イタリアに比べれば、9割対6、7割で。 国民全体の力。

 待機は10日ぐらいでいい。 人に感染させるのは、発症する前の時期が勝負なので、濃厚接触者の管理が重要。 「接触発見アプリ」を勧める、多くの人がお互いにやらないと意味がない。

 日本で、感染者、死者の少ない理由「ファクターX」。 いくつもの原因が考えられる。 (1)日本の公衆衛生体制(全国に保健所がある)。 (2)クラスター対策。 (3)マスクの習慣。相手を守る。ウイルスは唾(つば)でとまる。 (4)BCGなどのワクチン接種。 (5)遺伝子的な影響。(iPS細胞で再現できる。)

 オリンピックは、どういう形だったらできるか、議論をする必要がある。 あくまでも選手ファーストで。

 コロナとどう付き合うか、日本が発信するチャンス。 次なる未知のウイルスにも、備えなければならない。 金と人を、対策に投ずる必要がある。

 山中伸弥さんが「今、心に響く曲」、自分に対する応援歌に選んだのは、フランク・シナトラの「MY WAY」を、アレサ・フランクリンが歌っているもの。 村上春樹さんのDJ番組で聴いて、心に染みた。 「新しいものをつくりたい。 古いものも、やり方で変えられる。」 今、マラソンができないので、近所を散歩しているが、四つ葉のクローバーを見つけた、一か月に20も。