日本の武士を傭兵に、覇権を手にしたオランダ2020/07/11 06:56

 「戦国~激動の世界と日本(第2集)」「ジャパン・シルバーを獲得せよ 徳川家康×オランダ」の最後に、もう一つ初めて知った話があった。 スペインとオランダの植民地争奪は、モルッカ諸島(インドネシア)やマラッカ海峡などで激しくなっていた。 オランダ国立公文書館の文書に、日本が商品として輸出した積み荷リストがある。 火縄銃などとともに、日本人の名前がある、サムライ、つまり傭兵だ。 戦国時代が終わり、失業した武士たちを、傭兵として新たな場所へ、植民地争奪戦に投入したのだ。 ジャック・スペックスは、家康と交渉して出国許可を取り、傭兵をスペインの最重要地点、特産品香辛料を産するモルッカ諸島へ送り、オランダが勝つ。 こうしてオランダは、スペインの植民地をつぎつぎに奪うことになる。

 世界の船の3/4がオランダのものとなり、日本と結びつくことによって、オランダは世界の覇権を手にする。 日本は、世界史と深くかかわったのである。 ヨーロッパの大戦争、三十年戦争(1618-1648)では日本の大砲が投入され、オランダが勝利した。 敗北したスペインの没落が、決定的となった。

 世界史の大転換。 日本とヨーロッパが結びついた時、新たに出現したグローバル経済を最も効率的に利用したものが、勝利を手にした。 戦国時代の日本もまた、世界史の最前線であった。 世界もまた一つになる、新たな時代を経済が開いたのである。(ケネス・ポメランツ シカゴ大学教授)