逆さの首、屋上の怪人2020/09/20 08:13

 明智小五郎探偵が春木氏に電話すると、昼でなく夜7時頃がいいということで、どこかを調べに行った後で、訪問した。 青年紳士春木氏はニコニコと出迎え、二階の立派な応接室に案内する。 白い詰襟の上着を着た30歳ぐらいの召使が紅茶を出し、春木は妻をなくして、このコックと二人暮しなので、空いている部屋を確かな紹介状のあったインド人に貸した、と話す。

 明智は、あの夜のことを尋ねる。 第二の謎、洋館を見張っていた少年探偵団員たちは、インド人たちが出て行くのを見なかったし、春木さんが帰ってくるのも、見なかった。 春木は、表門から入った、と言う。 明智は、ハハハと笑い、二を引きさって、二を加える、すると元通りになる、と。 さらに明智は、今日、篠崎家の裏庭と養源寺の墓地をつなぐ地下の抜け穴を見つけてきた、これがインド人の消え失せた魔術の種明かしだ、ハハハと笑う。 黒い魔物が東京中を騒がせたのも、世間に篠崎家のお嬢ちゃんをさらうように見せかけたのも、大いなる無駄だった。 篠崎さんのご主人と世間にむかって、インド人が本国から呪いの宝石を取り戻しにやってきたと、思い込ませた。 本当に取り戻したいのなら、そんな宣伝をする必要がない、あべこべだ。

 その時、明智探偵の後ろの窓の外に、人間の顔が逆さまになって、現れた。 つまり、あべこべなのだ。 それに気づかずに、明智は話を続ける。 それらは世間の目を別の方面にそらすための手段で、犯人はよく知られた日本人なのだ、宝石を奪うのが目的で、お嬢ちゃんの命を奪う気はなかった。 二人が自動車の中で、突然黒ん坊に化けたり、今井君の服を奪って今井君の顔になったりしたのは、変装の名人のしわざだ。 それが可能なのはただ一人、二十面相だ。 「おい、二十面相君、しばらくだったなあ。」と、明智は穏やかな調子で言って、春木氏の肩をポンと叩いた。

 明智に言われて二十面相が後ろを振り向くと、ドアの外には五人の制服警官が立ちはだかり、洋館は数十人の警官隊で取り囲まれていた。 「ウー、そうか。よく手が回ったなあ」、二十面相は窓からグッーッと上半身を乗り出すと、そのまま闇の中に消えた。 目にも止まらぬ早わざだった。 明智探偵が、急いで窓に駆け寄り、下を覗いたが、人の姿はなかった。

 「おい、ここだ、あべこべの理屈を忘れたのかい。悪魔の昇天だ」、二十面相は大屋根から下がった綱をつかんで、屋上へ登って行く。 先ほど窓から逆さまの顔を見せたのは用意の出来た合図で、例のコックが綱を引き上げる。

 警官隊は周囲を固め、一部は洋館内に突入、付近の消防署からはしご車が来て、スルスルと大屋根にはしごをかけ、中村係長を始め警官たちが登ってくる。

 屋上の大捕物だ。 中村係長がまず二人に飛び掛かり、警官たちがそこに覆いかぶさる。 だが、警官たちが押さえ込んだのは、上官の中村係長だった。  その頃、ようやく設置が完了した警視庁の探照灯が照らし出したのは、全体を真っ黒に塗った軽気球だった。 籠の中には、小さく二人の人物が見える。

 翌朝、熊谷市付近を飛んでいる黒い風船が発見され、警視庁や新聞社の四台のヘリコプターが追いかける。 高崎の大観音像のところで、軽気球は浮力を失い、墜落、高崎警察署の警官が籠に駆け寄り、倒れている二人を抱えると…。 なんと、それは人形だった。

 二十面相の手紙があった。 「ハハハ……、ゆかいゆかい、諸君はまんまといっぱい食ったね。二十面相の知恵の深さがわかったかね。/明智君のおかげで、二十面相はまた、大っぴらに仕事ができるっていうもんだ。/明智君によろしく。じゃあ、諸君、あばよ。」

 後で調べると、洋館の屋根の上には屋根裏の秘密室へ入る仕掛けがあった。

 こうして明智小五郎探偵は、二十面相の正体を見破ったものの、まんまと逃げられたのであった。 『少年探偵団』は、この後、大鳥時計店の黄金の塔をめぐる第二の事件に話が展開する。 果たして、明智探偵は怪人二十面相を捕らえられるのだろうか。 それは、「らじるらじる」の渡辺徹の朗読を聴くか、江戸川乱歩の本を読んで頂くことにしよう。 じゃあ、諸君、よろしく。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「等々力」を漢字一字で書いて下さい?

コメント:

トラックバック