山オンチの見る「日本三百名山全山人力踏破」2020/09/22 07:03

 前にも書いたが、朝、BSプレミアムで朝ドラ『エール』を見て、火野正平の「にっぽん縦断 こころ旅」を見る。 コロナの関係で、「にっぽん縦断 こころ旅」の収録が進まなかったのだろう、21日の再開までは、「グレートトラバース3~日本三百名山全山人力踏破~」をやっていた。 プロアドベンチャーレーサーの田中陽希(ようき)さん(1983年生れ)という人が、2018年1月2日の屋久島の宮之浦岳をスタートに、3年かけて、南から北へ、日本三百名山全山を自らの力だけで登り、交通機関や車は使わず、海峡はシーカヤックで渡る、総移動距離1万キロを超す、前代未聞「一筆書き」の大冒険だ。 現在は、9月16日に274番目の岩木山に登頂したところだ。

 8月、9月の番組では、2018年秋の立山から、槍、穂高、御嶽などの飛騨山脈の山々を登っていた。 山登りなどしたことがなく歳を取ったので、知らないことが多かった。

 まず、山の名前が読めない。 というより、読んでも間違っている。 川上岳、下呂市と高山市にまたがる1625mは、「かわかみだけ」でなく「かわれだけ」。 大天井岳(2922m)は、「おおてんじょうだけ」でなく「おてんしょうだけ」。 鷲羽岳(2924m)は、「わしゅうだけ」でなく「わしばだけ」。 川上岳と同じ日にやった位山(1529m)は、「くらいやま」でいいのだが、上代、この山のイチイの木が笏(しゃく)材に賞用されたので、位を賜って一位の木と称し、山を位山といったと伝わっている。

 さらに、北アルプスが飛騨山脈で、木曽山脈が中央アルプス、赤石山脈が南アルプスというのも知らなかった。 飛騨・木曽・赤石の三山脈を総称して「日本アルプス」と命名したのは、1881(明治14)年、イギリス人ガウランド(W.Gowland 1842-1922)で、ウェストン・小島烏水によって呼称として定着したそうだ。

 第一に驚くのは、登山道がよく整備されていることだ。 縦走路が切り拓かれていて、草刈などもなされている。 ごくたまに整備されていないところがあると、藪になっていて枝を払いのけながら進まなくてはならなくなる。 木道やはしご、掛け橋、岩場の「鎖場」と称するところの鎖やロープは、いったい誰が最初に、材料を担ぎ上げ、設置したのだろうか。 維持管理も必要だろう。 気の遠くなるような作業量と努力だ。 地元の山岳会や有志、ガイド団体、山小屋の経営者の奉仕などが考えられる。 国有林では林野庁が管理しているところもあるらしいが、自治体の関わりもあるのだろうか。 また、コースを外れないよう、岩に〇や×、木の枝にピンクのテープなども、つけてある(「マーキング」というそうだ)。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「等々力」を漢字一字で書いて下さい?

コメント:

トラックバック