高校卒業旅行、テント担いで紀州へ2020/09/28 07:06

テントを張り、餅を焼く

 慶應義塾志木高校を卒業した1960(昭和35)年春、3月24日から4月2日までの10日間、5人の仲間でテントをかついで、紀の国を旅した。 短歌まがいの下手な若書きやメモを貼り込んだ「1960 KINOKUNI 高校時代のエンドマーク」というアルバムが残っていた。 4人は赤松晋、鈴木邦彦、湊邦彦、森川功の諸君、理科系クラスだったが、全員経済学部への進学が決まっていた。

 テントは近所のボーイスカウトで借りた。 テント旅行の訓練に、多摩川の河原で、予備キャンプをやり、川の水でお湯を沸かしたりした。 アメ横で缶詰などの食料や燃料、鍋等を買い、交通公社に通って、周遊券の手配をした。

 溜り場の新宿区南榎町の赤松君宅に集合、シュラフや4貫目(15キロ)のザックを背負い、3月24日23時35分東京駅発の夜行で、名古屋へ、東海道新幹線の開通はこの4年後だ。 2日目、3月25日(小雨)、伊勢神宮へ、並んで五十鈴川の冷たい水に手を入れている。 <伊勢宮に荘厳な森今はなく嵐の跡をかなしくとどむ> 伊勢湾台風は、その前年1959年9月26日。 二見浦を見て、賢島まで移動、テントを張ったが、最初から雨になって往生した。

 3日目、3月26日(雨のち晴)、賢島から鵜方まで近鉄(千円ずつ集めた全体会計に、75円(@15円、現在230円))御木本真珠島(250円(@50円))を見て、紀勢線で熊野市へ、晴れて明るくなり、南紀に入るんだという感じがした。 紀勢線の上の第二稲荷山キャンプ場にテントを張る。 私の担当で、豚鍋にした。 近くの「主婦の店」(ダイエー)で買い物、豚肉225円、野菜13円、米(@125、2.4キロか?)300円、炭・おたま50円とある。 食事後、獅子岩の浜辺で歌を歌っている。 <灘向きてそびえる獅子のほえ声をかき消す熊野の波夜に白し>

コメント

_ 森川 功 ― 2020/09/28 13:22

懐かしい思い出を詳細に記録して頂いていたとは、ありがたく
興味ふかく読ませていただきました。馬場さんはこの頃すでに
ちゃんとした和歌を詠んでいたのですね。
続編を楽しみにしています。高野山の上智院(?)に宿泊した時、お寺さんが宿代金として持参した生米で受け入れてもらったことを、今も覚えています。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「等々力」を漢字一字で書いて下さい?

コメント:

トラックバック