井波律子さん、映画2千本観て育った中国文学者2020/10/13 06:54

 中国文学者の井波律子さんが、5月13日に76歳で亡くなった。 新聞の訃報や評伝を読んで、身近な感じがしたのは、年齢が近いせいもあるが、小学生のころ、京都・西陣の家に近い映画館街に通いつめ、中学に入る前に都合2千本も観て、自分を「耳年増」と表現していた、というからだった。 私も両親や、5歳上の兄に連れられて、2千本とまではいえないが、同じ時期の映画を沢山観ている。

 そんな井波律子さんだから、「天声人語」子は、彼女の手にかかると、教室であれほど無味乾燥だった中国史の登場人物にたちまち血が通う、たとえば王莽(おうもう)、前漢を倒し、新という王朝を興した男を「裸の王様」と呼び、聖人君子のふりを演じ続けたペテン師と切り捨てた、と書く。

 名誉教授の井波さんを、国際日本文化研究センター所長の井上章一さんは、こう書いている。 完訳『三国志演義』の翻訳進行中、こぼれ話をしばしば聞いた。 『演義』では、呂布(りょふ)がイケメンになっているけれど、後世が、彼の美形伝説をふくらませたのよ。 だけど、周瑜(しゅうゆ)は正史の『三国志』でも、美将とされていた。 彼の美貌は史実ね。 『三国志曼荼羅』の、関羽と部下の惜別場面の翻訳では、涙がとまらず、ほとんど慟哭しながら、キーボードを叩きつづけた。 読み手の感涙をそそろうとする通俗読み物の手管に、ひややかな目をむけてはいない。 そこはわかったうえで、涙がながせる人だった、と。 そして、エンタメ文芸への共感のいっぽう、井波さんの文章も、機知の心地良さには心をくだいていた、と書いている。

 井波律子さんの本を、読んでみたくなるではないか。 と、本棚を見たら、井波律子著『奇人と異才の中国史』(岩波新書)が積ん読にしてあった。 書評でも見て、買ったのだろう。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「等々力」を漢字一字で書いて下さい?

コメント:

トラックバック