『左伝』十一たびの福沢、「左伝癖」の杜預(どよ)2020/10/15 07:05

 『福翁自伝』に、福沢諭吉は『左伝』が得意で、十五巻のうち、たいがいの書生は三、四巻でしまうのを、全部通読、およそ十一たび読み返して、おもしろいところは暗記していた、とある。 富田正文先生の校注に、「左伝は、春秋左氏伝のこと。春秋という史書につき左丘明が解釈を加えた書。」とある。

 井波律子著『奇人と異才の中国史』に、杜預(どよ)―透徹した批評精神(歴史家・軍事家 西晋 222-284)がある。 「西晋の杜預あざな元凱(げんがい)は大軍事家であり、また大歴史学者でもあった。「とよ」ではなく、「どよ」と読むのが慣例である。」 杜預の祖父杜幾(とき)は、曹操政権の重臣として活躍する一方、学問を重視する人物だった。 父の杜恕(とじょ)も官界に入ったが、筋金入りの硬骨漢であり、魏の嘉平元年(249)、クーデタを起こして実権を掌握した司馬懿(しばい)に嫌われ、流刑の憂き目にあった。 杜恕は流刑地でめげることなく著述にはげみ、その学問重視の家風のなか育った杜預(28歳)も、倦まずたゆまず膨大な書物を読み続けた。

 杜預の人生が上げ潮に乗ったのは、魏末、父司馬懿の死後、実権を掌握した司馬師・司馬昭の妹と結婚したのが契機だった。 曹氏の魏から司馬氏の西晋への王朝交替期においても、内外の要職を歴任した。 西晋の咸寧4年(278)には荊州方面軍総司令官として、魏・蜀・呉の三国のうち唯一存続していた呉と対決、咸寧6年(280)総攻撃をかけ滅亡に追い込む。 杜預こそ西晋の全土統一の最大の功労者だった。

 中年以降、はなばなしくも慌しい公的人生を送りながら、自他ともに認める「左伝癖(『春秋左氏伝』に対する熱狂的愛好癖)」の持ち主だった杜預は、寸暇を惜しんで『春秋左氏伝』(以下、『左伝』と略称)の研究に没頭した。 『左伝』は、左氏が、孔子によって整理・編纂された魯の年代記『春秋』に注解を加えた解説書。 杜預の著した『春秋経伝集解(けいでんしっかい)』は、『春秋』の「経(けい・本文)」と、これに対する『左伝』の「伝(解説)」を実証的な方法で厳密に対応させつつ、体系的に解釈した作品であり、中国歴史学が確立するための大きな布石だった。

 福沢諭吉は、杜預の『春秋経伝集解』を読んだのだろうか。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「等々力」を漢字一字で書いて下さい?

コメント:

トラックバック