「中国二千五百年の歴史」を総合的俯瞰的に見る2020/10/19 07:01

 女性詩人の方に脱線したけれど、井波律子さんの『奇人と異才の中国史』を読んでいて、自分がまったく中国の歴史を知らないことに、あらためて気づかせられる。 「中国三千年の歴史」というけれど、最初の「孔子」が紀元前551年生まれ、最後の「魯迅」が1936年没、二千五百年という勘定になる。 その前には、古代の殷や周があったらしいが…。

 この本は、年代順に書かれている。 大きく、I 古代帝国の盛衰 II 統一王朝の興亡 III 近代への跳躍 の三章の構成だ。

 I 古代帝国の盛衰 I-1すべての始まり―春秋・戦国・秦・漢 I-2乱世の英雄と批評精神―三国・西晋 I-3 花開く貴族文化―東晋・南北朝
 II 統一王朝の興亡 II-1 政治と詩の世界―唐・五代 II-2 新しい知識人たち―宋 II-3 世界は広がり思想は深まる―元・明
III 近代への跳躍 III-1 王朝交替期を生きぬく―明末清初 III-2 歴史と芸術をみつめなおす―清 III-3 西洋と向き合って―清末・民国初期

 私が名前を知っていた人が、どこに入るのか、書いておく。
 I-1 孔子、荘子、秦の始皇帝、漢の高祖、司馬遷、(他、未知3名) I-2 曹操、諸葛亮、華佗、竹林の七賢、(他1名) I-3  王羲之、陶淵明、(他4名)
 II-1 則天武后、李白、顔真卿、白楽天、(他3名) II-2 王安石、徽宗、(他4名) II-3 鄭和、王陽明、(他5名)
 III-1 なし(6名) III-2 なし(6名) III-3 林則徐、秋瑾、魯迅、(他2名)

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「等々力」を漢字一字で書いて下さい?

コメント:

トラックバック