心の中で「ブラボー!」<等々力短信 第1137号 2020(令和2).11.25.>2020/11/25 07:00

 天満敦子・岡田博美デュオ・リサイタルを、11月13日紀尾井ホールで聴くチャンスに恵まれた。 紀尾井ホールは初めて、木をふんだんに使い、素晴しいシャンデリアが輝く、実に気持のいいホールだった。 客席前方のステージを、1階と2階のバルコニー席が取り囲み、ステージと客席の一体感を生んでいる。 1階バルコニー席の二列目、ステージ間近の最上の席で、前列に2020オリンピックを束ねる元首相がいた。

 普段クラシックと無縁の私が、天満敦子さんのヴァイオリンと出合ったのは、今回お招き頂いた、現・藤原QOL研究所長の藤原一枝先生が、年一度主催されていた「ホモ・ルーデンスの会」でだった。 お茶の水のカザルス・ホールで何度か聴いて、ヴァイオリンて、なんと良い音がするものかと思った。 2017年には、広尾のオマーン大使館や浜離宮の朝日ホールでも聴いている。 天満敦子さんは、8月の短信に書いた窪島誠一郎さんの無言館でも毎年、コンサートをなさっていて、今年の22回目は9月8日だったが、コロナの関係で200人入るところを7~80人に抑えなければならなかったそうだ。 11月13日の紀尾井ホールも、一向に減らない感染者数や厳しい制約、入場規制などで、初めは市松模様での開催も模索していたそうだが、2階の後ろに若干空席がある程度の満員だった。 天満さんは、紀尾井の舞台はヴァイオリン弾きとしてのエネルギーそのもので、自分の現在の能力を客観的に判断することが出来る最高の場所なので、思い切って実施することにした、世界で一番幸せなヴァイオリン弾きだと言う。

 しょっぱなのクライスラーのベートーベンの主題によるロンディーノから、軽快な繰り返しのところで、たちまち元気をもらって、コロナの鬱々とした気分が吹き飛ぶ。 天満さんがルーマニアで出合い、すべてのコンサートで弾くポルムベスク「望郷のバラード」を始め、どの曲も、心に染み込んでくるような感じがする。 心が洗われるとは、こういうことなのだろう。 私は天満さんが日本の歌曲を弾くのが大好きだ。 「雪の降る街を 雪の降る街を 想い出だけが 通りすぎてゆく 雪の降る街を 遠い国から落ちてくる この想い出を この想い出を いつの日かつつまん 温かき幸せのほほえみ」 歌詞をなぞりながら聴き、涙がこぼれそうになった。 中田喜直作曲、内村直也作詞の、この歌詞が父の故郷、山形県鶴岡でつくられたと聞いていたからだろうか。

 ピアノの岡田博美さんは、ロンドンを中心にヨーロッパで演奏活動をしていて、コロナ禍で英国の自宅に帰れなくなっているそうだ。 アンコールの左手だけの演奏には、盛大な拍手が沸いていた。 デュオ・リサイタル、「ブラボーの声掛けも、心の中で」とアナウンスがあったが、十分、心に染みて「ブラボー!」を叫んだ。

学術会議任命除外、加藤陽子東大教授の本2020/11/25 07:02

「三田あるこう会」江の島探訪<小人閑居日記 2020.11.7.>以来、ずっとE・S・モースの『日本その日その日』を読み、モースと福沢諭吉の関係にまで及んだ。 その前に扱っていたのが、坂野潤治さんの『帝国と立憲』だった。 日本学術会議の会員候補6名の任命除外問題で、除外された一人に東大教授で日本近現代史の加藤陽子さんがいた。 「共謀罪」法案などに反対の立場を取ったことが、その理由ではないかと言われている。

菅義偉首相は、ほかの5人の名前は知らなかったが、加藤さんの本は読んだことがある、と報道されていた。 その本かどうかわからないが、私も加藤陽子さんの『それでも、日本人は「戦争」を選んだ』(朝日出版社)を読んで、「等々力短信」に書いたことがあり、そこには福沢諭吉の脱亜論についての坂野潤治さんの解釈が紹介されていた。 また、今年の3月30日のブログには呉座勇一国際日本文化研究センター助教による、加藤陽子さんの『天皇と軍隊の近代史』(勁草書房)の書評について書いていた。 その中に出てくる、日露戦争に国民のかなりの部分が厭戦的で、臥薪嘗胆してロシアに勝利したのは「物語」だというのは、坂野潤治さんの『帝国と立憲』でも説かれていた。 そのブログから、再録することにする。

  「司馬遼太郎で歴史の理解が止まっている人」<小人閑居日記 2020.3.30.>

 日本中世史の呉座勇一国際日本文化研究センター助教、『応仁の乱』(中公新書)と、『陰謀の日本中世史』(角川新書)が大ヒットした。 どちらも読んでいないが、テレビや新聞の連載などで、その主張はよく目にする。 加藤陽子さんの『天皇と軍隊の近代史』(勁草書房)の書評(朝日新聞1月11日朝刊)を読んで、頭をど突かれた思いがした。 「近代史においては、歴史像が更新されていくスピードが特に速い。司馬遼太郎の『坂の上の雲』や『この国のかたち』で理解が止まっている人が本書を読んだら驚くだろう」とあったからだ。

 日清戦争について、かつては陸奥宗光外相の回顧録『蹇蹇録(けんけんろく)』に引きずられて日本側が意図的に戦争に持ち込んだと考えられてきたが、近年の研究では伊藤博文らの戦争にはならないという根拠のない楽観が背景にあることが解明されている、という。 日露戦争に関しても、日本の世論は戦争を支持していたというのが古典的な理解だったが、以後の研究では日本国民のかなりの部分が厭戦的だったことが指摘され、三国干渉への怒りに燃えた日本国民が臥薪嘗胆してついにロシアに勝利するという「物語」は日露戦争後に生み出されたという。

 ただ、最重要な表題の「天皇と軍隊」の関係については、本の説明を受けても、まだ釈然とせず、今後も考え続けるべき難題だとする。 それは、明治の軍人勅諭で政治への介入を厳しく戒められた帝国陸軍がなぜ昭和期に政治化したのか、「天皇の軍隊」であるはずの彼らがなぜ昭和天皇の非戦の意思をふみにじったのか、だ。