読売新聞に記事を書いてくれた小谷直道君2020/12/17 07:02

 もう14年にもなるのだ。 その記事を書いてくれた小谷直道君が亡くなった時、こんなことを書いていた。

        高校新聞仲間の死<小人閑居日記 2006.4.27.>

 満65歳の誕生日。 立派に高齢者の仲間入りである。 少し前に、介護保険証なるものが送られてきた。 たしか、浜離宮や六義園など都立の公園の入園料が半額になる。 今まで頂戴していたのが「特別支給の老齢厚生年金」というもので、これからが「特別支給」でない本物の「老齢基礎年金」と「老齢厚生年金」だということも、あらためてわかった。

 五日前に、高校時代の新聞仲間に死なれて、ショックを受けている。 まだ64歳だったくせに、死んでしまった。 彼は日吉の高校で“ハイスクール・ニュース”という新聞を作っていた。 学生時代から、私の書くものを評価してくれていた男だ。 大学新聞でコラム執筆を依頼してくれて、初めて原稿料というものをもらった。 原稿料をもらって書くのが、とても苦しいことだということが、わかった。

 読売新聞社に入って15年目には「都内版」に、3年目151号になっていた「等々力短信」を、べらぼうに大きく取り上げてくれた。 「本屋で見かけた大平さん」「落語博物館が欲しい」「福沢のジョーク集」など短信の本文も4回分載せ、「はがきに世情映した“超ミニコミ紙”」「発行部数四十部。はがきにタイプ印刷した一回四百字にも満たないものだが、中身は政治、経済、社会、文化と多岐にわたり、定期読者も国内ばかりか海外にもいる“クオリティー・ペーパー(高級紙)”だ」「街角の“コラムニスト”が生まれている」と書いてくれた。 取材に来た時、社会部だったが756号のホームラン記録までの王貞治選手に密着取材した話を聞かせてくれた。 短信500号の記念の会では、スピーチをしてくれた。 彼は話もうまくて、面白かった。 その会でもう一人、高校同級生の老人病院院長にスピーチしてもらったのだが、二人は偶然、後に新病院建設事業のパートナーになる。 その病院は、昨年3月オープンした。

 夏になると、太平洋戦争の戦跡をめぐる連載企画を書いたりしていたのは、中国山東省済南市生まれということと関係があったのだろうが(母子家庭だったような記憶もある)、その話はしなかった。 シドニー特派員、社会部次長を経て、論説委員になり、10年間、福祉・医療・年金など社会保障を担当した。 著書に『市民活動時代のボランティア』(中央法規)がある。 大阪本社取締役編集局長をやり、亡くなるまでよみうりランドの社長だった。 ああ、小谷直道君。 悲しいぞ。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「等々力」を漢字一字で書いて下さい?

コメント:

トラックバック