正月のスポーツと外国人選手2021/01/06 06:24

 元日、おせちと雑煮で祝い、テレビのニューイヤー駅伝、群馬県庁発着7区間100キロの全日本実業団対抗駅伝を見ていると、2区はどのチームもみんな黒い人が走っているので、驚いた。 ほとんどがケニア出身らしい。 日本人は36チームの内、最後の方に、ほんの数人いるだけだった。 区間賞は、九電工のベナード・コエチ選手、やはりケニア出身、8.3キロを21分53秒は区間新記録だそうだ。

 2日、箱根駅伝往路。 花の2区、東京国際大2年のケニア出身、イェゴン・ビンセントは、区間23.1キロの9.2キロで東海大をかわして14人を抜き、トップに立った。 記録は1時間5分49秒、前年東洋大の相澤克が史上初で記録した1時間5分台の区間新記録、1時間5分57秒を8秒縮めた。

 3日、昨年は朝日新聞のチケットが当たって、富士通フロンティアーズと関西学院大学ファイターズの試合を久しぶりに観戦したライスボウル、思えば、まだコロナの騒ぎの始まる前だった。 今年はオービック・シーガルズと関西学院大学ファイターズの対戦となった。 社会人Xリーグ王者と学生代表がアメリカンフットボール日本一を争う日本選手権・ライスボウルだが、ここ数年、外国人選手の活躍が目立つ社会人の強さが圧倒的で、毎年、ずるい感じがしている。 社会人と学生で競うようになった1984年以降、社会人が25勝で、学生が12勝なのに、たまたま観に行った2009年、立命館大学がパナソニック電工に17-13で勝った試合以降、社会人が11連勝中だった。

 3日の試合は、コロナ禍で1クォーター12分制、前半12-14と健闘し接戦にした関西学院大学だったが、オービックのQBジミー・ロックレイからTE(タイトエンド)ホールデン・ハフへのパス2本が決まってのタッチダウンが効いて、18-35で敗れた。 ロックレイとハフは、共にカリフォルニア州の出身、高校時代からの友人で、ボイシ州立大でも一緒にプレーしたという。

 駅伝の方には、外国人選手起用のルールがあるそうだ。 全日本実業団対抗駅伝では、外国人選手は1名、走る区間は2区のみ。 箱根駅伝では、外国人留学生は、エントリーが16名の内、2名まで、本選に出場できるのは10名の内、1名まで。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「等々力」を漢字一字で書いて下さい?

コメント:

トラックバック