米山光儀教授の「社会教育」という言葉2021/01/14 07:01

 福澤先生誕生記念会は、次いで岩沙弘道評議員会議長(三井不動産会長)の挨拶があり、コロナ禍でオンライン化の超スマート社会への新たな可能性が開ける一方で、人的交流がリアルでなければならない、慶應義塾では生涯の友を得るキャンパスライフが大切だ。 リアルとバーチャルがマッチする、未来への希望や挑戦のある、智の拠点としての慶應義塾でなければ、と述べた。

 記念講演は、米山光儀(みつのり)慶應義塾大学教職課程センター(中学・高校の教員を養成する)教授(専門は近代日本の社会教育史)で、演題は「福沢諭吉と社会教育」だった。 米山光儀さんの講演は、福澤研究センター所長の頃、2009年に「未来をひらく 福澤諭吉展」の平成館講堂での記念講演会で「同床異夢の教育―福澤諭吉と近代日本の教育」と、福澤諭吉協会の土曜セミナーで「社会教育史の中の慶應義塾」を、2012年の福澤先生ウェーランド経済書講述記念日の講演で「「修身要領」再考」を聴いたことがあった。(16日に参照先一覧を出す予定。)

 「社会教育」という言葉、最近使われない言葉だが、日本独自の言葉で、そこには近代の歴史的変遷がある。 福沢はきわめて早く、最初に使ったと言ってもいい。 それを門下生や交詢社が使い、キリスト教、メディアが使った。 「社会」は社会主義を連想させるので、政府は明治半ばに「通俗教育」を使った。 大正からは文部省に社会政策課ができ、後には社会政策局になった。 経済面から教育的救済を図るものだったが、戦時下に解体され、教化局、教学局になった。 戦後は、社会教育局が出来、社会教育法が制定された。 1960年にユネスコが「生涯教育」を提唱、80年代に「生涯学習」がいわれ、生涯学習局に変わったが、現在はなくなっている(総合教育政策局)。 「社会教育」という言葉は、使われなくなっている。

 米山さんは1970年代に学生だったが、「社会教育」が使われていた。 3年生で「社会教育」を知り、「教育原理」が必修、「社会教育」松本憲(あきら)さんの土曜4限のゆるい雰囲気の授業があった。 大正期のことを調べた。 慶應義塾の幹事・理事を務めた石田新太郎は、大正13(1924)年に成人教育協会を創設し、チュートリアルクラスによる成人教育の普及に努めた。 ユニバーシティー・エキスパンションは早稲田大学の通信講義録ばかりが有名だが、慶應にも地方巡回講演があった。 それは「修身要領」の普及活動に始まり、学問の内容にまで及んだ。 明治41(1908)年から、春夏の休みに学術講演が行われた。(つづく)

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「等々力」を漢字一字で書いて下さい?

コメント:

トラックバック