ガリバー強敵隣国の侵攻を阻止2021/02/08 06:57

 ガリバーは敵の艦隊をまさに一網打尽でつかまえる計画を思いついたので、帝にお伝えした。 ブレフスキュ帝国はリリパットの北北東に位置する島で、あいだにはヨーロッパ式で幅800メートルの海峡があるだけだった。 海峡の深さを、経験豊かな船乗りたちに訊くと、真ん中でも2メートル弱だという。 命令を出せる帝の許可状によって、丈夫な綱と鉄棒を用意してもらい、鉄棒を曲げてフック50個をつくり、50本の綱につなぐと、ガリバーは海に入り、急いで海峡を歩き、真ん中の30メートルばかりを泳いで進むと、じきにまた足が底に触れた。 30分もしないうちに、艦隊のいるところに着いた。

敵の兵士はガリバーを見て、すっかり震え上がり、てんでに船から飛び込んで岸に泳いで逃げた。 用意の道具を出して、それぞれの船の舳先にフックを引っ掛けた。 この作業中、敵は何千本もの矢を放ち、それがガリバーの手や顔に刺さって、ひどく痛く、仕事にも邪魔だった。 目をやられたらいけないと気づき、眼鏡をかけた。 やがてフックをすべて掛け終え、束ねた綱の端を手に持って、ひっぱりにかかった。 ところが船はびくともしない。 どれもしっかり錨が下ろされていた。 そこでナイフを出して、錨につながった綱を次々、顔や手に二百本ばかり矢を受けながらひるまず切っていった。 それからフックのつながった綱の束を持ち上げ、敵軍最大の軍艦50隻を悠々と引いて行った。

ガリバーは、危険を逃れると、いったん立ち止まり、手や顔に刺さった矢を抜いて、以前到着時にもらった軟膏を塗った。 潮が少し引いてから、艦隊を引き従え、歩いて海を渡り、無事リリパットの帝港に着いた。 帝をはじめ宮廷の全員が岸辺に立って迎え、上陸したガリバーにその場で、最高の名誉と見なされている称号「ナーダク」を授けた。

 およそ三週間後、ブレフスキュ帝国から正式の使節団が訪れ、つつましく和平を乞い、リリパットの帝は非常に有利な条件で講和を結ぶことができた。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「等々力」を漢字一字で書いて下さい?

コメント:

トラックバック