お后様の宮殿火事をガリバーが消した方法2021/02/09 06:59

 それからほどなくしての真夜中、玄関先で何百人もの叫び声がして、あわてて飛び起きた。 宮廷の方々が何人か、いますぐ宮殿に来てほしい、お后様のお住まいが火事なのだと告げた。 ガリバーの通り道を空けるように命令が出され、また幸い月の出ている晩だったので、どうにか誰も踏みつけたりせず宮殿に到着する。 見ればお住まいの壁には梯子がいくつもかけられ、バケツもふんだんに用意されているのだが、水は少し離れたところにしかなかった。

 もうどうしようもない。 万事休す、この壮麗なる宮殿も燃え尽きてしまうのかと思えたが、ガリバーの頭がいつになく落ち着いた働きを見せてくれ、ある方便が思い浮かんだ。 その晩、美味のワインをしこたま飲んでいた。 誠に幸運なことに、利尿作用のあるそれを、まだ少しも排出していなかったのだ。 これをガリバーは大量に放出し、しかるべき場所にきわめて効率よく行きわたらせたので、火事は三分もするとすっかり消え、建てるのに幾時代もかかったこの気高い建物の残りの部分は、無事に焼けずに済んだのだった。

 我ながら天晴れな奉公を行ったとはいえ、何しろやり方がやり方なので、帝がお怒りにならないか、心配だった。 この国の基本法には、いかなる身分の者であれ、宮殿の敷地内で放尿することは死罪とされていた。 帝からは「汝を公式に特赦するよう大法官に命令を出す」とのご伝言が届いたけれど、この特赦は結局降りなかった。 お后様がひどく気分を害され、宮廷の一番離れた側に移られて、あの建物はもう修繕して使う気はないとおっしゃり、側近の者たちの前でガリバーへの復讐を誓われたことが、伝わってきた。

 原田範行さんの注釈によれば、スウィフトは1704年に刊行した『桶物語』で糞尿について生々しく書いたせいで、不潔だ、下品だという表層的な批判を受けていた。 この部分は、『桶物語』の下品さに激怒し、スウィフトの昇進を妨げたアン女王(在位1702-14)の影を見る向きもあるという。 むろん上品とは言いかねるので、『「ガリバー旅行記」徹底注釈』(岩波書店)によれば、上品さを重んじた19世紀にはしばしば改変され、なんとガリバーがお上品にも大樽(そんなものがどこにあったのか?)を使って消火している挿絵が描かれたりもしている(朝日新聞9月4日夕刊に図がある)。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「等々力」を漢字一字で書いて下さい?

コメント:

トラックバック