柳家小三治の「野ざらし」2021/03/16 06:54

これは2005年3月31日に、第441回TBS落語研究会のトリで聴いたものだ。

     馬の皮、小三治「野ざらし」<小人閑居日記 2005.4.4.>

 お目当ての小三治「野ざらし」。 まくらは趣味の話。 昔は道楽と言った。 道楽というと「めんぼくない」、それが趣味人というと来年あたり文化勲章をもらいそう。 焼け跡の野球少年だから、ふだんサッカーは見ないのだけれど、外国とやると熱が入る。 最近はボールの色がいろいろだし、ボールのガラ、何種類あるんですかね。 材質は皮なんでしょう。 高校の時、体育で使ったのは、イボイボのゴムだった。 野球に「飛ぶボール」と「飛ばないボール」があるのは、知りませんでした。 あれは値段ですかね。 飛ぶほうが高い。 広島は、飛ばないボール。 巨人、ダイエーは飛ぶボール、とか。 野球のボール、昔は馬の皮だといっていたけど、今も馬の皮なのかな、急に思いついたんで、わかりません。 調べてくればよかったんですが…。 寄席の太鼓は馬の皮、三味線は猫の皮、ほかのものじゃあダメ。 道楽は、道具に結びついている。 釣も道具に凝る。 別に食い物に困って行くわけじゃあない。 あたしはあまり釣はやらない。 ハチミツと塩でとまっている。

 釣の話から、「野ざらし」に入った。 隣の浪人者のところに十六、八の美人が来た訳を聞いた八公、「月浮かむ水も手向の隅田川」というマヌケじゃなくて手向の句も教わり、向島に釣に行く。 釣人たちを迷惑がらせる一騒ぎがあって、美人の骨(こつ)を求め芦の茂みを探す。 見つけた累々とした骸骨に万遍なく酒をかけ、「今夜来ておくれ、浅草門跡様のうしろの長屋、腰障子に○八と書いてあるから」と言ったのを、そばの屋形船にいた幇間(たいこもち)に聞かれる。 その夜、美人じゃなくて、男が来たので、「お前は何だ」「私はタイコです」、「しまった、馬の骨だったのか」。

次第に調子に乗ってきて、歌を歌うところなど、じつに楽しそうに演り、とてもよい出来だった

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「等々力」を漢字一字で書いて下さい?

コメント:

トラックバック