『九十歳のラブレター』<等々力短信 第1145号 2021(令和3).7.25.>2021/07/12 07:04

 加藤秀俊さんからの年賀状は、毎年立春の頃に、旅行中の感想などを頂くのが常だった。 昨2020年は、一読、衝撃を受けた。 「六十五年間にわたって苦楽をともにしてきた妻、加藤隆江を失いました。昨年九月十六日のことでした。その前日もふだんとかわらず夕食をともにし、ワインをかたむけ、それぞれの寝室で就寝したのですが、翌朝、様子をみにいくとすでにこと切れておりました。享年八十九歳。虚血性心不全による突然死でした。」「せめてものなぐさめは病院で苦しむことなく、自宅の自室で静かに眠りについたことでした。うらやましい逝きかたでした。」 私は、どうお慰めしてよいかまったく見当がつかず、ご子息文俊さんがSFC環境情報学部大学院政策・メディア研究科委員長に就任なさったことはご存知だったのだろうか、などと返信した。

 加藤秀俊さんが、その奥様との80年に及ぶ日々をつづった、『九十歳のラブレター』(新潮社)を上梓なさった。 手ごろな四六判、腕を組んだ二人の、北欧で買ってずっと食堂の壁にかけてあるという陶板の装幀も素敵だ。 青山の青南小学校に一緒に入学して以来、戦争を経てのめぐりあい、秀俊さんがストーカーの恋愛時代、京都大学からハーバード大学のセミナーに参加し、ヘンリー・キッシンジャー助教授の手配で残ったボストンへ、隆江さんが単身横浜から船に乗って行き結婚、新婚生活が始まる。

 1963年の『整理学』(中公新書)に始まり、『アメリカの小さな町から』『イギリスの小さな町から』『生きがいの周辺』『正・続 暮しの思想』『生活考』『ホノルルの街かどから』など、私はやさしくわかりやすい文章の、加藤秀俊さんの本を愛読して、多大の影響を受けた。 それは1975年に個人通信「広尾短信」を始める一つのきっかけになり、KJ法を使って若書きの「加藤秀俊その世界」をまとめ、ファンレターにお送りした。 こんなふうに、まとめていた。 気取らない、かっこうをつけることをやめて、実体に即して考えよう。 ニヒリズム、なんでも企業化、情報操作、管理社会の危険。 虚無・絶望を承知した上でのりこえる。 みんなの力でやる、人間の開発の可能性を信じる。 人生を楽しむ、人間的な生活を楽しむ、生きている人間自身の尊重。

 『九十歳のラブレター』で、加藤秀俊さんの学究生活を、隆江さんが献身的に、明るく支えていたことを、いろいろと知った。 若い女性がひとり船で渡米したのもすごいが、京都での最初のマイホームは、板橋の中学で英語を教えていた時の退職金と銀行と交渉して建てた。 アイオワ州立大学へも、「好きなようにしたらいいじゃない、いっしょに行くわよ、こどもたちがたいへんだけど、どうにかなるでしょ」と。

 80歳になった私は、夫婦であと十年の生き方を、この本に教えられた。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「等々力」を漢字一字で書いて下さい?

コメント:

トラックバック