園芸植物をヨーロッパに広めた「シーボルト商会」2021/10/11 07:01

 シーボルトは帰国後、彼の日本での収集品、膨大なさく葉(押し葉)標本、植物画のほとんどが保管されることになったオランダのライデンに住居を構えた。 これは第一に日本での調査の成果を出版するためであった。 植物標本は大部分が、ライデンの王立植物標本館(現在の国立植物学博物館ライデン大学分館)に収蔵されたが、一部の重複標本は後に、ボゴール植物園、ブリュッセル国立植物標本館、ケンブリッジ大学、パリの自然史博物館などに送られた。

 来日中に植物学と園芸が進んだ日本の状況を目の当たりにしたシーボルトは、日本の植物を導入してヨーロッパの園芸を豊かなものにする衝動に駆られていた。 園芸的価値のある野生植物が少なかったヨーロッパでは、そもそも露地植えできる園芸植物の数が限られていたためである。 シーボルトは日本の植物を園芸に導入するために、これをヨーロッパの環境に馴らす作業を、ライデン近くのライダードルフに設けた馴化植物園で開始する。 日本、それに中国の植物を導入するために、「園芸振興協会」を設立し、さらに営利目的の「シーボルト商会」を設立した。

 1844年にシーボルトが日本から持ち帰った植物を掲載した販売用の『有用植物リスト』ができ、球根や苗、種子が販売された。 このリストに載せた多くの日本産植物が単に魅力的であるだけでなく、多くがヨーロッパにも多少とも類似した類縁のある植物があったので、ヨーロッパの人々は大いに驚いた。 筆頭はカノコユリで、その球根は同じ重さの銀と取引きされたといわれている。 テッポウユリやスカシユリも、この時シーボルトによって初めてヨーロッパに紹介された。 また、このときに導入されたギボウシ類などの多数の日本植物が、後にヨーロッパでは欠かせない園芸植物になったのである。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「等々力」を漢字一字で書いて下さい?

コメント:

トラックバック