日米ともに、近代化の「生みの苦しみ」2021/12/13 07:02

 大島正太郎さんの土曜セミナー、小野友五郎使節団についてだけは10日に書いたが、後半は1860年代の日米外交関係の動揺、南北戦争と戊辰戦争の話だった。 南北戦争(1861~65)はthe Civil War内戦、南部からは独立戦争、北部から見て南部諸州の反乱だった。 当初の戦争目的は、連邦統一維持のための反乱鎮圧。 米国の外交上、当時の超大国「大英帝国」による南部独立承認の阻止が最優先。 海外展開中だった複数の艦隊の本国帰還(南部諸州海上封鎖のため)。 日本を含むインド以東の東アジアの米国利益を守る艦隊(東インド艦隊)も管轄海域から撤収。

 英国への配慮と艦隊の撤収により、対日外交の優先順位は大幅に低下、英国に主導権を譲った。 これが、安政五条約での開国以降、国内動乱対策をめぐり幕府等への対応で、列強の行動を主導したのが英国だった背景。

 リンカーン大統領は1863年11月19日の「ゲティスバーグ演説」直後の12月8日の「年次教書」で日本に言及した。 幕府を開国を進める開明派、尊王攘夷派を守旧派と非難し、困難な情勢が平和的に克復されることを期待している。

 福沢諭吉は、慶応3(1867)年に幕府の軍艦受取委員長小野友五郎の一行に加わり二度目の渡米をした。 11日に書いた南北対立の遠因、独立宣言と連邦憲法の問題は、南北戦争による南部諸州の敗北により、独立宣言の精神が連邦憲法に反映修正され、奴隷制廃止、法の下の平等が確立した。 福沢がワシントンを訪問したのはちょうど、独立宣言が再び謳歌されたその時だった。 「すべての人間は生まれながらにして平等」(米国独立宣言) 「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らず。」 一行を歓待したスワード国務長官は、リンカーンが南北戦争での勝利、奴隷制廃止を実現させる過程での「右腕」だった。

 福沢は『自伝』「王政維新」の中で、スワード(「シーワルト」)が退官後、1870年に訪日した際の日本評価に言及し、「元来英国と反りが合わずに、いわば日本贔屓の人でありながら、今度来遊、その日本の実際をみて何分にも贔屓ができぬ。こんな根性の人民では気の毒ながら自立は六かしいと断言したこともある。」としているが、ただし真偽不明。

 南北戦争を経て、米国は奴隷制を廃止、自由平等に基づく「近代」国家に変身。 開国後日本では尊王攘夷運動の激化による幕藩体制の動揺、朝廷と組んだ雄藩による倒幕、戊辰戦争、維新政府の確立があり、近代化の体制的基盤ができた。 1850年代、60年代の日米関係は、双方が、近代化の「生みの苦しみ」を経験し、次の世代に引き継いだ創成期だった。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「等々力」を漢字一字で書いて下さい?

コメント:

トラックバック