文京区へ「小さな旅」<等々力短信 第1152号 2022(令和4).2.25.>2022/02/18 07:11

 オミクロン株が出て来る前だった。 長く家籠りが続いていた。 11月末から12月にかけて私には、後で12月の短信「コロナすき間日誌」に書いたような予定が重なっていた。 いささか不満な家内が、前から行ってみたいと言っていた所へ、11月10日、行ってみることにした。 まず、小石川の植物園。 東京に生れ育って80年にもなるのに、初めて行った。 正式名称は、「東京大学大学院理学系研究科附属植物園」と、長い。 奥沢から都営三田線で白山まで行き、登り降りのけっこうきつい坂道を10分ほど歩く。 正門から坂を上り、ニュートンの林檎、メンデルの葡萄を見て、2019年に新しくなった温室へ。 旧養生所の井戸跡の所から、森の中のハイキングコースのような道を下って、日本庭園に出る。 こんな大きな緑が都心にあった。 紅葉が見られるかと思ったのだが、目立たずチラホラ程度だった。 梅や桜の時期はよさそうだ。

 タクシーで六義園に近い、東洋文庫のオリエントカフェへ。 前に福澤諭吉協会で来たことがあって、予想通り家内に好評だった。 前庭、シーボルトがヨーロッパに持ち帰った草木の、シーボルト・ガーデンだとは、知らなかった。 小岩井農場で生産した食材のランチ、サラダのレタスがしゃきしゃき、家内は「マリーアントワネット」限定重箱ローストビーフ、私は「エカチェリーナ」ビーフシチュー、美味しかった。

 東洋文庫は、三菱財閥三代目当主の岩崎久彌が、1917(大正6)年にG.E.モリソンから購入した蔵書を中心にモリソン文庫を設立、1924(大正13)年東洋文庫と改称、和漢洋の東洋学文献、和書の貴重書を蒐集した図書館・研究機関だ。 三菱を創業した久彌の父、岩崎彌太郎は、最近の大河ドラマ『龍馬伝』では貧しい生い立ち、『青天を衝け』では渋沢栄一の敵役で儲け主義と、三菱関係者には不満があろう。

 その岩崎久彌をモデルにして、江上剛さんが『創世(はじまり)の日 巨大財閥解体と総帥の決断』という本を書いたそうだ。 朝日新聞出版の『一冊の本』2月号の巻頭に、江上さんの「なぜ私だけが苦しむのか」という随筆がある。 旧訳聖書の「ヨブ記」、ヨブは神を畏れ敬う善良な人で、裕福に暮していたが、神とサタンが相談して、ヨブの信仰を試そうと試練を与える。 子供達を殺し、財産を奪い、病気にする。 ヨブは理不尽な不幸に、神に怒りをぶつけ、神の存在を疑う。 神が登場し、その偉大な力を見せつけられた結果、ヨブは「塵芥の中で悔い改めます」と沈黙する、めでたしめでたし。 岩崎久彌は彌太郎らと違い、書き物を一切残していない、戦後の財閥解体で、東洋文庫、清澄庭園など多くの岩崎家の資産を公的団体に寄付した。 江上さんは「神のものは神に返しなさい」という聖句を思い出し、久彌の潔さに感動した、という。

コメント

_ 清宮政宏 ― 2022/02/18 07:57

小石川植物園は、家内と結婚前、付き合い始めてすぐの頃、何回か行きました。近くの学校にも通ってたけど、行ったのはその時だけでした。福澤協会で寄った東洋文庫もまた行きたいですね・・・

_ 轟亭(清宮さま) ― 2022/02/18 20:37

小石川植物園で、公孫樹の雌雄の木のように、愛を育まれ、結婚へゴールインなさったわけですね。ぜひ、お二人で思い出の地を散策なさって、東洋文庫のオリエンタル・カフェへいらっしゃってください。

_ 轟亭 ― 2022/02/19 07:43

2022.2.19.訂正 大河ドラマ『西郷どん』と書いたのを、2010年の『龍馬伝』に訂正しました。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「等々力」を漢字一字で書いて下さい?

コメント:

トラックバック