斎藤孝さんの「わが人生最高の10冊」2022/02/21 07:01

斎藤孝さんの「わが人生最高の10冊」というのが、2018年8月17日の『週刊現代』24号に掲載されたようだ。 本はいつも「人生の援軍」だったという斎藤孝さんのベスト10冊。

1位 石光真人『ある明治人の記録―会津人柴五郎の遺書』(中公新書・1971年)
2位 M.メルロー・ポンティ、竹内芳郎、小木貞孝『知覚の現象学』1・2(みすず書房・1967年)
3位 ドストエフスキー、亀山郁夫『罪と罰』全3巻(光文社古典新訳文庫・2008年)
4位 ニーチェ、手塚富雄『ツァラトゥストラ』(中公文庫プレミアム・2018年)
5位 広島テレビ放送『いしぶみ―広島二中一年生 全滅の記録』(ポプラポケット文庫・2009年)
6位 エッカーマン、山下肇『ゲーテとの対話』上・中・下(岩波文庫・1968年)
7位 金谷治『論語』(岩波文庫・1999年)
8位 福沢諭吉、富田正文『新訂 福翁自伝』(岩波文庫・1978年)
9位 原仙作、中原道喜『英文標準問題精講』(旺文社・1999年)
10位 勝海舟、江藤淳、松浦玲『氷川清話』(講談社学術文庫・2000年)

 全体に言って、古典的な「教養」の匂いがする。 東京大学法学部卒、東京大学大学院教育学研究科博士課程満期退学という学歴と、関係があるのだろう。 私が読んだことのあるのは、石光真人『ある明治人の記録―会津人柴五郎の遺書』、福沢諭吉『新訂 福翁自伝』、勝海舟『氷川清話』の3冊だけだった。 「私と同じようなことに関心があり」と書いたのには、若干修正の必要があるかもしれない。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「等々力」を漢字一字で書いて下さい?

コメント:

トラックバック