ゆうちょATM、硬貨の預払料金がかかる2022/02/27 07:50

 家内が自分のゆうちょ銀行の通帳を見て、大声を上げた。 2月3日、硬貨を含む小銭9,900円を入金したら、硬貨料金110円引かれていたのだ。 2月4日同様に3,480円入金して、硬貨料金220円引かれていた。

 少し前に、郵便局から「ゆうちょ料金新設・改定のお知らせ」というのが来ていた。 2022年1月17日(月)から、ゆうちょ銀行の一部サービスの料金を新設・改定するというのだった。 その中に、《ゆうちょATM》の「ATM硬貨預払料金」というのがあって、貯金の預け入れ・払戻しに硬貨を伴う場合、硬貨預払料金がかかる。 [硬貨を伴う預け入れ]硬貨枚数・料金 1~25枚・110円 26~50枚・220円 51~100枚・330円 [硬貨を伴う払戻し]1枚以上・110円。

 《窓口》の「硬貨取扱料金」もあり、預け入れや払込みなど各種手続きに、硬貨を持ち込むと、枚数に応じた料金がかかる。 硬貨枚数・料金 1~50枚・無料 51~100枚・550円 101~500枚・825円 以上、略。

 このお知らせを、一応読んでいた私は、家内が郵便局に行くというので、ATMに硬貨を預け入れると料金がかかるよ、と言った。 家内は、そんな馬鹿なことが…、と言っていた。 ところが後で、あらためて通帳を確認して、初めの大声を上げたのだった。

 天下の流通金9,900円は、どんな金種で揃えても9,900円だろう。 それが9,900円を預けたら9,790円になったのだから1.1%の割引き、3,480円を預けて3,260円になり6.3%の割引きになってしまうのだ。 銀行はもともと両替商だから、金種を指定した交換や払戻しに手数料がかかるのは、わからないことはないが、人手をかけない機械での預け入れに取扱料金がかかるのは、ちょっと解せない。

 2月8日の朝日新聞朝刊は、経済面で「貨幣流通額10年ぶり前年割れ」「1月ゆうちょ銀手数料開始で預け入れ増?」と報じた。 それは、また明日。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「等々力」を漢字一字で書いて下さい?

コメント:

トラックバック