八十歳の好奇心、ますます知らないことばかり2022/03/08 07:08

 年賀状の添え書きの多くに、「ほんまに、八十歳になって初めてのこと、ぎょうさんありまっせ。岡部伊都子(いつこ)」と書いた。 鷲田清一さんの「折々のことば」1707 2020.1.23. を、80歳になった私の実感でもあったので使わせてもらった。 鷲田清一さんは、岡部伊都子さんを説明して、「婚約者に「この戦争は間違っている」と告げられたのに、日の丸の小旗を振って送り出し、彼は戦地ではかなく散った。若き日のその痛恨事を原点に、随筆家は戦争や沖縄、差別や環境について、「言わんならんことは言わんならん」と語り続けた。「私は、子無し。私が赤ちゃんなんですから」と小児科医に相談し、老いても日々「刻々の誕生や」と。自伝『遺言のつもり』から。」と書いた。

 初めは年賀状に、「八十、好奇心。ますます知らないことがあるのを、知る。」と、添え書きしようと思ったが、やはり関西弁のインパクトを採って、岡部伊都子さんにしたのだった。 鷲田清一さんの「折々のことば」2236 2021.12.18. に、「不知爲不知、是知也、」があった。 「知らざるを知らずと為(な)せ。是れ知るなり」。 孔子『論語』(金谷治訳注)巻第一・爲政(いせい)第二から。 鷲田清一さんは、「自分はこういう世界、このような問題のあることをこれまでずっと知らなかったのかと、愕然とすることがある。「知らないことは知らないこととする、それが知るということだ」。限界や輪郭を知ってはじめて人はおのれの知のありようを知る。謙虚という徳が知恵の裏張りをなす。」と。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「等々力」を漢字一字で書いて下さい?

コメント:

トラックバック