虚子と修善寺新井屋を結びつけたもの2022/08/11 06:50

 本井英主宰の「大正四年冬の虚子」のつづき。 「於糸サン」というのは、この『道草』の存在を本井英さんに通知してくれたS氏の祖母に当たる、高田きぬ(旧姓飯山)さん、明治31年2月生まれの、当年、数え年18歳、同じ修善寺の老舗店の娘さんだった。 別に彼女が虚子から贈られた短冊(写真も掲載)があり、「我を恋ふる少女あはれや黄鶺鴒(せきれい)」という虚子作と思われる一句が書きつけられている(虚子の『年代順虚子俳句全集』等には見当たらないそうだ)。 本井さんは、「仮にその句中の「少女」が「於糸サン」であったとしたら、その娘はあたかも渓流の「黄鶺鴒」のように、事に応じてシャキッと振舞う、気っ風の良い爽快な娘であったに相違ない。」とする。

 本井さんはまた、「新井」の中で、「於糸」の名で呼ばれていたことは、ことに虚子に気に入られていた女中であった可能性も高い、と言う。 なぜなら、「糸」は虚子夫人の名前であり、その「糸」の親友であった新井の女将相川つるは、そのことを熟知していたに違いないからである。

 虚子と修善寺新井屋との、そもそもの関係については、『虚子自伝』(昭和30年・朝日新聞社刊)中の「新井屋」が簡潔で分かりやすい、という。 駿河台にあるニコライ堂、ハリストス正教会に附属している神学校(ニコライ女学校)で、その6回目の生徒の中に、伊豆の修善寺から来た相川つると、上州の前橋から来た大畠いとがいた。 二人は同じクラスの中でも気の合う仲間だった。 この二人は76歳の今日まで、不思議に親しい交流をつづけている。 相川つるは新井屋の女将であり、大畠いとは虚子夫人という訳だ。

 明治32年、虚子は劇しい大腸カタルをやり、あるいはコレラではないかという疑いも受け、当時駿河台にあった山龍堂という病院に一と月入院、強心薬を飲みつづけてようやく一命を取り止めた。 退院してからも暫く静養する必要があるというので、夫人の繫がりのあった、この修善寺の新井屋に一か月ばかり逗留した。

 虚子は修善寺で大いに骨を休め、「ホトトギス」明治32年7月号には「浴泉雑記」なる写生文を執筆している。 この作品で虚子が文章表現の新機軸を手に入れたことは、既に本井さんの『虚子散文の世界へ』(ウェップ)で触れられていた。 この「浴泉雑記」は、修善寺温泉を「エデンの園」に擬えた夢のような文章だったが、さらに明治32年11月号の「霊泉余滴」では当時の虚子の宗教観を大いに語った。 こうして、修善寺滞在中の虚子の心が「宗教」に傾くのは、宿の女将である相川つると虚子の妻糸を繋ぐ大きな絆に「ハリストス教会」のあったことを忘れてはなるまい、と本井さんは指摘している。 糸の父、元前橋藩士大畠豊水一家は熱心なハリストス正教会の信徒で、糸の姉「たま」の婿養子斎藤久吉はハリストス教会派の伝道師であった。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「等々力」を漢字一字で書いて下さい?

コメント:

トラックバック