三島由紀夫、丹羽文雄、吉行淳之介、八木義徳、野口冨士男2022/08/29 07:10

 吉村昭さんの先輩作家とのかかわり。 学生時代に同人雑誌に発表した「死体」を、三島由紀夫がほめてくれたのが、自信につながった。 文学の師の丹羽文雄の存在も大きい。 丹羽は20数年にわたって私費で同人雑誌『文学者』を発行し、発表の場があったことで、吉村は書きつづけることができた。 丹羽は吉村の文学性と社会性を早くから見抜いていた。

 吉行淳之介の作品に魅了され、家を訪ねたことがあった。 吉行が編集を担当する『風景』という雑誌から短編依頼があり、それは吉行の好意によるものと書いている。 学生時代から交流のあった八木義徳には、小説の批評だけでなく、文学に携わる人間の姿勢を教わり、「先生」と呼んでいた。

 八木義徳の名前が出たので、私はちょうど一年ほど前、8月24日から27日に書いた『八木義徳 野口冨士男 往復書簡集』(田畑書店)の詳細な「交友録」をぱらぱらやってみた。 これは野口冨士男の「自筆年譜」「日記」をもとに編まれているので野口が軸になっているが、八木義徳も多く出てくる。

 昭和45(1970)年5月2日、野口の八木宛書簡に、「五月号の吉村君の小説の目次の題「少・年の窓」が「小・年の窓」になっていますね」とある。  註記に、「吉村君」は「吉村昭(よしむらあきら・1927~2006)小説家。八木は吉村・津村節子の仲人を務めた」とある。 八木義徳「先生」は、仲人だったのだ。

 昭和41(1966)年7月15日、八木と野口は、第二回太宰治賞を受けた吉村昭の授賞式に出席している。 野口は、吉村、津村節子とは初対面だった。 久保田正文、栃折女史(装幀家・栃折久美子だろう)とも初対面。 河上(徹)、井伏、木山、開高健等も出席。 和田(芳恵)、吉岡実とシャンゼリゼーで軽食。

 昭和62(1987)年10月31日~11月2日、八木と野口は、吉村昭と「本の国体ブックインとっとり’87日本の出版文化展」支援のため、米子市におもむき、皆生温泉で一泊、二日目は伯耆大山中腹の白雲閣でシンポジュウム。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「等々力」を漢字一字で書いて下さい?

コメント:

トラックバック