春風亭朝枝の「加賀の千代」2023/12/06 07:07

 11月29日は、第665回の落語研究会、水天宮に近い日本橋劇場(中央区立日本橋公会堂)初の会だった。 こじんまりとした劇場だ。

 朝枝は黒紋付、ペコペコとへりくだった様子で出てきた。 お前さん、書付どうすんの、私、お金ないよ。 井上の隠居に借りておいで、甚平さん、甚平さんて、可愛がってくれてんだから。 可愛がるって、犬、猫じゃないよ、膝に乗ったり、フトコロに入れてもらったことはない。 植木や朝顔を可愛がる人もいる、朝顔だって、可愛がった人がいるんだ、昔、おっ母さんに聞いた話だけれどね、加賀に千代って人がいて、殿様に呼ばれた、御前に伺候せよってね。 俺も留さんとこで、四光をやった。 偉い人の所へ行く伺候だよ。 松、桜、月、桐の札が揃って、あと雨がくれば五光だった。 花札の話じゃないよ。 御簾が上ると、梅鉢の紋だ。 即興で<見上げればまがうことなき梅の花>と詠んだ。 井戸で水を汲もうとすると、釣瓶に朝顔の蔓がからんでいたんで、<朝顔に釣瓶取られて貰い水>って、朝顔を可愛がる句がある。 お前さんだって、隠居さんには朝顔みたいなものだよ、お金借りといで。

 いくら借りて来るんだ。 20円。 そんな大金貸してくれないよ。 8円5、60銭あれば、間に合う。 そう言えばいいじゃないか。 そこが素人、はなから上を見て掛け値をするんだ、20円と言えばね、半分貸してくれても10円になるだろ、金借りるコツだよ。 これを持ってって。 饅頭、表の菓子屋のか、皮が厚くて、あんこは小指ほどだ、隠居さんは食べないだろう。 義理を立てるんだ、隠居がいるのを確かめて、お清さんに渡すんだよ。

 コンチワーーッ、いますか、いませんか、隠居さん。 アー、いますよ。 お目にかけて下さい、饅頭です。 甚平さんが来たのか、入れてあげなさい。 どーーも。 久しぶりだね甚平さん、忙しいかと思って、声をかけなかった。 仕事はどうだ? どうでしょうか。 なまけてるのか。 ハイ。 私はそういう甚平さんが好きだ。 持って来たんだから、何か言ってください。 お礼の催促か、ありがとう。 町内のせこな饅頭ですが、女房が義理を立てるんだから持って行きなっていうんで。

 金の無心かい。 幾らいるんだ、言ってごらん。 聞かないほうがいいですよ。 いいから言ってごらん。 でも、言うと、あなた驚くから。 いいから言ってごらん。 20円貸して下さい、お願いします。 お清、財布を。 はい、20円。 あのーッ、そういうことじゃないんですけど。  100、20円かい。 200、20円かい。 そういうんじゃないんで。 300、20円、500、20円、1000、20円…、お清、本家に使いに行ってくれ。 甚平さん、言ってごらん、黙ってちゃあわからない。 泣くほどの大金か。 本当は8円5、60銭あればいいのに、そこが素人、はなから上を見て掛け値をするんだ、20円と言えばね、半分貸してくれても10円になるだろ、金借りるコツだよってのが、カカアの弁で。 10円だったんか、はい10円。 私は朝顔ですか?<朝顔に釣瓶取られて貰い水>の。 ちょいと、待ちなさい。 それは加賀の千代だろ? いいえ、カカアの知恵です。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「等々力」を漢字一字で書いて下さい?

コメント:

トラックバック