柳亭市馬の「将棋の殿様」後半2023/12/09 07:05

 おう、爺ではないか、体はもうよいのか。 全快とは参りませんが、今日は天気が良いので参りました。 殿には昔、将棋をお教え致しましたが、だいぶご上達のご様子、間に鉄扇が賭かっておるとか。 三太夫はよい、余の情けじゃ。 この薬缶頭はへこみません、ご遠慮なくお手合わせを。

 将棋盤を持て。 駒を並べろ。 将棋は畳の上の戦さ、並べ方もご存知ないのでは、大将は務まりません、ご自分でなさりませ。 余が先に参るぞ。 ヘタは先と申します。 角道を開けるぞ。 ヘタは角道を開ける、と申します。 その方は、速いな。

 これ、この桂馬は取ってはならん、指し控えよ、不都合じゃ。 そんな訳には参りません、これは戦さ、この駒はいただきます、命にかえても。 ご尊父なら、そんなことはなさらなかった。 取れ! 余は、こうじゃ。 (勝手に取った)その飛車は、お返しを。 (殿様は駒を)投げ返す。 飛車は大将も同じもの(と、三太夫は元に戻す)。 塀際まで攻め寄せられて、漫然としているのは、間抜け大将のなさること、兵あっての国でござる。 それでは、殿、王手。 そこに金があっては、余の行く所がないではないか。 詰みじゃ、負けじゃ、余の。

 お約束通り、鉄扇をばご拝借、武士に二言はないはず。 三太夫、築山の紅葉を見よ。 三太夫若きより、一刀流片手打が得意で。 指をポキポキ鳴らして、殿、ご免。 それでも頭ではなく、膝頭をピシッと打つ。 痛い! ポロポロッと涙、打ち直しには及ばん。 盤を片付けよ。 明日より、わが藩で将棋を指す者は、切腹を申しつける。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「等々力」を漢字一字で書いて下さい?

コメント:

トラックバック