頼朝の死、「落馬説」「怨霊説」2022/05/23 07:08

 『鎌倉殿サミット2022』、井上章一国際日本文化研究センター所長が、600年続く武家政権を開いた源頼朝の政権を、「広域暴力団 関東源組」と形容したのが、愉快だった。 爆笑問題の二人を舞台回しに、出演者は、他に野村育世女子美術大学附属高校中学教諭(北条政子の専門家)、坂井孝一創価大学教授(『鎌倉殿の13人』の時代考証担当)、近藤成一東大名誉教授・放送大学教授、本郷和人東大史料編纂所教授、佐伯智広帝京大准教授、長村祥知富山大学講師。

 最初に問題にされるのが、「頼朝の死」の真相。 源頼朝は、1199(正治元)年に51歳で死んだ。 編年体で書かれてきた『吾妻鏡』に、1198(建久9)年12月2日に頼朝は重臣の稲毛重成(妻は北条政子の妹)が相模川に架けた橋の落成披露に出かけ、その帰路に落馬したという記述があった後、三年間の巻が欠落している。 13年目に、落馬して病気になって死んだ、という記述がようやく出る。

 まず、よく言われる「落馬説」。 佐伯智広さんは、落馬+飲水重病(糖尿病だろう)。 長村祥知さんは、死の直前、出家した、と。

 つづいて「怨霊説」。 「異類異形の者現れ、雷の音に馬が驚き落馬」。 祟りそうなのは、(1)滅ぼされた平家、入水した安徳天皇。 (2)粛清された源氏。 叔父の源義広(1184年)、源行家(1186年)、木曾義仲(1184年)、義経(1189年自刃)、範頼(1193年)。 南北朝時代に成立した『保暦間記(ほうりゃくかんき)』は怨霊説。 野村育世さんは、頼朝が繊細な精神の持主なので、ありかも、絶えず女性問題もあった、と。 『盛長私記』(側近安達盛長の日記)は怨霊説だが、ニセモノ(佐伯智広さん)。 近藤成一さんは、怨霊説に賛成、土地開発が済み、所領配分の問題はなくなっていた。 井上章一さんは、一族の者を信用できなかったが、鶴岡八幡宮や永福寺など、怨霊対策はばっちりだった。

 『吾妻鏡』が三年間欠落しているのは、ふつう北条氏が編纂した(「北条本」)ので都合の悪い部分を隠したと言われるが、『吾妻鏡』は徳川家康が集めたもの(所持本に、黒田長政から贈られた北条氏直旧蔵本を合わせて1605(慶長10)年に出版した)。 その三年間は、頼朝の朝廷工作の時期で、1194年大姫の後鳥羽天皇への入内工作、1195年天皇の周りの貴族に砂金を贈っている。 新井白石は、家康が『吾妻鏡』を集めた段階で、頼朝好きの家康が頼朝のイメージダウンになる箇所を捨てさせたと書いている(本郷和人さん)。

 『吾妻鏡』は、承久の乱(1221年)後に編纂された。 承久の乱は、北条義時の鎌倉幕府と朝廷の全面戦争、幕府側が勝利し朝廷とのパワーバランスが変わった。 『吾妻鏡』、鎌倉幕府9代の内、源氏3代とのちの3代の6代しかない。

 「暗殺説」は、また明日。

『鎌倉殿の13人』は誰で、年齢は?2022/05/22 08:10

 NHKが正月2日に放送した『鎌倉殿サミット2022』を、再放送で見たら、とても面白かった。 『鎌倉殿の13人』がだいぶ進んできて、いろいろなことがある程度わかってきたからだろう。

 『鎌倉殿の13人』を見ていて、13人とは誰かと思う。 番組ホームページの相関図を見て、現在までにわかっているのは、北条時政(坂東彌十郎)、北条義時(小栗旬)、安達盛長(野添義弘)、比企能員(佐藤二朗)、三浦義澄(佐藤B作)、和田義盛(横田栄司)、梶原景時(中村獅童)、三善康信(小林隆)、大江広元(栗原英雄)の9人で、あと4人だ。 『鎌倉殿サミット2022』で「13人の合議制」があったかどうか、という話になって、その4人が足立遠元、二階堂行政、八田知家、中原親能と判った。 これからドラマに出てくるのだろうか。

 『鎌倉殿サミット2022』に、北条義時だけが37歳と若い、年齢の入った一覧表が流れた。 北条義時は1163(長寛元)年に生まれて1224(元仁元)年に死んだから、37歳というのは、源頼朝が51歳で死んで源頼家が二代将軍になった1199(正治元)年だろう。

 北条時政(62)、北条義時(37)、安達盛長(65)、比企能員(55)、三浦義澄(73)、和田義盛(53)、梶原景時(60)、三善康信(60)、大江広元(52)、 足立遠元(70)、二階堂行政(60)、八田知家(58)、中原親能(57)。 義時以外、皆、「人生五十年」を超えた老人たちである。

義経が次第に、窮地に追い込まれる2022/05/21 07:39

 『鎌倉殿の13人』、5月15日の第19回「果たせぬ凱旋」。 義経は鎌倉に凱旋したいのだ。 後白河法皇は、義経を京都から離れられない検非違使に任命して手元に置き、頼朝と義経の間を裂いて、鎌倉の権力が大きくなるのを防ごうとしている。 頼朝は、法皇と義経が結びつくことに不安を募らせる。 後白河法皇に義経を土佐守に任命して検非違使を解任してもらうように図るが、法皇は土佐守と検非違使を兼任させてしまう。 義経がだんだん、窮地に立たされていく。

 三谷幸喜の脚色らしいのは、(一)義朝のしゃれこうべを、文覚が持参して、追悼の法要に義経を呼ぶ案が出て、義時が喜ぶ件。 (二)義経に、頼朝との仲立ちを頼まれた後白河法皇が、毬をわきの下に挟んで、脈を無くす。「真似しないように」と、長澤まさみのナレーション。 (三)義経の正妻である比企の娘の里(三浦透子)と静(石橋静河)が、直接対決し、義経は二人で話し合ってくれと席を外す。

 鎌倉時代の歴史に疎いので、知らなかったこともあった。 ドラマでは、頼朝の命令で京都守護職として上洛した時政と義時が、「日の本一の大天狗」後白河法皇に頼朝追討の宣旨を出したことをなじり、「都と西国を治めとうございます、国ごとに地頭を置き、米と兵を集めること」を交渉に行った、鎌倉・室町時代の「地頭・守護」の起源。 頼朝は文治元(1185)年、行家・義経を捕らえる名目で、勅許を得て、各地の荘園・公領に「地頭」職を置いた。 御家人が任命され、荘園・公領内の税の徴収権、警察・刑事裁判権を持ち、次第に在地領主として成長した。 承久の乱以前に任命されたものを本補地頭、以後のものを新補地頭という。 「守護」職は、大番(おおばん)の催促(御家人を京都大番役につかせる割り当て、召集、引率勤番などの業務)、治安維持、謀反人・殺害人の追捕などに当たらせたもの。 もとは国司の公事、地頭の所務などに干渉することを禁じられていたが、権力拡張の結果、次第に任国を領国化していった。

 土佐房昌敏(とさのぼうしょうしゅん)が、文治元(1185)年10月17日、六条室町、堀河の邸に義経を急襲したこと。 土佐房昌敏は、その前年8月範頼にしたがって西国に出陣し豊後国に渡海していた。 里の手引きというのは、三谷幸喜の脚色だろうが…。 頼朝の命を受け、義経殺害のため83騎を率いて上洛、義経を急襲したが失敗、鞍馬山に逃れて捕らえられ、10月26日六条河原で梟首された。

慶應三連覇を逃す、東京六大学野球・春のリーグ戦2022/05/20 06:58

 東京六大学野球、春のリーグ戦、13日に「春の東京六大学野球、慶應のこれまで」を書き、17日には<等々力短信 第1155号 2022(令和4).5.25.>「慶應野球と福沢諭吉」を早めに発信して、「12時から1勝1敗になった慶明の三回戦があります。勝てば、三連覇に近づきます。」と追伸したのだった。 ところが、慶明三回戦、5回までに明治に10点取られ、慶應は4回萩尾のソロホームランのみ1対10とリードされた。 7回、8回に3点ずつ取って、あと3点と追いかけて試合を面白くしたものの、8回裏に駄目押しの2点を取られ、7対12で敗れた。

 福澤諭吉記念 慶應義塾史展示館、6月6日からの企画展示室の特別展「慶應野球と近代日本」は、都倉武之副館長が期待していたであろう「三連覇記念」を冠せることをは、残念ながら出来なかった。 前田祐吉監督でさえ、18年で8回のリーグ優勝だった。 ドンマイ、ドンマイというところだろう。 そうそう、短信に何人か特別展「慶應野球と近代日本」を見に行くという反響があって、とても嬉しかった。

 春のリーグ戦の優勝は、明日からの第7週、立教と明治の対戦で、勝点を取ったほうが優勝となる。

「夏霞」と「豆飯」の句会2022/05/19 08:02

 12日は「夏潮」渋谷句会だった。 兼題は「夏霞」と「豆飯」で、私は次の七句を出した。

鰯囲ふ沖の生簀に夏霞
横山はベッドタウンや夏霞
茶畑にエンジンの音夏霞
茶覆の黒き連なり夏霞
里山の農家料理屋豆の飯
炊立ても冷めてまたよし豆御飯
板前はぶつきらぼうに豆の飯

 私が選句したのは、次の七句。
田沢湖の睡るがごとく夏霞        なな
湖に沿うて電車や夏霞           さえ
バス釣りの舟二三艘夏霞         裕子
厨から母の鼻歌豆ごはん         裕子
末の児の豆飯の豆そつと除け      正紀
豆飯や父の逝きたる年となり       耕一
豆飯や一汁あれば満ち足りて       孝子

 私の結果は、<鰯囲ふ沖の生簀に夏霞>を英主宰が、<横山はベッドタウンや夏霞>をさえさんが、<茶畑にエンジンの音夏霞>を明雀さんが採ってくれて、主宰選1句、互選2票、計3票と、相変わらずチョボチョボだった。

<鰯囲ふ沖の生簀に夏霞>の主宰選評、あるんですよ鰯の生簀、会話が聞こえてくるようだ。 漁港の400メートルから500メートル先にある、最近葉山にはない、カツオ船などに売る、鰯の養殖はないから。

 私が選句した句で、主宰選にもあったものの、主宰選評。 <田沢湖の睡るがごとく夏霞 なな>…この句会、日本中を旅しているよう、「田沢湖」は虚子のいい写生文がある。乳頭温泉などが思い浮かぶ。田沢湖は深く、「睡る」にふさわしい。 <湖に沿うて電車や夏霞 さえ>…宍道湖の一畑電車など、ぼんやり見えて、夏に入る感じがある。 <バス釣りの舟二三艘夏霞 裕子>…「バス釣りの舟」が上手い、椅子、電動、バウなど、他の釣りと文化が違う、軽薄な感じ、景色がはっきり見えて来る。 <豆飯や一汁あれば満ち足りて 孝子>…なるほど、おかずがなくてもいい、素直な句。