オマーン大使館で天満敦子のヴァイオリンを聴く2017/05/21 06:48

 まずクイズから始めたい。 (1)いつか来たこの道に、咲いていた花の名 と垂れていた枝は何ですか? (2)城ヶ島の磯に降る雨の色は、何色ですか?  (3)からたちが秋に実って出来るものは? (4)𠮟られて、あの子とこの子 は、何をさせられましたか?

 16日、広尾の駐日オマーン・スルタン国大使館で開かれた天満敦子ヴァイオ リンリサイタルを聴いた。 千代田キワニスクラブ主催のチャリティーコンサ ートである。 家内の友人からこのコンサートの話が来た時、二つ返事で「天 満敦子さんなら行く行く」と言った。 以前、藤原一枝さん主宰のホモ・ルー デンスの会のカザルス・ホールで、天満敦子さんのヴァイオリンを聴く機会が 何度かあって、これはすごいと思った。 音痴にも、本当に良いものは、わか るらしいのだ。

 広尾は、結婚当初住んだ懐かしい町である。 駐日オマーン国大使館への道 の一本上、日本赤十字社医療センターの方へ上がって行く道は、生まれたばか りの息子を乳母車に乗せて、よく散歩した道である。 大使館は立派な建物だ った。 チケットの他に身分証明書をと言われていたが、警備担当者の簡単な 荷物検査もあった。 会場は男子禁制かと思われるほど、女性ばかりだった。  キワニスクラブのキワニスは「皆で集まろう」の意味、79か国に20万人の会 員のいる国際的な社会福祉団体で、千代田キワニスクラブは「子供の貧困」を テーマに活動し、破傷風撲滅のワクチンへの支援もしているという。

 天満敦子さんのヴァイオリン演奏は、期待通りだった。 前半は、バッハ「ア ダージョ」、シューマン「トロイメライ」、マスネ「タイスの瞑想曲」、ドヴォル ザーク「ユーモレスク」、ブロッホ「祈り」、イギリス民謡「グリーンスリーヴ ズ」、フォスター「スワニー河」、そして天満敦子さんの看板であるポルムベス ク「望郷のバラード」。

 天満敦子さんは中間のショート・トークで、1992年にルーマニアで「望郷の バラード」と運命の出会いをしてから、今年で25年、1735年製アントニオ・ ストラディヴァリウスと結婚してから30年、パール婚だと語った。 このス トラディヴァリウスはイタリア人だけれど、日本の曲でも素敵な音を出す、毎 度、発見と熱愛があるので、聴いて欲しい。 入口のチャリティーの箱、寝て いたのを立てておいたので、ご協力を、なるべく紙の方で、と。

 後半は、和田薫「独奏ヴァイオリンのための譚歌より<漆黒・萌黄>」、山田 耕筰・梁田貞/竹内邦光編曲「この道・城ヶ島の雨」、山田耕筰「からたちの花」、 弘田龍太郎「𠮟られて」、菅野よう子「花は咲く」、ホルスト「ジュピター」。

 「望郷のバラード」を始めとする前半の各曲が、心に沁みてきたのはもちろ んだが、天満敦子さんの素晴らしさを実感したのは、後半の日本の曲だった。  日本の曲では、ヴァイオリンの弦にゴムのようなものを挟んだが、チューブと いうらしい、音色を穏やかに変えるのだろうか。 アンコールに贅沢な伴奏で 皆で歌った「故郷」を含め、幼い時に母がよく歌っており、憶えていた曲ばか りだったので、あやうく涙がこぼれそうになった。 弦をはじくピチカートを 織り交ぜた「花は咲く」には、東北の被災地のことが頭に浮かび、感情を揺さ ぶられる。

 クイズの答、(1)あかしあの花・山査子の枝、(2)利休鼠、(3)まろいまろ い金のたまだよ、(4)あの子は、町までお使いに・この子は、坊やをねんねし な。 作詞は「この道」「城ヶ島の雨」「からたちの花」が北原白秋、「𠮟られて」 は清水かつら。

<うな重を妻に奢りて落着す>2017/05/20 07:06

 自註『本井 英集』の後半には、句会や吟行で、その句の誕生に立ち会った句 も出て来て、楽しい。 <欲得をきれいに飾り大熊手> 平成20年作 「慶 応志木高校のOB俳句会「枇杷の会」。男ばかりで「三の酉」へお参りした。勢 いに任せて悪所へ繰り込むような乱暴者はいない。」 <捩ぢあげるやうに大根 引きにけり> 平成22年作 「「夏潮」渋谷句会での兼題。教員時代、毎年、 生徒と大根を育てた。あんまり出来たので干して沢庵漬けにしたこともあっ た。」 <箱庭の触るれば回る水車かな> 平成23年作 「「夏潮」渋谷句会 は兼題だけの俳句会。「箱庭」の題詠。<箱庭の家鴨を並べかへてみし>など。 箱庭で遊ぶのと同じように俳句で遊ぶ。」

 本井英先生は昨秋、『夏潮』創刊以来の句を収めた第四句集『開落去来』(ふ らんす堂)を出版された。 その句集について、私は「等々力短信」第1088 号に「本井英句集『開落去来』」を書いた。

http://kbaba.asablo.jp/blog/2016/10/25/8235516

 その中で、「観察と写生」「ユーモアや俳味」「お人柄と人情」「意外な措辞」 「ご家族」について、私が気に入った句を32句挙げた。 今回の自註『本井 英 集』には、私が挙げた32句の内、半数に近い15句が選ばれていたのは、嬉し かった。 俳句を詠むほうは少しも上達しないけれど、選句のほうは少しは増 しになったのかと思ったのである。 ただし<冷蔵庫置けば愛の巣らしくなる >(平成21年作)を、「ご家族」を詠んだのか、お嬢さんのお宅あたりかと想 像したが、註に「「冷蔵庫」が季題であることに、やや違和感を覚えながら題詠 した。まるでテレビのドラマのようなストーリーを空想してみたら。」とあった。  短信の「短篇小説でも書けそうだ」は、当たったのかもしれないが。

 <うな重を妻に奢りて落着す> 平成24年作 「江利子は本当に良く出来 た妻だと思う。それでも偶には機嫌を損ずる。勿論こちらに落ち度があるのだ。 「うな重」は「ゴメン」のシノニムである。」 久美子さんが亡くなられた十年 後、江利子さんと再婚された。 俳句は、私小説のようなものでもある。 今 回の句集にも久美子さんを詠んだ句が沢山ある。 下種な私は、つい江利子さ んの胸中を勘繰ってしまうのだった。

 『夏潮』の創刊を準備していた頃、現役の社会人が多かった運営委員の間に は、編集の負担が大きいから、誰か雇ったらとか、月刊を諦めたらとかいう意 見もあった。 本井英先生は、断固反対、初心を貫かれた。 平成18年8月 一ヶ月、逗子のご自宅で全62回の連続俳句会「日盛会」が開催され、延べ800 人以上の参加者があった。 78頁には「この「日盛会」を支えてくれたのが、 今の家内である」とある。 座談会、対談、講演記録は、俳誌『夏潮』の一つ の柱である。 最近では11か月にわたる鈴木孝夫先生との対談「日本と西洋」 が、出色のものだった。 そのテープ起こしが、どれほど大変な作業か。 そ れは江利子さんの仕事だと聞く。 江利子さんは『夏潮』の十年も支えてこら れたのである。 今になって、本井英先生の念頭には、初めから江利子さんの 存在があったことを知る。

 <里山のおしるこ色に芽吹くかな> 平成23年 「早春、芽吹きの頃の逗 子・葉山の丘。最初に気付いたのは江利子。「漉し餡」みたいと。我が家は祖父 も父も兄も甥も製餡業を営んでいる。」

無言館とゲティスバーグ演説2017/05/19 07:09

 本井英先生は「枇杷の会」深川吟行後の小酌で、はっきりしたものをつかん だ、それを書いて死にたい、というようなことのほかに、先の戦争で死んだ人々 に申し訳ないという気持が強いとも、おっしゃった。 先生は昭和20年終戦 の年のお生れだ。 私は昭和16年に生れ、品川中延で空襲に遭い、父に負ぶ われて逃げ、立会川に下りて一夜を過ごした経験があるのだけれど、まったく そういう気持がない、と申し上げた。 能天気なのだろう。

自註『本井 英集』に、こんな句がある。 <炎天のかむさるばかり無言館> 平成16年作 「信州上田。塩田平の一 角に「無言館」はある。あの戦争に出陣した画学生達の作品や遺品が展示して ある。空は彼の日々と同じ「炎天」。」

 5月15日は福澤先生ウェーランド経済書講述記念日の講演会、旧図書館の改 修工事で福沢先生の胸像がその前に移設された三田演説館で、阿川尚之慶應義 塾大学名誉教授の「福澤先生の訳した憲法 : 合衆国という国のかたち」を聴い てきた。 素晴らしい講演だった。 阿川尚之さんはまず、福沢が『西洋事情』 (初編)巻之二で訳したアメリカ合衆国憲法を通して、その思想と仕組みを考 える。 福沢が訪れたアメリカは、南北戦争の直前と直後だった。 帰国後は 幕末維新の動乱だ。 日米両国はそれぞれ、「国のかたち」の大きな変化に直面 していた。 その大きな変化と憲法制定・改正の関係に議論を進めた。

 阿川さんは結論の部分で、「国のかたち」の変化における学者、思想家の役割 に触れ、「国のかたち」を示した人として、福沢諭吉とエイブラハム・リンカー ンを挙げた。 福沢は欧米の立憲君主制、共和制を紹介し、独立する個人から なる、将来あるべき日本の「国のかたち」を構想した。 『瘠我慢の説』「立国 は私なり、公に非(あら)ざるなり」。 それはリンカーン大統領の「国のかた ち」に関する思想と対比することができ、共通性を持っている。 阿川尚之さ んは、まさに演説館にふさわしいからと、リンカーンの「ゲティスバーグ演説」 “a new birth of freedom”の訳文と原文の朗読で、講演を締めくくった。 

 帰宅後、アメリカンセンターJAPANのウェブサイトで「ゲティスバーグ演 説(1863年)」を読む。 南北戦争でのゲティスバーグの戦いは1863年7月1 日から3日まで、南部連合軍はリー将軍の北バージニア軍を先頭に合衆国の領 土を侵略し、ミード将軍率いる合衆国ポトマック軍と戦った。 双方で4万5 千人以上の死傷者を出した悲惨な戦闘の結果、4日南部連合軍はバージニアに 撤退、これが南北戦争の転換点になったといわれる。 リンカーンの演説は、 1863年11月19日、ゲティスバーグ国立戦没者墓地の開所式で行われた。

 全体でわずか2分ほどの演説だが、米国史上最も重要な演説の一つとみなさ れている。 「アメリカ合衆国が拠って立つ自由と平等の原則を表現すること に成功している。そして米国の生存のために戦い、命を落とした人々の栄誉を 誇らかに称えている。リンカーンは演説の中で、米国のための「自由の新たな 誕生」に言及した。」

 ゲティスバーグ演説 「87年前、われわれの父祖たちは、自由の精神にはぐ くまれ、人はみな平等に創られているという信条にささげられた新しい国家を、 この大陸に誕生させた。今われわれは、一大内戦のさなかにあり、戦うことに より、自由の精神をはぐくみ、平等の信条にささげられた、このような国家が、 長く存続することは可能なのかどうかを試しているわけである。われわれはそ のような戦争の一大激戦の地で、相会している。われわれはこの国家が生き永 らえるようにと、ここで生命を捧げた人々の最後の安息の場所として、この戦 場の一部をささげるためにやって来た。」(中略)

「彼らがここで成した事を決して忘れ去ることはできない。ここで戦った 人々が気高くもここまで勇敢に推し進めてきた未完の事業にここでささげるべ きは、むしろ生きているわれわれなのである。われわれの目の前に残された偉 大な事業にここで身をささげるべきは、むしろわれわれ自身なのである。それ は、名誉ある戦死者たちが、最後の全力を尽くして身命をささげた偉大な大義 に対して、彼らの後を受け継いで、われわれが一層の献身を決意することであ り、これらの戦死者の死を決して無駄にしないために、この国に、神の下で、 自由の新しい誕生を迎えさせるために、そして、人民の人民による人民のため の政治を地上から決して絶滅させないために、われわれがここで固く決意する ことである。」

It is for us the living, rather, to be dedicated here to the unfinished work which they who fought here have thus far so nobly advanced. It is rather for us to be here dedicated to the great task remaining before us – that from these honored dead we take increased devotion to that cause for which they gave the last full measure of devotion – that we here highly resolve that these dead shall not have died in vain – that this nation, under God, shall have a new birth of freedom – and that government of the people, by the people, for the people, shall not perish from the earth.

志木高教諭時代、虚子「追っかけ」旅、そして2017/05/18 07:07

 本井英先生の自註『本井 英集』を、もう少し読んでみよう。 私の知らない 慶應志木高教諭時代の句には、こういう先生の授業を受けたかったと思わせる ものがある。 <出来秋の湖(うみ)の畔(ほとり)の無人駅> 昭和46年 作 「修学旅行。宍道湖の畔、一畑鉄道の駅。逗子の自宅から、志木は遠かっ たが、楽しい教員生活を過ごさせてもらった。」 <生徒らは落葉蹴り蹴り随い てくる> 昭和55年作 「広々とした自然の残るキャンパスに、素直な生徒 ばかり。天気の良い日は、森を散歩しながら授業をすることもあった。」 <一 (ひと)クラス分の早苗の届きけり> 平成14年作 「国語の授業の一環で、 毎年「稲」を作った。日本の文学の根幹には、季節ごとの「神の来臨」があり、 「稲作」こそがその中心だからだ。」

 後に平成12年の著書『虚子「渡仏日記」紀行』(角川書店)としてまとまる、 平成6年・8年三回の虚子「追っかけ」海外旅行、平成9年4月から一年間の フランス留学も、重要で貴重なご経験であった。 <スマトラは左舷今宵も稲 妻す> 平成6年 「クイン・エリザベス二世号に乗船。虚子に<稲妻のする スマトラを左舷に見>がある。一種の本歌取りである。」 <沈む日に置いてゆ かれて夏潮に> 平成8年作 「「飛鳥」のワールド・クルーズに便乗。イン ド洋を西に進む日々は、太陽に置いて行かれて夜となる。」 <長江の澄むべう もなくひろごれる> 平成8年作 「長崎・上海フェリーで、また虚子の「渡 仏」を追いかけた。東シナ海のインクのような紺から揚子江の泥の色に移るの は、あっという間であった。」 <ならべ売る魚(うお)は筒切り春の蠅> 平 成9年作 「一年間のフランス留学が許された。研究テーマは「フランスの四 季の研究」。「マルシェ」では魚も売られているが、どれも「筒切り」。」

 <品川のホームに見かけ夏帽子> 昭和42年作 「鎌倉から三田の大学に 通う身には、品川は馴染みの駅。なんとなく南へ帰る気分も好きだった。「夏帽 子」の娘はその後、妻となる人だったかも。」 <父が来てゐる我が町の薄暑か な> 昭和45年作 「この年の五月に、文学部で同学年だった久美子と結婚 して逗子に住んだ。ある日鎌倉山の父が逗子の友人Mさんの家から電話をして きた。」 <夏夕(ゆうべ)癒し給へと集ひ唄ふ> 平成9年作 「ルルドの 泉。久美子の癌は三年前に訪れた時より着実に進行していた。前回は奇跡的に 良くなったのに……。本人は大分気落ちをした様子だった。」 <胎出づる思ひ に茅の輪くぐりけり> 平成10年作 「四月一日帰国。一足先に帰っていた 久美子は、もう動けない体になっていた。「茅の輪」は芝神明。蘇生ということ をしきりに考えた。」 <妻を迎へに山の雨山の雷> 平成10年作 「大きく 息を吸い込んだまま、久美子は息をしなくなった。折から明け方の雷鳴と、驟 雨の音が病室を包んだ。神様が迎えに来たのだなと分かった。」

本井英先生の句境を推察する2017/05/17 07:12

 本井英先生が到達なさっている高い句境、はっきりしたものをつかんだ、と いわれるのは、奈辺にあるのか、私なりに想像してみたい。

本井英先生の『夏潮』は、近代俳壇を代表する高浜虚子の唱えた「花鳥諷詠」 を信奉し、ひたすら虚子を求め、さらに虚子の求めた彼方を探る、姿勢と立場 をとっている。 本井英先生が慶大俳句「丘の会」で行った「表現と諷詠」と いう講演記録が、『夏潮』2014年11月号に載った。 虚子は「諷詠」をこう言 った、と語っている。 「諷詠」というのは心に思ったことを、そのまま叙す る。 あるいは心に思った相手への慮りを素直に述べることで、「挨拶ならざる 俳句はない」と言っても好いかもしれない。 また、詩にはリズムがなければ いけない。 調子がなければいけない。 意味を運ぶというよりも、心の中に ある気のようなものが、自ずから口を衝いて出て来る。 そこに言葉の好いリ ズム感が生まれる。 それが、実は俳句の本質なんだ、ということを。

これは折口信夫が奇しくも「最も純粋な日本の詩歌は無内容のものこそそう だ」と言ったのと同じで、「無内容」あるいは「構えたものでない」ということ が、一番大切なのだ、と。 一方、「表現」は、あるはっきりしたものが事前に 頭の中にあって、それを言葉で組み上げて他人に理解させようとする。 「諷 詠」は、そうではなくて、自然に「ぱっと」出て来てしまった言葉だろう、と。

 山内裕子さんの句集、『まだどこか』(ふらんす堂)に寄せられた栞「但馬派 を継ぐひとり」で、本井英先生は、京極杞陽先生の<花鳥諷詠虚子門但馬派の 夏行>を引き、但馬派の俳句や文学、その姿勢をつぎのような言葉で表してい る。 「こだわらない」、「こけおどしを言わない」、「読む人を圧迫しない」、「褒 められようとしない」、「素顔をかくさない」。

 渋谷句会では、最近「情がある」ということをしきりに言われる。 先日の 「枇杷の会」深川吟行の句会では、「口から出まかせ」、「読者のことなど気にし ない、自分にサービス」と、言われた。 

 私が自己流で俳句を詠むきっかけになったのは、落語評論に始まりエッセイ を愛読して私淑していた江國滋さんの『俳句とあそぶ法』(朝日新聞社・昭和 59(1984)年)だった。 その本には、ちゃんと、こう書いてあった。 「俳 句の三本柱は、たしなみと、つつしみと、はばかりである。」 そして、くりか えし、「ほどのよさ」と「さりげなさ」を説いていた。

 私は日頃、少しも俳句が上手くならない、と感じている。 このブログに、 毎月の渋谷句会の結果を報告している私は、毎度「鳴かず飛ばず」だの、「まず まず」だのと、言っている。 明らかに「褒められようとしない」に違反して いるのだ。 俳句では、理屈や説明はいけない、と教えられる。 ところが、 私は高校新聞出身で、5W1H、いつ、どこで、だれが、なにを、なぜ、どのよ うに、の六つをきちんと書き込めと教わった。 毎日、ブログの散文を書いて、 達意、内容をきちんと伝えようと努めている。 新聞はアッといわせる特ダネ を探し、随筆も何か新奇なことや、洒落たことを言って、受けを狙おうとする。  その助平根性から抜け出せないところに、わが俳句の上手くならない理由があ るようだ。 品というものがないのは、「花鳥諷詠」の道とは、ほど遠い。