「寒稽古」と「侘助」の句会2019/01/12 07:19

 1月10日は、午前中、第184回福澤先生誕生記念会で三田に行き(後日書 く)、夜は『夏潮』渋谷句会があった。 主宰は、喉の調子が今一つのところを、 寒い夜の句会で、次の日から犬山での泊りがけの稽古会の予定もあるにもかか わらず、熱心に指導して下さり、まことに頭の下がる思いがした。 句会の兼 題は「寒稽古」と「侘助」、私はつぎの七句を出した。

寒稽古弦音響き渡るかな

皹(あかぎれ)の足に血滲む寒稽古

寒稽古裏で雛妓(すうぎ)の目に涙

床の間の侘助にまで日の届き

侘助や明り障子に日の昏るる

侘助やチンチンチンと釜の音

侘助や一輪挿しに銘のあり

 私が選句したのは、つぎの七句。

足裏(あなうら)にひつつく床や寒稽古   英

己が声に己れ励まし寒稽古         和子

寒稽古終えれば師範人となる        明雀

白侘助よき人に会ふに似て         なな

侘助のささやくごとく咲けるかな      さえ

侘助を鉢に育てて谷戸住まひ        裕子

侘助や今宵の話は内密に          由紀

 私の結果。 <寒稽古弦音響き渡るかな>を英主宰と和子さん、<床の間の 侘助にまで日の届き>を英主宰と和子さん、<侘助や明り障子に日の昏るる> を孝治さんと耕一さん、<侘助やチンチンチンと釜の音>を由紀さんが採って くれた。 主宰選二句、互選五票の計七票、新年早々まずまずというところで あった。

 主宰選評。 俳句会は、人によって、稽古だとしたり、真剣勝負だと考えた りする。 生涯の真剣勝負と思う人もいる。 だが毎回真剣勝負だと、採って もらえないと落ち込む。 大人になって分かるのだが、数出ていると、俳句は 授かりもの、いい句がいただけることがある。 心持の問題だ。 身体を動か す体操、頭の体操とくらべて、俳句は心の体操。

 <寒稽古弦音響き渡るかな>…うまい句、弓術はほとんど無言。弓の弦をな らして妖魔を祓うまじない「鳴弦(めいげん)」、呪術にまで通じそう。 <床の間の侘助にまで日の届き>…「にまで」は損、作者の顏が見えて、景が 見えない。「床の間の侘助に日の届きをり」と添削。読者は素直についてくれる。 (理屈や説明が駄目なのは、いつも注意されていることなのだが、ボォーッと つくっていると、ついやってしまう。反省!)

お石は、なぜ平之丞のもとを去ったのか2019/01/11 07:12

 昏れかかる日の残照が、明り障子にものかなしげな光を投げかけている。 別 れてから二十五年の月日が流れ、いま初老にはいった平之丞とお石は、淡々と した話をもう一刻(とき)ほども続けていた。

 お石は、京には長くいず、榁先生の世話でここへ来て二十年、ずっと独り身 で、子供たちに読み書きを教えて暮してきたという。 平之丞は、「……私は五 十歳、あなたも四十を越した、お互いにもう真実を告げ合ってもよい年ごろだ と思う、お石どの、あなたはどうしてあのとき出ていったのか」と、聞く。 お 石は、自分はあなたさまの妻にはなれない娘だった、どうしても、妻になって はいけなかったのだ、鉄性院さま(忠善)のおいかりにふれ、重科を仰せつけ られた小出小十郎の娘だ、と云う。 生涯蟄居の重い咎めを受けたとき、父は 喜んでいた、御血統の正しいことが明らかになれば自分の一身など問題ではな い、これで浪人から召し立てられた御恩の万分の一はお返し申せる、そう云っ て、不敬の罪をお詫びするために切腹致しました。 さむらいとして、決して 恥ずかしい死ではないと存じますが、重科はどこまでも重科、こなたさまの妻 になって、もしもその素性が知れた場合には、ご家名にかかわる大事になり兼 ねない、どんなことがあっても嫁にはなれぬ、そう思い決めた、と告白した。

 平之丞は、お石の身の上を知らず、母でさえ聞いていなかった、父は何も云 わず、何の証拠も遺さずに死んだ、あなたの素性は誰にもわかる惧れはなかっ た、とは云ったものの、けれど万一ということが考えられた、というお石の言 葉に、三十二歳のとき忠春の側がしらに任じられ、その出頭を妬む者から讒訴 されて、老臣列座の鞠問をうけた災難が頭をかすめた。

 「それではもし、そういう事情さえなかったら、あなたは私の妻になってく れたろうか」と、平之丞は聞く。 お石が自分の身の上を知ったのは十三歳の とき、はじめて父の遺書を読んでのことだった。 「そして、平之丞さまをお 好き申してはいけないのだと、幼ないあたまで自分を繰返し戒めました、いま 考えますとまことに子供らしいことでございますが」

 そこまで云いかけてお石は立ち、部屋の奥から紫色の袱紗に包んだ物を持っ てきた。 いつかせがまれて貸与えた翡翠の文鎮だった。 「お好き申さない 代りに、あなたさまの大事にしていらっしゃる品を、生涯の守りに頂いて置き たかったのです」 「では……」と平之丞は乾いたような声で云った。 「お 石はずいぶん辛かったのだな」 「はい、ずいぶん苦しゅうございました」

 なんというひとすじな心だろう、愛する者の将来に万一のことがあってはな らぬ、その惧れひとつでお石は自分の幸福を捨てた、――自分では気づかない が、男はつねにこういう女性の心に支えられているのだ。 平之丞は低頭する ようなおもいで心のうちにそう呟いた。

 ここまで山本周五郎の『小説 日本婦道記』「墨丸」を書き終わったところで、 たまたまテレビは12月20日の天皇陛下の記者会見の映像を流していた。 天 皇さまは涙声で、「自らも国民の一人であった皇后が、私の人生の旅に加わり、 60年という長い年月、皇室と国民の双方への献身を、真心を持って果たしてき たことを、心から労(ねぎら)いたく思います。」と、語っていた。

藩の秘事と「八橋の古蹟」で2019/01/10 07:16

 平之丞がお石を見直した花見の宴で、藩の秘事に関する噂が友人達の話題に 出た。 藩主水野家の世子右衛門佐忠春が水戸の御胤(おたね)だという噂だ。  忠春は、けんもつ忠善の次子だが、長子の造酒之助(みきのすけ)が早世した ため世継ぎとなった。 忠善が水戸中将(光圀)に心酔していて、そのあまり 懇願して、誕生前から御子を頂戴する約束をし、出生すると産着のまま屋敷に お迎えした、その証拠に右衛門佐のお守りは葵の御紋ちらしだというのだ。 そ れについては、もう一つの秘事があり、十余年前に江戸屋敷で小出小十郎とい う者が切腹した。 小出は、島原の乱でめざましく働いた浪人で、忠善に見出 されて篤く用いられた。 非常に一徹な奉公ぶりで知られ、重代の者にも云え ないような諫言をずばずば云うし、家中とのつきあいなども廉直無比で名高か った。 それが忠善の忿(いか)りにふれて生涯蟄居という例の少ない咎めを うけたが、その命のあった日に切腹した。 実は造酒之助在世中で、小出は御 家の血統のため、右衛門佐を廃し、造酒之助を世子に直すよう、繰返し直諫し たので、忠善が「あらぬことを申す」とひじょうに忿り、重科を仰せ出された という。 平之丞は話をさえぎり、「殿があらぬことを申すと仰せられたのなら それが正しいに違いない、そういう噂は聞いた者が聞き止めにしないと、尾鰭 がついて思わぬ禍を遺すものだ、ほかの話をしよう」と云った。

 平之丞は二十七歳の時、花見の宴を催した友人の妹を娶った。 平凡だが温 かいしずかな結婚生活だったが、六年目の秋、三人目の子を身ごもったまま、 あっけなく世を去ってしまった。 母が丈夫で二児の養育を引き受けてくれ、 再婚はしなかった。 三十二歳で忠春の側がしら、四十五歳で国老に任じられ、 藩の中軸といわれる存在となった。

こうして平之丞は五十歳になった。 忠善はすでに逝去し、忠春が従五位の 右衛門太夫に任じていた。 その年の秋、公務を帯びて京へのぼった帰りに、 岡崎までもう三里という池鯉鮒の駅に着いたとき、彼はその近くに名高い「八 橋の古蹟」という名所があるのを思い出した。 伊勢物語の一節など思い出し ながら、むかし杜若のあった跡だという丘ふところの小さな池をめぐり、業平 塚なども見てやや疲れた彼は、すぐ近くにひと棟の侘びた住居のあるのをみつ け、暫く休ませてもらおうと思ってその門をおとずれた。 折戸を明けて庭へ はいると、縁先に切下げ髪にした中年の婦人がいて、請うとしとやかに立って、 「どうぞお掛けあそばせ」とそこへ座を設けた。 平之丞は、縁さきまで来る とはっとして立ちどまった。 そしてわれ知らず昂ぶったこえで、「お石どので はないか」と叫んだ。 婦人は眼をみはってこちらを見たが、「ああ」とおのの くような声をあげ、まるで崩れるようにそこへ膝をついた。

平之丞がお石を恋し、嫁にと望むが、去られる2019/01/09 08:18

 「墨丸」のつづき。 父の惣兵衛が岡崎に帰ると間もなくから、お石は榁(む ろ)尚伯という和学者のもとへ稽古に通い、歌など作るようになった。 母に 見せられた萩を詠んだ一首に、墨丸と記しているのをみつけ、平之丞は心にか すかな痛みを感じた。 十三歳になったお石が思い詰めた様子で平之丞の部屋 に来て、平之丞が祖父にもらい大切にしていた牡丹の葉と花を浮き彫りにした 翡翠の文鎮を貸して頂きたいと言ったので、渡してやった。 鈴木家には、惣 兵衛の好みで、しばしば旅の絵師や畫家などが滞在した。 なにがし検校とい う琴の名手が、あしかけ四年あまりも滞在し、そのあいだにお石に琴を教えた。  検校は、特殊の感覚を持つお石の恵まれた素質を褒めたが、その道で身を立て られるかという父の質問に対し、お石の琴は人を教えるには格調が高すぎて、 なかなかな耳ではついていけない、と云った。

 十七になったお石を、花見の宴で着飾った十人ばかりの娘たちの中で見た平 之丞は、際だって美しいと思った。 お石のぜんたいから滲みでるもの、内に あるものがあふれ出る美しさだった。 お石を見なおすようになると、事の端 はしに、お石の心ざまの顕れをみつけてはおどろく例が少なくなかった。 人 の気づかないところ、眼につかぬところで、すべて表面よりは蔭に隠れたとこ ろで、緻密な丹念な心がよく生かされていた。 注意して見るにしたがって、 そういうことの一つ一つが平之丞の眼を瞠(みは)らせ、云いようもなく心を 惹きつけられた。 平之丞は母に「あれなら鈴木の嫁として恥ずかしくないと 思いますが、どうでしょうか」と相談した。

 父も初めは難色をみせたが、よかろうと承知し、はじめて母からお石に話を した。 するとお石は考えてみようともせず、きつくかぶりを振って断わった。  それから母は、色いろ条理をつくして説き、よく考えてみるようにと云ったが、 お石はいつものおとなしい性質に似あわない頑なさでかぶりを振りつづけた。  「それにわたくし近ぢかにおゆるしを願って、京の検校さまの許(もと)へま いりたいと存じていたのですから」 まさかと、裏切られた人のように眼をい からせる母をなだめながら、平之丞がいちど自分からじかに話してみようと考 えた。 然しそのおりも来ないうちに、突然父が倒れた、城中で発病し、釣台 で家へはこばれて来たが、意識不明のまま三日病んで死去した。

 悲嘆のなかでも平之丞はとり返しのつかぬことをしたのに気づいた。 それ はお石の素性が知れずじまいになったことだ。 母も「旧知の遺児である」と しか聞いていなかった。 忌が明けると間もなく、お石はついに鈴木家を出て 京へのぼることになった。 お石がたのんだのだろう、和学の師・榁尚伯がき て、母と平之丞を説き、「琴のほかに学問も続けたいと云っておられるし、さい わい京には北村季吟と申す学者がおり、以前から親しく書状の往来があるので、 私から頼めばせわをしてくれることでしょう、お石どのは国学にも才分がおあ りだから、場合に依ればこのほうでも身を立てることができると思います」ど うか望みをかなえてお遣りなさるように、老学者らしい朴訥な口ぶりでそう云 うのだった。 お石は泣かず、信じられないほどあっさりと、まるで旅人が一 夜の宿から立ってゆくかのように、さばさばと鈴木家から去っていった。

 小説から脱線して、北村季吟だが、川口祥子さんの「柳沢吉保と六義園」と いう講演で聴いて、<小人閑居日記 2018.10.11.>に「「古今伝授」北村季吟 →柳沢吉保、「六義園」」というのを書いていた。 元禄2(1689)年、北村季 吟が66歳で幕府歌学方になったのが、柳沢吉保(32歳)との出会いだったそ うだ。

「墨丸」の岡崎とその時代2019/01/08 07:22

 「お石(いし)が鈴木家へひきとられたのは正保(しょうほう)三年の霜月 のことであった。江戸から父の手紙を持って、二人の家士が伴って来た、平之 丞(へいのじょう)は十一歳だったが、初めて見たときはずいぶん色の黒いみ っともない子だなと思った。」と、山本周五郎の「墨丸」は始まる。 お石は五 歳、父上の古い友人のお子だが、ご両親とも亡くなった、よるべのない気のど くな身の上、これからは妹がひとりできたと思って劬(いたわ)ってあげて下 さい、と母は平之丞にいう。 鈴木家は、岡崎藩の老職の家柄で、屋敷の五段 ほどもある庭には丘や樹立や泉池などがあり、同じ年ごろの友達との恰好の遊 び場だった。 お石は、起ち居もきちんとしたはきはきした子で、みなしごと いう陰影など少しもなく、云いたいこと為たいことは臆せずにやる、爽やかな ほど明るいまっすぐな性質に恵まれていた。 友人達は、その性質がわかるに したがって、しぜんと好感をもつようになり、よく仲間にして遊びたがった。  それにしても、色が黒いので、少年たちは「お黒どの」とか「烏丸」とか陰で 色いろ綽名を呼んだ。 平之丞は、気にもならなかったが、或るときふと哀れ になり、どうせ云われるならこちらで幾らかましな呼び方をしてやろうと思い、 「黒いから墨丸がいい」と主張した。 「すみまる」という音は耳ざわりもよ いし、なにごころなく聞けば古雅なひびきさえある、それで少年たちはみなそ う呼ぶようになった。

 江戸詰めの年寄役だった父の惣兵衛が、それから六年めの慶安四年に岡崎へ 帰って来た。 国老格で吟味役を兼ねることになったのである。

 ここでちょっと小説を離れて、岡崎のことを見てみる。 徳川家康の生誕地 として知られる西三河地方の中心都市である。 岡崎城は三河守護代西郷稠頼 (つぐより)が康正元(1455)年に築き、のちに松平清康(家康の祖父)が入 城し、本格的な城下町をつくったのは天正18(1590)年田中義政だった。 江 戸時代には五万石の城下町、本多、水野、松平(松井)、本多の歴代城主は譜代 大名で幕府の要職についた。

 「墨丸」に出てくる藩主、「けんもつ忠善」と、その世子「うえもんのすけ忠 春」は、水野氏である。 水野忠善は正保2(1645)年に三河吉田から入部し、 二代水野忠春は幕閣の奏者番・寺社奉行に就き、多額の経費が掛かったという。  正保2(1645)年は、お石が鈴木家に来る前年である。 その年、数え十歳だ った鈴木平之丞は、寛永12(1635)年生れという勘定になる。 寛永14年に は島原の乱があり、時代は慶安-承応-明暦-万治-寛文-延宝-天和-貞享(じょうき ょう)と変わり、貞享2(1685)年には五代将軍徳川綱吉の、例の生類憐みの 令が出ている。 貞享2(1685)年は、平之丞五十歳の時で、「うえもんのすけ 忠春」の側がしらに任じられ、その出頭を妬む者から讒訴されて、老臣列座の 鞠問(きくもん)をうけたが、私行のうえの根も葉もない事だったので、すぐ に解決し、右衛門佐の侍臣ちゅうでは無くてはならぬ人物に数えられるように なった。 貞享5(1688)年9月30日、東山天皇の即位で、元禄元年となる、 そんな時代であった。