『スクラッチ』とは、何のことか?2022/07/05 07:07

 数学の時間が終るや、鈴音は千暁の腕をひっつかんで美術部にダッシュした。 「ほんとごめんほんとごめんほんとごめんんんっ!」 「いいよ」千暁は言った。

 市郡展の審査がないってことが、思いのほか響いていて、うまく絵が描けなくなっていた。 体育館の鈴音たちも、大会がなくなって、ふてくされて練習に身が入らなくなっている。 ……この墨で汚されたのは、今の僕らそのものじゃないか。 千暁は黒のアクリルガッシュを取り出して、特大の黒チューブを金属製のトレーに乗せて、版画に使うローラーにべったりとつけた。 はじから慎重に、しっかりと、あざやかだった絵の上に転がしていく。 黒く。 黒く。 全部、黒くすると、不思議なことに、少しずつ、少しずつ、気持ちは落ち着いていった。 そうだ、なんかこの絵は嘘っぽいって心のどこかでずっと思っていたんだ。

 がたん、と部室のドアが開いた。 部活が終り、バレー部のネイビーブルーのユニフォームを着たままの鈴音がひどく青ざめた顔をして千暁の顔を見た。 絵を見て、息をのみ、破裂したように大声で泣き出した。 うわぁあああああああ! 千暁は、鈴音をイーゼルの後ろに立たせると、パレットナイフを取り出し、もう乾いたキャンバスの黒を削り出していく。 黒い絵の具の中から、あざやかな色合いが、虹色が、細く細く顔をのぞかせる。 削れ。 削れ。 削り出せ。 決して逃がすな。 対象を捉えろ、この鈴音の爆発を捉えろ。 これは狩猟だ。 獲物を捕まえろ。 生け捕れ。 こんな好戦的な気持ちで絵を描いたのは生まれて初めてだ。

 鈴音は絵を見て、「すごい。すごいきれいだと思った。鼻水出てんのに。ひどい顔なのに」と言う。 「モデル料タダにしてあげるから、鼻水消さね?」とも言ったが、「断る」と千暁。

 ネタバレになるけれど、『スクラッチ』という題は、この削り出しの技法の名前だった。 泉仙先生が、市郡展が審査なしになって、がっかりしていた千暁に、県展に出展したらどうかと提案する。

千暁(かずあき)と「おてんば」鈴音2022/07/04 06:58

 千暁(かずあき)は小4の時、洪水に遭って、母方の祖父母の住む、このいなか町に越してきた。 おそるおそる近所を歩いていて、自転車を投げ出し、あおむけの大の字になって寝転がっている、鈴音と出っくわした。 真っ黒に日焼けして、ショートカットに妖怪キャラのTシャツ短パンで、男子だと思ったのは秘密だけれど。 千暁は、家が近かった「野生の」「野良」鈴音に、半ば強引に巻き込まれるように、虫取り、川でハヤやサワガニ取り、おいしいルビーのような実のありかを教えてもらったり、「こちら」の子どもの遊び方を伝授してもらった。

 中学校帰りの夕方、千暁が自転車で坂道のカーブを下ると、鈴音が横倒しの自転車のそばに転がって、「もういやだ――――!!! コロナふざけんな―!」「もう最悪だよ。超最悪! 総体なくなったし! 暑いし! パンクするし」。 千暁は鈴音の自転車を自転車屋に運んで、自分の自転車に乗って行って家の前に置いておくように鈴音に言う。 鈴音は、不本意ながら自転車パンクで千暁に助けられ、なんであいつはマンガに出てきそうなヘタレひょろ眼鏡のくせに、いっつも不似合いなイケメン行動をするんだろう、ちょっとはわきまえろよ、と思う。

 翌日の教室、「はよー」と文菜、鈴音は「よっす」と返す。 千暁に「きのうはあざっす」。 これは、ありがとうございます、らしい。 中学生言葉か、「陰キャ」「コミュ力」「非モテ」「対人ハイスペ」などは、前後の関係から何となくわかる。 会話は、方言ではない。 ただ、千暁が「おせらしくなった?」という両親の会話があり(264頁)、「おせらしくなる」は、こちらの方言で、大人っぽくなるという意味だ、とある。

 美術部顧問の泉仙(いずみせん)先生は女性、独特のキャラクターだ。 「生徒を教え導く一般的な教師像」とはほど遠い、行動原理のよくわからない自由さがあり、つかみどころがないけれど、ときおり千暁にする絵のアドバイスや見立ては確かで、実はすごい画家らしいって話も、ただの噂じゃないらしい。 市郡展の特選は、1年は透明水彩、2年はアクリルガッシュだったが、泉仙先生に相談すると、ホルベインのオイルパステル百色の木箱を、目の前にどん、と置いた。

 千暁は50号のパネルにオイルパステルで、スポーツする仲間たちを色鮮やかに描き始めた。 だが、泉仙先生は構成も、色彩感覚、バランス、デザイン性も特選レベルだけれど、君はこの絵を描いていて楽しかったか? あるいは苦しかったか? と聞き、杞憂だったらいいんだ、と謎の言葉を残した。

美術の授業が「墨絵」だった鈴音が、筆を洗いに行って、たまたま千暁の躍動感あふれる色鮮やかな絵に、見とれてしまう。 次の数学、教室移動だよの声に慌て、うっかりパレットの上にはさんだ筆から、墨汁が飛んだ。 「べちょ」、ああ、千暁の絵を汚してしまった。

『スクラッチ』コロナ禍、中3の夏の物語2022/07/03 06:39

 ちょうど10年前、こんなことを書いていた。
歌代 朔・作『シーラカンスとぼくらの冒険』<小人閑居日記 2012. 1. 28.>
江國香織さんの《小さな童話》大賞<小人閑居日記 2012. 1. 29.>
シーラカンスと若気の至り<小人閑居日記 2012. 1. 30.>

 80歳を超えた今も年賀状のやり取りをしている品川区立延山小学校の同級生から、娘さんの第二作目の本『スクラッチ』(あかね書房)が送られてきた。 巻末の著者紹介に、「図書館司書、保育士として勤めながら、創作活動を続け、デビュー作『シーラカンスとぼくらの冒険』(あかね書房)で第41回児童文芸新人賞を受賞。その後愛媛県に移住。現在、小中学校で子どもたちの学校生活に関わりながら、作品を書き続けている」とある。 10年経っての二作目出版、その間この道一筋、前向きに続けられたご苦労が思われ、この上梓の喜び、いかばかりかと想像する。 父上が二日で読み切ったそうな『スクラッチ』、私もたちまち引き込まれて、二日と少しで読み切った。

 三年目に入ったコロナ禍、貴重な日々を送るべき感受性豊かな中学3年生は、どんな影響を受けているのだろうか。 オンライン授業で友達に会えず、先生のナマの講義も聴けない、給食も黙食、運動会も修学旅行も中止とかいった、報道に接するたびに、暗い気持になる。

 『スクラッチ』は、いなか町の中学3年生の夏の物語。 この町ではコロナ患者はほとんど出ていないのに、3年生になってすぐ、「コロナ対策で全国一斉休校」の非常事態になった。 あとで仲間になる健斗が言う、「成績トップ冷静画伯」千暁(かずあき)、「コートの猛獣向かうところ敵なしのエースアタッカー」鈴音、「成績優秀頭脳派セッター生徒会長」文菜の4人が主人公だ。 千暁と、事情があって寝るために来ている健斗の美術部は、市郡展こと「市郡こども美術展」が今年は審査なしで飾るだけ、二年連続特選の千暁はがっかりだ。 鈴音と文菜のバレー部は、中学生活の中で一番大切なイベント、「総体」市郡総合体育大会がなくなり、勝ち進めば県総体、全国という夢も閉ざされ、超最悪だ。

 「できない」「中止」「あきらめろ」を、彼らはどのようにして、ブレイクスルーするのか。

マーク・トゥエイン『王子と乞食』のモデル2022/06/14 06:57

 杉本博司さんの「portraits/ポートレート」6月号は、「ジェーン・シーモア」である。 アン・ブーリンが公開処刑されてから、わずか11日後に、ジェーン・シーモアは王妃となる。 ジェーンは気性の激しかったアンとは正反対に、従順で優しい性格だった。 ヘンリー王の最も愛した妻として知られている。 しかし、その幸せは長く続かなかった。 ジェーンは王が渇望していた王子を見事に産んだ。 エドワード皇太子だ。 しかし、王子誕生から、わずか12日後、ジェーンは産褥熱で死んでしまう。 王妃となって一年半、愛おしい妻は自らの命と引き換えに王子を産んでくれたのだ、王は悲嘆に暮れた。

 こうして切望されて生まれた唯一の王子エドワードは、後にヘンリー八世崩御後、エドワード六世としてイングランド王に即位する。 その時わずか9歳だった。 摂政にはジェーンの兄が就き、サマセット公として実権を握るが、若き王は廷臣達の権謀術数に巻き込まれ、伯父は反逆罪で処刑され、次第に疲弊していった。 そしてたった15歳で崩御してしまう。

 19世紀になってエドワード王子の思い出は、マーク・トゥエインの小説『王子と乞食』として、再登場することになる。 堅苦しい王宮生活に嫌気がさしたエドワード王子が、衛兵に蹴散らされる乞食の子を門内に入れて、服を交換し、別世界を見るという話だ。 王と乞食、どちらが幸せかという痛烈な皮肉。 そのどちらにも人が最も必要とする自由はないのだ。 そう、杉本博司さんはまとめている。

英国国教会誕生の秘密2022/06/13 06:49

 杉本博司さんの「portraits/ポートレート」5月号は、「アン・ブーリン」。恋多き王、ヘンリー八世がなんとキャサリン王妃付の女官、アン・ブーリンに心惹かれてしまった。 黒い瞳の美少女、フランス語を巧みに操り、溌溂とした振る舞いに、魅了されたのだ。 浮気王が幾多の女官に手を出したのを見ていたアンは、作戦を立て、靡くように見せて一線を越えない焦らし戦法に出た。 王がアンに書いた手紙が現存している。 「私には一年以上も恋の矢が突き刺さったままだ……苦しみが募る」

 アンは、こうして正式な王妃としての結婚を王に迫った。 カトリックでは離婚は認められない。 追い詰められた王はキャサリン妃との結婚は無効だと教皇に申し出た。 自分と結婚した時、既にキャサリンは処女ではなかったと前言を翻したのだ。 初婚が無効なら、アンとの結婚が初婚になる。 無論、ローマ教皇はそんな虫のいい話を許可しなかった。 そこでヘンリー王は非常手段に出る。 ローマ教会を離脱して、自らを長とする英国国教会を樹立し、法皇領である修道院を没収してしまうという、経済的にも一石二鳥の手を打ったのだ。 恋心が国家の姿までも変えてしまった。

 晴れてアンと結婚してみると、望んでいた男の子は生まれず、またしても女の子だった。 後に英国を大国へと導くことになるエリザベス一世だ。 男子を産まないアンから王の心は急速に離れていった。 そしてなんと今度はアン王妃付の女官、ジェーン・シーモアに懸想してしまったのだ。 王は、私はアンに魔法をかけられて誘惑されたと言い出した。 そのほか姦通罪まで捏造されてロンドン塔に幽閉され、アン・ブーリンは公開処刑という悲惨な最期を遂げることになる。 愛は憎しみに容易に変わるものなのだ、と杉本博司さんはまとめている。 まったくすき間のない文章なので、ほとんど全部丸写しすることになった。 すみません。

 英国国教会の最大の特徴は、立憲君主制であるイギリスの統治者である国王が、教会の首長であるということだ。 現在は、エリザベス二世が1952(昭和27)年6月2日から、その地位にある。

 ヘンリー八世が1527年にキャサリン妃との結婚は無効だと申し出た教皇は、クレメンス七世。 神聖ローマ皇帝カール五世が、キャサリンの甥だったこともあって、複雑な政治問題となった。 1529年まで繰り返し行われた教皇への働きかけが失敗に終ると、ヘンリー八世は態度を変え、さまざまな古代文献を基に、霊的首位権もまた王にあり、教皇の首位権は違法であるという論文をまとめ、教皇に送付した。 1531年にはイングランドの聖職者たちに対し、王による裁判権を保留する代わりに10万ポンドを支払うよう求めた。 これはヘンリー八世が聖職者にとっても首長であり、保護者であるということをはっきり示すことになった。 1531年2月11日、聖職者たちはヘンリー八世がイングランド教会の首長であると認める決議を行なった。 ヘンリー八世の言いなりだったトマス・クランマーがカンタベリー大司教の座に就くと、王の婚姻無効を認め、王はアン・ブーリンと再婚した。 教皇クレメンス七世がヘンリー八世を破門したことで両者の分裂は決定的となった。 ヘンリー八世は1534年に国王至上法(首長令)を公布してイングランドの教会のトップに君臨した。 やがてトマス・クロムウェルのもとで委員会が結成され、修道院解散を断行、修道院が保持していた財産が国家へ移されていった。