「生きるのが下手」「心を開いていれば」「明日がないから」2018/10/30 07:19

 坂本龍馬について長々と書き、お読み下さった方もくたびれただろうが、書 いた私もくたびれた。 そこで息抜きにと古いメモをかき回していたら、こん なのがあったので、手抜きで引いておく。

 ○「人間はみんな、生きることが下手だ。/どんなに幸せに生きている人で も、どこかしら下手くそだ。生きることに上達する人もいない。生まれてから 死ぬまで、誰もがみんな下手で下手で下手で、下手なまんまで生きてゆくのだ。」 (宮部みゆき「山本周五郎と私」「不幸のみなもと」『波』2013年11月号)

 ○森澄雄先生を師と仰ぎ俳句と共に人生の生き方を教えて頂きました。「心を 開いていれば、俳句は向こうからやってくる。人生もそうだよ。」「自分をいと おしいと思わない者には、俳句はつくれないよ。」「運命などと言うものはない。 命は自分で運ぶんだよ。」この三つの言葉が自分を支えてくれました。(岡本多 満喜句集『蜩(ひぐらし)』(ふらんす堂)の「あとがき」から。ブログ「ふら んす堂編集日記」より)

  ○「だから、人間はあしたってわからないですよ。皆さんもきょう、秋晴れ のこんないいお天気の日に、こんなところに(笑)、文化を愛するからいらっし ゃったんだと思うんですけれども、あしたはわからないですよ(笑)。/きょう がもう最後だと思って、きょう食べたいものを食べて、飲みたいものを飲んで、 会いたい人に会って、そして読みたい本を読んでください。/台風も地震も、 そして戦争だって、あしたにも始まっちゃうかもしれない。変な時代です。そ んな不安な時代に本なんか読んでいられるかと思うかもしれませんが、不安な 時代だから、明日がないから、きょうは本物の本を読みたいんです。そうして、 文化をお腹一杯食べて眠りたいですね、芸術も文化も、体の栄養にはならない けれども、心の栄養には絶対必要です。これを忘れないでください。」(瀬戸内 寂聴講演「これまでの一〇〇年、これからの一〇〇年」『図書』2014年1月号)

殿ヶ谷戸庭園と昼食、平櫛田中彫刻美術館2018/10/17 07:10

 「お鷹の道」から坂を登って、国分寺駅近くに出て、殿ヶ谷戸(とのがやと) 庭園に入る。 国分寺崖線の地形をうまく利用したこの庭園は、元は三菱合資 会社の岩崎彦彌太が昭和4(1929)年に同社員・江口定條(さだえ)の別荘「随 冝園(ずいぎえん)」を買い取り、昭和9(1934)年に和洋折衷としての木造主 屋、庭園には紅葉亭を建て、主屋前面の芝生地と崖線下方の湧水、次郎弁天池 を結んで回遊式庭園を完成させた。 順路に従って巡ると、まず萩のトンネル がある。 やや時期遅れか、前に来たのも同じような時期で<盛り過ぐ萩のト ンネル風通る>と詠んでいた(以下の句も、その時のもの)。 花木園を過ぎて、 美しい竹林に沿う竹の小径、<崖線の日につつまれて竹の春>。 集合写真を 撮った紅葉亭の脇では、タイミングよく鹿おどしが鳴った。 出口近くに秋の 七草がある、<殿ヶ谷戸秋の七草みな素朴>。

 昼食は、ビルの17階(下に早稲田実業が見えた)にある「梅の花」国分寺 店、二子玉川や青葉台にある店には行ったことがあった。 「秋美人」という ランチで、献立表には11種も並んでいる。 「ふく福胡麻豆冨」というのが メインか、豆乳に胡麻を入れてかき回し、にがりを加えて温め、固まったのを、 箆ですくって、キノコあんをかけて食べる。 皆さん、満足満腹の様子で、時 間がだいぶ押したのだった。

 国分寺駅から西武多摩湖線で一駅、一橋学園駅で降り、小平市平櫛田中彫刻 美術館へ。 以前行った時にはなかった展示館という建物では、折から特別展 「明治150年記念 彫刻コトハジメ」展の開催中だった(11月25日まで)。  特別展のため、期待した平櫛田中作品との再会は、数がごく少なかったのが残 念だった。 《転生》《天心先生記念像試作》《唱歌君ヶ代》《姉ごころ》《森の 行者》《ウォーナー博士像》《岡倉天心胸像》《法堂二笑》《鏡獅子試作裸像》《鏡 獅子試作頭》《烏有先生》だった。 平櫛田中旧居の記念館の方では、たまたま 江戸糸あやつり人形一糸座の「人形浄瑠璃公演」が行なわれていて、そちらに ある数々の平櫛田中作品が見られなかったのだ。 それでも、特別展でヴィン チェンツォ・ラグーザの《大鳥圭介像》を始め、高村東雲、大熊氏廣、高村光 雲、戸張孤雁、荻原守衛、朝倉文夫、中原悌二郎などの作品を見ることができ た。

 平櫛田中彫刻美術館を出て、木々の生い茂った玉川上水に沿った道を、江戸 東京たてもの園のある都立小金井公園方向へ向かって、つまり中央線で国分寺 -武蔵小金井間の距離を、ひたすら歩く。 途中でバスに乗る予定だったが、 「歩こう会」の名にふさわしい歩きとなった。 小金井公園内も広く、江戸東 京たてもの園に着いた頃には、相当くたびれていて、入口で解散した後は、と っかかりの二、三軒の建物を見て、早々に帰路についた。 万歩計は、21,541 歩であった。 十分な下見もして楽しい散策を企画し案内してくれた12期の 岡田幸次郎さんに深く感謝である。

樹木希林さん、平気で生きているという強さ2018/09/17 07:23

 15日に交詢社で仲間内の情報交流会の打合せと、福澤諭吉協会の土曜セミナ ーがあって、銀座に出た。 銀座千疋屋でもらってきた『銀座百点』9月号の 山川静夫さんの「百点対談」で、樹木希林さんの「平気で生きていく強さ」を 読んだのが16日の午後だった。 テレビで大相撲9月場所の中日を見ていた ら、ニュース速報で「樹木希林さん死去(75)」というテロップが流れた。

 対談で、樹木希林さんが、「最近になって、松尾芭蕉や正岡子規ってすごいん だなって思えるようになったんですね。」と言っている。 「子規が書いてるで しょ、「悟りといふ事は如何なる場合にも平気で死ぬる事かと思つて居たのは間 違ひで、悟りといふ事は如何なる場合にも平気で生きて居ることであつた」っ て」。

 樹木さんは、一昨年、宝島社の正月の新聞全面広告に出た、水に沈むオフィ ーリアの扮装で、キャッチコピーは「死ぬときぐらい好きにさせてよ」。 『ハ ムレット』のオフィーリア、あのテート・ブリテン美術館のジョン・エヴァレ ット・ミレーの絵の、デンマークの川で歌を口ずさんでいる姿だ。 「いつで も死ねる覚悟がある人間だということで選ばれたんだと思うし、自分でもそう 思ってはいたけど、子規は違うというのね。いつでも、どんな場合でも平気で 生きているという強さ、それこそが悟りだと。だからわたしも病気にかかって この年齢になった今こそ、やっと平気で生きているんだと、みなさんにお伝え できるのね。」

戦前のつらい体験、戦後は貧困のなか絵を描く2018/09/04 07:17

いわさきちひろさんを扱った8月12日放送の日曜美術館が、「“夢のような あまさ”をこえて」という題だったことにも、ちょっと触れておきたい。 当 然、やわらかな色でほんわかと描かれた、可愛らしい子供や花の絵を、批判し ている題ではない。 それを描くに至るまでの、いわさきちひろさんの人生の 軌跡を物語ったのだった。 いわさきちひろ記念財団のサイトの年譜を参照し て見てみたい。

いわさきちひろ(岩崎知弘)さんは、1918(大正7)年12月15日に、父・ 岩崎正勝(陸軍築城本部の建築技師)、母・文江(女学校の教師。博物家事・理 科)の長女として、母の単身赴任先の福井県武生(現・越前市)で生まれた。  ことし生誕100年になるわけだ。 渋谷の道玄坂、四反町(現・東)、向山町 (現・恵比寿南)で育ち、12歳で府立第六高女(現・三田高校)に入る。 第 六高女は自由な学校で、短髪が多く、いわさきちひろさんの後までの短髪はそ れに由来するそうだ。 14歳、目黒に住み、岡田三郎助に師事、デッサンや油 絵を学ぶ。 17歳、第六高女卒業。 1939(昭和14)年20歳、4月婿養子を 迎え結婚、夫の勤務地満州の大連へ。 1940(昭和15)年21歳、母が第六高 女を退職して、大日本連合青年団(のちの大日本青年団)主事となる。 1941 (昭和16)年22歳、3月夫の自殺により帰国。 書家をめざし、文化服装学 院で習字を教える(絵のように、左手で書いたのだろうか?)。 中野区千代田 町(現・本町付近)に住む。 1942(昭和17)年23歳、中谷泰に師事。 1944 (昭和19)年25歳、4月女子義勇隊に同行し、中谷泰、妹・世史子とともに 満州勃利(中国黒龍江省)渡る。 夏、戦況悪化のため帰国。

1945(昭和20)年26歳、5月東京山の手の空襲で、中野の家を焼かれ、母 の実家(長野県松本市)に疎開、終戦を迎える。 (「日曜美術館」で見たのだ が、母が満州への「大陸の花嫁」運動に関わっていたため、両親が公職追放処 分を受け)秋、両親が北安曇郡松川村(現・安曇野ちひろ美術館所在地)で、 開拓を始める。 1946(昭和21)年27歳、松本市で日本共産党に入党。 春、 上京し人民新聞の記者になる。 日本共産党宣伝部・芸術学院に入る。 赤松 俊子(原爆の絵の丸木俊)に師事。 1947(昭和22)年28歳、4月前衛美術 会創立に参加。 5月初めての単行本『わるいキツネそのなはライネッケ』(霞 ヶ関書房)の挿絵を描く。 日本民主主義文化連盟(文連)の依頼で紙芝居『お 母さんの話』を描く。 このころ、画家として立つことを決意する。

1950(昭和25)年31歳、1月、前年、日本共産党の活動のなかで知り合い 「いわさきちひろ、絵描きです」と名乗ったという松本善明と結婚。 紙芝居 『お母さんの話』で文部大臣賞受賞。 1951(昭和26)年32歳、4月長男猛 誕生。 6月、経済的事情のため、やむなく息子を長野県松川村の両親に預け る。 この間、ひんぱんに松川村に通い、多くのスケッチを描く。 1952(昭 和27)年33歳、練馬区下石神井(現・ちひろ美術館所在地)に家を建て、家 族3人で暮し始める。

岩崎さんが岩崎さんになって行く過程2018/09/03 06:55

 いわさきちひろさんの年譜を見ると、こうある。 1958(昭和33)年39歳 ……至光社の月刊絵雑誌『こどものせかい』に描き始める。 1968(昭和43) 年49歳……絵で展開する絵本を試みた最初の作品『あめのひのおるすばん』(至 光社)を描く。以後、至光社の武市八十雄とともに意欲的に絵本を制作する。   1969(昭和44)年50歳……『あかちゃんのくるひ』(至光社)。 1970(昭和 45)年51歳……パステルで『となりにきたこ』(至光社)。現存するパステル 画のほとんどは、この年に描く。『あかちゃんのくるひ』(至光社)(重複してい るのは、パステル画版ということか?)。 1971(昭和46)年52歳……『こ とりのくるひ』(至光社)を描き、1973年ボローニャ国際児童書展にてグラフ ィック賞を受賞。 1972(昭和47)年53歳……『ゆきのひのたんじょうび』 (至光社)。 1973(昭和48)年54歳……『ぽちのきたうみ』(至光社)。 1974 (昭和49)年8月3日、肝臓ガンのため死去、55歳。

 至光社と武市さんというお名前に関して、私には、知っている方が、大学の 同期に二人いた。 一人は、武市純雄さん、ご実家が至光社と聞いていた。 さ っそくメールで、武市八十雄さんについて伺うと、14歳年上のお兄様で、昨年 亡くなられたとのことだった。

 もう一人は、絵本編集者の末盛千枝子さん、最初、至光社にお勤めになった と、記憶していた。 メールでお尋ねすると、いわさきちひろさんと武市八十 雄さん、お二人についての思い出は尽きないという。 ちょうど、その頃、至 光社にいて、岩崎さんが岩崎さんになって行く過程を見ていたそうだ。 実に 恵まれた時代にいたことになる、と。 展覧会で、そのあたりのことが、きち んと紹介されていることに安堵するとも、おっしゃる。 しかし、それは、私 には展示の説明文の中にあった「武市八十雄」というお名前に反応したことか ら、わかってきたことで、展覧会を見た人の誰もがそれを認識したかは、はな はだ疑問である。