気骨の人の明快な決断2019/06/19 07:21

 松永安左エ門が亡くなった時に、老欅荘の床の間に架けられた絵や、記念館 本館に展示してあった遺言についても、等々力短信に書いていたので、引いて おく。

             気骨の人の明快な決断

       等々力短信 第1057号 2014(平成26)年3月25日

 3月の「夏潮」渋谷句会の兼題は「春の川」と「涅槃(ねはん)」だった。 私 は当番で「涅槃」の季題について調べて、報告をした。 「涅槃」とは、釈迦 の入滅(死)のことだ。 その日、陰暦二月十五日には、各寺院では寝釈迦を とりまいて弟子、天竜、鬼畜などの慟哭するさまを描いた涅槃図を掲げ、遺教 教(ゆいきょうぎょう)を読誦(どくじゅ)して涅槃会(え)を営む。 私は 京都東山の皇室の菩提所、泉涌寺の二つの涅槃図を使って説明した。 その一 つ室町時代の絵では、摩耶夫人(まやぶにん)が雲に乗って忉利天(とうりて ん)から駆け付けて来る。 生母のために釈尊は金色の身を現し説法をしたと いうのだ。 その様子を描いた絵を思い出した。

 2009(平成21)年の「未来をひらく 福澤諭吉展」で見た松永安左ェ門(耳 庵)旧蔵の国宝「釈迦金棺出現図」である。 松永は、この絵を五千万円(今 の十億円か)で入手したといわれるが、その辺の事情を、昔読んだ白崎秀雄著 『耳庵 松永安左ェ門』(新潮社)で確かめてみた。 松永はこの絵を最晩年に 執念を燃やして購入し、愛してやまなかった。 没後、棺が安置された小田原 の松永記念館の床にも掛けられていた。

 松永は、その遺言に「財産はセガレ及び遺族に一切くれてはいかぬ。彼らが ダラクするだけです。」と書いた。 だが「釈迦金棺出現図」は松永個人の所有 で、没後は当然、養嗣子安太郎の所有になる。 当時でも数億といわれたこの 超国宝を昭和55(1980)年松永記念館解散直後、安太郎は独自の英断によっ て、文化庁つまり国に完全無償で寄贈した。 白崎秀雄さんは、この惜しげも ない寄贈は、壮挙とも快挙ともいうべきもので、今日まで一行も報道されたこ とがないのは奇妙という他ない、と書く。 文化庁はこの絵を京都国立博物館 の蔵品とした。 明治40年頃から寄託されていた古巣だ。

 戦後、松永安左ェ門が大戦争の敗北で危惧していた、苛酷な悲劇と混乱は、 ほとんど奇跡的に避けられた。 その理由を考えて、「天皇、皇室のおかげ」と 認識した。 そして今の百億円ともいわれる所蔵の美術品・茶道具や柳瀬山荘 を、自分の楽しみのために利すべきものではない、お国にお返しすべきものと 考え、国立博物館に寄贈してしまった。 また東邦産業研究所の五万坪に及ぶ 土地も、生涯の恩師と仰ぐ福沢先生の慶應義塾に寄付した。 これが後に私の 学んだ慶應義塾志木高等学校となるのである。

 昔、私は「鬼のおかげ」という一文を書いた。 「電力の鬼」と呼ばれた松 永がもし健在なら、東京電力福島原発の事故では、即座に乗り込んで陣頭指揮 を執っただろうし、昭和11年政府の電力国営化論を先頭に立って反対し、戦 後電力事業の分割民営化を主導した松永は、どんな電力体制を構想したかと思 うのだ。

松永耳庵コレクション展・2002年2019/06/17 07:24

 松永安左エ門について「等々力短信」で触れたもので、まだブログに出して いなかったものを、三日にわたって紹介したい。

     等々力短信 第912号 2002(平成14)年2月25日

              松永耳庵コレクション展

 19日(火)から東京国立博物館で始まった没後30周年記念の松永耳庵(じ あん)コレクション展を、その二日目に見た。 国立博物館の平成館では、同 時に「横山大観-その心と芸術」展も開催中である。 「耳庵展」だけを見に 行く方に、耳寄りな情報なのだが、「大観展」を見なければ、1,200円でな く、常設展の平常料金、420円(65歳以上なら無料)で見られる。 以下 で述べる松永耳庵のカネの使いっぷりにくらべて、いかにもミミっちい話では あるけれど…。

 耳庵松永安左ェ門は、私の恩人である(「等々力短信」第524、525、5 26号『五の日の手紙2』250頁)。 志木高校の校地を慶應義塾に寄付した。  今回の展覧の第1部は、志木の柳瀬山荘の時代である。 耳庵は昭和12年、 茶の世界を震憾させる二大事件を起す。 4月、大井戸茶碗「有楽(うらく)」 を14万6千円余(今の6~7億円)で競りおとす。 「有楽」は、信長の弟 で利久七哲の茶人、織田有楽が所持していた大名物である。 6月には、同じ 戦国の大名茶人蒲生氏郷作の茶杓を1万6千円余(今の7千万円位)で落札す る。 それまでの茶杓の最高額は、7千4百円だったそうだから、破格の値段 だ。 たかが、あの茶杓一本に7千万円とは、落語好きはつい「はてなの茶碗」 のことを考えてしまう。 もう一つ、南宋~元時代の唐物文琳茶入「宇治」と ともに、耳庵道具の三傑といわれるそうだが、その三傑を、今回すべて見られ る。 耳庵が、茶を初めてから4~5年で買った道具の総額は、今の値段で1 00億円にのぼるという。 耳庵は後にその品々を、東京国立博物館、福岡市 美術館などに、惜しげもなく寄贈してしまった。 今回、それら各館蔵の銘品 が一堂に会している。

 茶道具のことなど、まったく分からず、銘品の数々も「豚に真珠」「猫に小判」 なのだが、今回の展覧会を見て、耳庵の好みの傾向のようなものは、分かるよ うな気がした。 口縁に太い帯があり、ぐにゃりと歪んだ備前の花入。 割れ 目から茶がにじみ出た、大きな雨滴がある、李朝の祭器を茶碗に見立てた「村 雨」。 益田鈍翁の弟、非黙益田克徳作の楽茶碗「不出来」。  おおざっぱにく くれば、野趣があって、しかも気品がある、といったところだろうか。 耳庵 の目に学び、共感を覚えつつ、明るい春の光の中へ、国立博物館平成館を出た。

「天皇のものさし。守田蔵 正倉院 撥鏤」展2019/05/06 08:08

 10連休でなくても、ずっと連休なのだけれど、10連休の1日、銀座へ出た。  句友から案内を頂いたので、トラヤ帽子店の上の藤屋画廊で、「天皇のものさし。  正倉院 撥鏤(ばちる)」展を見た。 守田蔵さんという方の作品である。 守 田蔵さんは、白洲正子さんが「貴重な陶工」と評した陶芸家だったが、大病の 後、正倉院御物の一つ撥鏤の復元に取り組んでいる。 まったく知らなかった が、撥鏤というのは、中国盛唐期に象牙に対する加飾技法の一つとして頂点を 極めたもので、象牙を削って成形・研磨した表面を、赤、緑、藍などの染料で 染め、撥ね彫りで模様を彫り、その部分に、緑、赤、黄などの彩色を点じる技 法である。 東大寺・正倉院には、聖武天皇の遺愛品として撥鏤尺、棊子(き し…碁石?)・琵琶の撥などがある。

 会場には、正倉院御物を復元した撥鏤、守田蔵さん創作模様の撥鏤を中心に、 帯留、ピンバッチ、茶杓、菓子切りなどの作品が並んでいる。 どれにも精密 精巧な模様が彫られていて、根気のいる作業だろうということは、容易に想像 できた。 「天皇しか持つことの許されない、国家の基準をはかる「ものさし」 である撥鏤尺。姿形だけでなく、その精神性も守田さんの撥鏤尺は写している のだった」と、その作品を称える三笠宮彬子さまの本や、ドナルド・キーンさ んの葉書(もちろん日本語だった)なども展示してあった。

わからないながら、守田蔵さんとお話をさせて頂き、「北倉 紅牙撥鏤尺」の ように紅=朱色のものが多いので、お聞きすると、魔除けの意味があるからだ ろうということだった。 そういえば、神社や鳥居が朱色だ。 正倉院の写真 があって、北倉というのは、その北側、右側部分だそうだ。

 昨年秋「日曜美術館」で正倉院展を見ていたら、10月3日に天皇の勅許を得 た勅使が正倉院の倉の封印を解く「開封の儀」というのをやっていた。 モー ニング姿の勅使や東大寺の僧が行列を作ってやって来る。 その倉だが、教科 書で見ていた昔からの木造の建物でなく、同じ形ながらコンクリート造の建物 だったのを、疑問に思っていた。 守田蔵さんにお聞きすると、正倉院の写真 の左奥に見える建物が、そのコンクリート造で、火災への対策や空調などの関 係で、御物は現在、そちらに保管されているということだった。

 奈良市に近い京都府木津川市の「獅子窟」がお住まい(工房)だとあるが、 ネットで「撥鏤 守田蔵さん」をみたら、浄瑠璃寺門前に120年の古民家で「吉 祥庵」というお蕎麦屋さんをやっておられるらしい。

貧しく尊い表現の恩師「セルジオとピエロ」2019/04/13 07:12

 ヤマザキマリさんの『男子観察録』に、貧しく尊い表現の恩師「セルジオと ピエロ」があり、そこにガルシア=マルケスの『百年の孤独』が出てくる。 マ リさんが、十代で油絵を学ぶためにイタリアに留学して2年近く、雨のフィレ ンツェの街をみすぼらしい格好で歩いていると、様々な大きさの抽象画が飾ら れている、画廊というにはいかにも惨めな佇まいの建物があった。 中を覗い て、狭い空間の片隅に座っている、茶色のコーデュロイのスーツ姿の中年男性 と目が合った。 柔らかい声で、中に招き入れられた。 アルゼンチンから亡 命してきたセルジオというその人は作家で、姉と、戦後のフィレンツェの文壇 で活躍したピエロ・サンティという老小説家と、3人で一緒に暮らしており、 「ウプパ(ヤツガシラ)」という名の、その小さな画廊兼書店を細々と営んでい た。

 ウプパは外観も中も薄汚れた寂しい佇まいの空間だったが、そこを訪ねてく る人達はフィレンツェの文壇や芸術界を担ってきた珠玉の文化人達であり、寒 かろうと汚かろうとそこでは週に何度も、主催者であるピエロ・サンティを囲 んで、興味深い集会が繰り広げられていた。

 マリさんは、食料を買うお金もなく、帰りのバス代もなく、虚ろに雨の中を 歩いている最中に見つけたその場所へ、気が付くと足繁く通うメンツの一人に なっていた。 ウプパに集う人々の様々な話に知的好奇心を掻き立てられ、自 国日本の文化について聞かれても何一つ気の利いた答えの返せない無知な自分 を恥じて散々苦しみ、政治の論議が炎上して取っ組み合いになってしまったお じさんや爺さん達をドキドキしながら眺め、セルジオやピエロ、そして彼らの 友人達から薦められる書物を貪るように読むようになっていた、という。

 ウプパに通い始めた頃、誕生日を迎えたマリさんに、セルジオが一冊の本を 渡してくれた。 それはガルシア=マルケスの『百年の孤独』だった。 表紙 を捲ると「マリへ。あなたは読んでおいた方がいい本だと思うからこれにした。 同じ南米の作家ではあるけど僕はあんまり好きではありません。でもあなたは きっと気に入ると思う」といった趣旨の言葉がセルジオの字で書き添えられて いた。 マリさんは、その作品を皮切りに、ガルシア=マルケスのありとあら ゆる書物を読み漁るようになっていった。

 マルケスはその当時、様々な精神的葛藤にもがいていた20歳前後のマリさ んを支え、その後何年も経ってから漫画家になって更なる精神的葛藤と向かい 合わねばならなくなった時も、バランスを崩しかけていたマリさんを補強して くれた。 でも何よりも忘れてならないのは、この作家はマリさんにとって、 セルジオが残してくれた画廊ウプパの大事な痕跡であることだ、とマリさんは 書いている。 画廊ウプパは、マリさんにとってイタリア留学での本当の意味 での学校であり、セルジオとピエロの二人は、マリさんにとって表現者という 生き方を選んだ人間のあり方を教えてくれた、掛け替えのない教師たちだった、 とある。

「MOMATコレクション展」、「杉浦非水展」2019/04/08 07:17

 東京国立近代美術館では、「所蔵作品展MOMATコレクション」と、「イメー ジコレクター・杉浦非水展」を見た(ともに5月26日まで)。 企画展「福沢 一郎展―このどうしようもない世界を笑いとばせ」は失礼したら、65歳以上は 無料だという。 有難く入館した。

 「所蔵作品展MOMATコレクション」では、のっけから安田靫彦《黄瀬川陣》 と、原田直次郎《騎龍観音》に圧倒される。 つづいて、萬鉄五郎《太陽の麦 畑》、岸田劉生《道路と土手と塀(切通之写生)》、関根正二《三星(さんせい)》、 中村彜《エロシェンコ氏の像》、古賀春江《海》、安井曽太郎《金蓉》、松本竣介 《並木道》、和田三造《南風》と、そして荻原守衛《女》、高村光太郎《手》と、 教科書で見たことのあるような名高い絵や彫刻が並んでいて、大満足だ。 さ らにはセザンヌ《大きな花束》、マティス《ルネ、緑のハーモニー》、パウル・ クレー《花ひらく木をめぐる抽象》がある。

 途中「眺めのよい部屋」というのがあり、通り抜けしてきたばかりの皇居や 周囲のビルの春らしい景色を眺める。 その後の展覧会では、名前も知らなか った織田一磨の連作リトグラフ《東京風景》(1916(大正5)年・1917年)、《画 集銀座》第一輯・第二輯(1929(昭和4)年)が興味深かった。 《東京風景》 では、目白坂下、柳橋之雨、駿河台、築地河岸、上野広小路、上野之桜、芝御 霊屋、《画集銀座》には、銀座千疋屋、銀座松屋より歌舞伎座(遠望)、シネマ 銀座、銀ブラがあったからだ。 この銀座千疋屋、銀座八丁目の店頭だろうか、 と思った。 織田一磨(1882(明治15)年~1956(昭和31)年)は、洋画を 川村清雄、石版画をオットマン・スモリック、金子政次郎に学んだ。 「自画 石版の織田一磨」として知られるというが、私は知らなかった。

 「イメージコレクター・杉浦非水展」、おそらく三越や地下鉄のボスターはご 覧になったことがあるだろう、図案家の杉浦非水は日本のグラフィックデザイ ンの創成期に重要な役割を果たした。 私は、辛うじて、杉浦非水を知ってい た。 杉浦非水は、福沢桃介の義弟で、2011年11月12日、福澤諭吉協会の 史蹟見学会で、川越に福沢桃介生家岩崎家の岩崎昭九郎氏宅を訪ねて、杉浦非 水の作品を見せていただいたことがあったからである。

  福沢桃介、わが国初の地下鉄を計画<小人閑居日記 2012. 11. 28.>

 福沢桃介と杉浦非水・翆子夫妻<小人閑居日記 2012. 11. 29.>

 東京国立近代美術館は、遺族から一括寄贈された杉浦非水のポスター、絵は がき、原画など700点以上を所蔵している。 この展覧会では、ポスターはも ちろん、数多く手がけた表紙デザイン、非水が手元に残した海外の雑誌やスク ラップブックなどを展示し、16ミリフィルムに残した川越の祭その他の映像も 公開している。