志ん生の「大津絵」と小泉信三さん2020/10/25 07:47

 「大津絵」というと、このエピソードが思い浮かぶ。 大津絵節という俗曲は、江戸時代後期から明治にかけて全国的に大流行した三味線伴奏の短い歌謡で、宴席の座興や寄席で歌われた。 大津絵節の名は、近江国大津の追分・大谷あたりで売られた庶民の絵「追分絵」が、東海道を往来する旅人の土産物として喜ばれて、全国に「大津絵」の名で知られるようになり、その画材をよみこんで、元禄の終わり頃(1700年)から大津の遊里柴屋町の遊女たちが唄い始めたことによる呼び名と考えられるのだそうだ。

 小泉信三さんは、古今亭志ん生がたいへんな贔屓で、志ん生が病気で倒れる何年か前までは、毎年、暮の数え日という頃に、志ん生を座敷に呼んだという。 ある時、柳橋の料亭で、志ん生が「大津絵」の「冬の夜に」をうたうのを聴いて、小泉さんは突然ハンケチを眼にあてて泣いた。 それからは、三田の家でも、広尾に移ってからも、志ん生を呼んで、一席やってもらった後、これをうたうと、家族がいるなかで、小泉さんは泣いた。 「声にあわれがあっていい」といい、うたが始まる前からハンカチを用意していた。(今村武雄著『小泉信三伝』)

 安藤鶴夫さんは、志ん生から、毎年、師走がちかづくと、ことしも、小泉先生にきかせんだな、と思って、それがなんだかまちどおしかった、と聞いている。

 冬の夜に風が吹く
 しらせの半鐘がジャンと鳴りゃ
 これさ女房わらじ出せ
 刺子襦袢に火事頭巾
 四十八組おいおいに
 お掛り衆の下知をうけ
 出て行きゃ女房はそのあとで
 うがい手水にその身を清め
 今宵うちのひとになぁ
 今宵
 うちのひとに怪我のないように
 南無妙法蓮華経 清正公菩薩
 ありゃりゃんりゅうとの掛け声で勇みゆき
 ほんにおまえはままならぬ
 もしもこの子が男の子なら
 おまえの商売させやせぬぞえ
 罪じゃもの

 安藤鶴夫さんが、このあいだ、人形町の末広の前を通りかかったら、日曜の昼席に、志ん生の独演会があって、番外として、小泉信三先生をしのんで、冬の夜の大津絵うたいます、と書いてあった。 こんどは、志ん生がうたいながら、泣く番になった。 と、昭和41(1966)年8・9月号の『三田評論』追悼・小泉信三号「小泉先生と落語」に、書いている。

民衆が生んだ自由な絵画<等々力短信 第1136号 2020(令和2).10.25.>2020/10/25 07:32

 「欲しい!欲しい!欲しい! 何としても手に入れたい!」と、画家や文化人が思った大津絵。 「もうひとつの江戸絵画 大津絵」展を東京ステーションギャラリーで観て来た(11月8日まで)。 江戸時代初期から東海道の宿場町大津周辺で、無名の職人によって量産され、安い手軽な土産物として売られていた。 わかりやすく、ユーモアのある絵柄が特徴で、全国に広まったが、江戸時代の終わりと共に衰退する。 近代になって、大津絵の魅力を再発見する文化人が現れた。 文人画家の富岡鉄斎、洋画家の浅井忠、民藝運動の創始者柳宗悦から、梅原龍三郎、小絲源太郎、麻生三郎、染色家の芹沢銈介まで、目利きたちの旧蔵歴が明らかな、名品が150点展示されている。

 シンプルな線と色で、大胆に描かれ、よく扱われる題材がある。 《鬼の念仏》仏教の地獄から来た怪物である鬼が、墨染の僧衣をまとい、左手に奉加帳を下げ、右手に胸にかけた鉦を打つ撞木を持って、念仏を唱えている。 飛び出した真ん丸の眼、もじゃもじゃの髪に角、歯のほかに牙二本、猫のような髭。 角、顔、額、手足はオレンジ色、僧衣と髪は黒、眉毛、歯、牙、襟、襦袢は白、鉦を下げる紐は草色。 慈悲もなく情けもなくて念仏を唱える、誠なき人の姿に、心の鬼があらわれる、という道歌が添えられているものもあり、うわべだけの良い行いへの皮肉、ユーモラスな諷刺である。 体は洗っても心は洗えない《鬼の行水》、酒と盃を前に弾く《鬼の三味線》は同類だ。

 《猫と鼠》猫が鼠に酒を飲ませて、捕まえようとしている。 「鼠捕る猫は爪を隠す」、旨い話には裏がある、『トムとジェリー』に先駆けている。 《釣鐘提灯》猿が天秤棒で、釣鐘と提灯を担ぎ、軽いはずの提灯の方に傾いている。 釣鐘勧進の余興にあった人間の芸だが、道理が転倒した世相への諷刺という。 《瓢箪鯰》猿が瓢箪を抱えてむりやりナマズを押さえようとしている、猿智恵、思慮の足りない行動。

 やがて制作の効率化から画題が絞られ、諷刺や教訓から、護符(お守り)の役割を担う。 《藤娘》縁結び、《釣鐘弁慶》火難盗難除け、《矢の根五郎》悪魔除け、《槍持奴》道中安全、《座頭》転倒防止。 無病長寿の《外法の梯子剃り》、七福神の大黒が頭巾にフンドシ姿で梯子に登り、外法(げほう・福禄寿)の長い頭の月代を剃っている。

 風景画の巨匠「日本近代洋画の父」浅井忠(1856-1907)は、40代半ばで京都に移住、工芸デザインの世界に身を投じた。 大津絵を熱心に蒐集し、工芸を刷新するための諸要素をそこから汲み取った。 琳派や大津絵の和とアールヌーヴォーの洋を融合、「明治の光悦」と称された。 2012年7月放送の日曜美術館「近代デザインの開拓者 浅井忠」で見た陶磁器や漆器の斬新で愉快な図案は、目に焼き付いている。

無言館と絵画修復<等々力短信 第1134号 2020(令和2).8.15.>2020/08/15 07:05

 長崎原爆の日の9日、「日曜美術館」「無言館の扉 語り続ける戦没画学生」に心揺さぶられた。 司会の小野正嗣さん(作家、早大教授)が、長野県上田市東前山の丘を登り、無言館の扉を開ける。 ほとんど剥落した《飛行兵立像》に「アーッ」、資料の顔写真や22歳という年齢に「アーッ、辛い」と呟く。 この戦没画学生慰霊美術館は、窪島誠一郎さん(78)が夭折画家の絵を集めた「信濃デッサン館」を見た野見山暁治画伯(99)が、協力して生まれた。 1933(昭和8)年、野見山さんと一緒に東京美術学校に入学した仲間の多くは戦死、ご自身も満州に出征、病気になり療養のため帰国して死を免れ、戦後は画家として活躍、文化勲章も受賞した。 才能を持ちながら死んだ仲間たちの絵はどうなっているのか、大きな忘れ物をした想いをずっと抱えてきていた。 絵描きは、絵さえ残れば、死んでいない。 間に合うんだったら集めたい、何かに駆り立てられるように、二人は蒐集の旅に出る。 絵は屋根裏や押入から現れた。

 1997(平成9)年5月2日開館。 画学生たちは、死を覚悟し、一番好きなものを描いた。 《祖母の像》蜂谷清、おぶってくれた袢纏、満州からレイテ島で戦死、22歳。 《和子の像》太田章、友禅職人の家、日本画で浴衣の妹、満州で戦病死、23歳。 《家族》伊澤洋、入隊前日、洋間で紅茶を飲む家族(理想)に学生服の自分を描き込む、貧しい農家で庭の欅を伐り学資に、在学中召集満州からニューギニアで戦死、26歳。

 戦後75年、今も絵が持ち込まれる。 《自画像》他・原静雄、一人娘の昌子さん(79)、昭和18年10月16日付の見事な遺書、最後に「昌子ちゃんへ、オ父様は天皇陛下のお為に死ぬのですから、少しも悲しんではいけません。昌子が大人になって立派になるのをいつもお父様は見てゐてあげますよ。お父様は昌子が大好き さよなら」

 全体で600点(資料を含め)、飾りきれないものは収蔵庫「時の庫(くら)」に、修復の待合室でもある。 絵画修復の先駆者山領まりさん(85)主宰の、武蔵野市のアトリエ山領で修復する。 修復中、大江正美《白い家》暗い絵の下から、シュールな《人物》が現れた。 酸素の管を鼻に入れた山領まりさんは1月の取材に、初め元に近づける努力をしたが、ものすごくわざとらしくなる、傷んで来るのは自然の法則、中途半端に介入するのは、絵の生命を奪う感じを受けた。 入口の《飛行兵立像》大貝彌太郎、激しい損傷そのものに、描かれた当初より力があるのかもと尊重、これ以上悪くしない処置をして未来に渡した。(その山領まりさん、7月26日に亡くなった。)  開館2年後、感想文ノートに「とうとう会いに来ました、安典さん」と。 《裸婦》日高安典の緊張真剣な顔のモデルだった。 昭和20年4月19日ルソン島で戦死、27歳。

清宮政宏教授の「福沢山脈を引き継ぐ経営者たち」2020/06/30 06:50

 『福澤手帖』185号、清宮(せいみや)政宏滋賀大学経済学部教授の「福沢山脈を引き継ぐ経営者たちについて」を、興味深く拝読した。 清宮さんとは、福澤諭吉協会で早稲田に行った時に、昼食の高田牧舎で同じテーブルになって以来の顔馴染みだ。 論文は、現代に通じる革新性を企業にもたらした経営者として、池田成彬と小林一三の業績と革新性を紹介した上で、その二人から連想される現代の経営者二人を取り上げている。 池田成彬からはサントリーの四代目佐治信忠へ、小林一三からは資生堂の福原義春につなげた着想は、秀逸だと思った。

 池田成彬は、三井家の同族経営から専門経営者へ「財閥転向」を進めた、革新的気概を持つ人物である。 佐治信忠は、同じ革新的気概を発揮して、2014年、同族企業のサントリーに、外部からローソン社長を務めた新浪剛史を招聘、経営トップに据えた。

 小林一三は、阪急電鉄で、路線沿線の土地を買収し大衆向けの宅地分譲を進め、宝塚の娯楽施設を創り上げ、梅田にターミナル型デパートを開店させ、多くの客を集めた。 小説家・文筆家としての才能も並行して発揮、文化的芸術的な感性・才能を経営に活かした人物だった。 福原義春は、蘭の栽培や写真の趣味を持ち、駒井哲郎のコレクションを世田谷美術館に寄贈しており、「経営とは経済的、文化的、社会的な総合活動」であり、「企業活動は文化を生産している活動」であると言う。

 清宮さんは、福沢山脈を今も脈々と引き継ぐ経営者たちは、独自の気概を持って、企業が本来目指さなくてはならないものを長期的な視点や幅広い視点で推し進め、革新性を社会や企業経営にもたらして先導している、とまとめている。

「藍は新月に仕込み、満月に染め始める」2020/06/10 06:49

 5月31日放送の「日曜美術館」「アートシーン特別編」、「アーティストのア トリエより―染織家志村ふくみ」が素晴らしかった。 2014年6月29日放送 の「日曜美術館」を再構成し、現在のウィズコロナの社会に対する志村ふくみ さんのメッセージも伝えていた。

 俳句を詠むことで、まがりなりにも旧暦を意識することがある私には、藍染 のところで、「藍は新月に仕込み、満月に染め始める」というのが、強く印象に 残った。 十月、藍を仕込む。 藍の葉を発酵させた蒅(すくも)、灰汁(あく)、 酒、石灰を、地下の藍瓶(がめ)に注ぐ。 仕込み終ると、みんなで柏手を打 って祈る。 発酵に、二週間かかる。 ある時、志村ふくみさんたちは、月の 満ち欠けに合わせて作業を進めると、上質の染料が出来、藍が美しく染まるこ とに気付いた。 染色が自然と分かちがたい営みの中にあることを確信した。  「藍は新月に仕込み、満月に染め始める」。

 仕込みから十五日、藍の状態を見る。 志村ふくみさんは藍瓶に指を入れ、 舐める。 「ピリッとしたような、甘い感じがいい」という。 昔は瓶に首を 突っ込んで、舌で舐めた。 だからベロメーター、と笑う。 よく出来た色が 「染めてよ」、「染めて下さい」って、言ってるようなもの。

 糸を染める。 藍瓶に浸し、最初に引き上げた時の、糸の色を「奇跡の色」 と呼ぶ。 一瞬、緑、それがパッと消えて、青になっていく。 「誰が仕組ん だことでもない、自然が瞬間に私たちに見せてくれる幻なんです、それが不思 議。 この謎は、永遠に解けないかと思う。 不思議ですよ、命じゃないです かね。 色に命があることを教えてくれたのは藍。 そういうものがなかった ら、色は色だ。 でも、私たちは、色は色でないと思っている、ひょっとして、 色は色ではないんじゃないかという思いで色を染めている、色を出している。」

 志村ふくみさんは、染色にかける思いを、「一色一生」という言葉で表わす。  命宿る色に生涯を捧げる、染織家・志村ふくみさんの誓いだ。

 今年、95歳になる志村ふくみさん、新型コロナウィルス感染症の拡大に、草 木染のマスクをつくっているという。 こんなメッセージを寄せた。

 「この厳しい時代に、人間が強く求めるもの、その究極は、美しいものだと 思います。 悲しいこと、今の苦しいことを含めての、美しさ。 本来、人間 は素朴で、そういう美しいものをひたすら求めてきました。 知識なんかじゃ ない。 救いになるものは、美ですよ。」