九鬼隆一という人物[昔、書いた福沢182]2019/12/26 06:55

        九鬼隆一と大臣病<小人閑居日記 2003.6.28.>

 司亮一という人の書いた『男爵(バロン)九鬼隆一 明治のドン・ジュアン たち』(神戸新聞総合出版センター)を読んだ。 九鬼隆一は、慶應義塾に一年 ほどいて文部官僚になり、福沢諭吉の家にも親しく出入りしていたが、明治1 4年の政変でこの人に裏切られた福沢が、生涯許さず蛇蝎のごとく嫌った人物 だ。 『「いき」の構造』の哲学者九鬼周造はその四男である。 周造の母、隆 一の二番目の妻、初子(を、この本は使っているが、波津(子)の表記で名高 い)は、岡倉天心との恋愛(今日の不倫)問題で知られる。

 九鬼家というのは、水軍に端を発した摂州三田(さんだ)の殿様で、九鬼隆 義という人が、その重役白洲退蔵とともに、福沢と親しかった。 だが隆一は、 殿様ではなく、三田の重臣である星崎という家から、隆義がそこから養子に来 た三田の支藩、綾部藩の首席家老九鬼隆周(ちか)の家に養子に入って、星崎 貞四郎から九鬼静人(しずと)になり、慶應義塾に入った頃から隆一を名乗り 始める。 誰にでも藩主家の出と思わせる名乗りに、この人物の計算が見え見 えだといえないか。 九鬼隆一は、大臣病患者だった。 そのために懸命に働 き、着実に立身出世して、明治初期の文部行政、とりわけ美術関係のそれに大 きな業績を残している。 しかし、大臣にはなれなかった。 立身出世の過程 で、敵を作り過ぎた。 福沢も、その門下生たちも、その敵だった。 大臣病 患者は、今でもごろごろいる。 小泉純一郎首相が、自民党内で人気がないの は、派閥順送りの大臣人事をしないからだろう。

        小間使いという手口<小人閑居日記 2003.6.29.>

 『男爵九鬼隆一』の副題が「明治のドン・ジュアンたち」なのは、まず九鬼 隆一自身が「漁色家」だったからだ。 二番目の妻、初子は、杉山波津といい、 15歳祇園の半玉だったのを、その初々しさと美貌、きらめく知性に惚れ、置 き屋にかけあって落籍(ひか)し、小間使いという名目で屋敷に置いた。 そ れは明治8(1875)年頃のことで、長女琴、長男良造が早世した後、次女 光子が生まれる直前の明治16(1883)年5月になって、つまり8年ほど して正式に結婚している。

 明治31(1898)年8月28日付万朝報の記事「麹町区三年町一番地枢 密顧問官帝国博物館長九鬼男(爵)は、いわゆる美術に熱心なるよりも、むし ろ女色に熱心にして、婦人に対してはかつてその醜美を論じたることなく、手 当たり次第に手を附け、これまで雇い女を孕ましたること数次なりしが、その 数多き内に今なお紀念として存し居るは、荏原郡大井村千四百七十六番地酒井 申太郎の二女みね(二十九)にて、同人は二十八年三月中、小間使いとして雇 い入れられたるものなり」。 司亮一さんは、森有礼のように蓄妾を弾劾する意 見は、なお先駆的なものでしかなかったという当時の風潮にふれ、「それはいい。 重く受けとめるべきは、隆一が酒井みねに手を付けていたのが、初子が精神を 病みつつあった時期とほぼ一致するという事実である」と書いているが、「それ はいい」というのは、それもよくない。

《築地明石町》モデルの孫2019/12/13 07:13

 11日に東京国立近代美術館で「鏑木清方 幻の《築地明石町》特別公開} を観て来たので、一日「昔、書いた福沢」を休み、《築地明石町》のモデルの孫に ついて以前書いた「等々力短信」を出すことにする。 東京国立近代美術館は、 15日の会期末前で、ものすごい人だった。 2007年に行った鎌倉市鏑木清方 記念美術館は、閑散としていたのに…。

      等々力短信 第1052号 2013(平成25)年10月25日

               パリに生れ、パリに死す

 ヨーコ・タニ、谷洋子という名の女優を、ご記憶だろうか。 グレアム・グ リーン原作の映画『静かなアメリカ人』(1958年)で助演、同年の『風は知ら ない』ではダーク・ボガードと共演、第二次大戦末期、日本人捕虜の尋問のた めに空軍中尉がインドのジャイプールで日本語を学び、教えてくれる美しい女 性と恋に落ちる、そのスズキ役。 『バレン』(1960年)ではアンソニー・ク インとイヌイットの夫婦を、『青い目の蝶々さん』(1962年)では日本に単身赴 任したイヴ・モンタンの夫が浮気したのではと疑い、ゲイシャに扮して探るシ ャーリー・マクレーンの妻に、化粧や着付けをする芸者を演じた。 フランス のテレビ番組や舞台にも出た。 日本映画では、1956年の久松静児監督、田中 澄江脚本『女囚と共に』に出ているが、その共演者がすごい。 田中絹代、原 節子、木暮実千代、香川京子、淡路恵子、久我美子、杉葉子、浪花千栄子。 前 田敦子と大島優子の区別はつかないのに、こちらは皆、顔が浮ぶのは、年を取 った証拠だろう。

 森まゆみさんが、岩波の『図書』8、9月の上下で書いた「谷洋子のポルトレ」 を読み、谷洋子(1928(昭和3)年~1999(平成11)年)の本名が、猪谷洋子、 その母の名が妙子と知って、私にはピンと来る本があった。 富岡多惠子さん の『中勘助の恋』(創元社)である。 中勘助の“恋人”が、猪谷妙子だったか らだ。 妙子とその母江木万世(ませ)は、中勘助の人と文学を考える上で最 も重要な二人で、共に中勘助に「愛の告白」をしている。 万世は、中勘助の 一高以来の友人、新橋の江木写真館の息子、江木定男の妻で、鏑木清方の代表 作《築地明石町》(1971年切手になった)のモデルになったほどの美人だった。

 中は若い友人夫妻の娘妙子を、幼い頃から大層可愛がり、江木定男が妙子13 歳の時に亡くなると、父親代りの役を務める。 膝の上の妙子にねだられてし たお話を、東京高商で経済学を専攻フランスに留学した猪谷善一と結婚し、パ リで洋子の母になった妙子に請われて、書き上げたのが『菩提樹の蔭』だった。

 猪谷一家は1930年に帰国、洋子は母も出た東京女高師附属女学校(現お茶 の水女子大附属中学・高校)から津田塾大学に進み、英語を身につけ二番で出 た。 女学生の時、母妙子が死ぬ。 どうしても外国に出たくて1950年カソリ ックの縁で渡仏、パリ大学にも通った。 最初は画家を志し、なかなか帰国し ないので、父が仕送りを止め、レビューに出た。 「日本から持って行った着 物を重ねて着て、一枚ずつ脱いだらすごく受けたのよ」、異国で女一人、気風よ く生きた。 『天井桟敷の人々』のマルセル・カルネ監督に見出されて映画デ ビューする。 俳優と結婚して別れ、長い付き合いの恋人ロジェと幸せに暮し、 70歳で没、ブルターニュのお墓に一緒に入ったという。

水の江戸・水の東京、池田弥三郎さん[昔、書いた福沢169]2019/12/12 06:55

      等々力短信 第925号 2003(平成15)年3月25日

                水の江戸・水の東京

 テレビ50年のNHKアーカイブスから選りすぐった、「思い出の日曜美術 館」の初回(3月17日)は、池田弥三郎さんの「私と広重」だった。 亡く なる前年の、昭和56(1981)年に放送されたものだそうだ。 斜めの雨 が降って、対岸も斜めに霞み、筏がただ一流大川(隅田川)を行く、新大橋に は足早な六人、ゴッホも油絵にした「大はしあたけの夕立」。 弥三郎さんは、 江戸の水、江戸の橋、江戸の雨、どれも広重が発見し、広重が取り上げたこと で、アッそうか、と目を開かれたものだと言う。 斜めの雨については、京都 へ行って、京都の雨がまっすぐに降ることに気がついた。 関東、関東平野に は、風があるのだ、と言う。 「永代橋佃しま」は夜景、弥三郎さんのひいお じいさんが永代橋を渡って、川向こうの悪所、賭場へ通っていた。 すってん てんになって、もうこんなことは止そうと改心し、永代橋の上からサイコロを 大川へ捨てて、てんぷら屋を始めたというのが、銀座天金創業の伝説なのだそ うである。

 広重『名所江戸百景』(平成3年、東海銀行国際財団刊行本が便利)を、あら ためて見てみると、江戸の町には水景が実に多い。 それどころか、水のない 絵は、ほんの数えるほどしかないのである。 家康が秀吉の悪知恵で関東六か 国の領主にされ、ひなびた一漁村だった江戸に入った天正18(1590)年、 まず手をつけたのが小名木川の開削だった。 現在の江東区の中央を東西一文 字に貫いて隅田川と旧中川を結ぶこの運河は、行徳の塩を江戸城に運ぶために 開かれ、東北・関東各地と江戸を結ぶ動脈になっていく。 神田山(駿河台の 続きが、今の岩本町の方まであった)を切り崩して、新たに神田川を掘り、そ の土で江戸城前面の日比谷入江を埋め立て、浜町以南、南新橋までの土地を造 成した。 漱石の『硝子戸の中』、幕末から明治の初年、裕福な名主であった夏 目家の姉達が、真夜中に牛込の揚場から、あつらえて置いた屋根船に乗り、神 田川をお茶の水から柳橋へ下り、大川に出て遡り、浅草猿若町の芝居見物に行 く。 同じ道を船で帰ると、家に着くのは十二時頃、つまり夜半から夜半まで かかったという。

 弥三郎さんの話に出た永井荷風の「日和下駄」(岩波文庫『荷風随筆集』上) と、幸田露伴の「水の東京」(岩波文庫『一国の首都』)を読む。 空襲の時、 先日ボラが湧いたドブ川立会川で命を拾い、花火見物の船が渋滞で神田川を出 られず、江戸川で父とハゼ釣や投網をしたことなど、自分史「水の東京」の断 片が浮んで消えた。

         顰(ひそみ)に倣(なら)う<小人閑居日記 2003.3.29.>

 「水の江戸・水の東京」<等々力短信 第925号>に、池田弥三郎さんのご 長男光(ひかる)さんから葉書をいただいた。 光さんは、短信の読者である。  私が高校3年生の時、大阪で開催された福沢諭吉生誕125年の記念会に、志 木の高校から遣ってもらった時、光さんが幼稚舎の代表(6年生)で来ていた というご縁だ。 お名前は、折口信夫さんの命名と聞いた。

 短信をコピーしてお母様と、二人の弟さんにも渡して下さったそうで、番組 への反響は非常に大きく、お母様は毎日電話の応対に忙しい由。 光さんも、 ひさしぶりにお父上の著書『広重の東京』を取り出して、絵など眺めたりして いるとのことだった。 ひいおじいさんの銀座天金創業の伝説は、光さんも直 接お父上から聞いていて、弥三郎さんご本人も「その顰にならったのでしょう。  簿記の本などを数寄屋橋から投げ捨てて、経済学部から国文科に転向したのだ そうです」と、あった。

 さっそく辞書を引いて「顰(ひそみ)に倣(なら)う」を復習したのも、国 文科池田弥三郎教授のご縁ということになる。

「萬來舎・ノグチルーム」見物[昔、書いた福沢166]2019/12/09 07:04

      「萬來舎・ノグチルーム」見物<小人閑居日記 2003.3.11.>

 昨日は、暇人のやじ馬で、三田の山で「萬來舎・ノグチルーム」というのを 覗いて来た。 学生時代はもちろん、最近ニュースになるまで、そんなものが あることすら、知らなかった。 公開二日目の昼前、740番という整理券を もらって並んでいたら、後ろの慶應の学生の母親という人に「あの、蔵みたい な建物は何ですか」と訊かれた。 これは知っていて、「演説館」。 三田通り 側の幻の門のあたりは、桜がチラホラ、キャンパスは入学手続に来た嬉しそう な若い人やご家族がそこここにいて、なかなかいい風景だった。

 「萬來舎・ノグチルーム」というのは、慶應の三田キャンパスにある、私が 学生の頃は第二研究室と呼んでいた建物で、昭和26(1951)年8月に建 っている。 谷口吉郎の設計、1階玄関部南側に談話室として設けられた小ホ ールのデザイン、前庭とそこに設置された三点の彫刻をイサム・ノグチが担当 した。 この建物が建てられた場所は、明治初年、福沢諭吉が「千客万来、来 る者はこばまず、去る者は追わず」という精神で「萬來舎」を開設した所だっ た。 新しい建物は「新萬來舎」として構想されたのだった。 今度、慶應で は新しい大学院施設をこの場所に建設することになり、この「萬來舎・ノグチ ルーム」を壊し、その一部を移築することにしたので、問題化したのだった。

 初めて見たノグチルームは、山小屋風といったデザインで、中央の暖炉や籐 (だと思う)の敷物や編み細工のもたれ、曲線に特色のあるテーブルや長椅子 などの家具が、目についた。 前庭の彫刻、白河石の「無」は似たようなもの が湘南の海岸にあったような気がし、鋳造鉄板の「若い人」と鋳造鉄棒の「学 生」はかなり錆びていた。

気骨の人の明快な決断2019/06/19 07:21

 松永安左エ門が亡くなった時に、老欅荘の床の間に架けられた絵や、記念館 本館に展示してあった遺言についても、等々力短信に書いていたので、引いて おく。

             気骨の人の明快な決断

       等々力短信 第1057号 2014(平成26)年3月25日

 3月の「夏潮」渋谷句会の兼題は「春の川」と「涅槃(ねはん)」だった。 私 は当番で「涅槃」の季題について調べて、報告をした。 「涅槃」とは、釈迦 の入滅(死)のことだ。 その日、陰暦二月十五日には、各寺院では寝釈迦を とりまいて弟子、天竜、鬼畜などの慟哭するさまを描いた涅槃図を掲げ、遺教 教(ゆいきょうぎょう)を読誦(どくじゅ)して涅槃会(え)を営む。 私は 京都東山の皇室の菩提所、泉涌寺の二つの涅槃図を使って説明した。 その一 つ室町時代の絵では、摩耶夫人(まやぶにん)が雲に乗って忉利天(とうりて ん)から駆け付けて来る。 生母のために釈尊は金色の身を現し説法をしたと いうのだ。 その様子を描いた絵を思い出した。

 2009(平成21)年の「未来をひらく 福澤諭吉展」で見た松永安左ェ門(耳 庵)旧蔵の国宝「釈迦金棺出現図」である。 松永は、この絵を五千万円(今 の十億円か)で入手したといわれるが、その辺の事情を、昔読んだ白崎秀雄著 『耳庵 松永安左ェ門』(新潮社)で確かめてみた。 松永はこの絵を最晩年に 執念を燃やして購入し、愛してやまなかった。 没後、棺が安置された小田原 の松永記念館の床にも掛けられていた。

 松永は、その遺言に「財産はセガレ及び遺族に一切くれてはいかぬ。彼らが ダラクするだけです。」と書いた。 だが「釈迦金棺出現図」は松永個人の所有 で、没後は当然、養嗣子安太郎の所有になる。 当時でも数億といわれたこの 超国宝を昭和55(1980)年松永記念館解散直後、安太郎は独自の英断によっ て、文化庁つまり国に完全無償で寄贈した。 白崎秀雄さんは、この惜しげも ない寄贈は、壮挙とも快挙ともいうべきもので、今日まで一行も報道されたこ とがないのは奇妙という他ない、と書く。 文化庁はこの絵を京都国立博物館 の蔵品とした。 明治40年頃から寄託されていた古巣だ。

 戦後、松永安左ェ門が大戦争の敗北で危惧していた、苛酷な悲劇と混乱は、 ほとんど奇跡的に避けられた。 その理由を考えて、「天皇、皇室のおかげ」と 認識した。 そして今の百億円ともいわれる所蔵の美術品・茶道具や柳瀬山荘 を、自分の楽しみのために利すべきものではない、お国にお返しすべきものと 考え、国立博物館に寄贈してしまった。 また東邦産業研究所の五万坪に及ぶ 土地も、生涯の恩師と仰ぐ福沢先生の慶應義塾に寄付した。 これが後に私の 学んだ慶應義塾志木高等学校となるのである。

 昔、私は「鬼のおかげ」という一文を書いた。 「電力の鬼」と呼ばれた松 永がもし健在なら、東京電力福島原発の事故では、即座に乗り込んで陣頭指揮 を執っただろうし、昭和11年政府の電力国営化論を先頭に立って反対し、戦 後電力事業の分割民営化を主導した松永は、どんな電力体制を構想したかと思 うのだ。