室町幕府第十三代将軍、足利義輝2020/04/07 07:12

 『麒麟がくる』で向井理がやっている足利義輝、天文5年(1536)の生れだ から、天文15年(1546)細川晴元らに擁立されて、将軍職を譲られ、室町幕 府第十三代将軍となったのは数え11歳の時だった。 当初は父義晴の補佐を 受ける。 天文16年(1547)、細川晴元と畠山正国の争いに、畠山にくみした ため、細川勢に洛北の北白川城を攻められ、父義晴とともに近江坂本へ逃れた のち晴元と和し、翌17年6月帰洛した。 しかし翌18年(1549)晴元が家臣 三好長慶と摂津に戦って敗れたため、義晴父子は晴元とともに再び坂本に移る。  天文19(1550)年5月4日義晴が病没したので、義輝が家督を継いだ(数え 15歳)。 天文20年(1551)三好氏の近江侵攻により、坂本からさらに北の 山中の高島郡朽木に移った。 天文21年(1552)には三好氏との和約が出来、 一時帰京するが、まもなく朽木に戻る。 朽木幽居の間、秀隣院庭園(国指定 名勝)を造営し、俗説では塚原卜伝に剣術を学んだといわれるが不詳。

 永禄元年(1558)(数え23歳)六角義賢の尽力で長慶と和して京都に帰還。  交戦中の戦国大名間に和議を勧めるなど将軍権威の回復に努めた。 還京後は、 単なる長慶の傀儡に甘んぜず、幕府の首長として、三好政権に抵抗の姿勢を続 けたため、松永久秀らに警戒され、長慶死去の翌永禄8年(1565)5月19日 暗殺された。 義輝は数え年で30歳になったばかりだったから、いかにも若 い。 義輝が殺害されたのち、越前の朝倉義景に仕えて40代で歴史に登場す る明智光秀との、年齢の差が際立つ。  この足利義輝晩年の、将軍権威の回復に努めた姿勢を、池端俊策さんが『麒 麟がくる』のメインテーマに取り込んで、響かせたのであろう。

大河ドラマ、呉座勇一さんの見方と、『麒麟がくる』2020/04/05 07:26

 呉座勇一さんは、「私たち日本史研究者の間ではNHKの大河ドラマの評判は 芳しくない。専門家だから、つい厳しい目で見てしまうのだ。」と言う(「呉座 勇一の歴史家雑記」朝日新聞2018年11月13日「ドラマ「真田丸」の妙」)。  細かい事実関係より世界観の方が気になり、近年の大河ドラマで顕著なのは、 現代的価値観を持ち込みすぎている点だそうだ。 側室が当り前の社会で、正 室があからさまにヤキモチを焼く。 戦乱が日常的に起きた時代に、主人公が 平和主義を唱える。 とはいえ、現代的価値観と懸け離れた思考の登場人物ば かりでは、視聴者が感情移入できない。 この点で、呉座さんが巧妙だと見た のが、2016年の「真田丸」で、視聴者の分身を登場させたことだ。 それが真 田信繁(堺雅人)の幼馴染という設定のきり(長澤まさみ)である。 彼女は 現代的価値観を現代的な言葉遣いで語り、作品世界で明らかに浮いていた。 そ れは、彼女が視聴者の代弁者だからに他ならない。 要するに、現代的価値観 を作品の基調にするのではなく、スパイス的に用いるべきだ、というのだ。

 その呉座勇一さんの見解から、今年の大河ドラマ『麒麟がくる』を考えてみ よう。 まず主題、戦乱のない平らかな世をもたらす「麒麟がくる」のを期待 しているというのだから、基調、大きなテーマは平和主義である。 時代の傍 観者のような明智光秀十兵衛(長谷川博己)を主人公に据えて、戦国時代の只 中に派遣して、美濃の斎藤道三家、京都の足利将軍家、尾張の織田家、駿河の 今川家、三河の徳川家の現場へ、カメラを持ち込んでいる。 作者の池端俊策 さんが、呉座勇一さんのコラムを読んだかどうかわからないけれど、完全にそ の見解を逆手に取り、明智光秀を視聴者の身代わりにして『麒麟がくる』を書 いたかのように思えるのだ。 明日、触れるが、明智光秀は40代になるまで の動静が詳しく分かっていないそうで、それも時代の傍観者としての設定を強 く後押ししている。

足利義政は死ぬまで徴税できる政治権力者だった2020/04/02 06:55

 呉座勇一さんが、朝日新聞に連載していたコラム「呉座勇一の歴史家雑記」 を、あらためて読んでみた。 3月26日の最終回は「歴史学にロマンはいらな い」、歴史小説家が「歴史の真実」を解き明かそうとすること、話を面白くしよ うとして、ひねった解釈を提示することの危険性を指摘している。 「歴史の ロマン」を求める気持ちは、真実を探求する上では邪魔になる、歴史学は、い かに身も蓋もない、退屈で凡庸な話になろうとも、最も確からしい解釈を選ぶ ものだというのである。

 昨年12月18日の「足利義政のイメージは本当か」では、日本人の歴史観は 歴史学界での議論ではなく、有名作家による歴史本によって形成されてきた、 とする。 そして百田尚樹著『日本国紀』(幻冬舎)を検討する。 同書は足利 義政を、政治意欲がなく「趣味の世界」に生きた無責任な将軍で、「応仁の乱に 疲れ政治の世界から逃避するために」東山山荘(現在の銀閣寺)を造ったと評 価する。 こういう義政像は戦前以来のもので、世間に根強く残っている。 し かし、呉座勇一さんは『応仁の乱』(中公新書)でも論じたように、この見方は 正しくなく、義政が自らの理想の芸術を実現するには莫大な金が必要で、東山 山荘の造営にあたって、臨時課税(人夫・資材の徴発を含む)によって工事費 を捻出しようとした。 この増税には反発が強く、滞納の続出により建設工事 は遅滞した。 けれども、ここで注目すべきは、将軍職を息子の義尚に譲った 後も、義政が依然として徴税を行えたという事実だ、という。 義政は死ぬま で政務に関わり続け、権力を手放して集金できなくなることを避けた。 政治 権力者と文化・芸術の保護者という二つの立場は、切り離すことができないの だ、そうだ。

『暮しの手帖』の新編集長2020/03/29 08:03

 その『暮しの手帖』5号(spring 2020/4-5月号)だが、表紙のトップに「心 の垣根をなくしたら」とある。 4号(early spring 2020/2-3月号)の、そ れは「丁寧な暮らしではなくても」と、なっている。 それぞれ、「特集」のな かの「読み物」の一つのタイトルである。

 5号の編集後記「編集者の手帖」で、北川史織編集長が前号の「丁寧な暮ら しではなくても」に、思いがけなく多くの反響があった、と書いている。 そ の中に「今後、『暮しの手帖』では〈社会問題〉を扱っていきたいと思っている のでしょうか? もしかして、ジャーナリズム的な方向に行こうとしているの では、と不安になりました。(中略)かっこ付きの〈政治〉ではなく、ふつうの 人のふつうの暮らしへの想像力をかきたてる雑誌であってほしいと思います」 というのがあって、編集長が返答している。 〈社会問題〉については、すご く小さな声で、「ごめんなさい、社会のことは扱っているつもりなのですが、と てもそうは見えないわけですね」と。 「「かっこ付きの〈政治〉」というのは、 新聞で読めるような政治記事ということでしょうか。確かに私たちは新聞では ないのだから、たとえ「政治」を取り上げるにしても、楽しませたり面白がら せたり、あるいは心にしみ入るような記事にするとか、自分たちらしい工夫が 必要だと思うのです。いま、それができていないことを、私たちは恥じるべき なのでしょう。どうか、少しお時間をください。」と。 そして、「社会全体が よくならなければ、浮かばれない暮らしがあるんだ。そう思うのなら、私たち はやはり、「この社会を変えていこうよ」と声を上げなきゃあいけないと思うの です。自分自身の言葉で、腹の底から出す地声で。」と、書いている。

 あらためて、4号の「編集者の手帖」を読み直して、4号から北川史織さん が編集長になったことを知った。 4号から、何となく誌面が変わったように 思ったのは、それだったのだ。 いわゆる超就職氷河期に社会に出た43歳、 二年半ばかり副編集長を務め、結婚歴はなし、子どもはおらず、一人暮らしだ そうだ。 「どんな人にでも暮らしはある。」「一人ひとりが全然違う、別個の 存在です。その全然違う一人ひとりが『暮しの手帖』を読み、この不安の時代 に何らかの知恵やヒントを得たり、ある思いを胸に抱いてくれる。そんなふう に、一冊の雑誌を通してつながりあうって、やっぱり素敵なことだと思うんで す。」と、抱負を述べていた。 期待を持って、お手並みを拝見することにした い。

「高齢ナンパ」と『老人流』2020/03/28 06:48

 テレビで時々、アナウンサーなどが「お年寄」や「ご老人」と言わず、うっ かり「六十何歳のお婆さん」や「七十何歳のお爺さん」とやると、家内が画面 に向って怒っている。

 『暮しの手帖』5号(spring 2020/4-5月号)で面白かったのは、姫野カオ ルコさんのエッセイ「高齢ナンパ」だ。 「江戸川乱歩が大正14年に発表し た小説では、下宿の大家さんが「もう六十に近い老婆」と説明されている。松 田聖子や黒木瞳くらいなのに。」と始まる。 「手塚治虫が昭和47年に発表し た漫画では、食事シーンでいろりを囲む主人公(幼女)の祖母の腰が、床と平 行なくらいに曲がって描かれている。集落の長老婆かと思いきや、祖母「五十 一歳」と書かれている。叶姉妹より年下(のはず)なのに。」と続く。 姫野さ んの母方の伯母さんは、大正9年に生まれ、平成17年に半年ほど病んで85歳 で亡くなられたそうだが、それまではお元気で一人暮らしをしていた。 マリ・ クリスティーヌそっくりの、目鼻立ちのはっきりしたお顔で、社交的で陽気、 機転がきいた。 平成17年(つまり亡くなる年の)の正月、年賀の帰りにタ クシーに乗り、自宅の前で料金を払おうとすると、60代半ばらしきドライバー が、「お代はええさかい、どうやろ、これを機会にわしと交際してくれへんか、 同い年くらいやと思うねん。まずは茶飲み友だちからスタートせえへんか」と、 首をかきながら告白した。 伯母さんは、自分の年齢を打明けて断わったもの の、その出来事を姫野さんに話すときは、うれしそうだった、という。

 『三田評論』3月号に、村松友視(示偏に見)さんが自著『老人流』(河出書 房新社)の「執筆ノート」を書いている。 その本の特徴は、自らは“老人” の価値や境地には爪のかからぬ後期高齢者たるご自身からの、本物の老人たる 存在への羨望にみちたスタンスということになるだろう、という。 親戚に病 に臥せっている95歳になるオバアチャンがいて、見舞いに来た叔父たちに吐 いた、ひとセリフ。 モゴモゴと曖昧な言葉を残して帰ろうとする叔父たちを、 病床のオバアチャンが身を起こして呼び止め、「あたしゃ、あんたたちに一度き いてみたいことがあったんだがね……」と言って目をしばたたき、遺産のハナ シかな……と、ちらっとかすめた叔父たちの目をのぞきこみ、言い放った。 「あ んたたちにぜひきいておきたかったんだがね、あたしゃ、オジイサンだっけ。 オバアサンだっけ?」 叔父さんたちは、ついにここまで来たかと仰天し、落 ち込んで、早々にその場を辞したという。 だが村松さんは、オバアチャンは ただ笑わせたかっただけ、見舞い客の暗鬱な空気を一気に変えようとする、気 遣いにみちた“老人流”、95歳のユーモアあふるる必殺ワザだったのではない か、と考えている。