「東都のれん会」の老舗55店2017/08/17 06:58

 私がニヤリとしたのは、最中の空也、楊枝のさるや、刃物のうぶけや、はん ぺんの神茂が出てきたからだ。 しかもそれら老舗を、「東京生活者の既得権益」 だと言っている。 1995(平成7)年3月25日浅草ちんやの「等々力短信七 百号、二十年記念の会」では、空也の最中をお土産にし、2009(平成21)年7 月4日青山ダイヤモンドホールでの「『等々力短信』1,000号を祝う会」では、 さるやの「千両箱」を千号の内祝にした。 うぶけやの毛抜きで時々、一髪必 中、眉毛に混じる白髪を抜いている。 真っ白になるといかにも爺臭くなりそ うな気がするからだ。 爪切りも長年父にならってゾーリンゲンを使っていた が、ある時、うぶけやにしたら、これが抜群の切れ味だった。 神茂は、はん ぺんはもちろんだが、わが家は竹輪麩が好きで、販売時期限定の頃から(今は 緩くなった)愛用している。 つまり親の代から、わが家も「東京生活者の既 得権益」の受益者なのだ。

 ジェーン・スーさんは、「東都のれん会」を「江戸から明治初年にかけて創業 された、百年以上の伝統を持つ古いのれんの集い。三代以上続いていないと駄 目だという話も聞いたことがある。」と書いていた。 4日に三田山上の図書館 (新館)の『福澤諭吉 慶應義塾史 新収資料展』へ行った話は14日・15日に 書いたが、三田へ行くといつも大坂家に寄る。 三田の大坂家、「秋色最中」の由来<小人閑居日記 2013. 3. 24.> http://kbaba.asablo.jp/blog/2013/03/24/

 舟形の水羊羹と、笹の葉で包んだ うす水羊羹、葛桜を買う。 大坂家の葛桜 は本物の桜の葉だが、先日の大磯の新杵は老舗なのになぜかビニールだったか ら首を傾げた。 秋色庵大坂家も「東都のれん会」会員なので、『銀座百点』の ような雑誌をもらおうとすると、今は雑誌はなく、「江戸から東京 三代・百年」 「EDO TOKYO BRAND」というパンフレットだけだという。

 「東都のれん会」は全部で55店、「グルメ」13店、「食の名物」26店、「暮 らしの逸品」16店、愛用している店が多く、ほとんどの店に行ったことがある か、食べたか、買ったことがある。 東京に生まれ育って76年、「東京生活者 の既得権益」の受益者だということが、はっきりした。 「グルメ」が、いせ 源(あんこう鍋)、上野精養軒、かんだやぶそば、駒形どぜう、駒形前川(鰻)、 笹乃雪、総本家更科堀井、竹葉亭、ちんや、中清(天麩羅)、明神下神田川本店、 両国橋鳥安(あひ鴨料理)、蓮玉庵(そば)。 「食の名物」は、天野屋(甘酒)、 梅園、榮太樓總本舗、海老屋總本舗(江戸前佃煮)、亀戸船橋屋、神茂、木村屋 總本店、銀座松崎煎餅、言問団子、秋色庵大坂家、新橋玉木屋、千疋屋総本店、 ちくま味噌、長命寺桜もち、豊島屋本店(清酒金婚・白酒)、とらや、日本橋鮒 佐、日本橋弁松総本店、人形町志乃多寿司總本店、にんべん、梅花亭、羽二重 団子、豆源、やげん堀中島商店、山本海苔店、山本山。 「暮らしの逸品」が、 伊場仙(扇子・うちわ)、うぶけや、江戸屋(はけ・ブラシ)、大野屋總本店、 菊寿堂いせ辰、銀座阿波屋、銀座越後屋、黒江屋(漆器)、さるや、白木屋傳兵 衛(江戸ほうき)、竺仙(呉服)、榛原(和紙)、宮本卯之助商店(神輿・太鼓)、 村田眼鏡舗、安田松慶堂、吉徳。 私が知らなかったのは、海老屋總本舗、ち くま味噌、豊島屋本店、伊場仙、江戸屋、白木屋傳兵衛だけだった。

ジェーン・スーさんと東京生活者の既得権益2017/08/16 07:30

 新潮社のPR誌『波』の連載で、いま読んでいるのは佐藤賢一さんの『遺訓』 と、8月号の18回が最終回になったジェーン・スーさんの『生きるとか死ぬと か父親とか』だ。 『遺訓』については、連載開始の頃、下記を手始めに、西 郷隆盛と福沢諭吉の関係、福沢の『明治十年 丁丑公論』などについて書いた。

佐藤賢一さんの小説『遺訓』と鶴岡<小人閑居日記 2016.2.23.>

http://kbaba.asablo.jp/blog/2016/02/23/

 今日はジェーン・スーさんの『生きるとか死ぬとか父親とか』についての話 だ。 とても面白く読んだ。 ジェーン・スーさん、作詞家、音楽プロデュー サー、ラジオのパーソナリティだそうだが、まったく知らなかった。

 第1回の「この男、肉親につき。」、元日に77歳の父と42歳の娘が、護国寺 へ18年前に死んだ母の墓参りに行く。 父と娘はふたりだけの限界家族だが、 バラバラに暮している。 前回の墓参に、父は真っ赤なブルゾンに娘が買って あげたボルサリーノの中折れ帽をかぶり、首にはクリーム色のカシミアマフラ ーという、司忍かと思う出で立ちで現れた。 なかなか良く似合っていたので、 娘は「とても文無しには見えないよ!」と最大級の賛辞を送った。 外車でも 乗り回していそうな出で立ちが栄えるこの男には、全財産をスッカラカンにし た前科がある。 まあ自分で稼いだ金だし、娘が保護下にあるときにお金のこ とで困ったことは一度もないので(ジェーン・スーさん、フェリス女学院大学 卒だそうだ)、それはそれで良いのだけれど、それにしても大胆になくしたな、 と娘は感心する。

 石屋のおかみさんにも「あら、今日は赤いブルゾンじゃないの?」と言われ、 地下鉄で知らないおばあさんから「素敵ね! 私、その色が大好きなの!」と声 をかけられたこともあった。 「俺はババア専門なんだ」と言う。 墓参の後、 ふたりで音羽のロイヤルホストに行く。 以前はホテルオークラを懇意にして いた父は「ファミレスなんて味のわからない馬鹿が行くところだ」とずっと悪 態をついていたのに、今は「ロイホを馬鹿にする奴はわかってない」と同じ口 で平気で言う。

 間を抜いて、たちまち最終回。 娘は、唐突に父から「申し継ぎ」と称する 淡い遺言のようなメールを受け取る。 「お母さんの好きだった老舗は次の通 りです。最中の空也、楊枝のさるや、刃物のうぶけや、はんぺんは名前を忘れ ました。すき焼き肉は日山」。 娘は、空也の最中を食べたことがあるだけで、 ほかは馴染みのない店ばかりだった。 父が一度、娘を連れて、店を回りたい というので、ふたりで人形町へ行く。 父は、紙袋に母の六寸の出刃包丁を下 げてきていて、うぶけやで研ぎに出した。 壁には江戸文字で書かれた東都の れん会のポスターが額装して飾られている。 とらや、豆源、いせ辰、更科堀 井、言問団子、父が名前を失念していた神茂も名を連ねている。 母が死んで 二十年という話になったので、娘が創業から何年ですかと無難な質問をすると、 「初代が亡くなってから、二百三十年になります」と、年下と思しき店の女性 が、まるで二百三十年をつぶさに見てきたような口調で答えた。 父と娘は、 さるや、神茂と回る。

 ジェーン・スーさんは書く、「思うに、母が私に引き継ごうとした東京生活者 の既得権益を、私はいままで有効活用してこなかったのだろう。そんなものが 存在していることさえ気付いていなかった。今日、それらを父が私の手元に引 き戻してくれた。」 閑居老人の私は、思わずニヤリとした。 それは、また明日。

藤原工業大学と高橋誠一郎文部大臣2017/08/15 06:56

 『福澤諭吉 慶應義塾史 新収資料展』、都倉准教授の解説の続き。

 (4)藤原工業大学と慶應義塾。 藤原銀次郎戦犯指定に関する藤原工業大 学生及び卒業生より連合国総司令官マッカーサー宛嘆願書(1946(昭和21) 年5月4日)。 「工業大学卒業生諸君に謝す」(村井宇之助宛藤原銀次郎書簡 (1946(昭和21)年6月21日)。) 藤原工業大学は、王子製紙の社長だった 塾員の藤原銀次郎が、昭和14(1939)年6月日吉に創設した大学。 藤原は 創設前から、理学・工学の新学部設立を検討していた小泉信三塾長と十数回会 談し、藤原工業大学の義塾への寄附を含めた合意を経て、設立認可に至った。  時局の変化による国の圧力があり、藤原工業大学はあと1か月で卒業生を出す ところで、1944(昭和19)年8月、慶應義塾大学工学部となった。 資料は、 米内光政内閣の商工大臣を務めた藤原銀次郎が戦後戦犯指定されたのに関し、 卒業生の出した嘆願書と、それに対する藤原の礼状だ。 嘆願書は、藤原が私 財を投じて大学を創めるについてスタンフォード大学とジヨルダンを学風の手 本とし、藤原工業大学で「ジヨルダンとフクザワ」を教科書として学生に読ま せたこと、英語を重要視して特別な英語教育をしたこと、先生から国際的な自 由な、明るい教育を受け、先生の何処にも超国家主義者らしい匂いを感ずるこ とはなかったという印象を述べている。

(藤原工業大学については、大学教育の役割、清家塾長の年頭挨拶<小人閑居日記 2013. 1. 23.>、防衛大学校と慶應義塾、初代槇智雄校長<小人閑居日記 2017.1.7.>参照)

 (5)教育基本法を成立させた高橋誠一郎文部大臣。 教育勅語と教育基本 法の関係に関する答弁草稿(昭和22年3月19日)。 我妻栄による民法改正 に関する文部大臣への質問概要(昭和22年3月29日)。 それに対する答弁 草稿(同日)。 草稿(教育基本法・学校教育法成立にあたって)(昭和22年4 月1日)。 議会の速記録と照合すると、官僚の用意した答弁草稿にはないこ とを、高橋誠一郎文部大臣が言っていることがわかる。

 (高橋誠一郎文部大臣については、高橋誠一郎文部大臣と『帝室論』<小人閑居日記 2007. 6.20.>、『手控□高橋誠一郎略年譜』<小人閑居日記 2007. 6.21.>、米山光儀さんの「「修身要領」再考」(1)<小人閑居日記 2012. 5. 23.>、米山光儀さんの「「修身要領」再考」(2)<小人閑居日記 2012. 5. 24.>、「修身要領」と教育基本法(1947年)<小人閑居日記 2012. 5. 25.>参照)

ライバルさん喬、師匠小さん、志ん朝師匠2017/08/12 07:11

 「噺家の了見」で、柳家権太楼は、柳家さん喬を生涯のライバルだという。  真打昇進直後から、30年以上も高座で戦い続けてきた。 どちらも団塊の世代 で、力量に差はないが、目指す落語の形は違う。 寄席に客が来ないのが当り 前という1980年代後半、志ん朝・談志、小三治・扇橋に続くスターが欲しい、 当時の落語協会事務局長が仕掛けたのが「さん喬権太楼二人会」だった。 二 人そろえば必ず真剣勝負になった。

 修業時代、権太楼は師匠小さんに面と向かって噺を教わった記憶がないとい う。 1982年に真打になった後、おそるおそる「あのォ、『子別れ』を教えて ほしいんですけど」と話しかけると、「そうか。紀伊国屋(寄席)でやるから来 いや」。 舞台袖で師匠の噺をじっと聞く。 終演後、すし屋で酒を飲みながら ―。 それが小さんの稽古、杯を重ね、芸論が始まると、もう止まらない。 小 さんは落語のことを話すのが大好きで、「俺はこういう了見でやる。誰それはこ んな形だ」。 「了見」「自然体」という言葉をよく使った。 「狸の噺をする ときは、狸の了見になれ」、そんなことをいわれても、狸に知り合いはいないし …。 「それらしく演じろ」ということなのだろう。

 師匠とそんなふうに話ができるようになっても、「やっていいですか」と言い 出せないネタがひとつ残っていた。 小さん十八番の「笠碁」、お弔いの時、心 の中で「『笠碁』をやらせてね」とお願いした。

 私は、2005年9月29日の第447回「落語研究会」で、権太楼の「笠碁」を 聴き、こう書いていた。 「「がくゆう」とよく麻雀をやったという話から入る。  「学友」でなくて「楽友」、楽屋の友、徹マンになっても「大丈夫、大丈夫、あ したは池袋だけだから…」という友だという。/権太楼は、ここ数年、進境著 しく、いつも楽しい高座が期待できる。 「笠碁」も、いる人が強すぎて碁会 所には行けない「ヘボ」と「ザル」、子どもの頃からの友達ふたりの意地の張り 合いを、可笑しく聴くことができた。」

 古今亭志ん朝師匠が亡くなって16年、一流料亭を思わせる矢来町のお宅で、 権太楼はよく師匠と夜通し飲んで語ったことが忘れられないという。 志ん朝 師匠がトリをとる、いつも満員御礼の寄席の一門が並んだ番組に、権太楼とい う異分子を入れてくれた。 「金明竹」「代書屋」など、古今亭にない爆笑落語 をぶつけた。 「火焔太鼓」や「三枚起請」など古今亭のお家芸の一つ「疝気 の虫」を、他の噺家さんに教わったんだが、志ん朝師匠の許可を取らないとで きないので、頼むと「あれはオヤジの十八番。俺にもできないんだぞ」、一年か けてやりますというと、「どんな虫になるのかな。必ず聞かせろよ」。 だが、 志ん朝師匠は一年たたずに亡くなってしまった。 翌年11月、鈴本演芸場の 権太楼独演会で「疝気の虫」を出した。 小さな体を思い切り横に曲げ「助け てください!」と叫ぶヘンテコな虫。 どうです師匠、と問いかけながら演じ ているという。

 連載の終わりに柳家権太楼は言う、「盟友 さん喬さんや、桃月庵白酒、春風 亭一之輔さんら人気者を向こうに回して一歩も引かない古希の権ちゃん。そん な「噺家の了見」を見に、寄席へ足を運んでくださいな。」

権太楼流「爆笑落語」の原動力2017/08/11 06:26

 私が50年近く通っている老舗のホール落語、国立小劇場のTBS「落語研究 会」の出番を待ちながら、「柳家権太楼落語って何?」と権太楼が考え込んでい たら、白井良寛(よしもと)プロデューサーが声をかけた。 「権太楼、いい か、この人を見ておけよ」 高座に上がっていたのは桂枝雀師匠、上方落語の 実力者、突拍子もないギャグと派手なアクションで、観客の度肝を抜いていた。  この噺のツボはここだ、と思う場面で、自分の数倍、数十倍の笑いをとってい る。 「これだ、俺が目指す爆笑落語だ!」 この権太楼の驚きと感動を、白 井プロデューサーはお見通しで、気がつけば、枝雀師匠の出る会には、必ず権 太楼も呼ばれていたという。

 枝雀師匠の得意ネタ「代書」に、権太楼の大好きな場面があった。 代書屋 が履歴書を書くのに、「生年月日を言ってください」というと、主人公が「せい ねんがっぴ!」と思い切り叫ぶ。 権太楼が東京で教わったネタには、そのく だりがなかった。 「師匠の「せいねんがっぴ!」、使ってもいいですか?」と ずうずうしく聞くと、枝雀師匠はあっさり許してくれた。 それから二十数年 たった今も、権太楼は「せいねんがっぴ!」と叫び続けている。

 私は権太楼の「代書屋」を2007年9月27日の第471回「落語研究会」で聴 いて、権太楼の「代書屋」<小人閑居日記 2007. 10.2.>に書いていたが、「せ いねんがっぴ!」は書き洩らしていた。

http://kbaba.asablo.jp/blog/2007/10/02/

 松竹新喜劇の藤原寛美さんが、師匠の小さんと仲良しで、東京公演の合間に よく鈴本演芸場に来てくれていた。 その日はトリが小さんで、若手真打の権 太楼も番組後半に入れてもらっていた。 終演後、寛美さんと小さんが銀座で 飲んだら、寛美さんが寄席の番組表を広げて、「この子ですよ、この子はいいで す。伸びますよ」と言ったそうだ。 「この子」は、権太楼。 小さんは満面 の笑みで、「オメエのこと褒めてたぞ。礼に行ってこい」。 そんなこと言われ たって、何の面識もない、小さんが連れてってくれるわけじゃなし。 だが、 本当に嬉しかった。 寛美さんが認めてくれたのは、大きな自信になった。

 白井プロデューサーのひと声、枝雀師匠の爆笑ギャグ、そして寛美さんの「こ の子ですよ」の三つが、権太楼流落語の原動力となった。