「漸草庵 百代の過客」のエゴノキ2022/07/07 06:54

 百代橋の下をくぐる道は、綾瀬川を松原大橋を渡り、草加市文化会館の右手川沿いに、ドナルド・キーンさんが命名したという「漸草庵 百代の過客(ぜんそうあん はくたいのかかく)」という茶室四間とお休み処の数寄屋建築があった。 外に樽型の牢屋のようにも見える小さな茶室もある。 百代橋には「ひゃくたいばし」とあり、ここは「はくたい」、キーンさんが正しいのだろう。 「漸草」の意味を草加市のホームページなどで探したが、わからなかった。 漢和辞典の「漸」の意味は、(1)ようやく。だんだん。次第に。(2)進む。次第に進む。じわじわ進む。(3)易の一つ、順を追って進む象(かたち)。(4)きざし。(5)通す。通ずる。(6)のびる。成長する。(7)順序。段階。 「〝草〟加市が次第にのびる、成長する」という意味だろうか。

 漸草庵の庭に実をたくさんつけている「エゴノキ(えごの木)」があった。 岡部さんが「チシャ」とも言うと教えてくれた。 「チシャ」はキャベツだとも言うから、それは「レタス」だろうと、私が言った。 落語の「夏の医者」で知っていたからだ。 暑い夏の盛り、無医村カシマ村のタゼエモンが倒れて、息子が隣村の一本松にゲンパクロウという医者を迎えに行く。 山越えの途中で、息子と医者がウワバミに呑まれてしまうが、医者は薬籠の下剤ダイオウの粉を撒いて、脱出する。 タゼエモンを診て、チシャ(今風に言えばレタス)の胡麻よごしの食べ過ぎの、ものあたりだと診断するが、薬籠をウワバミの腹の中に忘れて来ていた。 気丈な医者は、もう一度、ウワバミに呑まれに行く。 ウワバミは、大木にひっかかった形で、げんなりしていた。 医者が事情を話して、交渉するが、ウワバミは「もうダメだよ、夏の医者は、腹に障る」。

 なお、「えごの木」が「チシャ」だという件だが、「エゴノキ」で検索したら、エゴノキ科の落葉小高木、初夏、白色の小さな花をたくさん咲かせ、それが実になる、「エゴ」は実を口に入れると「えぐい」から来ており、別名チシャノキ、チサノキ、歌舞伎の「伽羅先代萩」に登場する「ちさの木(萵苣の木)」はこれだとあった。 一方、レタスの「チシャ(萵苣)」はヨーロッパ原産のキク科の野菜、韓国料理ではサンチュと呼ぶ。 同じ名でまぎらわしいが、木とは別物だ。 なお、キク科、植物の科としては最大で、一年草から大高木まであるというから、キク科だから草というわけではない。

 近くに、正岡子規の句碑<梅を見て野を見て行きぬ草加まで>があった。 実際には見なかったが、近辺に高浜虚子の句碑<巡礼や草加あたりを帰る雁>、水原秋桜子の句碑<草紅葉草加煎餅を干しにけり>や<畦塗りが草加の町をかこみける>があるそうで、所々に松山市のような「投句箱」があった。 これらの俳句は、都会化、さらには長靴必須以前の、地域の景色と歴史を歴然と示していた。

三田あるこう会「日光道中・草加松原」2022/07/06 06:39

 7月3日、第546回三田あるこう会があり、「日光道中・草加松原」を歩いてきた。 猛暑日が連続する中、台風4号が発生した影響で、たまたま一服、最高気温31度予想ということで、いくらか良いかという日になった。 東武スカイツリーライン「独協大学前」駅集合、以前は「松原団地」と言っていた駅だ。 駅名の改称に、独協大学は3億円を負担したとか。 東武スカイツリーラインは、中目黒から日比谷線が直通運転しているから、自由が丘から1時間15分ほどで着く。 昔から「草加、越谷、千住の先」と言っていた。 結婚したての頃だったか、家内の友達が結婚して竹ノ塚に家を持ったというので訪ねたことがあった。 雨の日、長靴を履いて駅まで送って行き、ご主人は革靴に履き替えて出勤するという話だった。 それが今は一変、小菅を過ぎると、大きなマンションやショッピングセンターが立ち並ぶ。 「独協大学前」駅前にも、タワーマンションや近代的な図書館があった。

 「独協大学前」駅前から北へ2信号で、旧日光街道・県道足立越谷線に出る。 前に百代橋(ひゃくたいばし)という大きな太鼓橋が観光用に作られている(あとで、もう一本の矢立橋を昇り降りした)。 それぞれの橋名は、「月日は百代の過客にして行きかふ年もまた旅人なり」「行く春や鳥啼き魚の目は泪、これを矢立の初めとして」にちなむ。 百代橋の手前に「松尾芭蕉文学碑」、元禄2(1689)年3月27日、江戸深川を船出して千住で上陸、見送りに来た人たちと別れを告げ、「もし生きて帰らばと、定めなき頼みの末をかけ、その日やうやう早(草)加といふ宿にたどり着きにけり」と、『おくのほそ道』に記した。 『おくのほそ道』という作品では、草加宿に泊まったことになっているが、同行した河合曾良の「旅日記」では粕壁(春日部)まで行ったとあるそうだ。 今の距離で30キロぐらいあるか、餞別にもらった肩の重い荷物に苦しみながらというが、たいへんな健脚である。 ちいさい声で言おう、松尾芭蕉、草加松原の景色など味わっている余裕はとてもなかったかもしれないけれど、草加市に観光地を残してくれたというわけだ。 ここ綾瀬川沿いの「草加松原」、現在634本ある中に江戸時代からの古木が60本ほどあり、国指定名勝「おくのほそ道の風景地『草加松原』」に指定されている。

『スクラッチ』とは、何のことか?2022/07/05 07:07

 数学の時間が終るや、鈴音は千暁の腕をひっつかんで美術部にダッシュした。 「ほんとごめんほんとごめんほんとごめんんんっ!」 「いいよ」千暁は言った。

 市郡展の審査がないってことが、思いのほか響いていて、うまく絵が描けなくなっていた。 体育館の鈴音たちも、大会がなくなって、ふてくされて練習に身が入らなくなっている。 ……この墨で汚されたのは、今の僕らそのものじゃないか。 千暁は黒のアクリルガッシュを取り出して、特大の黒チューブを金属製のトレーに乗せて、版画に使うローラーにべったりとつけた。 はじから慎重に、しっかりと、あざやかだった絵の上に転がしていく。 黒く。 黒く。 全部、黒くすると、不思議なことに、少しずつ、少しずつ、気持ちは落ち着いていった。 そうだ、なんかこの絵は嘘っぽいって心のどこかでずっと思っていたんだ。

 がたん、と部室のドアが開いた。 部活が終り、バレー部のネイビーブルーのユニフォームを着たままの鈴音がひどく青ざめた顔をして千暁の顔を見た。 絵を見て、息をのみ、破裂したように大声で泣き出した。 うわぁあああああああ! 千暁は、鈴音をイーゼルの後ろに立たせると、パレットナイフを取り出し、もう乾いたキャンバスの黒を削り出していく。 黒い絵の具の中から、あざやかな色合いが、虹色が、細く細く顔をのぞかせる。 削れ。 削れ。 削り出せ。 決して逃がすな。 対象を捉えろ、この鈴音の爆発を捉えろ。 これは狩猟だ。 獲物を捕まえろ。 生け捕れ。 こんな好戦的な気持ちで絵を描いたのは生まれて初めてだ。

 鈴音は絵を見て、「すごい。すごいきれいだと思った。鼻水出てんのに。ひどい顔なのに」と言う。 「モデル料タダにしてあげるから、鼻水消さね?」とも言ったが、「断る」と千暁。

 ネタバレになるけれど、『スクラッチ』という題は、この削り出しの技法の名前だった。 泉仙先生が、市郡展が審査なしになって、がっかりしていた千暁に、県展に出展したらどうかと提案する。

千暁(かずあき)と「おてんば」鈴音2022/07/04 06:58

 千暁(かずあき)は小4の時、洪水に遭って、母方の祖父母の住む、このいなか町に越してきた。 おそるおそる近所を歩いていて、自転車を投げ出し、あおむけの大の字になって寝転がっている、鈴音と出っくわした。 真っ黒に日焼けして、ショートカットに妖怪キャラのTシャツ短パンで、男子だと思ったのは秘密だけれど。 千暁は、家が近かった「野生の」「野良」鈴音に、半ば強引に巻き込まれるように、虫取り、川でハヤやサワガニ取り、おいしいルビーのような実のありかを教えてもらったり、「こちら」の子どもの遊び方を伝授してもらった。

 中学校帰りの夕方、千暁が自転車で坂道のカーブを下ると、鈴音が横倒しの自転車のそばに転がって、「もういやだ――――!!! コロナふざけんな―!」「もう最悪だよ。超最悪! 総体なくなったし! 暑いし! パンクするし」。 千暁は鈴音の自転車を自転車屋に運んで、自分の自転車に乗って行って家の前に置いておくように鈴音に言う。 鈴音は、不本意ながら自転車パンクで千暁に助けられ、なんであいつはマンガに出てきそうなヘタレひょろ眼鏡のくせに、いっつも不似合いなイケメン行動をするんだろう、ちょっとはわきまえろよ、と思う。

 翌日の教室、「はよー」と文菜、鈴音は「よっす」と返す。 千暁に「きのうはあざっす」。 これは、ありがとうございます、らしい。 中学生言葉か、「陰キャ」「コミュ力」「非モテ」「対人ハイスペ」などは、前後の関係から何となくわかる。 会話は、方言ではない。 ただ、千暁が「おせらしくなった?」という両親の会話があり(264頁)、「おせらしくなる」は、こちらの方言で、大人っぽくなるという意味だ、とある。

 美術部顧問の泉仙(いずみせん)先生は女性、独特のキャラクターだ。 「生徒を教え導く一般的な教師像」とはほど遠い、行動原理のよくわからない自由さがあり、つかみどころがないけれど、ときおり千暁にする絵のアドバイスや見立ては確かで、実はすごい画家らしいって話も、ただの噂じゃないらしい。 市郡展の特選は、1年は透明水彩、2年はアクリルガッシュだったが、泉仙先生に相談すると、ホルベインのオイルパステル百色の木箱を、目の前にどん、と置いた。

 千暁は50号のパネルにオイルパステルで、スポーツする仲間たちを色鮮やかに描き始めた。 だが、泉仙先生は構成も、色彩感覚、バランス、デザイン性も特選レベルだけれど、君はこの絵を描いていて楽しかったか? あるいは苦しかったか? と聞き、杞憂だったらいいんだ、と謎の言葉を残した。

美術の授業が「墨絵」だった鈴音が、筆を洗いに行って、たまたま千暁の躍動感あふれる色鮮やかな絵に、見とれてしまう。 次の数学、教室移動だよの声に慌て、うっかりパレットの上にはさんだ筆から、墨汁が飛んだ。 「べちょ」、ああ、千暁の絵を汚してしまった。

『スクラッチ』コロナ禍、中3の夏の物語2022/07/03 06:39

 ちょうど10年前、こんなことを書いていた。
歌代 朔・作『シーラカンスとぼくらの冒険』<小人閑居日記 2012. 1. 28.>
江國香織さんの《小さな童話》大賞<小人閑居日記 2012. 1. 29.>
シーラカンスと若気の至り<小人閑居日記 2012. 1. 30.>

 80歳を超えた今も年賀状のやり取りをしている品川区立延山小学校の同級生から、娘さんの第二作目の本『スクラッチ』(あかね書房)が送られてきた。 巻末の著者紹介に、「図書館司書、保育士として勤めながら、創作活動を続け、デビュー作『シーラカンスとぼくらの冒険』(あかね書房)で第41回児童文芸新人賞を受賞。その後愛媛県に移住。現在、小中学校で子どもたちの学校生活に関わりながら、作品を書き続けている」とある。 10年経っての二作目出版、その間この道一筋、前向きに続けられたご苦労が思われ、この上梓の喜び、いかばかりかと想像する。 父上が二日で読み切ったそうな『スクラッチ』、私もたちまち引き込まれて、二日と少しで読み切った。

 三年目に入ったコロナ禍、貴重な日々を送るべき感受性豊かな中学3年生は、どんな影響を受けているのだろうか。 オンライン授業で友達に会えず、先生のナマの講義も聴けない、給食も黙食、運動会も修学旅行も中止とかいった、報道に接するたびに、暗い気持になる。

 『スクラッチ』は、いなか町の中学3年生の夏の物語。 この町ではコロナ患者はほとんど出ていないのに、3年生になってすぐ、「コロナ対策で全国一斉休校」の非常事態になった。 あとで仲間になる健斗が言う、「成績トップ冷静画伯」千暁(かずあき)、「コートの猛獣向かうところ敵なしのエースアタッカー」鈴音、「成績優秀頭脳派セッター生徒会長」文菜の4人が主人公だ。 千暁と、事情があって寝るために来ている健斗の美術部は、市郡展こと「市郡こども美術展」が今年は審査なしで飾るだけ、二年連続特選の千暁はがっかりだ。 鈴音と文菜のバレー部は、中学生活の中で一番大切なイベント、「総体」市郡総合体育大会がなくなり、勝ち進めば県総体、全国という夢も閉ざされ、超最悪だ。

 「できない」「中止」「あきらめろ」を、彼らはどのようにして、ブレイクスルーするのか。