1938年の『帝大騒動』に似る、と古川隆久教授2020/11/30 07:11

 加藤陽子さんの大学・大学院での2年下、古川隆久日本大学教授(58)が、19日朝日新聞のインタビューに答えた(聞き手・桜井泉記者)。 古川教授は、菅義偉首相による日本学術会議会員の任命拒否問題に対し、撤回を求めるネット署名を、同期で加藤さんの同僚の鈴木淳東大教授とともに中心になって呼びかけたという。 戦前に学問や表現の自由を弾圧し、戦争に突き進んで破滅した国家の歴史を研究してきた立場から、見えてくるものを語っている。

 「滝川事件は、滝川の講演を聞いた検事総長が、問題だと騒ぎ、ことを大きくしました。天皇機関説でも、右翼の激しい攻撃に政府が引きずられる格好でした。いきなり政府が弾圧したのではなく、扇動者がいたということです。ところが今回は、政府の方から問題を起こし、理由も示さない。やり方が不公正だと考えざるを得ません。38年(昭和13年)には『帝大騒動』も起きました。これも知っておくべきでしょう」

 「第1次近衛文麿内閣で、途中から文部大臣になった陸軍大将の荒木貞夫が、帝国大学の総長や教授の人事に介入した事件です。かつて陸軍大臣を務めた荒木は、日頃から精神教育の大切さを主張していました。日中戦争が始まり、軍国主義が高まる中、国民にも精神教育が必要だ、として起用されたのでしょう」

 「大日本帝国憲法には大権、つまり天皇の権限として文武官を任免することが規定されています。帝大教授も身分としては文官ですが、それまでは教授人事は学内で決められ、総長も選挙で選んでいました。天皇による任免は形式的だったわけですが、選挙には弊害がある、とする荒木は、『教授は官吏たることを自覚せよ』と主張し、天皇大権を持ち出して政府による人事介入を正当化しました」

 「学術会議は自主的に会員を選び、それに基づいて首相が形式的に任命してきました。ところが菅首相は、自らの任命権を振りかざして介入してきた。帝大騒動とよく似ています。」

学問は「永遠の大計」を探るもの2020/11/29 08:01

 鷲田清一さんの朝日朝刊連載「折々のことば」、2千回を迎えた21日に、鷲田清一さんと歴史学者の藤原辰史京都大学人文科学研究所准教授との対談が朝日新聞に載った。 見出しは「広場やカフェのように」、「会えない人とつながり 見たことのない場所へ」鷲田さん、「つるんとのむより、ひっかかる方があとから効く」藤原さん、だ。

 藤原さんは、「世の中の情勢が厳しくなると、(新聞の)一面と世間の空気とのバランスが難しくないですか。ぼくの好きなカレル・チャペック(チェコの作家)は、新聞のコラムを書いていた時、寓話などを巧みに使いながら、ファシズムの暴力と闘っていました」と、聞く。 鷲田さんは、「もやもやしたときに私がひいたのは、福沢諭吉やオルテガ(スペインの思想家)やフォースター(英国の作家)です。思想家としては批判的にみられもする人たちですが、真正のリベラリズムを感じます」。

 私が切り抜いていた「折々のことば」に、一昨日と別の福沢諭吉があった。 鷲田さんの言っているのは、こちらかも知れない。

 (2020年10月28日) 1977 「人間社会の事は千緒万端にして、ただ政治のみをもって組織すべきものに非(あら)ず。  福沢諭吉」

 「人の世は、農商、工芸技術、学問、政治と、それぞれの「業に長ずる者」が分担しあってこそ成り立つ。とりわけ政治が飢饉や不況、外患に臨機応変に処すべきものであるのに対し、学問は世情に幻惑されることなく「永遠の大計」を探るもの。前者の要求に応じてみだりに揺れ動いてはならないと、明治の思想家は説く。評論「学問の独立」(『福沢諭吉教育論集』所収)から。」

 『福沢諭吉教育論集』は、岩波文庫(1991年・山住正己編)。

 こんな切り抜きも見つけた。

(2018年10月24日) 1266 「自由はある日突然なくなるものではない。それは目立たない形で徐々に蝕(むしば)まれ、気がついたときにはすべてが失われている。  宮澤喜一」

「かつて内閣総理大臣・自由民主党総裁を務めた人の言葉。戦時下の日々をふり返りまず思い出すのは、生活の困窮以上に、自由と批判への圧迫だったと言う。僅かな変調を軽く見たことが強権への全面屈服につながった。そしてこの「魔性の歴史」を二度とくり返すまいと、《蟻の穴から堤も崩れる》という諺(ことわざ)を引く。『新・護憲宣言』から。」

宮澤喜一『新・護憲宣言』1995年・朝日新聞出版。

前川喜平元文科事務次官の談話2020/11/28 07:00

 新聞で、日本学術会議の会員候補6名の任命除外問題をいろいろ読んでいて、もっとも印象に残ったのが、前川喜平元文部科学事務次官の談話記事だった。(10月19日朝日新聞朝刊・聞き手=氏岡真弓編集委員) こんなことを率直に語る元官僚がいて、しかも文科事務次官にまで出世しているのが、不思議な感じがする。

 「そこまでやるか、そこまで来たか。6人の任命が拒否されたと聞いたとき、そう感じた。」「内閣法制局、日本銀行など、本来は政治権力から独立しているはずの組織の人事に首相官邸の影響が広がってきた。それがついに、科学者の集まりである、日本学術会議にまで及んだ。学術会議は科学者が政府にものをいう機関だが、その人事に官邸が口を出す。憲法のうたう「学問の自由」を侵害する行為で違法だ。」

 「学術会議は、学問が二度と戦争に動員されないようにするために1949年に生まれた。日本学術会議法には、会員の任命は学術会議の「推薦に基づいて、内閣総理大臣が任命する」とある。「基づいて」とは推薦通りにということで、任命行為は形式的なものであることを意味する。」

 「「大学は軍事研究に加担しない」という態度を守ってきた学術会議は、目の上のたんこぶだったと思う。」「そこで考えたのが人事ではないか。軍事研究に批判的な人々を任命から外すことを繰り返せば、だんだん骨抜きにできる。」

 「京都大学法学部の滝川幸辰教授が旧文部省に無期限の休職処分を受けた「滝川事件」が起きた1930年代のように、学問が弾圧される時代が近づいてきていると感じる。それを見抜いて是正するのが国民だ。」

 前川喜平さんについては、「永青文庫」に行って、2018年5月18日「肥後細川庭園」(旧「新江戸川公園」)で、こう書いていた。 「細川護立が建設した細川家の本邸は現在、「永青文庫」の目白通り寄りにある和敬塾本館になっているそうだ(不定期に一般公開するらしい)。 和敬塾は、産業用冷凍機メーカー、前川製作所の創業者・前川喜作(1895~1986)によって創立された学生寮である。 余談だが、文部科学省の事務次官を務め、加計学園の問題で「行政がゆがめられた」と述べた前川喜平さんは、前川喜作の孫である。」

「政府の処置に不安心と思うことあらば…」2020/11/27 06:55

 菅義偉首相になって、ちょっと嫌な空気を感じたのは、日本学術会議の会員候補6名の任命除外問題だった。 21日に2千回を迎えた鷲田清一さんの朝日朝刊連載「折々のことば」の2016年8月24日に、こんなのがあって、強く印象に残っていた。

496「「自由の獲得」は劇的な政治変化を伴うのに対し、「自由の喪失」は音もなく徐々に、ほとんど人の気づかぬうちに進行することが多い 猪木武徳」

鷲田さんは解説して、「自由とデモクラシーを両立させようという「寛容」の政治体制は、意見の不一致をも受け入るような精神の緊張を前提とする。だから樹立するには法外な努力を要するが、いったん崩れだすと止めるのが難しい。極論や思考停止に流れ、異なる意見を封殺する「空気」がすぐに社会を覆いはじめる。経済学者の「自由と秩序」から。」

猪木武徳著『自由と秩序』(中公叢書・2001年)。

「折々のことば」は、私が10月26日から11月6日まで、だらだらと読んでいた坂野潤治さんの『帝国と立憲』も、核心をスパッと取り上げていた。(2017年9月24日)

883「戦争が起こらない限り、デモクラシーを鎮圧することはできない。 坂野潤治」

「だが「一旦戦争が起こってしまえば、戦争が終わるまで、デモクラシーには出番がない」と続く。昭和の日中戦争は軍部の独裁政権がデモクラシーを鎮圧した後に起こったのではない。デモクラシー勢力が躍進していったその「頂点」で勃発した。そして民意はあっけなく「厭戦(えんせん)」から「好戦」へと転じた。戦争を止める契機は何か、日本近代史家は著書『帝国と立憲』で執拗に問う。」と、鷲田さん。

鷲田清一さんは、今年6月4日、福沢諭吉を引いた。

1836「平生よりよく心を用ひ、政府の処置を見て不安心と思ふことあらば、深切にこれを告げ、遠慮なく穏やかに論ずべきなり。  福沢諭吉」

「近代国民が欠いてはならぬ心構えはこれだと、明治の思想家は説く。「政府の事は役人の私事にあらず、国民の名代となりて、一国を支配する公(おおやけ)の事務といふ義なり」。そこに「私曲」などあってはならないと、主(あるじ)はどこまでも「人民」。「遠慮なく穏やかに」という表現にその自恃(じじ)の志が漲(みなぎ)る。『学問のすゝめ』(伊藤正雄校注)から。」

「自恃(じじ)」を辞書で引いた、「自分自身をたのみとすること。」

学術会議任命除外、加藤陽子東大教授の本2020/11/25 07:02

「三田あるこう会」江の島探訪<小人閑居日記 2020.11.7.>以来、ずっとE・S・モースの『日本その日その日』を読み、モースと福沢諭吉の関係にまで及んだ。 その前に扱っていたのが、坂野潤治さんの『帝国と立憲』だった。 日本学術会議の会員候補6名の任命除外問題で、除外された一人に東大教授で日本近現代史の加藤陽子さんがいた。 「共謀罪」法案などに反対の立場を取ったことが、その理由ではないかと言われている。

菅義偉首相は、ほかの5人の名前は知らなかったが、加藤さんの本は読んだことがある、と報道されていた。 その本かどうかわからないが、私も加藤陽子さんの『それでも、日本人は「戦争」を選んだ』(朝日出版社)を読んで、「等々力短信」に書いたことがあり、そこには福沢諭吉の脱亜論についての坂野潤治さんの解釈が紹介されていた。 また、今年の3月30日のブログには呉座勇一国際日本文化研究センター助教による、加藤陽子さんの『天皇と軍隊の近代史』(勁草書房)の書評について書いていた。 その中に出てくる、日露戦争に国民のかなりの部分が厭戦的で、臥薪嘗胆してロシアに勝利したのは「物語」だというのは、坂野潤治さんの『帝国と立憲』でも説かれていた。 そのブログから、再録することにする。

  「司馬遼太郎で歴史の理解が止まっている人」<小人閑居日記 2020.3.30.>

 日本中世史の呉座勇一国際日本文化研究センター助教、『応仁の乱』(中公新書)と、『陰謀の日本中世史』(角川新書)が大ヒットした。 どちらも読んでいないが、テレビや新聞の連載などで、その主張はよく目にする。 加藤陽子さんの『天皇と軍隊の近代史』(勁草書房)の書評(朝日新聞1月11日朝刊)を読んで、頭をど突かれた思いがした。 「近代史においては、歴史像が更新されていくスピードが特に速い。司馬遼太郎の『坂の上の雲』や『この国のかたち』で理解が止まっている人が本書を読んだら驚くだろう」とあったからだ。

 日清戦争について、かつては陸奥宗光外相の回顧録『蹇蹇録(けんけんろく)』に引きずられて日本側が意図的に戦争に持ち込んだと考えられてきたが、近年の研究では伊藤博文らの戦争にはならないという根拠のない楽観が背景にあることが解明されている、という。 日露戦争に関しても、日本の世論は戦争を支持していたというのが古典的な理解だったが、以後の研究では日本国民のかなりの部分が厭戦的だったことが指摘され、三国干渉への怒りに燃えた日本国民が臥薪嘗胆してついにロシアに勝利するという「物語」は日露戦争後に生み出されたという。

 ただ、最重要な表題の「天皇と軍隊」の関係については、本の説明を受けても、まだ釈然とせず、今後も考え続けるべき難題だとする。 それは、明治の軍人勅諭で政治への介入を厳しく戒められた帝国陸軍がなぜ昭和期に政治化したのか、「天皇の軍隊」であるはずの彼らがなぜ昭和天皇の非戦の意思をふみにじったのか、だ。