柳沢吉保の評価、将軍綱吉の評価につながる2024/02/23 06:55

 柳沢吉保の評価が二分されるという問題だが、以前、家内の同級生の奥様、川口祥子さんの「柳沢吉保と六義園」という講演を聴いて、いろいろ書いていた。 その川口祥子さんだが、残念ながら2022年11月30日に亡くなられて、『源氏物語』などの古典に関する深い学識にふれることができなくなってしまった。

「柳沢吉保と六義園」のお話を聞く前に<小人閑居日記 2018.10.9.>
和歌浦、和歌三神、そして和歌山の地名の由来<小人閑居日記 2018.10.10.>
「古今伝授」北村季吟→柳沢吉保、「六義園」<小人閑居日記 2018.10.11.>
柳沢吉保と五代将軍綱吉<小人閑居日記 2018.10.12.>

 改めて、それらや、そこにリストを挙げている「六義園」について書いたものなどを読むと、柳沢吉保の評価が二分されることは、吉保が仕えた五代将軍徳川綱吉の評価が二分されることにも、つながっていた。

2月12日に発信した、元禄地震 房総沖巨大地震と大津波<等々力短信 第1176号 2024(令和6).2.25.>に書いた、柳沢吉保の出世ぶりについては、柳沢吉保と五代将軍綱吉<小人閑居日記 2018.10.12.>にくわしく書いていた。 古山豊さんの本によって記した、吉保生母きの女、その二度の再嫁と、そこで産んだ子供や、荻生徂徠との関わりについては、ウィキペディアなどにも記述がないけれど、八木書店の史料纂集古記録編『楽只堂年録』を校訂している宮川葉子さん(元淑徳大学教授)のコラム「柳澤吉保を知る」第5回吉保の側室達(一)飯塚染子で確認することができた。 柳沢吉保の公用日記『楽只堂年録』は、元々柳沢家には『静寿堂家譜』と呼ぶ公用日記があったのだが、火災で焼失したため、荻生徂徠が史料を博捜、再編したものだった。
https://company.books-yagi.co.jp/archives/7610

荻生徂徠、その評価も二分される2024/02/22 06:57

 12日に発信した、元禄地震 房総沖巨大地震と大津波<等々力短信 第1176号 2024(令和6).2.25.>に、柳沢吉保が「異例の昇進により悪辣な策謀家とされるが、善政で領民に慕われ、綱吉の好学に添い学問・教養の面でも優れていた」と評価が二分されていることを書いたが、柳沢吉保に仕え『楽只堂年録』をまとめたという荻生徂徠もまた、その評価が二分される人物だった。 2015年のこの日記に、入船亭扇辰の「徂徠豆腐」という珍しい落語を聴いたり、磯田道史さんの『無私の日本人』(文春文庫)「中根東里(なかね とうり)」を読んで、下記を書いていた。

扇辰の「徂徠豆腐」前半<小人閑居日記 2015.3.16.>
扇辰の「徂徠豆腐」後半<小人閑居日記 2015.3.17.>
天才儒者・中根東里、知られざる大詩人<小人閑居日記 2015.7.2.>
磯田道史さんの荻生徂徠像<小人閑居日記 2015.7.3.>
天下一、名高い浪人・細井広沢のことなど<小人閑居日記 2015.7.4.>

 落語「徂徠豆腐」は、浪人して尾羽打ち枯らしていた頃の徂徠が、芝増上寺の門前の豆腐屋、上総屋七兵衛に借りていた豆腐おから代を、のちに豆腐屋が火事で焼けた折に、出世していて、店普請して返すというおめでたい噺だ。 磯田道史さんは、天才儒者で知られざる大詩人である「無私の日本人」中根東里から見た荻生徂徠を、生まれつき政才を持った政治臭のある学者で、肝心の学問のなかに、はったりがあった、という。

 私はその時、荻生徂徠について、何も知らないがとして、こんなことを書いていた。
「2014年12月『福澤手帖』第163号の「青木功一著『福澤諭吉のアジア』読書会に参加して」に、講師の平石直昭東京大学名誉教授が質疑応答の中で儒学についての質問に、こんな興味深い見解を述べられたと、こう書いた。 「勝海舟は本物の儒学者ではない、福沢は本物の洋学者。日本に近代を樹立したのは荻生徂徠で、人類史、文明史全体を括弧に入れ、人類の文化の外に出た。儒教的枠組みをとっぱらって、事物そのものを見た。陰陽五行説は、聖人が作り出したもの。蘭学(福沢のやった)も、国学も、学問の方法としては、徂徠学から出ている。最近の中国でも戦略家は『春秋左史伝』を参考にしているのではないか。福沢は『春秋左史伝』が得意で全部通読し、十一度も読み返して面白いところは暗記していたと『自伝』にある。」」

あらためて荻生徂徠を事典などで見ると、『ブリタニカ国際大百科事典』の説明が、私にもわかりやすかった。 「その学問は政治社会に対する有用性を眼目としており経世在民の儒学と概括することができる。初め伊藤仁斎に私淑するがやがて終生の対決者となる。それは徂徠の側での感情的な問題もあるが、根本的には考え方の相違による。徂徠にとって道は中国の古聖人の制作になる利用厚生の道、礼楽刑政の道であって、客観的な制度、技術つまり「物」である。それは仁斎や朱子におけるように主観的でとらえどころのないものとは異なる。道が客観的な物であるがゆえに統一的な政治社会が成立する。徂徠は朱子とともに仁斎の内面的な道徳性による社会の基礎づけを根拠のないものとして退ける。道徳的な優越者という一般的な聖人理解を排し、制作者として聖人をとらえるところにも、経世在民の学であることを目指した徂徠学の性格をみることができる。このような制度文物としての道になにゆえ従わなくてはならないかを明らかにする方法として、制度文物とおのおのの時代状況との連関を問う古文辞学が位置づけられる。そこに歴史的実証的な態度がうかがえるがその究極には聖人への帰依が控えていることを忘れてはならない。徂徠は政治社会の統一と安定を目指したが、それは大本を確固とすれば個々の事象についてはそれぞれの個別性を容認していた。したがって公的な側面に対する私的な側面、特に詩文の領域は尊重された。徂徠の学風のこの面もきわめて重要である。徂徠の学風は古文辞学の方法と相まって国学の成立に大きな影響を与えた。」

 (古文辞学(こぶんじがく)…荻生徂徠が唱えた学問。聖人の教えを理解するには古文辞(古代中国語)で読解すべきとして、朱子学や仁斎学を批判。)

川内由美子さん蒐集の極小雛道具2024/02/21 07:05

川内由美子コレクション 極小のギャマン

 ホテル雅叙園のキンキラキンのエレベーターで3階に上がったところから始まる、唯一の木造建築(昭和10(1935)年)の東京都指定有形文化財「百段階段」に沿った七つの部屋に、お雛様が展示してある。 だから、入口で靴を脱いで上がる。 そういえば昔、ここの便所の便器が独特の陶器で、杉の葉が敷き詰めてあったような記憶がある。 現在のトイレは、角張ったTOTOではあったが、当然今風になっていた。

 座敷全体を埋め尽くしている、座敷雛(福岡・飯塚 旧伊藤伝右衛門邸)に驚く。 炭鉱王の伊藤伝右衛門は、朝ドラ『花子とアン』で吉田鋼太郎がブレークした嘉納伝助のモデル、その二番目の妻は柳原白蓮で、後に宮崎龍介と白蓮事件を起こす。 この座敷雛は、白蓮のものなのだろうか。

 そして、お目当ての極小雛道具研究家の川内由美子さんが長年にわたり蒐集されたコレクションである。 優美な極小のギャマンと染付や、象牙製芥子雛。 江戸の名店「七澤屋」製など、もともと小さく作られた雛道具をさらに小さくしたもの、何とも可愛らしい。 私は元はガラス食器を作っていたので、薩摩切子など江戸時代のギャマンを見てきているが、それをそっくり小さくしている見事な技に驚く。 わが家でも季節になったので、独楽の形につくった雛を玄関の下駄箱の上に飾るのだが、川内由美子さんの極小雛道具の展示と保管、どんなに手間のかかる仕事だろうかと、あらためて感じた。 川内由美子コレクションは、この時期、引っ張りだこで、この雅叙園の「千年雛めぐり~平安から現代へ受け継ぐ想い~百段雛めぐり2024」(3月10日まで)のほか、山形県鶴岡市の致道博物館の「鶴岡雛物語」展(3月1日~4月3日)、港区南青山の紅(べに)ミュージアムの「ミニチュア愛(らぶ)!」展(4月7日まで)でも見ることが出来る。

「千年雛めぐり」の雅叙園へ、行人坂を下る2024/02/20 07:09

福岡・飯塚 座敷雛(説明は明日)

 ホテル雅叙園東京の「千年雛めぐり~平安から現代へ受け継ぐ想い~百段雛めぐり2024」へ、家内と行って来た。 三田あるこう会で、ご一緒する極小雛道具研究家の川内由美子さんにチケットを頂いていた。 雅叙園は久しぶりに行ったので、行人坂(ぎょうにんざか)の急なことに、あらためて驚いた。 年を取ったせいもある。 坂の上には兄が住んでいたし、等々力の家をリフォームした時に、坂の下の目黒川沿いのマンションに短期間住んだこともあった。

 行人坂の名は、寛永年間(1624~44)に、出羽三山の一つ湯殿山の行者、大海法印がこの閑寂な坂の中腹に大日如来堂(現在の大円寺)を建て修行を始め、次第に多くの行者(行人)が集まったことに由来するという。 江戸時代には坂上から富士山がよく見える富士見の名所だった。 最大斜度20%、平均斜度は約15.6%。 江戸時代初期は白金台から祐天寺、二子玉川方面への表本道で、のちに出来る権之助坂を新坂、行人坂を旧坂と言った。  目黒駅前の信号から目黒川までの距離を地図で測ると、権之助坂下の新橋までは550メートル、行人坂下の太鼓橋までは350メートルで、行人坂がいかに急坂なのかが分る。

 この辺りは、江戸時代の二つの大火と関係がある。 「目黒行人坂の大火」は、大円寺から出火、火は南西の風に煽られて麻布、芝から江戸城諸門を焼き、さらに京橋、日本橋、神田方面から浅草、新吉原へと広がり、千住まで届き江戸中を焼く大火になった。 明和9(1772)年2月29日に起ったので、「めいわく」な大火と言われた。

 雅叙園前に「お七の井戸」がある。 本郷追分の八百屋お七は、天和2(1682)年12月の大火で焼け出され、駒込の寺に避難して知り合った寺小姓吉三に恋こがれ、吉三逢いたさに自宅に放火して、鈴ヶ森で火刑に処せられた。 吉三は、お七の火刑後、僧侶になり、名を西運と改め、明治13年頃までこの場所にあった明王院に入り、境内のこの井戸で水垢離を取り、目黒不動と浅草観音の間、往復十里の道を念仏を唱えつつ27年間、隔夜一万日の行を成し遂げたといわれる。 場所は近いが、「目黒行人坂の大火」より時代が早く、二つの火事に関係はない。

将来の人のために「はげますことば」2024/02/18 07:55

 司会…今村さんは、箕面や佐賀で本屋さんのオーナーをやっていらっしゃるが、そのポジショントークを。 今村…好きなだけで。少なくなっていく職業は、山ほどある、活動弁士など文化的仕事。わからないけど、嫌。まだ、結論を出すのは早すぎる。50年後を生きる子供たちが、どうなるか考えたい、書店の研究を実地でやってみている。 磯田…サントリー地域文化賞を、和歌山の東照宮の和歌祭が受賞した。南蛮人も歩かせ、世界中から見物人が来る。500円から20万円の宿屋があり、わけのわからない日本の文化を求めて、先進国の人がご隠居になってやって来る。人工知能の専門家が、セルフレジなどでなく、お金を払っても「思いやり」を買うのだ、と言った。 今村…茶の席に出ることがあり、茶碗をおいくらと聞くと2千万円、固くなって置いた。秘書のは600万円、ベンツとフェラーリだと言った。茶入の上杉瓢箪(景勝の)にもさわった。「思い」の連鎖が、積み重なってきた。

 磯田…感情的に夢中になれるからやる。子供の頃、勉強ではなく、電話帳で苗字と寺の名を調べるのが面白くて夢中になった。子供は、好きにさせて下さい。 古谷司会…司馬さんに「電車の夢想」というエッセイがある。大学でも行って、偉くなるか。軌道に乗らない人が増えている。そういう人が、日本を変えるかもしれない。 磯田…軌道と言えば、学校と選挙は、近代に出来た。その200年のシステムが、終末に入り始めたのかもしれないと、司馬さんは嗅ぎ取ったのかもしれない。 今村…選挙の代わりに、スポンジの刀で叩き合ったらどうか。司馬さんが、みどりさんと余呉湖でデートした、賤ケ岳の話などせずに、一日中バスクの話をしていたという。 岸本…有用性は、短期では計れない。その時の経済性、効用性。 磯田…自分はお見合いがうまくいかなかった。形而上のもの、ペットボトルについて、きらきらして美しいというと、引く人が多かった。新婚の妻が、台所に切り紙を貼った。法令上違反になると言ったら、泣き出した。司馬さんは、アーティストだった。

 古屋司会…司馬さんに、ほかに行ってもらいたかった所は? 今村…木津川市(京都府)、微妙にかすっている。東北、人生の大事業考えている人がいた、宮沢賢治、石坂洋次郎の若い時、太宰治。東北の風土と、瀬戸内の文化は違う。漫画は北が強い。 岸本…中央の文化が、及びにくい場所もある。季語も京都中心、共同幻想。春百花咲く東北とは、ずれ、違和感、乖離がある。 磯田…「北のまほろば」、三内丸山遺跡、弥生で人口増加。箸中古墳(桜井市)は、楯築遺跡(倉敷市)の影響強い、備中を歩いて欲しかった。糸島、書いてくれればなあ。「開かれた窓」穴太の石垣など、朝鮮由来のもの多い。頼山陽は天草で、彼方に見えるのは呉か越か(中国)という詩を詠んでいる。海外由来の文明。今村さんに『塞王の楯』があるが、近江はおかしな場所で、技術が発展していくのは渡来系の関係、道が集まっており、日本全体の12のいろんな地域の土器が見つかっている(丹波のはない)。司馬さんは「分水嶺」という言葉をよく使う。広島にも日本海文化がある。

 司会…最後に、将来の人のために一言。 今村…便利になっている中で、見失っているものがある。発信しやすくなったが、本物を知らず、練れていない言葉で発信している。ここらで本物に触れてほしい、『街道をゆく』は小学生でも読める。 岸本…読んだ上で、歩いて欲しい。スマホを持たないで。山川草木の、その場に立つ。地形、起伏、距離感、風の匂い。 磯田…日本列島は、道路が整備され、人類が行けるようになった地面が一番多い場所。歩くこと、行かない手はない。あなた自身の『街道をゆく』を。

 古屋司会…司馬さんは「はげますことば」、22歳の自分への手紙を書き送るように小説を書いたと、述懐している。元日に能登半島地震が発生したが、亡くなる一年前の1995年1月17日に阪神淡路大震災が起こった。神戸のタウン誌「神戸っ子」に、神戸、世界でただ一つの街、とはげます一文を、書いている。近くにいて、むなしい、申し訳ない思いをしている。「神戸っ子」の小泉さんと、生田神社へ行った時、「神戸が好きです」、他所へお嫁に行った人も帰って来る、と真顔で言った。ニュースで見た被災した人が、平常の表情で支援に感謝しているのに、自立した市民を感じた。パニックにならず、行政という他者の立場もわかっている。成熟した市民、偉いものだった。やさしい心根の上に立つ神戸、と。

 第27回 菜の花忌は、4月13日(土)2時30分からNHKのEテレで放映される予定だそうです。