長谷山彰塾長二度目の年頭挨拶2019/01/16 07:07

 10日の第184回福澤先生誕生記念会、長谷山彰塾長二度目の年頭挨拶は、事 務的な報告が多いように思った。 福沢先生の三大事業といわれる慶應義塾、 時事新報、交詢社の次として、先生の医学部、病院開設の意欲にふれ、昨年は 医学部開設100年を記念した信濃町の新病院棟が開院、北里柴三郎が開設した 看護婦養成所に始まる慶應看護が100年、薬学部が共立薬科大学との合併によ る学部開設10年を祝った。 緒方洪庵の適塾で学んだ福沢先生が開設した慶 應義塾医学所は短期で終わったものの、その遺志を継いだ北里柴三郎が大正6 (1917)年に医学科と、薬学科をめざす化学科を設立した。 医学部、看護医 療学部、薬学部の三学部が揃って、合同のライフサイエンス分野の研究の発展 は、福沢、北里の夢の実現である。

 リンダ・グラットン、アンドリュー・スコットの『LIFE SHIFT―100年時 代の人生戦略』がベストセラーになり、2007年に日本で生まれた子供は107 歳まで生きる確率が50%あると書かれている。 一昨年、政府も「人生100 年構想会議」を始めた。 社会保障費の伸びを抑えることの検討、その大学補 助金への影響、大学改革の動向などを注視しなければならない。

 AIやIoT、遺伝子研究などの進歩に、人類は脅かされることはないのか。 病 因分析などは、個人の人権を侵害し兼ねない。 そうした面での、法律や倫理 等の検討は、大学の使命である。 ダボスで開かれる大学学長会議でも、その 問題が討議される。

変化の激しい時代に、人間とテクノロジーの調和を図り、人類の幸福を実現 するために、人文社会科学から自然科学まで幅広い学問領域の研究者を擁して、 その対話が可能な総合大学の役割は重要だ。 教育面では国の内外から多様な 人材が集まり、義塾の自由な気風の中で学び、また社会のあらゆる分野に多様 な人材が輩出されることで、世界から高く評価される大学の個性が生まれる。

 慶應義塾大学では新しい学問分野である、複雑化する社会システムを研究す るSDM(システムデザイン・マネジメント研究科)、未来をデザインするKMD (メディアデザイン研究科)も昨年、開設10年を祝ったことは意義深い。   KGRI(グローバル・リサーチ・インスティテュート)は、2014年に慶應義塾 大学が文部科学省「スーパーグローバル大学創成支援」事業に採択されたのを 受けて、大学のグローバル化をより一層推進し、世界に貢献する国際研究大学 となるための基盤として、既存のグローバル・セキュリティ研究所を発展的に 改組し、2016年11月に設置された。 KGRIは、学内の関連する教育研究分 野と密接に連携しながら「長寿(Longevity)」「安全(Security)」「創造 (Creativity)」の三つのクラスターを設けて、文理融合研究推進を打ち出した。  「安全」分野のサイバー文明研究センターの共同所長としてお迎えしたディビ ッド・ファーバー博士が11月、AAAS(アメリカ科学振興会)のフェローに選 出されたという喜ばしいニュースがあった。 ファーバーKGRI教授の例は、 海外の優れた研究者を招聘するモデルケースだろう。  日本が提唱する未来社会のコンセプトとして「ソサエティー5.0」ということ がいわれる。 サイバー空間と現実空間の融合、「情報時代」のつぎの時代を模 索しなければならない。

 リカレント教育、社会人が必要に応じて学校へ戻って再教育を受ける生涯教 育の構想がある。 時代に添う新しい技術を学び直すということもある。 世 界には3千から5千の言語があり、英語の通じない地域もある。 経験を応用 して、新しい世界に対応する力が必要だ。 人間を自由にする学問、リベラル アーツ、教養教育の力だろう。 2019年度から三田オープンカレッジが開講す る。 レクチャー形式とセミナー形式で、真の教養につながるものを追及する。

インターネット40年の歴史2019/01/15 07:10

 村井純さんの『インターネット新世代』(岩波新書・2010年)の最終章「未 来へ向けて」に、インターネット40年の歴史を振り返ったご自身の記述があ るので、今まで書いてきたことを整理し、補強する意味で、引用しておきたい。

 「インターネットには40年の歴史があります。1969年にアメリカの4つの 大学・研究所をつなぐコンピュータネットワークARPAnetの研究が開始され、 また、同じ時期にベル研究所でUNIXオペレーティングシステムが誕生しまし た。ちょうど同じ年に生まれたこの二つの技術がインターネットの起源です。 ARPAnetはアメリカ国防総省の高等研究計画局が推進した研究で、パケット交 換技術を採用しました。デジタル情報を共通の基盤としたコミュニケーション 技術のスタートです。それまでのオペレーティングシステムは、高価なハード ウェアを人間が使わせてもらうために工夫して設計されていましたが、UNIX によってその状況は一変します。UNIXは、人間のためにコンピュータ環境は 何ができるのかということを考えた、世界で初めてユーザーの視点に立った象 徴的なオペレーティングシステムです。」

 「70年代は、デジタルネットワークとオペレーティングシステムで象徴され るコンピュータシステムの技術がそれぞれ独立したまま発展する時代です。 ARPAnetはパケット交換ネットワークとしての研究開発を続けるとともにそ の一環で、長距離回線を用いた米国全土に広がる「テストベット」のネットワ ークを構築しました。このときにTCP/IPというプロトコル(インターネット で使われる通信規約)構造が提案され実験が始まりました。一方、UNIXは「基 本OS」としてハードウェアの資源管理の部分を確立し、UNIX開発のベースと なった「C」というプログラム言語とともに、文書の解析や電話回線を使った 遠隔利用など、今の検索エンジン技術の基になるような要素技術の研究開発が 行われていました。」

 「80年代はいよいよ融合の時を迎えます。カリフォルニア大学のバークレー 校でUNIXにTCP/IPのプロトコルが導入され、BSD(Berkeley Software Distribution)として普及するようになります。BSDはソースコードで配布さ れたので、世界中の学生や研究者がこれを読んでインターネットの仕組を勉強 しました。規格だけでなく、稼働するソフトウェアのソースコードがなにより 必要だという、オープンソースの考え方はこのような経験から生まれたことで す。インターネットそのものがオープンソースの産物であることは、時々忘れ られてしまうことです。」

 「これにより、それまで離散していたUNIXコンピュータが主に大学間で相 互接続されるようになり、徐々に接続箇所が増えていきます。こうして人のた めのコンピュータシステムとパケット交換で効率よく誰でも使えるコンピュー タネットワークがいわば結婚したのです。」

 「コンピュータは小型化高性能化が進み、パソコン、ワークステーションと、 個々の人間のためのコンピュータ環境により、人の活動をより広く支えるよう になり、インターネットはそうしたコンピュータの主流であったUNIXに組み 込まれ世界に広がり、結果として、世界の学術研究の世界は、またたくまにイ ンターネットで接続された一つの世界を形成しました。」

 「90年代は、それまで専門家や研究者の間で発展したインターネットが商用 化され、すべての人のために世界へ広がったときです。象徴的には、92年にコ ンピュータネットワークの商用化が始まり、95年にマイクロソフトのウィンド ウズ95がインターネット機能を無料で組み込んだことでしょう。80年代には UNIXが大学や専門家をインターネットにつなぎ、90年代には、ウィンドウズ がすべてのコンピュータ利用者をインターネットにつなぎ、そしてすべての人 が使える環境になりました。」

 「2000年代に入ってからの10年は、携帯電話をはじめとする電波を使った デバイスが発展し、インターネットはコンピュータだけではなく、他の機器が つながってくるという現実がやってきました。自動車などのセンサーも含め、 移動時と空間が無線技術によってサポートされるようになったことで、インタ ーネットは「誰でもどこでも、なんでもつながる」という使命を果たし始め、 環境、健康、教育、経済などすべての分野のすべての人のための、本当の社会 のインフラとしての役割が期待されるようになりました。」

なお、村井純さんについては、慶應義塾主催の学術シンポジウム「震災後の 東日本の復興・再生に向けて」で話を聴き、当日記に下記を書いていた。

慶應の大震災シンポジウムを聴く<小人閑居日記 2011. 7. 10.>

大震災とインターネット<小人閑居日記 2011. 7. 11.>

科学技術で自然環境と安心して共生できる街<小人閑居日記 2011. 7. 12.>

勝手に設計仕様を公開し、誰もそれに気づかなかった2019/01/14 06:15

 冷戦の真っただ中で、米国国防総省のために働いていたヴィント・サーフと ボブ・カーンが、これからの通信基盤の中核となるプロトコルの設計仕様を、 公開してしまうなんてことが、なぜできたのか、ヴィント・サーフは講演で、 こう語っている。

 「まず、そもそも私たちは当時そうなることを知らなかったのです。そうな ると予見すらしていませんでした。そうなればよいなと期待はしていましたが、 確信はありませんでした。次に、私たちは誰にも許可を求めることなく勝手に 設計仕様を公開し、誰もそれに気づきませんでした。もしいま同じことをして、 当時のようにできるかどうかはわかりません。でも、このようにプロトコルを 公開するという概念こそが、多くの人々に採用され、利用され、進化してきた 大きな理由だと考えています。ワールド・ワイド・ウェブの発明者であるティ ム・バーナーズ=リーも、同じことを主張し、同じ理由で同じように行動しま した。」

 「その結果として、インターネットの標準を規定する手順はIETFというオ ープンなプロセスとして生まれました。この委員会はとても奇妙で、誰も会員 になることはできません。IETFの委員として会員登録できる組織は存在しな いのです。あなたは、何かいいアイデアを公開することで参加することしかで きません。もし、その案が優れていれば、人々はそれを採用して実装します。 誰も気に入らなければ無視されます。完全な実利主義です。その結果、標準の 決め方として最もオープンなプロセスであり続けるのです。」

 ここに出て来た人名を、同書の註で見ておく。 ボブ・カーンは、ロバート・ エリオット・カーン、1938年生れ、BBNテクノロジーズ在職中の1969年に ARPANETのIMP(パケット交換機)を開発。 その後、DARPAに移り、ヴ ィント・サーフとともにTCP/IPを設計した。 DARPAでは、インターネット 技術の研究と普及、コンピューター技術の研究計画に携わっている。

 ティム・バーナーズ=リーは、ティモシー・ジョン・バーナーズ=リー、1955 年生れ、MITに在籍する英国のコンピューター科学者。 1980年、ソフトウ ェアコンサルタントとして欧州原子核研究機構(CERN)に滞在中に、ワール ド・ワイド・ウェブの仕組みを考案。 ウェブ関連技術の標準化団体、W3C (World Wide Web Consortium)のディレクター。

インターネットのオープン性と、関わった人物2019/01/13 07:56

 12月25日の「等々力短信」第1114号に村井純さんの「インターネット文 明論之概略」を紹介し、インターネットが全世界へオープンにする設計コンセ プトで、国境を意識せずにつくられてきたことによって、発達普及してきたこ とを書いた。 そこで一つ、疑問を感じたのは、特許の問題はどうだったのか、 ということだった。 また、村井純さんが挙げた何人かの人名について、くわ しいことを書く紙幅もなかった。

 村井純さんの『インターネットの基礎―情報革命を支えるインフラストラク チャー』(角川学芸出版・角川インターネット講座第1巻)に、ヴィントン・ グレイ・サーフが2012年9月に慶應義塾大学から名誉博士号を贈られたとき の記念講演「インターネットの再発明」が載っている。 ヴィントン・グレイ・ サーフ、通称「ヴィント・サーフ」は、1943年生れ、カリフォルニア大学ロサ ンゼルス校に在籍していた大学院生時代に、ARPANET初期の開発に参加。 博 士号取得後の1972年にスタンフォード大学に移り、ボブ・カーンとともにイ ンターネットの核心となるTCP/IPを設計・開発した。 その後、DARPA(ア メリカ国防高等研究計画局)でインターネットと関連技術の開発を先導、米国 の大手電気通信事業者MC副社長などを経て、2005年よりグーグル副社長兼 チーフ・インターネット・エバンジェリスト。

 ヴィント・サーフは、講演「インターネットの再発明」の冒頭「インターネ ットの設計哲学」の254頁からの「オープンな設計と運用は何をもたらしたか」 で、こう述べている。 「オープン性――オープンであるということは、イン ターネットの設計における最大の特徴で、それは学術的なコミュニティから誕 生したという事実に大きく関係しています。インターネットの設計は、それま での電気通信技術者ではなく、コンピューター科学の研究者によって行われま した。彼らはアカデミックな環境にいたため、研究成果を共有するのは当然だ ったのです。私たち研究者にとって、知識はお互いに売買するものではなく、 交換するものです。私は知っていることをあなたに教えて、あなたは知ってい ることを私に教えてくれる。共有した結果、私たちは両方ともメリットがあり ます。インターネットはそのような意味でとてもオープンでした。」

 「オープンソースもたいへん重要な役割を果たし、いまもたいせつな役割を 担い続けています。人々はお互いのソフトウェアやアイデアから学びました。」

 「オープン性という側面でもうひとつても重要なのは、ボブ・カーンも私(ヴ ィント・サーフ)も意図的に、あえてTCP/IPプロトコルの設計仕様の特許を 申請しなかったことです。私たちは設計を全世界に無償で公開しました。」

「これにはきちんとした理由があります。私たちは非独占的な標準であること が、すべてのコンピューターメーカーが相互接続できるようにするうえで最重 要だと考えたのです。そうするためには、非独占的な設計仕様を、利用条件も 制限もない形で公開することが不可欠でした。しかし当時は、まだ冷戦の真っ ただ中で、私たちは米国国防総省のために働いていたのです。これからの通信 基盤の中核となるプロトコルの設計仕様を、公開してしまうなんてことが、い ったいなぜできたのでしょう?」  その答は、また明日。

「ヒットB」の開発、村上開新堂と虎屋2018/12/26 07:09

 『村上開新堂II』に「ヒットビー」という言葉が出てきて、『村上開新堂I』 を参照した。 昭和15年7月に戦時体制に入ったとき、宮内省と大公使館に 納めるということで、洋菓子店では村上開新堂一軒だけが除外令を受けたとい う。 戦争末期、山本道子さんの祖父三代目・村上二郎さんが、海軍衣糧廠に 頼まれて、航空食「ヒットB(ビー)」を開発することになった。 飛行機に乗 る人たちのための食料で、脂肪を40%入れて、かつある程度の旨味と、胃にも 吸収しやすいことが求められた。 二郎さんは真剣に取り組み、一食分が約6 ×4.5×4センチ、重さ120グラム、750キロカロリーの「ヒットB」が完成し た。 砂糖、水飴、油、澱粉、ゼラチン、きな粉、ココア、カルシウム、水な どに、ビタミンB1、B2も加味され、チョコレートのような味がして、噛むと 餅のようで、なかなか口当たりのよいものだった。 完成時期が、終戦直前だ ったため、沖縄と硫黄島の一部に空中投下したのみだったが、戦後に、山岳携 帯食としてマナスルやヒマルチュリへ行ったヒマラヤ登山隊に提供して、活用 されたそうだ。

 虎屋のことを書いたばかりだったが、その前のページに、たまたま二郎さん と友人の虎屋の黒川武雄さんの、和と洋、菓子の両大御所の話題が新聞に出た のが紹介されていた(昭和25年11月17日付朝日新聞夕刊)。 当時、黒川武 雄さんは厚生大臣。 「おい、近頃あまり現れないじゃないか」「君が大臣にな っちゃったからだよ。近寄りがたしサ」「なァにいってやんでェ」といった二人 の仲だ。 二郎さんが「あのころ、お前の家へ行くと、菊の御紋章がいやにピ カピカ光って、シメなど張ってちょっとオッカナかった。なにしろ菓子屋の権 威だったからなあ」「ただの権威じゃァない。その上に最高をつけろよ、最高を」 おっかぶせてワッハッハ、笑った口へ、村上さんご自慢の洋菓子をポイとほお りこんで「いつ食ってもうまいなァ、芸術品だね」

 「売らない」有名店だった村上開新堂、村上二郎さんが「家の者の電話のか け方が気に入らない」といって、吉田茂元首相にさえ売らない時があった。 参 議院議員だった黒川武雄さんが店に来て、「君が売らないと言うから、僕が月曜 日に持って行った開新堂の菓子を、木曜日に出すと言っているよ」と言う。 二 郎さんは洋菓子に愛情と自信を持っているから、「とんでもない。うちの洋菓子 が古いなんて言われちゃ困る。明日作るから、それを持って行ってくれ」と黒 川さんに託したという。 黒川さんが二郎さんの性格をよく知っていたから、 そう言ったのかもしれないと、四代目村上寿美子さんが書いている。