歴史学の手法と、福沢の実学=実証科学2020/04/04 07:02

 『陰謀の日本中世史』(角川新書)がベストセラーになっていた頃、「陰謀論 隆盛「歴史に学ぶ」に警鐘」という、呉座勇一さんのインタビュー記事があっ た(朝日新聞2018年8月19日文化・文芸欄、高久潤記者)。 「教科書に載 っていない〇〇」などと、学界では相手にもされない歴史の陰謀論が、SNSの 浸透もあって、注目される。 陰謀論は「自分だけが知っている」という優越 感をくすぐる。 だが、「はめたつもりがはめられていた」という加害者と被害 者の逆転だったり、一番得した人間が黒幕だったり、根拠がとぼしいまま、特 定のパターンにあてはめられた「物語」ばかりだ。 こうした「物語」に基づ いて教訓を得るということなら、「歴史に学ぶ」のは、やめたほうがいい、と言 う。

 その例として、呉座勇一さんが挙げるのが、源義経が一ノ谷の戦いで見せた 「鵯越の逆落とし」が、太平洋戦争で日本軍が奇襲を多用することになった背 景の一つとされること。 それが転じて「奇襲でアメリカに勝てる」となった が、うまくいったのは真珠湾攻撃など最初だけで、後は連敗。 「鵯越の逆落 とし」の話は、後の研究で創作と考えられている、そうだ。

 呉座勇一さんは、重要なのは「歴史に学ぶ」ではなく、「歴史を学ぶ」ことだ と言う。 歴史的事実は、常に覆され、更新されていく可能性をはらむからだ。  そして、「複雑な資料を読み進めながら、仮説を立て、調べ、資料の真贋を見定 め、事実と言える程度にまで自分で高めていく。こうした歴史学の手法は、現 代の情報社会を生きるうえで重要になりつつあると思う」と語っている。

 先日、U組同級のU君が、スティーブン・ピンカー(ハーバード大学心理学 教授)著『21世紀の啓蒙』(草思社)を読んで、その上巻のレポートを送って くれた。 一読して、私は科学や進歩への信頼など、『学問のすゝめ』や『文明 論之概略』で実学を説いた福沢の啓蒙したものに近いという第一印象を伝えた。

 福沢が説いた自分の頭で考える実学、小尾恵一郎ゼミで教わった学問の方法 は、自然科学のみならず、社会・人文科学を含めた実証科学のことだった。 福 沢は明治16年の「慶應義塾紀事」の中で、「実学」に「サイヤンス」とルビを ふっている。 『文明論之概略』などは、徹底的な実証精神の表れた、「実学」 の事例のオンパレードだ。 「スタチスチク」という言葉を使い、例えば殺人 犯や自殺者の数が年々ほぼ同数になることや、結婚と穀物の値段に負の相関関 係があるという実証分析に言及している。 自分の頭で考えるということには、 四つの要素がある。 問題発見、(オリジナルな)仮説構築、仮説検証(誰もが 納得するように、科学の作法で)、結論説明(解決策を示す)。 実践によって 検証を繰り返し、その都度修正を加え、より良き方法を求め、システマティッ クに問題解決の筋道を考えるものだ。 その時、公智(物事の軽重大小を正し く判断し、優先順位を決める。『文明論之概略』第6章「智徳の弁」)をしっか り働かせる。

最新の研究による織田信長像2020/04/03 07:04

 もう少しコラム「呉座勇一の歴史家雑記」を、読んでみよう。 著書『陰謀 の日本中世史』(角川新書)では、本能寺の変に関して「明智光秀を操った黒幕 がいた」といった類いの、学会では完全に否定されている奇説珍説を徹底批判 したそうだ(2018年10月23日「奇説が世に浸透する理由」)。 奇説珍説が 世間に浸透する最大の原因は、テレビの歴史バラエティー番組がそれらを面白 がって紹介することにあるという。 歴史学界の共通認識となっている「通説」 と、小説家や在野の歴史研究家の単なる思いつきを、あたかも対等な学説のよ うに扱うのはマスコミの悪しき平等主義で、実際には「見解の相違」など存在 しないのだそうだ。

2018年10月2日「黒幕説 斬新にみえるが」では、その例として織田信長 の人物像について書いている。 一般の人が知っている戦国武将の著名なエピ ソードのほとんどは、江戸時代以降の文献に登場するもので、要は創作である。  人となりに関して同時代人の証言が比較的多いのが織田信長だ。 だが小説や ドラマで好んで用いられるキリスト教宣教師ルイス・フロイスの信長評には誇 張や脚色の疑いがあり、注意する必要がある。

(私は昔「等々力短信」でフロイスの『日本史』を評価していた。第240号  1982.1.25.〈フロイス〉①385年後に実現したルイス・フロイスの念願。『日本 史』全訳の大事業。第241号 1982.2.5. ②数多く南蛮人宣教師に会い、世界 情勢に通じていた信長。第242号 1982.2.15. ③『日本史』の時代、信長秀 吉の時代、ポルトガルとスペインの興隆と衰退。)

 そこで呉座勇一さんの信長だが、意外なことに、最新の研究に従えば、信長 は朝廷・幕府・大寺社などの伝統的権威を尊重し、世間の評判を非常に気にす る人物だった。 本能寺の変に関する黒幕説の背景には「天才的革命家の信長 が明智光秀ごときに倒されるはずがない」という“信長神話”があり、一見斬 新に見えるが、実は通俗的な古い信長像に依存しているのだ、そうだ。

足利義政は死ぬまで徴税できる政治権力者だった2020/04/02 06:55

 呉座勇一さんが、朝日新聞に連載していたコラム「呉座勇一の歴史家雑記」 を、あらためて読んでみた。 3月26日の最終回は「歴史学にロマンはいらな い」、歴史小説家が「歴史の真実」を解き明かそうとすること、話を面白くしよ うとして、ひねった解釈を提示することの危険性を指摘している。 「歴史の ロマン」を求める気持ちは、真実を探求する上では邪魔になる、歴史学は、い かに身も蓋もない、退屈で凡庸な話になろうとも、最も確からしい解釈を選ぶ ものだというのである。

 昨年12月18日の「足利義政のイメージは本当か」では、日本人の歴史観は 歴史学界での議論ではなく、有名作家による歴史本によって形成されてきた、 とする。 そして百田尚樹著『日本国紀』(幻冬舎)を検討する。 同書は足利 義政を、政治意欲がなく「趣味の世界」に生きた無責任な将軍で、「応仁の乱に 疲れ政治の世界から逃避するために」東山山荘(現在の銀閣寺)を造ったと評 価する。 こういう義政像は戦前以来のもので、世間に根強く残っている。 し かし、呉座勇一さんは『応仁の乱』(中公新書)でも論じたように、この見方は 正しくなく、義政が自らの理想の芸術を実現するには莫大な金が必要で、東山 山荘の造営にあたって、臨時課税(人夫・資材の徴発を含む)によって工事費 を捻出しようとした。 この増税には反発が強く、滞納の続出により建設工事 は遅滞した。 けれども、ここで注目すべきは、将軍職を息子の義尚に譲った 後も、義政が依然として徴税を行えたという事実だ、という。 義政は死ぬま で政務に関わり続け、権力を手放して集金できなくなることを避けた。 政治 権力者と文化・芸術の保護者という二つの立場は、切り離すことができないの だ、そうだ。

「応仁の乱」前夜、混乱の時代の幕開け(後半)2020/04/01 06:57

 日本の気候変動を研究している中塚武名古屋大学大学院教授は、年輪や樹木 の成分から(私が部活動でお世話になった『寒暖の歴史 気候700年周期説』 の西岡秀雄先生と同じ方法だ)、室町時代は日本の異常気象、「応仁の乱」の頃 は最悪の時期で、その前夜の、この嘉吉元年は気温が低く、雨の多い年で、 農民は水害や飢饉の発生を恐れていたという。

 一揆の背景として、刀の大増産、槍の発達の時代であり、農民を足軽など兵 力として吸収していたため、彼らに実戦経験があった。 金融業者・高利貸の モラルハザードがあり、金持は有徳人で、施しをしなければならない、一揆は、 その金を強制的に吐き出させる、格差是正として正当化された。 9月5日、 一揆勢は東寺を占拠、要求が容れられなければ、火を点けると脅した。 東寺 は、酒と枝豆を出したりした。 呉座勇一さんは、寺社が税金を取るのは豊作 や安寧を祈る存在だからという建前だったのだが、その信用が崩れたと言い、 井上章一さんは、それをこの東寺で言うかと笑った。

 一揆には、新興勢力である馬借(都市に物を運ぶ運送業者。『日葡辞書』には ずばり「一揆」とある)が加わり、馬借の登場で同時多発的な動きが重要な一 揆は、大規模化した。 馬借は、運送することによって格差社会を実感してい たのだ。 公と私利私欲が程よい関係だと安定しているが、新しい経済が出現 すると格差が拡大する(AI長者のような)。

 管領細川持之、守護大名畠山持国は、一揆の武力制圧に反対した。 赤松討 伐のため、幕府軍は留守で、9月12日、徳政令が発令された。 赤松満祐は自 害し、山名持豊(宗全)は、播磨に居座る。 嘉吉2年、細川持之病死。 問 題先送りで、応仁の乱となる。

 畠山持国は管領となるが、足利将軍家および管領畠山・斯波両家の家督争い が続き、それをきっかけに東軍細川勝元と西軍山名宗全とがそれぞれ諸大名を ひきいれて京都を中心に対抗し大乱「応仁の乱」となった。

「応仁の乱」前夜、混乱の時代の幕開け(前半)2020/03/31 07:00

 その呉座勇一さんが、磯田道史さん司会の「英雄たちの選択」で、『京都ぎら い』(朝日新書)の井上章一国際日本文化研究センター教授と、京都東寺の境内 で「応仁の乱」前夜、混乱の時代の幕開けを語っている番組を見た。 呉座さ んは、この時代は銭(ぜに)、貨幣経済が発達し、「土倉」「酒屋」という金融業 者、つまり高利貸が力をつけ、格差が拡大した、今に似た時代だった、と切り 出した。

 「応仁の乱」26年前の、嘉吉(かきつ)元(1441)年6月24日、「嘉吉の 変」が起きる。 六代将軍足利義教(よしのり)が酒の席で、播磨守護大名の 赤松満祐(みつすけ)に惨殺されたのだ。 その場を管領(かんれい)No.2の 細川持之は逃げ出し、他の大名も皆逃げた。 義教は大名家の家督争いに介入 し、「万人恐怖」と呼ばれていた。 井上章一さんは、家を誰に継がせるか、長 男が駄目で、次男を担ぐ家臣がいたりする家督争いに、他人がそこに口を出す、 最悪のパターンを数々やった、と。 細川持之は、義教の子義勝を七代将軍に 立て、幕府軍(山名持豊)に播磨に戻った赤松討伐を命ずるが、山名はなかな か出陣しない。 持之は義教のイエスマン、調整型の人間で、重臣たちは欲で 集まった集団、サークル社会、本当の仲間だと思っていない、村の寄合のよう なもので、緊急時に機能しなかった。 持之は、後花園天皇に赤松討伐の綸旨 を出してもらうよう働きかけ、朝廷と幕府の関係ができる。 山名持豊(宗全) はようやく出陣、播磨で赤松を自刃させた。

 「嘉吉の変」の2か月後、9月3日、一揆勢が幕府を支える五山の一つ、東 福寺を占拠する。 「土一揆」(室町時代、近畿を中心にしばしば起こった百姓 らによる一揆。年貢の減免や徳政を求め、あるいは守護の支配に抵抗した(『広 辞苑』))勢は三万で、主要な寺社を占拠し、京都七口を抑えて都を包囲し、「土 倉」「酒屋」に押し寄せた。 足利家は寺社に荘園や特権(北野天満宮に酒麹の 独占)を認めていた。 農民は、荘園を持つ寺社の過酷な年貢に追われ、金融 業者の借金と利息にも追われていた。 一揆勢は、流通経路を抑え、徳政令(借 金帳消し)の発令を要求した。 質物の11分の1を納めて、借金の帳消しを 求める。