「奴雁(どがん)の精神」2018/02/13 07:10

 七つ下の弟が古希になったというので、信じられない感じがする。 自分の 齢は勘定にない。 工学部の機械工学科を出て、鉄鋼機械の設計や、セールス・ エンジニアとしての海外勤務などもしてきたから、役に立つのだろう、古希に なっても現役で働いている。 会社で「奴雁」が話題になったのだそうで、ネ ット検索したら、私のブログの「奴雁(どがん)」福沢と前川日銀総裁<小人閑 居日記 2012. 4. 22.>が出てきたという。

http://kbaba.asablo.jp/blog/2012/04/22/

 なぜ話題になったかは、私には想像がついた。 長く取っていない日本経済 新聞が、たまたま宣伝用にポストに入れた1月31日朝刊の「交遊抄」が「奴 雁の精神」なのを、見たからだった。 木内登英(きうち・たかひで)野村総 合研究所エグゼクティブ・エコノミストが書いていた。 「奴雁(どがん)と いう言葉がある。雁(かり)の群が餌をついばむ時に、仲間が外敵に襲われぬ よう首を高くして周囲を警戒する一羽の雁のことだ。福沢諭吉が「学者は国の 奴雁なり」と説き、前川春雄・元日銀総裁も日銀職員のあるべき姿として好ん だ言葉だという。」 木内さんは、これを2014年に日銀を退行した日立製作所 の青木周平さんに教わったという。 好奇心旺盛で労をいとわない青木さんは、 「本当に奴雁はいるのか」と宮城県の越冬地を訪れ、奴雁の写真まで撮ってき たそうだ。 出会いは1990年、社会人4年目の木内さんがエコノミストとし てドイツに赴任したとき、青木さんは日銀の駐在員として活躍していて、ドイ ツやソ連の情勢を丁寧に教えてくれた。 20年あまりを経て、木内さんが日銀 審議委員になり、再び話を聞く機会ができた。 決済制度に精通し、金融イン フラの構築に尽力している姿に、こうした人たちが日本経済を支えているのだ と知ったという。 木内さんは、日銀の金融政策に反対票を投ずることもあり、 精神的にも苦しかったが、青木さんに教わった奴雁の言葉は支えだった。 日 銀は卒業したが、奴雁の精神は忘れず社会に貢献していきたい、と書いていた。

 弟は、歴史のある大きな会社から、技術的にも、経営的にも、経験が浅い会 社に移った。 誰かが問題点を先取りして、タイムリーにアドバイスすること が求められている。 まさに奴雁のような立場が必要なので、そう努めている のだという。

明治元年、京都堀川の目安箱2017/12/15 07:19

 磯田道史さんの『日本史の内幕』で興味を持った、もう一つ。 橋本五郎さ んが登場した。 10年前、磯田さんは読売新聞の読書委員をしていたという。  その時、特別編集委員の橋本五郎さんが言ったそうだ。 「『目安箱の研究』と いう本を書評したら、著者から手紙をもらった。その内容が一番嬉しかった」 と。 磯田さんも嬉しくなって、「その本なら私も持っています。立命館大学の 大平祐一先生が書かれた本。目安箱だけを研究した珍本です。」と答えた覚えが あるという。 その本には、明治新政府も目安を民衆から集めた、その箱は京 都堀川にも置かれたと書いてあった。

 磯田さんは、京都寺町二条の日課のように通っている古本屋で、厚紙と紐で 綴じられた一冊子を示された。 表紙には「戊辰歳分(ぼしんのとしぶん) 箱 訴(はこそ) 九冊之内 庶務掛」とあり、ある頁には「堀川目安箱」という朱 印が押されている。 かの目安箱に投函された訴状の原本ではないか。 売っ てもらい、家に帰ってむさぼり読む。 面白い。 全部で34通、維新時の京 都付近の民衆の肉声がきこえてくる。

 多いのは新たに発行された紙幣(太政官札)への異議申し立てである。 朝 廷への信用だけで高額紙幣を発行しすぎ。 少額紙幣の発行にとどめて欲しい。  貨幣の混乱状態をどうにかして。 さらに、討幕勢力が攘夷をうたっていたの に、政権を獲ると、外国人を国内に入れ、貿易を盛んにし始めたのも、民衆に は理解できなかったらしい。 さらには、新政府へ出仕する諸藩からの役人が 派手に京都で遊興し、「大酒乱行、女色に耽り」はじめたと、苦言を呈し、そう いう者は「速やかに取りかへ」てくれ、と訴えている。

福澤諭吉とウェーランドの「自由主義」2017/11/27 07:16

25日は福澤諭吉協会の土曜セミナー、新経済学部長 池田幸弘さんの「福澤 諭吉の政治経済思想: フランシス・ウェーランドとの対比を中心に」を聴いて きた。 池田幸弘さんの専攻は、経済学史、経済思想史、特にオーストリア学 派を研究。 「ドイツ語圏における数理的分析の端緒について」と、『三田評論』 11月号の細田衛士教授は紹介し、静かな語り口に隠された鋭い切れ味、通信教 育部長を6年間にわたって見事に務めた実績、ピアノの名手だとも語っている。

講演は、福澤諭吉とウェーランドの自由主義の内実という問題を扱って、私 には難解だったが、へたへた書いてみたい。 考える枠組みとして、ジョン・ スチュアート・ミルの『自由論』にある「危害原則」を準拠枠とする。 他人 にたいする危害がなければ、自由主義で、何もしなくていい。 他人にたいす る危害があれば、自由主義の修正が必要。 危害の及ぶ範囲を、経済学者は外 部性という。 危害の及ぶ範囲が狭ければ、限定的事例だ。 だれが、どう測 っていくか、範囲など、明晰な議論がない。 危害を受けている側が、どう感 じているか。 小学校のプールでの歓声を、近隣住民がうるさいという。 こ こ10年~20年、そうした事例をひんぱんに聞くが、音も被害も大きくなって いるという証拠はない。 主観的感情にもとづいて、危害を受けているという。  ますます非寛容になっている日本社会、他人の言動が「うざい」日本社会にな っているのだろうか。 政治経済的自由主義は、撤回されなければならないの だろうか。

福澤諭吉は、ウェーランドの『道徳科学要綱』“The Elements of Moral Science”(1858年)189頁の記述を翻案して、『学問のすゝめ』第八編に「人 の身心の自由」について書いている。 第一、人にはおのおのの身体あり。 第 二、人にはおのおのの智恵あり。 第三、人にはおのおのの情欲あり。情欲は もって心身の働きを起こし、この情欲を満足して一身の幸福をなすべし。人の 好む美服美食を得んとするには人の働きなかるべし。人の働きは情欲の催促を 受けて起こる、この情欲あらざれば働きあるべからず、この働きあらざれば安 楽の幸福あるべからず。禅坊主などは働きもなく幸福もなきものと言うべし。  第四、人にはおのおのの至誠の本心あり。 第五、人にはおのおのの意思あり。  この五つの人に欠くべからざる性質を、自由自在に取り扱い、もって一身の独 立をなすものなり。

「人たる者は他人の権義(right)を妨げざれば、自由自在に己が身体を用う るの理あり。その好むところに行き、その欲するところに止まり、あるいは働 き、あるいは遊び、あるいはこの事を行ない、あるいはかの業をなし、あるい は昼夜勉強するも、あるいは意に叶わざれば無為にして終日寝るも、他人に関 係なきことなれば、傍よりかれこれとこれを議論するの理なし。」

ウェーランドの『道徳科学要綱』では、ごく短い文章で、第一はbody、第二 はunderstanding、第三はpassions and desires、第四はconscience(良心)、 第五はwill となっている。 福沢の論点は、すべて包摂されている。 第三の情欲だけ詳しく書いたが、passions and desiresが行動の起点にある ことは、キリスト教の聖職者であるウェーランドも認めている。 啓蒙思想で 解放されるようになった。 「人の働き」=生産活動。 「禅坊主」の挑発的 発言は、福澤の好んだところのものだ。 福澤節の、こうした文章作法は、も う一人いる。 J・M・ケインズ、名文家で、びっくりさせるというより、怒ら せて、議論に引き込む。                  (つづく)

「見て見ぬ振り」「いないこと」2017/10/22 08:19

 昨日見たように、政府が移民政策を取らないとしているから、ごく少数の「難 民」と、「移民」はいないけれど、沢山の「移民のような」人々がいる、という 認識なのだろうか。 現実には在留外国人は250万人、外国人労働者数は約108 万人に達している。 その朝日新聞の記事は、現実を「見て見ぬ振り」するこ とのひずみは、日本社会に積み重なっているという。 まず学校現場。 公立 学校に通う外国籍の子は約8万人、うち日本語指導が必要な子は3万4千人と 10年前の1・5倍。 多くの親は子が将来も日本で生きていく前提で暮らして いるのに、学校現場は人材もノウハウも足りないという。 それを埋めてきた のは、先生たちの気持ちだけというのは、心許ない。

 日本社会を支える外国人たちもいずれは老いる。 自分たちで考えなければ と、在日フィリピン人労働者のための高齢者施設を造る計画を持っている人も いるという。

 多くの外国籍の人たちが日本で働き、その労働力で社会が成り立っている。  その外国人が、生活者としては「いないこと」になっているのだそうだ。 技 能実習生制度など様々な形で人権侵害も起きているらしい。 何か変だ、と言 わざるを得ない。

すでに「移民」頼みになっている日本の現場2017/10/21 07:00

 日本は移民を受け入れるべきだ、という議論がある。 だが安倍晋三首相は 昨年、「いわゆる移民政策を取ることは全く考えておりません」と参院で明言し たそうだ。 また、日本の難民認定者数がごく少ないことが、話題になる。

 移民と、難民の違いを、ほとんど意識していなかった。 【移民】「他郷に移 り住むこと。特に、労働に従事する目的で海外に移住すること。」 【難民】「戦 争・天災などのため困難に陥った人民。特に、戦禍、政治的混乱や迫害を避け て故国や居住地外に出た人。」 と、辞書にある。

 日本の難民認定者数は、平成28年はたったの28人だが、前年より1人増え た。 難民認定申請者数は、過去最多の10,901人で、前年より3,315人増え た。 申請に比べて認定者数が極端に少ない気がするけれど、難民を支援する NPOの役員で、委員に任命されてその認定に携わったことがあるという人に話 を聞いたことがあるが、申請者の多くは就労目的なのだそうだ。

 自由が丘に近い奥沢に住んでいると、背後にお屋敷町をひかえているせいか、 タガログ語で話すフィリピン人らしい女性とすれ違うことが多い。 家事手伝 いとか、介護とかに従事しているのかと思われる。 解体現場やコンビニ、飲 食店で、たくさん外国人労働者を見かけるようになって久しい。

 7月24日の朝日新聞朝刊に、「分断世界」「「移民」頼み 日本の現場」という 記事があった。 日本の総人口に占める在留外国人の割合は、250万人、2%に 近づきつつある。 昨年10月末の外国人労働者数は約108万人と過去最高。  半面、外国人労働者の在留資格別割合は近年ほとんど変化がなく、就労目的は 18・5%。 就労が主目的でない外国人によって国内産業が支えられている。  2016年時点で全就業者の59人に1人が外国人だった。 7年前と比べ、卸売・ 小売業(76人に1人)は約2・5倍、農林業(85人に1人)は3・1倍になっ た。 こうした数字は、日本が事実上、「移民国家」に足を踏み入れている現実 をつきつけるという。