『生きるとか死ぬとか父親とか』の原稿料は?2017/08/18 07:08

 ジェーン・スーさんが『生きるとか死ぬとか父親とか』で父親のことを書く ことになったのには、こういう事情があった。 小石川にあった実家を手放し 要町に移って五年、父が引越しをすると言い出して、娘の仕事先に相談に来た。  資料を見ると、23区内だが池袋から電車で30分の団地の2LDK、60平米を優 に超えていた。 家賃を聞くと、彼が毎月もらっている少額の年金より一万円 ほど多かったので、娘は爆笑してしまった。 いつもは自分を呼び出す父が、 なぜわざわざ足を運んできたのかが、これでわかった。 とぼけ顔の父は、さ らに続けて、収入がない賃貸希望者は一年分の家賃を前納する必要があり、す でに物件の仮申し込みをしてきたので、早めに入金しないといけない、担当の 女の人が良くしてくれて、先客がいたのを、こっそり自分に回してくれたのだ と言う。 彼女は「いいよ」と返事をした。 なにしろ父のプレゼンが面白か ったし、ある算段があった。 「いいけど、君のことを書くよ」と娘は言い、 今度は父が「いいよ」と言って、連載が始まることになった。

 ジェーン・スーさんの父の商売は、貴金属の卸と小売りだった。 彼女が中 学生の頃、実家は一階と二階が会社で、三階と四階が自宅だった。 百貨店に も店を出していた。 仕事熱心で、大晦日に自宅の方にまで顔を出して、報告 をしていた社員を、見かけなくなった。 父に聞くと、「ああ、在庫を盗んで逃 げたよ」と、こともなげに言った。 その男、在庫のほかに、取引先の名簿も 盗んだ。 その名簿は後で、店の信用を貶める怪文書の発送に使われた。

 精神的番頭とも言える母親が亡くなった後、家の経済状況はゆるやかに悪化 していった。 いくつか手を出した貴金属以外の商売が赤字続きになったのも 大きいが、最後の一撃になったのは株取引だったことに間違いはないという。  通常の売買では飽き足らず、ベンチャー企業の未公開株とやらをじゃんじゃん 買い漁った。 しかし、どの企業も終ぞ上場することはなかった。 銀行への 借金も優に億を超えていたようで、なぜもっと手前で退けなかったかと父をな じると、大袈裟に声を作って言った。 「お金ってねえ、目に見えてなくなっ ていくわけじゃないのよ。少しずつ少しずつ減っていって、気付いたら手が打 てないところまで行ってるの」

 父が派手に株へのめり込んでいった時にも、父の傍らには特定の女たちがい た。 家族ではないから、株取引を止めるどころか、父にそそのかされ結構な 額を株に投資したようだ。 彼女たちも、父に出会わなければ独り身のまま老 後を迎えることはなかったろう。 なのに、一銭もなくなった今でもまだ父の そばにいる。 父にお金があった時には、それなりに良い思いもしたはずだが、 父の様子を見ると今ではそれ以上の額を父に使っているようだ。 父が成功し た唯一の投資は「女」だ。 先行投資した分が見事に利息を生んでいるではな いか。 この嗅覚を株取引に活かせなかったのが残念で仕方がない、と娘は書 く。

 そもそも、母のサポートで父の商売は軌道に乗った。 その結果、ひとり娘 のジェーン・スーさんは十分にお金をかけて育ててもらった。 それには感謝 している。 やがて父はスッカラカンになり、私生活を晒す代償として、『生き るとか死ぬとか父親とか』の原稿料をまるまる娘から受け取っている。

≪40代ひとり暮らしは 日本を滅ぼす≫2017/08/01 07:10

 「社会問題解決型AIひろし」は、あるデータが他の沢山のデータに影響を 及ぼす、つまり社会への影響力があり、日本の未来を動かす10のカギを見つ け出した。 影響力の大きい順に、第1位・核家族世帯数、第2位・40代ひと り暮らし率、第3位・病院数、第4位・女子中学生 肥満指数、第5位・平均 婚姻年齢、第6位・乗用車保有数、第7位・“できちゃった婚”率、第8位・ 平均寿命、第9位・老衰死亡者数、第10位・婚姻件数。 第2位や第4位は、 人間には到底考えられない意外なものである。

 「AIひろし」が読み解いた五つの提言に戻る。 その第二は《少子化を食い 止めるには 結婚よりもクルマを買え》。 合計特殊出生率は、製造業付加価値 額、乗用車保有数に連動し、反対に“できちゃった婚”率、平均婚姻年齢には 連動しない。 婚姻件数が増加しても、出生率はダウンする。 コメンテータ ーは、クルマは日本の基幹産業で、経済全般に影響を及ぼすと読み解く。 「AI ひろし」は過去のデータによっているから、次の基幹産業は示さない。 マツ コ・デラックスは、プリミティブなもの、農業では、と言う。 日本の食糧自 給率が39%と低いこと、秋田県大潟村の大規模農業などに触れた。

提言の第三は≪ラブホテルが多いと 女性が活躍する≫。 最近のラブホテル は、外人観光客にも利用され、2020年のオリンピックに向けて国も活用を考え ているそうだ。 「かしま(貸間)産業」を研究しているキム・イッキョン(金 益見)神戸学院大教授は、女性一人の休息や女子会プラン等の利用があるとい う。 社会学者のリチャード・フロリダは、クリエーティブで自由な雰囲気の 町や階級が、経済成長の原動力になると指摘しているという。

提言の第四は≪男の人生のカギは 女子中学生の“ぽっちゃり度”≫。 女子 中学生の肥満指数に連動しているのは、30代前半の未婚率、40代の離婚率で、 さっぱり意味がわからない。 坂田教授は、女性が(消費その他)何事でもリ ーダーシップを取っているということではないか、と。

そして一番の問題となる、提言の第五は≪40代ひとり暮らしは 日本を滅ぼ す≫。 「40代ひとり暮らし」(249万人・全人口の2%)が増えると、自殺 者数や生活保護費が増え、出生率が減る。 「40代ひとり暮らし」が2倍にな ると、社会のさまざまなデータが変化する、空き家数は27%増、餓死者数(栄 養失調を含む)は49%増、合計特殊出生率は12%減。 下町と再開発が混在 した荒川区役所の担当者たちは、「40代ひとり暮らし」を、盲点で、行政と一 番接点がないという。 老人クラブの会員数は減少し、救急出動の件数は5年 で700件も増えた。 坂田教授は、大都市の現象、公的サポートに頼る地区。  柴田准教授は、地域のネットワークが途切れている、親の孤独の問題にも共通 の要素を考える必要がある、「社会のカナリア」かも。 大越記者主幹は、ここ に響くことは全体に響く「社会のツボ」なのか、と。

≪40代ひとり暮らしは 日本を滅ぼす≫という「孤立社会」のキーワードが 見えて来た。 これに対策を取れば、少子化、財政悪化、貧困を、一気に解決 できるかもしれない。 マツコは、40代ひとり暮らしは、非正規雇用の先頭の 世代だと指摘した。 「AIひろし」は、解決策として、「家賃(民間賃貸家賃 (1坪当り))を下げれば、40代ひとり暮らしが激減する」と示した。 1坪当 り家賃を1000円下げれば、40代ひとり暮らし(249万人・全人口の2%)は およそ38万人減る。 スーパーでパート勤めの山田さん(42・男性)は月収 12万円、家賃4万5千円だ。 荒川区では、ひとり暮らし用の1Kか1LDK が増えている、ファミリー用より家賃を高く設定できるので、家主が儲かるか らだ。 マツコは、フランスで出生率が増加したが、補助金はそんなに多くな い、と。 坂田教授は、フランスの全世帯の21%が家賃補助を受けている、国 の姿勢、雰囲気の問題と。 結婚以外の選択肢として、シェアハウス、コレク ティブハウス(幅広い世代がゆるやかなコミュニティをつくりあげる共同の住 まい、第一号は荒川区にある)の話題も出た。

「社会問題解決型AI」についての全体的感想。 大越記者主幹、成長一点張 りのモデルを疑ってみたらどうか。 坂田教授、AIとお友達にならないと、解 決策が出て来ない。 柴田准教授、希望を感じる。 マツコ、AIは予測できな いものに対して、ヒントを与えてくれる存在。

「AIに聞いてみた どうすんのよ!? ニッポン」2017/07/31 07:11

 NHKスペシャル「AIに聞いてみた どうすんのよ!? ニッポン」、番組の司 会は、マツコ・デラックスと有働由美子アナ。 出演は、坂田一郎東大教授(AI のデータサイエンスを研究)、柴田悠京都大学准教授(統計分析を使って政策効 果を研究、テーマは社会保障・教育・少子化対策)、大越健介報道局記者主幹(前 の前のニュースウォッチ9のキャスター)、阿部博史ディレクター(AI開発チ ームリーダー、ビッグデータ解析を使った番組を制作)。 有働アナが阿部博史 (ひろふみ)ディレクターを、「ひろし」と読み間違えたのを、マツコが早速い じって、この開発された「社会問題解決型AI」を「AIひろし」と呼ぶことに なった(本名は「NEBRA」ネブラ、人類最古の天文盤「ネブラ・ディスク」 から取ったという)。

 まず、今のままだとどうなるか、「20年後の日本」を未来予測してみる。 高 齢化率35%以上、出生率2.0未満、がん死亡者数23%増(人口あたり)、国民 医療費7.6兆円増で、国の財政は危機的状況になる。 85歳以上の就業者54% 増、自殺者も増え、餓死者(栄養失調を含む)44%増。 この厳しいナレーシ ョンを担当したのが、慶應中等部に入ったばかりの芦田愛菜、と近藤正臣。 芦 田愛菜、難しい用語も完璧に読みこなして、藤井聡太四段を連想させた。 余 談だが、先日大学のマンドリンクラブだった先輩と会食、芦田愛菜がマンドリ ンクラブに入部したら、前年ゼロだったのに、今年は男の子が20人も入部し たという噂話を聞いた。

 50兆通りの計算から、「AIひろし」が読み解いた五つの提言の、第一は何と 《健康になりたければ 病院を減らせ》という意外な提言だった。 ふつうは考 えられない提言だが、病院数(人口あたり)つまり病床数を減らした、実際の 事例があった。 2007年に財政破綻した夕張市は、市立病院は閉鎖、病床数が 10分の1になった。 だが市民は健康になり、死亡率は減った。 体操教室な どが盛んになり、ボランティア活動なども増えたかららしい。 コメンテータ ーは、活動的になることが、カギなのではないか、社会がアクティブになった と読み解いた。 なお「AIひろし」が関連ありと示したバナナも多く消費され ていた。

NHK開発の「社会問題解決型AI(人工知能)」と「計量経済学」2017/07/30 06:56

 NHKスペシャル「AIに聞いてみた どうすんのよ!? ニッポン」(7月22 日放送)を見た。 NHKが「社会問題解決型AI(人工知能)」を開発し、5000 種類、700万件を超える日本の経済、社会、医療、インフラなどのあらゆるデ ータ、さらに1万5千人の人生を10年にわたって追跡した行動パターンや価 値観のデータを投入し、パターン認識とディープラーニングという手法を使っ て、解析を試みた。 目指したのは、あるデータの値(たとえば年齢の人口の 増減)が変化することによって、他のデータの値(たとえば自殺率や貧困率) が連動してどのように変化するか、関係を可視化するAIだ。 しかし、AIが 可視化して見せるのは「Aが増えると、Bも増える傾向にある」といったパタ ーンだけで、その理由や因果関係までは教えてくれない。 その読み解きは、 われわれ人間がする必要が出てくる。

 私がなぜこの番組に興味を持ったか。 一つには、Nスペ「人工知能 天使 か悪魔か 2017」<小人閑居日記 2017.6.30.> 藤井聡太四段と人工知能(AI)の活用<小人閑居日記 2017.7.1.> を書いていたこと。

 さらに、50年以上前の学生時代、俗に「計量経済学」と呼ばれる、経済理論・ 統計学・数学を利用して、実証的な立場から数量的検証を行う経済学を勉強し たからだ。 卒論では、セメント産業の投資関数を研究した。 企業の投資行 動は、どんな要因で起こるのか、投資の大きさは、需要の増加、利潤の蓄積、 現有の設備量、他社の動向などと、相関関係が規定できるのかという投資関数 を、有価証券報告書などのデータから計算した。 初めは手回しのタイガーと いう計算機を使い、利用できるチャンスがあればフリーデンやモンローなどの 電動計算機を使った。 まだ学生が電子計算機を使えるところまで、行ってい なかった。 もちろんパソコンはまだなかった。

 AI(人工知能)の社会問題解決への応用は、当時、われわれがやっていたこ との理想的な進化の形だと思ったのだ。 ただ、上に書いたように、今回の「社 会問題解決型AI」が可視化して見せるのは「Aが増えると、Bも増える傾向に ある」といったパターンだけで、その理由や因果関係までは教えてくれない。  その読み解きは、われわれ人間がする必要があるというのだけれど、統計学的 な推論はできないのだろうかと考えた。

「獺祭」桜井博志会長の道のり2017/07/20 07:05

「獺祭」旭酒造の桜井博志会長について、ちょっと調べてみると、その道の りはけして平坦なものではなかった。 昭和25(1950)年、山口県周東町(現 岩国市)生れ。 松山商科大学(現松山大学)卒業後、西宮酒造(現日本盛) での修業を経て、昭和51(1976)年に旭酒造に入社するも、酒造りの方向性 や経営をめぐって父と対立して退社。 一時、石材卸業会社を設立し、年商2 億円まで成長させたが、父の急逝を受けて昭和59(1984)年に家業に戻った。  研究を重ねて純米大吟醸「獺祭」を開発、業界でも珍しい四季醸造や12階建 て本蔵ビル建設など、「うまい酒」造りの仕組み化を進めている。

杜氏制度を廃止し、データによる酒造りに挑戦したのも、最初は杜氏に逃げ られ、社員で酒造りをせざるを得なかったからだそうだ。 長らく低迷してい た旭酒造だったが、腕利きの杜氏の力もあり、平成2(1990)年前後には随分 持ち直していた。 そこで調子に乗って地ビールを造り、地ビールの飲めるレ ストランを開いた。 酒は冬に仕込むけれど、夏にもできる仕事をと考えて、 地ビールを造ったのだが、大失敗だった。 こんな会社にいては給料が貰えな いと、杜氏が逃げ出した。 実はそれ以前にも、杜氏とは亀裂があった。 美 味しい大吟醸を造りたいという桜井博志社長の思いと、普通のお酒を楽にたく さん造るほうがいいという杜氏の考えの溝を、なかなか埋められずにいたのだ。 でも杜氏制度をやめる決断をした時、若い人が付いてきてくれた。

社員総出で栽培した自社保有戸田の山田錦の稲穂を見ながら、「これで日本最 高の精米歩合の酒を造ろう」と思い立ったのが、純米大吟醸「獺祭」最初のき っかけだった。 原料米では、こんなこともあった。 酒の原料として最適な 山田錦ではなく、コシヒカリが混じっていたことが、DNA検査でわかった。 突 き返せば取引先との今までの信頼関係にヒビが入るし、4000俵という量だった から、酒の生産量にも響く。 それでも「本物」でありたい、旨い酒を造りた いという思いがあり、受け取ることはできなかった。 そして、原料米の生産 者とは、ITを使って栽培ノウハウを共有するなど、協力を進めてきているが、 農業は自然が相手、どうしても等外米ができる。 等外米を生産者だけに押し 付けるのではなく、旭酒造でも引き受け、等外米を使って意地でも美味しい酒 に仕上げようと挑戦、「獺祭 等外米」を造った。

精米後酒蔵に搬入された米は、最大144時間という長時間の摩擦熱により極 度に水分を失っている。 自然に水分を元の数値に戻してやるために、1か月 以上そのまま貯蔵して水分含有量を回復させる。 その後で、洗米するのだが、 洗米後の米の持つ水分を0.3%以下の精度でコントロールするために、通常は 大吟醸でだけ使われる技法で手洗いする。 機械で洗えば、人手は三分の一、 時間は六分の一で洗えるのだが、最新型の洗米機でもここまでセンシティブに 吸水率をコントロールできないからだ。

留仕込みの温度も5℃と酵母の生存限界ギリギリの温度からスタートさせる。  最高50日の醗酵期間中、もろみ管理上楽だから安全だからという理由で高い 温度を選択するという考え方はない。 そのため0.1℃の精度でもろみをコン トロールすることが必要だ。 コンピューターとそれに接続された温度コント ローラーで管理すれば楽なのだが、ここまで精緻なコントロールを要求すると、 そういった機械的操作では無理になる。 旭酒造では、年間を通じて5℃に設 定された発酵室で、自然の醗酵熱ともろみの櫂入れ作業の強弱のバランスで制 御している。 コストもかかり、原始的な方法だが、この精密な温度管理こそ 良い酒を造る為には必要なのだという。

 「酔うため、売るための酒ではなく、味わう酒を求めて」をキャッチフレー ズに、「華やかな上立ち香と、芳醇な味、濃密な含み香、全体を引き締める程よ い酸、これらが渾然一体となりバランスの良さを見せながらのどにすべりおち ていった後は爽やかな後口の切れを見せ、そこから長く続く余韻、そんなお酒 でありたいと常に努力しています」と言う。

2016年、長男の桜井一宏さんが39歳で社長に就任、桜井博志さんは会長に なった。