福沢の「駄民権論者」批判2022/07/17 07:43

 14日の、富田正文先生の『考証 福澤諭吉』下巻の「明治十四年の政変」の章、「自由民権運動の経緯」の続き。 福沢はもちろん自由民権の主唱者で、熱心な国会開設運動の支持者ではあったが、明治13(1880)年ごろから非常な勢いで燃え広がった民権論者の中には、本家本元の福沢の眉をひそめさせるような軽佻過激な急進論もないではなかった。 ロンドンにいた小泉信吉、日原昌造宛書簡(明治14(1881)年6月17日付)に、こうある。

 地方処々の演説、所謂(いわゆる)ヘコヲビ書生の連中、其風俗甚だ不宜(よろしからず)、近来に至ては県官を罵詈(ばり)する等は通り過ぎ、極々の極度に至ればムツヒト云々を発言する者あるよし、実に演説も沙汰の限りにて甚(はなはだ)あしき徴候、斯くては捨置難き事と、少々づゝ内談致し居候義に御座候。

 福沢はこのような過激粗暴な論客を「駄民権論者」(明治14(1881)年10月14日付、井上馨・伊藤博文宛書簡など)と罵倒して憚らなかった。 自由民権運動は、それまでは士族が中心となって指導して来たが、新たに府県会議員として台頭して来た豪農豪商たちに運動の中心が移りはじめ、明治13(1880)年3月の愛国社第4回大会では、土佐の立志社中心の運営方針に対する不満が爆発して、参会者は愛国社大会とは別に、国会期成同盟の大会に切り換えるに至った。 こうして愛国社はもはや大衆をつなぎとめる力を持たず、同年末にその名が消滅してしまった。 そして紐帯を失った民権運動は次第に激化の様相を呈するものも出現するようになったのである。

改めて福沢の『国会論』(『福澤諭吉事典』)2022/07/16 07:06

 福沢諭吉の『国会論』についても、『福澤諭吉事典』で確認しておく(執筆は寺崎修さん)。 福沢みずからが書いた早期国会開設論を門下生の藤田茂吉と箕浦勝人の両名の名前で『郵便報知新聞』に発表させ(明治12(1879)年7月29日から8月14日まで、10回連載(14日には、28日から11回としていた))、まもなく福沢著として単行本になった。 福沢の執筆と分らないように、藤田と箕浦によって文章表現に変更が加えられている。

 早期国会開設に消極的だった福沢も、明治12年に入ると、自由民権運動の潮流に合わせるかのように、早期国会開設論に傾斜し、同年7月『民情一新』の脱稿直後、本書が執筆された。 『民情一新』は、イギリス流の議院内閣制を導入し、二大政党間で政権交代を行うべきことを提言する重要著作であるが、福沢はこの著作の発表を前に、とりあえず「国会論」を新聞紙上に発表し、世上の反響を確かめようとしたのではないかと考えられる。

 福沢はこの本の中で、「国会を起すの一事は日本全国人心の帰向する所にして、その思考は既に熟したるものと云わざるを得ず」と述べ、国会開設の時期が到来したことを力説する一方、当時まだ根強かった時期尚早論の論拠をことごとく批判し、また刊行前であった『民情一新』を引用しながら、イギリスモデルの議院内閣制の早期導入を提唱する。 福沢の論は、植木枝盛などの自由民権家の論と比較すると、表向きは穏健な論にみえるが、内容的には、選挙の結果次第で国会の権限も内閣の権限も同時に獲得できるという構想であり、政権の座に長く居座ろうとする者にとっては、危険極まりないものであった。 政府官僚であった井上毅(こわし)が終始福沢を最も危険な人物として敵視し、また明治20年に至っても警視総監三島通庸(みちつね)が保安条例により福沢を東京から追放しようとしたのは、このためである。

 内容はともかく、反響の大きさからいえば、『国会論』の影響は、『民情一新』の比ではなかった。 のちに福沢自身が「図らずも天下の大騒ぎ」になって、「恰(あたか)も秋の枯野に自分が火を付けて自分で当惑するようなものだと、少し怖くなりました」(『福翁自伝』老余の半生)と回想しているように、それは新聞雑誌を通じて広く全国各地に喧伝され、まさに国会開設運動に「火を付け」る役割を果たした。

福沢の「国会開設の儀に付建言」2022/07/15 07:08

 福沢が代筆した神奈川県下の人民の国会開設請願の趣意書だが、依頼した門下生は小田原の人、松本福昌、明治11(1878)年12月に慶應義塾を卒業している。 『福澤諭吉全集』第20巻220頁~223頁に「国会開設の儀に付建言」が掲載されている。 明治13(1880)年6月7日付、宛名は、元老院議長 大木喬任殿。

 「相模国九郡五百五拾九町村弐萬三千五百五拾五名の人民奉上申候。」「国会開設の儀は兼て(改行)主上の御誓文竝に難有御明詔の趣きも有之、立憲政体即ち国会開設の精神にして、取も直さず上より御沙汰相成候御儀にて、今日迄の所は唯其時節未だ到来不致、漸次に其御運び可相成との御事に御座候處、本年に至りては世上の人気も彌以て此開設に熱心仕候趣にて、既に諸方より出願の向も不尠、此事に就ては如何なる辺鄙の田舎に至るまでも一句の不の字を申者無之は、全く人心の之に熱して時節到来致し候儀と奉存候。就ては私共一萬八千七百六拾壱名の人民も矢張天下の衆論に同じく開設の儀飽迄奉希望候。」

 (世界万国の交際は、徳義人情でも、約束法律でもなく、ただ恃むところは兵力、日本も兵備を厳重にすることが肝要だ。)「方今護国の用意行届かざるは、国に人物なきにあらず、又財なきにあらず、唯其人物を政府に集むること能はず、其財を国庫に積むこと能はざるの罪のみ。現今の歳入五千余萬円にては、僅に従前の政府を維持するに足る可きか或は足らざることならん。近日紙幣の下落一円に付五十銭の差を生じ、政府の歳入五千萬円なるも其実は三千余萬円に過ぎず、実に焦眉の急難と可申、政府は何等の方便を以て此財政の衰頽を恢復せんと欲するか、既往は論ぜず、今日に在ては大に国債を募て急を救ふの外策略なかる可し。然るに此国債を募るに当て、政府は果して人民をして悦で此募に応ぜしむる程の人心を得たる歟、乍恐未だ此場合には至らざることと奉存候。今日の有様にては日本は政府の日本にして未だ人民の日本にあらず、故に日本の艱難も唯政府の艱難にして人民の艱難にあらず。人民若し国の艱難を身に引受け国難を身難とするの日に至れば、何ぞ国財の不足を憂るに足らん。国債を募て紙幣を消却するが如きは易中の易と申ものなり。其人民をして国難に当らしむるの方便は、他なし。唯之に参政の権を附與して国会を開設するの一策あるのみ。政府は此焦眉の急に接しながら尚且何等を顧慮して荏苒(じんぜん。為すことのないまま歳月が過ぎること)今日に至り給ふ哉。乍恐私共の愚見に於て解す可からざることに御座候。」

 (紙幣消却も若干の内債を募ればよく、)「畢竟内国に財なきに非ず、財を集むるの方便なきのみ。政府に国財を集むる能はざるは、民心を収むるの法、如何にして可ならん。唯国会開設の一策あるのみと奉存候。」

 「紙幣の一事は唯焦眉の急のみ。此急を救ひ終りて益国事の改進に着手し、陸海軍を皇張し、海岸の防禦を厳にし、内には大に鉄道を築造し、外には盛に郵便汽船の線路を広め、製作工業の道を勧めて商売貿易の法を改革し、外国の人をして一毫の権力を濫用せしめず一銭の利益を押領せしむることなからんを期するのみ。乍恐政府の御趣意とて此外には有之間敷、即ち官民一般の接点なり。政府之を欲し、民心亦熱し、之に加ふるに時勢の切迫止むを得ざる事情あり、国会開設今日已に晩(おそ)しとするも尚早と云ふ可からず。国会今日に開設す可き也。」

「自由民権運動の経緯」と福沢『国会論』2022/07/14 06:53

 「自由民権の町田が東京へ」に関連して、福沢諭吉と自由民権運動について、見てみたいと思う。 富田正文先生の『考証 福澤諭吉』下巻の「明治十四年の政変」の章に、「自由民権運動の経緯」がある。

 明治6(1873)年に征韓論がいれられず下野した諸参議のうち、板垣退助、後藤象二郎、江藤新平、副島種臣の4前参議と、小室信夫、由利公正、岡本健三郎、古沢滋の4名を加えた8名連署で、明治7(1874)年1月17日に民選議院設立建白書が左院に提出された。 これから5日前の1月12日に、この8名の連署者とその他の有志者が副島前参議邸に集まり、愛国公党を結成したのが、自由民権派の最初の政治結社であった。 天賦の人権に基づいて民選議院の設立を要求することが、当面の政治課題であるとした。 しかし、党の中心人物である板垣退助と片岡健吉が相前後して土佐に帰ってしまったので、事実上消滅してしまった。

 明治8(1875)年1月から2月にわたって、大久保利通、木戸孝允、板垣退助の現前3参議が大阪に集まって、政局の収拾について意見を交換した。 いわゆる大阪会議である。 このとき板垣は、旧愛国公党の同志の再結集を呼びかけ、土佐の立志社が中心になって、全国的政治結社として愛国社が結成された。 ところが、結成後十日も経ないうちに、板垣が参議に復帰することが決まったので、反政府運動を目標に結集した愛国社は、何の活動もしないうちに自然消滅してしまった。

 明治10(1877)年の西南戦争後は、武力による反政府運動は影をひそめ、代わって言論による大衆組織によって専制政府を打倒しようという方向へ、有志者の指向が変わって来た。 土佐の立志社は愛国社の再興を図り、各地の政治結社に呼びかけて、明治11(1878)年9月に大阪で愛国社の再興大会を開き、その後毎年春秋に大会を開いて、やがて全国政治結社の中核的存在になった。

 福沢諭吉は、明治12(1879)年7月28日から8月14日まで、11回にわたって『郵便報知新聞』に「国会論」と題する社説を掲載、8月のうちに単行本『藤田茂吉・箕浦勝人述/国会論 前編』として出版した。 福沢の『国会論』が発表された後の、11月の愛国社の第3回大会では、愛国社は国会開設実現を期する全国的規模の大衆的請願運動を組織化することを、当面の最重要課題として採り上げた。

 果たして『国会論』が愛国社の運動に影響を与えたかどうかは、見解が分かれるけれど、この時期から国会開設請願運動は燎原の火のような勢いで燃えひろがり、福沢自身も門下生の有志者に頼まれて、神奈川県下の人民の国会開設請願の趣意書を代筆して与えたこともある。 その趣意書は各地の新聞にも転載されて、条理整然としたその文面は国会開設請願書の範とされたという。

前田祐吉監督を語るシンポジウム2022/07/02 06:53

そこで、前田祐吉野球殿堂入記念「今、Enjoy Baseballを語る」シンポジウム。 出席者は、清澤忠彦(元投手、住友金属元監督、高校野球元審判員)、上田誠(慶應高校野球部元監督)、堀井哲也(慶應義塾大学野球部監督)、前田大介(前田祐吉元監督次男)、上田まりえ(スポーツキャスター、元日本テレビアナウンサー)で、司会を古葉隆明(東京国際大学専任講師)と都倉武之(慶應義塾福澤研究センター准教授)が務めた。

前田祐吉監督の思い出。 清澤忠彦さんは前田監督1期目、歳もそれほど離れていない、試合当日まで知らせない投手の起用法には疑問があるようだった(清澤さんの早慶六連戦の思い出を、「慶應、法政の三浦投手に「ノーヒットワンラン」」<小人閑居日記 2021.4.18.>に書いた)。 前田監督は、高校野球が嫌い。

堀井哲也監督は、前田監督2期目、新年のミーティングで、2年~4年生80名ほど、レギュラーの1番から8番までポジションを発表、7番センター堀井、その8名だけ残れ、2か月間見て課題を与える、と。 厳しい人、背筋が伸びて、凍った。 前田イズムは、(1)全力でやれ、(2)相手のことを考えるチームプレー、(3)自分で工夫。 監督になって、知らず知らず、それを求めている。

上田誠さんは、前田監督には、慶應高校監督になるのやアメリカ野球留学などに大変お世話になったが、高校の試合でスクイズで10点目を取りコールド勝したのを叱られた、野球には初回からバントしないなど、アンリトンルールがあると。

古葉隆明さんは、古葉竹識広島カープ監督の息子さんだそうだが、前田監督は、技術指導はしない、自分で工夫して練習せよ、と。 父、竹識と同じ。

前田大介さん、家族としては「エンジョイ・ファミリー」ではなかった。 年取ってからの子で、勉強に厳しく、英語の原書を渡された、発明狂で晩年に二冊の本を出したが、一冊は発明の本で、遠赤外線の効果とか言っていた。 先月、母が亡くなったが、愛妻家だった。

都倉武之さんは、アメリカ的な野球、堀井哲也さんが大学3年の時、アメリカ遠征、手紙二通で学生30人連れてアメリカへ行った。 牧野直隆高野連会長に対し「弱いから行くんだ」の情熱で、沢山の支援を受けて、ロスの地へ、UCLAのアダムスヘッドコーチの指導を受け、その後の慶應野球の歴史を変えた。 慶應野球部は、現在も3年に一度アメリカ遠征している。