「生きるのが下手」「心を開いていれば」「明日がないから」2018/10/30 07:19

 坂本龍馬について長々と書き、お読み下さった方もくたびれただろうが、書 いた私もくたびれた。 そこで息抜きにと古いメモをかき回していたら、こん なのがあったので、手抜きで引いておく。

 ○「人間はみんな、生きることが下手だ。/どんなに幸せに生きている人で も、どこかしら下手くそだ。生きることに上達する人もいない。生まれてから 死ぬまで、誰もがみんな下手で下手で下手で、下手なまんまで生きてゆくのだ。」 (宮部みゆき「山本周五郎と私」「不幸のみなもと」『波』2013年11月号)

 ○森澄雄先生を師と仰ぎ俳句と共に人生の生き方を教えて頂きました。「心を 開いていれば、俳句は向こうからやってくる。人生もそうだよ。」「自分をいと おしいと思わない者には、俳句はつくれないよ。」「運命などと言うものはない。 命は自分で運ぶんだよ。」この三つの言葉が自分を支えてくれました。(岡本多 満喜句集『蜩(ひぐらし)』(ふらんす堂)の「あとがき」から。ブログ「ふら んす堂編集日記」より)

  ○「だから、人間はあしたってわからないですよ。皆さんもきょう、秋晴れ のこんないいお天気の日に、こんなところに(笑)、文化を愛するからいらっし ゃったんだと思うんですけれども、あしたはわからないですよ(笑)。/きょう がもう最後だと思って、きょう食べたいものを食べて、飲みたいものを飲んで、 会いたい人に会って、そして読みたい本を読んでください。/台風も地震も、 そして戦争だって、あしたにも始まっちゃうかもしれない。変な時代です。そ んな不安な時代に本なんか読んでいられるかと思うかもしれませんが、不安な 時代だから、明日がないから、きょうは本物の本を読みたいんです。そうして、 文化をお腹一杯食べて眠りたいですね、芸術も文化も、体の栄養にはならない けれども、心の栄養には絶対必要です。これを忘れないでください。」(瀬戸内 寂聴講演「これまでの一〇〇年、これからの一〇〇年」『図書』2014年1月号)

映画『日々是好日』<等々力短信 第1112号 2018.10.25.>2018/10/25 07:15

 「にちにちこれこうじつ」と家内が言うので、「ひびこれこうじつ」だろうと、 何度か訂正していたら、映画『日々是好日』は「にちにちこれこうじつ」と読 むのであった。 平身低頭で謝り、映画を観ることになった。 観て来て、昼 寝をして起きたら、雨の音がした。 主人公の典子(黒木華(はる))が、お茶 を始めて二年を過ぎる頃、梅雨時と秋では、雨の音が違うことに気づく。 掛 軸の「瀧」という字を見つめていて、轟音を聴き、水飛沫を浴びたように感じ、 掛軸は絵のように眺めればいいのだ、と知る。 季節の音、光、窓の外の木々 の景色、活けられた花、折々の和菓子などに、私は俳句との「近さ」を強く感 じた。 お茶の先生は「毎年同じことができる幸せ」と言う。

 真面目で、理屈っぽくて、おっちょこちょいの典子は二十歳、大学時代に一 生をかけられる何かを見つけたいと思っていたが、ままならない。 母(郡山 冬果・柳家小三治の娘が女優なのは知らなかった)が、お辞儀姿を見て「只者 じゃない」と思った武田先生(樹木希林)に、同い年の従姉妹・美智子(多部 未華子)と一緒に、お茶を習うことになる。 「意味なんてわからなくてもい いの。お茶はまず『形』から。先に『形』を作っておいて、その入れ物に後か ら『心』が入るものなのよ。」 「それって形式主義じゃないんですか?」と反 論する美智子に、先生は「なんでも頭で考えるからそう思うのねえ」と笑って 受け流す。 多部の華やかさと黒木の清楚さの対比も見所だ。

脚本も書いた大森立嗣(たつし)監督(朝ドラ『まんぷく』で元陸軍大将役、 舞踏家・麿赤兒の息子だそうだ)は、一つの挿話が終ると画面が暗くなるフェ ードアウトを多用して、落語の「カラスカア」のように、年月を切り替える。  翌週、二か月、二年…、二十余年、ヒロインはお茶を習うことと共に、成長し ていく。 世の中には、「すぐわかるもの」と、「すぐわからないもの」の二種 類がある。 すぐにわからないものは、長い時間をかけて、少しずつ気づいて、 わかってくる。 十歳の時、家族で観てまるでわからなかったフェリーニの映 画『道』に、大人になった典子が涙を流すように。

 撮影は昨年11月20日から12月23日に、主に横浜市でのロケで行われた。  今年9月15日に亡くなった樹木希林が、そこに車を運転して通っていたのを、 NHKスペシャル「“樹木希林”を生きる」の密着取材で見た。 木寺一孝ディ レクターを、その車に乗せて送り迎えし、「気が張ってるから、やれてる」と話 していた。 だが映画では、少しも衰えを感じさせない。 年を取ってからの シーンで、メイクの具合もあるのか、少しやつれたように見えるくらいだ。 全 身ガンの状態で、着物の着付、長い正座、緊張のお点前など、さぞ大変だった ろう。 女優魂と集中力に脱帽する。

漱石の「坂と台地」「高低差で心理描写」2018/10/20 07:07

 「猿楽祭」でデンマーク大使館を覗いてから、東急トランセの代官山循環バ スで、急坂を下りて渋谷に出た。 食事の後、「竹の春」と「桃」の句会<小人 閑居日記 2018.9.18.>に書いた渋谷ストリームと渋谷川の遊歩道に、家内を 案内した。 並木橋の際に出て、また代官山駅の方へグルッと一周することに なった。 この道は緩やかな上り坂なのだが、だらだらと長く上っていて、結 構きついのだった。 いつもリフレッシュ氷川という渋谷区の施設で『夏潮』 渋谷句会が終った後、並木橋の交差点で別れて、この道をお帰りになる方々が いるのだが、健脚だということがわかった。

 そんなことを書いたのは、12日の朝日新聞の文化・文芸欄に、「いま読む漱 石 新たな発見」という記事があって、早大名誉教授(日本近代文学)の中島国 彦さんが「坂と台地 高低差で心理描写」と語っていたからだ。 今夏、漱石作 品を東京の地理で読み解いた『漱石の地図帳』(大修館書店)を出版した。 坂 や台地に注目すると、漱石が地形を利用して心理描写をしたことが見えてくる というのだ。

 たとえば、親友Kを出し抜いて、下宿のお嬢さんを手に入れた『こころ』の 先生は、小石川の伝通院近くの下宿から散歩に出て、「(神田)猿楽町から神保 町の通りへ出て、小川町の方へ曲り……万世橋を渡って、明神の坂を上って、 本郷台へ来て、それからまた菊坂を下りて、しまいに小石川の谷へ下りた」と いう4回の上り下りをする。 中島さんは、ここに注目して、「落ち着かない 先生の気持ちを、漱石は小一時間の道のりの高低激しい起伏で表現した」とす る。 Kはこの後、自殺する。

 『それから』では、高等遊民の代助は、藁店(わらだな・神楽坂通りにある 老舗文具店「相馬屋」の向かいにある路地に沿って上っていく地蔵坂)あたり に住んでいて、帰京する三千代夫妻のために、伝通院近くに家を探す。 漱石 は、江戸川を挟む二つの台地(牛込台地と小石川台地)の向かい側に、代助と 三千代の家を設定したのだ。 ある日、その谷間、牛込見附で、愛する三千代 の家の方に灯を認めた代助は、安藤坂を上って行く。 「遠くの小石川の森に 数点の灯影を認めた。代助は……三千代のいる方角へ向いて歩いて行った。」  中島さんは、「灯」を頼りに思わず引き寄せられる恋心が表現されている、と岡 恵里記者に語ったそうだ。

「秋晴」と「銀杏(ぎんなん)」の句会2018/10/19 07:05

 11日は『夏潮』渋谷句会があった。 お家の建て直しをなさっていた和子さ んが久しぶりに参加され、披講をしてくれた。 この句会、最近は男性陣の数 が多く、この日も不在投句を入れて男性11名、女性6名、『夏潮』誌面で圧倒 的に女性の数が多いのと比較しても、特異な存在と言えるのではないか。 兼 題は「秋晴」と「銀杏(ぎんなん)」、私は次の七句を出した。

パリパリにやうやく乾く秋の晴

秋晴や遠くに黄色い花の群

秋晴や稚児行列を待つてをり

秋晴や北海道向け一番機

銀杏や鼻の先にてそれと知る

割烹の銀杏少し澄まし顔

銀杏や茶碗の底のエメラルド

 私が選句したのは、次の七句。 少ないと書いた、女性の句を多く頂いてい た。

若干の貯金残高秋晴るる       盛夫

秋晴れの山の名前を子に教え     淳子

秋晴れてとことん主婦を楽しめり   淳子

秋晴やテニスボールの音高く     真智子

ぎんなんを踏んでゆくより他はなく  和子

帽子目深にぎんなんを拾ひゆく    和子

煎りたての銀杏に塩そつと振り    庸夫

 私の結果。<秋晴や稚児行列を待つてをり>を裕子さん・明雀さん・耕一さ んが、<秋晴や北海道向け一番機>を一舟さんが採ってくれて、互選4票、主 宰選ゼロと、鳴かず飛ばずであった。

 英主宰は選評で、「秋晴」は兼題の句会だと難しい、と。 私も選句した和子 さんの二句について、<ぎんなんを踏んでゆくより他はなく>…狙っている、 例えば何とか公の墓などへ行く途中、瞬間の「アッ」という気持を詠んでいる、 <帽子目深にぎんなんを拾ひゆく>…そういう人がいそう、銀杏を拾うのに見 通しは要らない、と評した。

殿ヶ谷戸庭園と昼食、平櫛田中彫刻美術館2018/10/17 07:10

 「お鷹の道」から坂を登って、国分寺駅近くに出て、殿ヶ谷戸(とのがやと) 庭園に入る。 国分寺崖線の地形をうまく利用したこの庭園は、元は三菱合資 会社の岩崎彦彌太が昭和4(1929)年に同社員・江口定條(さだえ)の別荘「随 冝園(ずいぎえん)」を買い取り、昭和9(1934)年に和洋折衷としての木造主 屋、庭園には紅葉亭を建て、主屋前面の芝生地と崖線下方の湧水、次郎弁天池 を結んで回遊式庭園を完成させた。 順路に従って巡ると、まず萩のトンネル がある。 やや時期遅れか、前に来たのも同じような時期で<盛り過ぐ萩のト ンネル風通る>と詠んでいた(以下の句も、その時のもの)。 花木園を過ぎて、 美しい竹林に沿う竹の小径、<崖線の日につつまれて竹の春>。 集合写真を 撮った紅葉亭の脇では、タイミングよく鹿おどしが鳴った。 出口近くに秋の 七草がある、<殿ヶ谷戸秋の七草みな素朴>。

 昼食は、ビルの17階(下に早稲田実業が見えた)にある「梅の花」国分寺 店、二子玉川や青葉台にある店には行ったことがあった。 「秋美人」という ランチで、献立表には11種も並んでいる。 「ふく福胡麻豆冨」というのが メインか、豆乳に胡麻を入れてかき回し、にがりを加えて温め、固まったのを、 箆ですくって、キノコあんをかけて食べる。 皆さん、満足満腹の様子で、時 間がだいぶ押したのだった。

 国分寺駅から西武多摩湖線で一駅、一橋学園駅で降り、小平市平櫛田中彫刻 美術館へ。 以前行った時にはなかった展示館という建物では、折から特別展 「明治150年記念 彫刻コトハジメ」展の開催中だった(11月25日まで)。  特別展のため、期待した平櫛田中作品との再会は、数がごく少なかったのが残 念だった。 《転生》《天心先生記念像試作》《唱歌君ヶ代》《姉ごころ》《森の 行者》《ウォーナー博士像》《岡倉天心胸像》《法堂二笑》《鏡獅子試作裸像》《鏡 獅子試作頭》《烏有先生》だった。 平櫛田中旧居の記念館の方では、たまたま 江戸糸あやつり人形一糸座の「人形浄瑠璃公演」が行なわれていて、そちらに ある数々の平櫛田中作品が見られなかったのだ。 それでも、特別展でヴィン チェンツォ・ラグーザの《大鳥圭介像》を始め、高村東雲、大熊氏廣、高村光 雲、戸張孤雁、荻原守衛、朝倉文夫、中原悌二郎などの作品を見ることができ た。

 平櫛田中彫刻美術館を出て、木々の生い茂った玉川上水に沿った道を、江戸 東京たてもの園のある都立小金井公園方向へ向かって、つまり中央線で国分寺 -武蔵小金井間の距離を、ひたすら歩く。 途中でバスに乗る予定だったが、 「歩こう会」の名にふさわしい歩きとなった。 小金井公園内も広く、江戸東 京たてもの園に着いた頃には、相当くたびれていて、入口で解散した後は、と っかかりの二、三軒の建物を見て、早々に帰路についた。 万歩計は、21,541 歩であった。 十分な下見もして楽しい散策を企画し案内してくれた12期の 岡田幸次郎さんに深く感謝である。