柳家権太楼の「落語研究会」一覧2017/08/13 07:28

 ○私がブログに書き、現在も読める、主に「落語研究会」で聴いた柳家権太
楼の落語は次の通り。 智子夫人の台本のように一言一句という訳にはいかな
いけれど、この12年間の権太楼落語をどうぞ。
権太楼の「質屋庫(ぐら)」<小人閑居日記 2005.7.3.>(この6月30日は第
444回落語研究会。「落語研究会」の歴史的な日<小人閑居日記 2005.7.2.> 
「金魚の芸者」林家ぼたん(第一次落語研究会以来初の女性演者))
権太楼「笠碁」と山田洋次さんの落語本<小人閑居日記 2005.10.4.>
鯉昇の形相と、権太楼の長いマクラ<小人閑居日記 2005.12.31.>
権太楼の「芝浜」<小人閑居日記 2006.1.1.>
権太楼、夫婦ゴルフのまくらと「青菜」<小人閑居日記 2006.6.4.>
権太楼の「鰻の幇間」<小人閑居日記 2006.9.7.>
権太楼の「御慶」と出番の話<小人閑居日記 2007.1.10.>
権太楼「大工調べ」の金勘定<小人閑居日記 2007. 5.2.>
権太楼の「代書屋」<小人閑居日記 2007. 10.2.>
権太楼の「百年目」<小人閑居日記 2008. 3.6.>
権太楼の「家見舞」その前半<小人閑居日記 2008. 7.28.>
権太楼の「家見舞」その後半<小人閑居日記 2008. 7.29.>
権太楼の「粗忽の釘」<小人閑居日記 2008. 10.26.>
権太楼の「三枚起請」<小人閑居日記 2009. 4.12.>
権太楼の「化物使い」前半<小人閑居日記 2009. 10.5.>
権太楼の「化物使い」後半<小人閑居日記 2009. 10.6.>
権太楼の「言訳座頭」(長文注意)<小人閑居日記 2009. 12.29.>
権太楼「小言幸兵衛」のマクラ<小人閑居日記 2010. 3.7.>
権太楼の「小言幸兵衛」本体<小人閑居日記 2010. 3.8.>
権太楼の「唐茄子屋政談」前半<小人閑居日記 2010. 7.29.>
権太楼の「唐茄子屋政談」後半<小人閑居日記 2010. 7.30.>
権太楼の「富久」<小人閑居日記 2011. 1.4.>
権太楼の「禁酒番屋」<小人閑居日記 2011. 5.31.>
権太楼の「お神酒徳利」前半<小人閑居日記 2011. 11. 5.>
権太楼の「お神酒徳利」後半<小人閑居日記 2011. 11. 6.>
権太楼のマクラ「柳家おじさん」<小人閑居日記 2012. 6. 5.>
権太楼「不動坊火焔」の前半<小人閑居日記 2012. 6. 6.>
権太楼「不動坊火焔」の後半<小人閑居日記 2012. 6. 7.>
権太楼「うどん屋」のマクラ<小人閑居日記 2013. 2. 15.>
権太楼の「うどん屋」本篇<小人閑居日記 2013. 2. 16.>
権太楼の「蜘蛛駕籠」<小人閑居日記 2013. 9.3.>
権太楼「宗論」のマクラ<小人閑居日記 2013.12.6.>
権太楼「宗論」本篇<小人閑居日記 2013.12.7.>
権太楼「鰍沢」マクラと前半<小人閑居日記 2014.3.9.>
権太楼「鰍沢」の後半<小人閑居日記 2014.3.10.>
権太楼の「短命」<小人閑居日記 2014.6.8.>
権太楼「錦の袈裟」のマクラ<小人閑居日記 2014.11.30.>
権太楼「錦の袈裟」本篇<小人閑居日記 2014.12.1.>
権太楼の「へっつい幽霊」前半<小人閑居日記 2015.6.8.>
権太楼の「へっつい幽霊」後半<小人閑居日記 2015.6.9.>
権太楼「猫の災難」のマクラ「出囃子」<小人閑居日記 2015.10.3.>
権太楼「猫の災難」の本篇<小人閑居日記 2015.10.4.>
権太楼の「二番煎じ」前半<小人閑居日記 2016.3.9.>
権太楼の「二番煎じ」後半<小人閑居日記 2016.3.10.>
権太楼の「心眼」<小人閑居日記 2016.8.12.>
柳家権太楼の「睨み返し」前半<小人閑居日記 2017.1.5.>
柳家権太楼の「睨み返し」後半<小人閑居日記 2017.1.6.>
柳家権太楼の「死神」前半<小人閑居日記 2017.6.10.>
柳家権太楼の「死神」後半<小人閑居日記 2017.6.11.>

 ○ブログにする以前のもので、朝日ネットの会員限定のフォーラム「等々力
短信・サロン」で読めるのは、次の通り。
落語家と世界一周クルーズ<小人閑居日記 2002.10.25.>
 24日は、第412回落語研究会。 「素人義太夫」柳家権太楼
こぶ平の「一文笛」など<小人閑居日記 2003.4.24.>
 23日は新年度に入った第418回落語研究会。 「お化け長屋」柳家権太楼
円生のアクセント<小人閑居日記 2003.12.20.>
 19日は、第534回東京落語会。 「試し酒」柳家権太楼
初席の落語研究会みな快調<小人閑居日記 2004.1.23.>
 22日は、今年最初の第427回落語研究会。 「ひとり酒盛」柳家権太楼
志ん太、喬太郎、菊丸<小人閑居日記 2004.6.1.>
31日は第431回落語研究会。 「大山詣り」柳家権太楼

 ○それ以前の柳家権太楼の「落語研究会」出演と、桂枝雀と一緒の回は、つ
ぎの通り。
第132回1979(昭和54)年4月26日「人形買い」(柳家さん光)、第187回 
1983(昭和58)年11月28日「芝居の喧嘩」、第245回1988(昭和63)年9
月28日「大安売り」、第251回1989(平成元)年3月30日「錦の袈裟」(桂
枝雀「愛宕山」)、第267回1990(平成2)年7月23日「船徳」(桂枝雀「舟
弁慶」)、第274回1991(平成3)年2月26日「お血脈」、第283回1991(平
成3)年11月27日「天狗裁き」(桂枝雀「住吉駕籠」)、第289回1992(平成
4)年6月29日「佐野山」(桂枝雀「寝床」)、第292回1992(平成4)年10
月27日「代書屋」、第298回1993(平成5)年4月14日「くしゃみ講釈」、
第303回1993(平成5)年9月28日「佃祭」(桂枝雀「軒づけ」)、第312回 
1994(平成6)年6月27日「化物使い」、第317回1994(平成6)年11月29
日「壺算」、第322回1995(平成7)年4月14日「火焔太鼓」、第325回1995
(平成7)年7月24日「舟徳」、第330回1995(平成7)年12月27日「芝
浜」(桂枝雀「宿替え」)、第334回1996(平成8)年4月11日「幽霊の辻」(小
佐田定雄作)、第337回1996(平成8)年7月25日「鰻の幇間」、第341回1996
(平成8)年11月14日「睨み返し」、第346回1997(平成9)年4月11日「つ
き馬」、第351回1997(平成9)年9月30日「大工調べ」、第356回1998(平
成10)年2月25日「宿屋の仇討」、第362回1998(平成10)年8月25日「疝
気の虫」、第371回1999(平成11)年5月27日「へっつい幽霊」、第376回 
1999(平成11)年10月18日「くしゃみ講釈」、第380回2000(平成12)年
3月1日「茶の湯」、第384回2000(平成12)年年6月26日「らくだ」、第
390回2000(平成12)年年12月27日「文七元結」、第395回2001(平成13)
年5月31日「子別れ(上)」、第397回2001(平成13)年7月24日「子別れ
(中)」、第398回2001(平成13)年8月29日「子別れ(下)」、第400回2001
(平成13)年10月24日「芝居の喧嘩」、第404回2002(平成14)年2月28
日「居残り佐平治」、第408回2002(平成14)年6月25日「井戸の茶碗」。

小人閑居日記 2017年7月 INDEX2017/07/31 07:54

7467 藤井聡太四段と人工知能(AI)の活用<小人閑居日記 2017.7.1.>
7468 桂三木男の「雛鍔」<小人閑居日記 2017.7.2.>
7469 朝也改メ春風亭三朝の「蛙茶番」<小人閑居日記 2017.7.3.>
7470 橘家圓太郎の「野ざらし」前半<小人閑居日記 2017.7.4.>
7471 橘家圓太郎の「野ざらし」後半<小人閑居日記 2017.7.5.>
7472 林家彦いちの「熱血怪談部」<小人閑居日記 2017.7.6.>
7473 古今亭志ん輔の「大山詣り」前半<小人閑居日記 2017.7.7.>
7474 古今亭志ん輔の「大山詣り」後半<小人閑居日記 2017.7.8.>
7475 八幡鮨四代目・安井弘さんの『早稲田わが町』<小人閑居日記 2017.7.9.>
7476 旧跡「高田馬場(たかたのばば)」のこと<小人閑居日記 2017.7.10.>
7477 早稲田の町と大学野球部<小人閑居日記 2017.7.11.>
7478 高田馬場の植木屋と、横浜「富貴楼」お倉<小人閑居日記 2017.7.12.>
7479 お倉、大隈重信と伊藤博文の関係を修復<小人閑居日記 2017.7.13.>
7480 松本良順の洋式病院「早稲田蘭疇医院」<小人閑居日記 2017.7.14.>
7481 「大磯の恩人」松本順<小人閑居日記 2017.7.15.>
7482  大磯の「松本順の頌徳碑」と妙大寺のお墓<小人閑居日記 2017.7.16.>
7483 「冷麦」と「合歓の花」の句会<小人閑居日記 2017.7.17.>
7484 いわきFCの「大番狂わせ」<小人閑居日記 2017.7.18.>
7485 「獺祭」杜氏を廃しデータ管理の酒造り<小人閑居日記 2017.7.19.>
7486 「獺祭」桜井博志会長の道のり<小人閑居日記 2017.7.20.>
7487 桂宮治の「徳ちゃん」<小人閑居日記 2017.7.21.>
7488 三遊亭兼好「一眼国」のマクラ<小人閑居日記 2017.7.22.>
7489 三遊亭兼好「一眼国」の本篇<小人閑居日記 2017.7.23.>
短信 7490 昭和2(1927)年7月<等々力短信 第1097号 2017.7.25.>
7491 柳家小さんの「青菜」前半<小人閑居日記 2017.7.24.>
7492 柳家小さんの「青菜」後半<小人閑居日記 2017.7.25.>
7493 入船亭扇辰の「なす娘」<小人閑居日記 2017.7.26.>
7494 五街道雲助の「佃祭」前半<小人閑居日記 2017.7.27.>
7495 五街道雲助の「佃祭」後半<小人閑居日記 2017.7.28.>
7496  桑原・清水両先生の『汽車のえほん』翻訳の真相・補遺<小人閑居日記 2017.7.29.>
7497 NHK開発の「社会問題解決型AI(人工知能)」と「計量経済学」<小人閑居日記 2017.7.30.>
7498 「AIに聞いてみた どうすんのよ!? ニッポン」<小人閑居日記 2017.7.31.>

小人閑居日記 2017年6月 INDEX2017/06/30 07:37

7435 ビスマルクが築いた安定、戦争で崩壊<小人閑居日記 2017.6.1.>
7436 岩倉使節団、憲法調査、伊藤博文と福沢<小人閑居日記 2017.6.2.>
7437 シベリア鉄道、福沢の日英同盟論<小人閑居日記 2017.6.3.>
7438 春風亭正太郎の「そば清」前半<小人閑居日記 2017.6.4.>
7439 春風亭正太郎の「そば清」後半<小人閑居日記 2017.6.5.>
7440 ろべえ改メ柳家小八の「明烏」前半<小人閑居日記 2017.6.6.>
7441 ろべえ改メ柳家小八の「明烏」後半<小人閑居日記 2017.6.7.>
7442 春風亭一朝の「三方一両損」<小人閑居日記 2017.6.8.>
7443 桃月庵白酒の「犬の災難」<小人閑居日記 2017.6.9.>
7444 柳家権太楼の「死神」前半<小人閑居日記 2017.6.10.>
7445 柳家権太楼の「死神」後半<小人閑居日記 2017.6.11.>
7446 「雨蛙」と「石榴の花」の句会<小人閑居日記 2017.6.12.>
7447 トランプ政権とは何か、日本への影響<小人閑居日記 2017.6.13.>
7448 世界遺産富岡製糸場を見学<小人閑居日記 2017.6.14.>
7449 『写真集 富岡製糸場』<小人閑居日記 2017.6.15.>
7450 自動繰糸機の導入と日本製糸業の延命<小人閑居日記 2017.6.16.>
7451 富岡製糸場と渋沢栄一、尾高惇忠<小人閑居日記 2017.6.17.>
7452 森まゆみ著『彰義隊遺聞』の渋沢栄一<小人閑居日記 2017.6.18.>
7453 渋沢栄一について書いたこと一覧<小人閑居日記 2017.6.19.>
7454 銀行「カードローン」急増の裏に<小人閑居日記 2017.6.20.>
7455 倉本聰『やすらぎの郷』を見始めた理由<小人閑居日記 2017.6.21.>
7456 『やすらぎの郷』石坂浩二と野際陽子<小人閑居日記 2017.6.22.>
7457 “姫”九条摂子の八千草薫と向井理<小人閑居日記 2017.6.23.>
7458 あじさい時の北鎌倉<小人閑居日記 2017.6.24.>
7459 「隠れ家のような料理店」の献立<小人閑居日記 2017.6.25.>
短信 7460 人類史を切り拓いた鉄道<等々力短信 第1096号 2017.6.25.>
7461  日本のメディアに不足する地政学の観点<小人閑居日記 2017.6.26.>
7462 竹森俊平教授に聴いた「地政学」<小人閑居日記 2017.6.27.>
7463 小森陽一教授の「漱石と地政学」<小人閑居日記 2017.6.28.>
7464 加藤陽子教授の「日英同盟と第一次大戦参戦」<小人閑居日記 2017.6.29.>
7465 Nスペ「人工知能 天使か悪魔か 2017」<小人閑居日記 2017.6.30.>

加藤陽子教授の「日英同盟と第一次大戦参戦」2017/06/29 07:18

それに続く「日英同盟と第一次大戦参戦」<小人閑居日記 2017.2.26.>で は、小森陽一さんが「日英同盟を結んで、今いう集団的自衛権の行使から第一 次世界大戦に参戦しなければならなかった。」とした点について、加藤陽子東京 大学文学部教授の『それでも、日本人は「戦争」を選んだ』(朝日出版社)から 異論というか、その詳しい経緯を紹介した。 これも沼田篤良さんの『オリエ ント急行と地政学』に響き合うので、見直しておきたい。

「加藤さんは、実はイギリス側がまず、日本が日英同盟の名目で参戦するこ とに反対したと言う。 エドワード・グレイ外相が断った。 1902(明治35) 年に締結された日英同盟の目的は、「東亜およびインドの地域における全局の平 和」の確保と、「中国の独立と領土の保全」の確保にあった。 東亜、インド、 中国という地域についての安全保障の条約ということで、必ずしもドイツとの 戦争で発動されるべき条約でなかったのが、理由の第一。 また、1914(大正 3)年8月の時点では、戦争が長期化するかどうか不明だったので、当面は東 アジアの海域におけるイギリス商船の護衛くらいでいいのだから、と。」

 「だが、加藤高明(たかあき)外相に迫られたイギリスは、「日英同盟のよし みから参戦する点について対外的に説明することまでは了解した」と認める。  ただしグレイは、日本側に条件を出す。 軍事行動の範囲を「シナ海の西及び 南、ドイツの租借地である膠州湾以外には広げない。太平洋には及ぼさない」 と声明することを日本側に要求する。 このシビアな要求に、加藤外相が応じ ないでいると、イギリスは、その軍事行動の範囲で日英政府は一致したとの趣 旨を、日本に知らせず公表してしまう。」

 「なぜイギリスは、同盟を結んでいる最も重要な国である日本に対して、軍 事行動の範囲を限定する声明を出すことを要求したのか。 その答えの一つは イギリス連邦や自治領側が日本に対して抱いていた警戒感から説明できる。  オーストラリアやニュージーランドは、日本の南下を怖れていた。 日本が日 英同盟を理由に参戦したとなれば、歯止めがきかなくなって、日本は戦闘領域 の制限を超えてドイツ領を占領するだけでなく、自分たちの国にも迫ってきや しないかと怖がる。」

 「実はもう一つ理由があり、日本が日英同盟を理由に参戦してしまう場合、 グレイ外相の懸念はこちらの方が大きかった。 イギリスが極東で最も利益を 持っている場所、中国の問題だ。 中国のなかにそれぞれ勢力圏をつくってい たヨーロッパの国々、イギリスやフランスなどはヨーロッパを戦場としてドイ ツと戦っている。 その間、日本は中国に対して何らかの権益強化をやるだろ う。 おそらくドイツの勢力圏であった山東半島はとるだろう、それまではい いが、中立宣言をして、大戦に巻き込まれないようにしている中国自体の権益 の一部を、ドイツに関係するからという理由で日本の陸海軍が接収したりすれ ば、中国内部からは強い反発が起こるだろう。 日本に対する中国の反発が、 日英同盟という理由から、イギリスにまで及ぼされてはたまったものではない。  イギリスにとって最も嫌なのは、対中貿易の利益が減ることだ。 日本が中国 に対してなんらかの措置をとることで、中国で擾乱が起こることをイギリスは 警戒した。 日本のお家芸、南方の革命派と手を組んで資金を提供し、革命を 起こさせるとか、やりそうなのだ。 イギリスは、上海・香港を拠点とする中 国への貿易額が下がることが、なによりも苦痛で心配だった。」

 「1914(大正3)年7月28日、オーストリアはセルビアに宣戦布告した。  ドイツ・オーストリア対ロシアの対立が深く進行していたので、8月1日にド イツがロシアに宣戦布告すると8月4日にロシアと同盟関係にあったイギリス がドイツに宣戦布告し、世界を巻き込む戦争が始まる。 フランスもイギリス と行動をともにした。 日本は、8月23日ドイツに宣戦布告したが、参戦の仕 方はなかなか強引だった。 主役は、第二次大隈重信内閣の外相、加藤高明。  大正天皇が夏の静養中だった日光の田母沢御用邸に、夜中におしかけて行って 天皇の裁可をもらう。 学問・軍事・技術など、長らく学んできた先生にあた る国家であるドイツと戦うことについては、元老の山県有朋などにはためらい があったという。 加藤高明外相は、ずんずんすすむ。」

小人閑居日記 2017年5月 INDEX2017/05/31 07:53

7402 井上円了と石黒忠悳、福沢を冷やす氷<小人閑居日記 2017.5.1.>
7403 柳亭こみちの「豊竹屋」<小人閑居日記 2017.5.2.>
7404 古今亭志ん陽の「疝気の虫」<小人閑居日記 2017.5.3.>
7405 桂文治の「二十四孝」前半<小人閑居日記 2017.5.4.>
7406 桂文治の「二十四孝」後半<小人閑居日記 2017.5.5.>
7407 春風亭一之輔の「堀之内」<小人閑居日記 2017.5.6.>
7408 柳家さん喬の「ひとり酒盛」前半<小人閑居日記 2017.5.7.>
7409 柳家さん喬の「ひとり酒盛」後半<小人閑居日記 2017.5.8.>
7410 「枇杷の会」深川吟行<小人閑居日記 2017.5.9.>
7411 慶應大学は大阪弁の大学か<小人閑居日記 2017.5.10.>
7412 福沢の少年時代、「脱皮論」〔昔、書いた福沢22〕<小人閑居日記 2017.5.11.>
7413 横松宗著『福沢諭吉 中津からの出発』〔昔、書いた福沢23〕<小人閑居日記 2017.5.12.>
7414 映画『福沢諭吉』〔昔、書いた福沢24〕<小人閑居日記 2017.5.13.>
7415 「卯波」と「新樹」の句会<小人閑居日記 2017.5.14.>
7416 山内裕子さんの季題研究「卯浪」<小人閑居日記 2017.5.15.>
7417 自註『本井 英集』を読む(序)<小人閑居日記 2017.5.16.>
7418 本井英先生の句境を推察する<小人閑居日記 2017.5.17.>
7419 志木高教諭時代、虚子「追っかけ」旅、そして<小人閑居日記 2017.5.18.>
7420 無言館とゲティスバーグ演説<小人閑居日記 2017.5.19.>
7421 <うな重を妻に奢りて落着す><小人閑居日記 2017.5.20.>
7422 オマーン大使館で天満敦子のヴァイオリンを聴く<小人閑居日記 2017.5.21.>
7423 福沢諭吉訳のアメリカ合衆国憲法<小人閑居日記 2017.5.22.>
7424 「国のかたち」の大変化と憲法制定・改正<小人閑居日記 2017.5.23.>
7425 「鎌倉アカデミア」という学校<小人閑居日記 2017.5.24.>
7426 映画『鎌倉アカデミア 青の時代』<小人閑居日記 2017.5.25.>
短信 7427 鏑木清方『随筆集 明治の東京』<等々力短信 第1095号 2017.5.25.>
7428 「自由大学」を存続するための苦闘<小人閑居日記 2017.5.26.>
7429 鎌倉アカデミアと横浜市立大学<小人閑居日記 2017.5.27.>
7430 鎌倉アカデミアの青春、「瞳さんのラヴレター」<小人閑居日記 2017.5.28.>
7431 『ソール・ライター展』、俳句との近さ<小人閑居日記 2017.5.29.>
7432 代々続く大郵便局長の家柄?<小人閑居日記 2017.5.30.>
7433 明日から葉書の料金が62円<小人閑居日記 2017.5.31.>