福沢の墓・ヘボン・荻生徂徠・歩こう会2017/10/14 07:06

慶應志木会・歩こう会、「目黒から三田へ 歴史と自然に触れる」に関連して、
ご参考までに、今まで「福沢諭吉の墓」「ヘボン」「落語・井戸の茶碗」「荻生徂
徠」「慶應志木会・歩こう会」について、このブログ<小人閑居日記>に書いた
リストをあげておきたい。 「慶應志木会・歩こう会」には、2006(平成18)
年9月30日の「市川、矢切周辺遺跡巡り」以外は全部参加しているようだ。

   「福沢諭吉の墓」
善福寺・福沢諭吉墓所<小人閑居日記 2010. 10.12.>
宿題の小さな墓石を見に行く<小人閑居日記 2010. 10.13.>
高仲熊蔵・はな夫妻の墓<小人閑居日記 2010. 10.14.>
麻布山善福寺…空海の杖、親鸞の杖<小人閑居日記 2010. 10.15.>
福沢諭吉の、墓についての考え<小人閑居日記 2011. 8. 23.>

   「ヘボン」
「新・横濱歴史散歩」の聴講<小人閑居日記 2003.4.13.>
ヘボン、明治学院、横浜海岸教会<小人閑居日記 2003.4.14.>
「ワイコフ、マコーレー賞」のこと<小人閑居日記 2003.4.15.>
初期「明治学院」の略史<小人閑居日記 2003.4.16.>
ヘボンの四大事業<小人閑居日記 2003.6.10.>
ヘボンの『和英語林集成』<小人閑居日記 2003.6.11.>
岸田吟香のこと<小人閑居日記 2003.6.12.>
ヘボンさん<等々力短信 第928号 2003.6.25.>
横浜関内散歩3 山下公園、ヘボン邸、中華街<小人閑居日記 2003.7.25.>
雨中の横浜にヘボン博士の足跡を尋ねる<小人閑居日記 2009. 4.30.>
ヘボン来日150周年記念講演会<小人閑居日記 2009. 9.19.>
ヘボンの『和英語林集成』<小人閑居日記 2009. 9.20.>
幕末明治初期の日本語を知るために<小人閑居日記 2009. 9.21.>
医療宣教師・ヘボン博士<小人閑居日記 2009. 9.22.>
ヘボン博士、大童信太夫の痔を手術<小人閑居日記 2013. 6.29.>

   「落語・井戸の茶碗」
扇遊の「井戸の茶碗」<小人閑居日記 2006.7.24.>
志の輔「井戸の茶碗」前半<小人閑居日記 2012. 5. 4.>
志の輔「井戸の茶碗」後半<小人閑居日記 2012. 5. 5.>
白酒の「井戸の茶碗」<小人閑居日記 2014.1.28.>

   「荻生徂徠」
扇辰の「徂徠豆腐」前半<小人閑居日記 2015.3.16.>
扇辰の「徂徠豆腐」後半<小人閑居日記 2015.3.17.>
天才儒者・中根東里、知られざる大詩人<小人閑居日記 2015.7.2.>
磯田道史さんの荻生徂徠像<小人閑居日記 2015.7.3.>

   「慶應志木会・歩こう会」
秋の小江戸・川越散歩<小人閑居日記 2004.9.25.>
「江戸の母」川越<小人閑居日記 2004.9.26.>
懐かしの昭和「谷根千ウォーク」<小人閑居日記 2005.9.9.>
根津「はん亭」の話<小人閑居日記 2005.9.10.>
青梅の吉野梅郷を「歩こう会」<小人閑居日記 2007. 3.19.>
甘党の青梅散策、その前奏曲<小人閑居日記 2007. 3.20.>
泉岳寺と川上音二郎と福沢<小人閑居日記 2010. 10.8.>
港区東部の「井戸」を歩く<小人閑居日記 2010. 10.9.>
三田旧図書館横「文学の丘」<小人閑居日記 2010. 10.10.>
焼き茄子から思い出した事<小人閑居日記 2010. 10.11.>
善福寺・福沢諭吉墓所<小人閑居日記 2010. 10.12.>
東京駅、丸の内界隈「歩こう会」<小人閑居日記 2013.10.17.>
松平郷松平家ご当主と太田道灌研究家<小人閑居日記 2013.10.18.>
大嘗祭の行われた本丸大芝生<小人閑居日記 2013.10.19.>
皇居周辺トイレの方角・銅像の視線<小人閑居日記 2013.10.20.>
「志木歩こう会」で早稲田へ<小人閑居日記 2014.10.27.>
漱石のゆかりの町から神楽坂へ<小人閑居日記 2014.10.28.>
「志木歩こう会」俳句「早稲田から神楽坂へ」<小人閑居日記 2015.1.1.>
慶應志木会・歩こう会<等々力短信 第1076号 2015.10.25.>
伝馬町牢屋敷のこと<小人閑居日記 2015.10.27.>
「時の鐘」と於竹大日如来井戸跡<小人閑居日記 2015.10.28.>
芥川龍之介と田端文士村記念館<小人閑居日記 2016.10.11.>
田端から上野・本郷両台地の谷間を歩く<小人閑居日記 2016.10.12.>
昼食でホッと、湯島から駿河台へ<小人閑居日記 2016.10.13.>

小人閑居日記 2017年9月 INDEX2017/09/30 07:48

7533 智美術館「珠玉の現代陶芸」展<小人閑居日記 2017.9.1.>
7534 「寅さん」渥美清の俳句を探索ルポした本<小人閑居日記 2017.9.2.>
7535 判明した風天・渥美清の俳句は220句<小人閑居日記 2017.9.3.>
7536 巧みな比喩、ユーモア、ペーソス<小人閑居日記 2017.9.4.>
7537 <渡り鳥なにを話しどこへ行く><小人閑居日記 2017.9.5.>
7538 ご高齢男声合唱団「アゲイン」の熱唱<小人閑居日記 2017.9.6.>
7539 あふれるユーモアと人生の余裕<小人閑居日記 2017.9.7.>
7540 『食べる』で山本道子さんの講義を読む<小人閑居日記 2017.9.8.>
7541 昔からつながり、伝わってきたもの<小人閑居日記 2017.9.9.>
7542 『やすらぎの郷』の住民となる<小人閑居日記 2017.9.10.>
7543 拍手の起こる痛快活劇<小人閑居日記 2017.9.11.>
7544 「心の洗濯屋」「納得」「覚悟」<小人閑居日記 2017.9.12.>
7545 絵画展からイギリス王室の歴史へ<小人閑居日記 2017.9.13.>
7546 「ドーヴァーの白い壁」<小人閑居日記 2017.9.14.>
7547 「左馬」の由来<小人閑居日記 2017.9.15.>
7548 過去のブログの見方<小人閑居日記 2017.9.16.>
7549 「多和田葉子のベルリン通信」のメルケル首相<小人閑居日記 2017.9.17.>
7550 ドイツのメルケル首相に感心する(再録)<小人閑居日記 2017.9.18.>
7551 「衣被」と「鰯雲」の句会<小人閑居日記 2017.9.19.>
7552 ななさんの季題研究「鰯雲(いわしぐも)」<小人閑居日記 2017.9.20.>
7553 福沢のキングスコルレージ見学と慶應義塾創立<小人閑居日記 2017.9.21.>
7554 幼稚舎とイギリスとの交流、事始め<小人閑居日記 2017.9.22.>
7555 ドラゴンスクールと幼稚舎の交流<小人閑居日記 2017.9.23.>
7556 『新日本風土記』「鳥海山」<小人閑居日記 2017.9.24.>
7557 「温水路」と江戸の絶景・象潟<小人閑居日記 2017.9.25.>
短信 7558 『R.S.ヴィラセニョール』<等々力短信 第1099号 2017.9.25.>
7559 福澤諭吉協会の先生方のご恩<小人閑居日記 2017.9.26.>
7560 山内慶太さんの「福沢諭吉の見たロンドンの医療」<小人閑居日記 2017.9.27.>
7561 山内慶太さんの「福澤先生の英国体験」文明の源泉<小人閑居日記 2017.9.28.>
7562 映画『パターソン』の判で押したような日常<小人閑居日記 2017.9.29.>
7563 『パターソン』のパターソン市と詩<小人閑居日記 2017.9.30.>

過去のブログの見方2017/09/16 07:16

 ある方に、「古いブログを読むには、どうすれば良いのですか?」と、訊かれ た。 そうか、自分では慣れていて、何も考えずにやっている。 ブログには 過去の題目と日付だけをたくさん出して、平気な顔をしていた。 ブログの右 欄外の説明も初期に書いたままで、親切に説明して来なくて申し訳なかったな、 と思った。

 その方には、こう説明した。

「ベオグラードに響いた信時潔の「塾歌」<小人閑居日記 2012. 6. 18.> のような古いブログを読むには、私のブログ 「轟亭の小人閑居日記」URL : http://kbaba.asablo.jp/blog を開け、右欄外の「バックナンバー」の一番下の << をクリックして、2012 年の6月をクリックすると、右欄外の「カレンダー」が2012年6月になりま す。 その18日をクリックすれば、読みたいブログが出ます。」と。

 なお、ブログを開けるのには、「轟亭の小人閑居日記」や「馬場紘二」(「紘」 の字は、「ひろこ」で検索すると出る)で、検索しても出る。

 ブログ「轟亭の小人閑居日記 馬場紘二」の右欄外の説明も、「過去のブログ の見方」として、こう書き直した。

〈過去のブログの見方〉 バックナンバーの一番下の〈〈 をクリックして出る、読みたい年月をクリック すると、その月のカレンダーになるので、読みたい日をクリックして下さい。

 と、いうわけで、わからないことがあったら、遠慮なくお尋ね下さい。 前に、こんなのを読んだけれど、何月何日だったかというのは、「カテゴリー」 の「索引」を見てみて下さい。

小人閑居日記 2017年8月 INDEX2017/08/31 09:39

7500 ≪40代ひとり暮らしは 日本を滅ぼす≫<小人閑居日記 2017.8.1.>
7501 再建された旧吉田茂邸を見学<小人閑居日記 2017.8.2.>
7502 旧三井別邸地区と「めしや“大磯港”」<小人閑居日記 2017.8.3.>
7503 天満敦子チャリティーコンサート(浜離宮朝日ホール)<小人閑居日記 2017.8.4.>
7504 築地場外市場の火事<小人閑居日記 2017.8.5.>
7505 柳家権太楼「ヒロクミさんと丁々発止」<小人閑居日記 2017.8.6.>
7506 権太楼の母親物語と明学オチケン事始め<小人閑居日記 2017.8.7.>
7507 智子夫人との馴れ初めと内助の功<小人閑居日記 2017.8.8.>
7508 順風満帆ではなかった噺家人生<小人閑居日記 2017.8.9.>
7509 真打昇進と「噺家人生計画」の挫折<小人閑居日記 2017.8.10.>
7510 権太楼流「爆笑落語」の原動力<小人閑居日記 2017.8.11.>
7511 ライバルさん喬、師匠小さん、志ん朝師匠<小人閑居日記 2017.8.12.>
7512 柳家権太楼の「落語研究会」一覧<小人閑居日記 2017.8.13.>
7513 『福澤諭吉 慶應義塾史 新収資料展』<小人閑居日記 2017.8.14.>
7514 藤原工業大学と高橋誠一郎文部大臣<小人閑居日記 2017.8.15.>
7515 ジェーン・スーさんと東京生活者の既得権益<小人閑居日記 2017.8.16.>
7516 「東都のれん会」の老舗55店<小人閑居日記 2017.8.17.>
7517 『生きるとか死ぬとか父親とか』の原稿料は?<小人閑居日記 2017.8.18.>
7518 お祖母ちゃんを捨てた沼津大空襲<小人閑居日記 2017.8.19.>
7519 小泉信三追悼・吉田茂の思い出話<小人閑居日記 2017.8.20.>
7520 吉田茂に英語を教えた久保(小澤)市三郎<小人閑居日記 2017.8.21.>
7521 吉田茂邸の火災で思ったこと<小人閑居日記 2017.8.22.>
7522 オノ・ヨーコの祖父母、小野英二郎と鶴<小人閑居日記 2017.8.23.>
7523 小野ファミリーのミッション(使命)<小人閑居日記 2017.8.24.>
短信 7524 読書と「引き出す」<等々力短信 第1098号 2017.8.25.>
7525 柳家わさびの「ぞろぞろ」<小人閑居日記 2017.8.25.>
7526 柳家喬太郎の「にゅう」<小人閑居日記 2017.8.26.>
7527 林家正蔵の「薮入り」前半<小人閑居日記 2017.8.27.>
7528 林家正蔵の「薮入り」後半<小人閑居日記 2017.8.28.>
7529 柳家一琴の「質屋庫」<小人閑居日記 2017.8.29.>
7530 柳家小満んの「派手彦」前半<小人閑居日記 2017.8.30.>
7531 柳家小満んの「派手彦」後半<小人閑居日記 2017.8.31.>

柳家権太楼の「落語研究会」一覧2017/08/13 07:28

 ○私がブログに書き、現在も読める、主に「落語研究会」で聴いた柳家権太
楼の落語は次の通り。 智子夫人の台本のように一言一句という訳にはいかな
いけれど、この12年間の権太楼落語をどうぞ。
権太楼の「質屋庫(ぐら)」<小人閑居日記 2005.7.3.>(この6月30日は第
444回落語研究会。「落語研究会」の歴史的な日<小人閑居日記 2005.7.2.> 
「金魚の芸者」林家ぼたん(第一次落語研究会以来初の女性演者))
権太楼「笠碁」と山田洋次さんの落語本<小人閑居日記 2005.10.4.>
鯉昇の形相と、権太楼の長いマクラ<小人閑居日記 2005.12.31.>
権太楼の「芝浜」<小人閑居日記 2006.1.1.>
権太楼、夫婦ゴルフのまくらと「青菜」<小人閑居日記 2006.6.4.>
権太楼の「鰻の幇間」<小人閑居日記 2006.9.7.>
権太楼の「御慶」と出番の話<小人閑居日記 2007.1.10.>
権太楼「大工調べ」の金勘定<小人閑居日記 2007. 5.2.>
権太楼の「代書屋」<小人閑居日記 2007. 10.2.>
権太楼の「百年目」<小人閑居日記 2008. 3.6.>
権太楼の「家見舞」その前半<小人閑居日記 2008. 7.28.>
権太楼の「家見舞」その後半<小人閑居日記 2008. 7.29.>
権太楼の「粗忽の釘」<小人閑居日記 2008. 10.26.>
権太楼の「三枚起請」<小人閑居日記 2009. 4.12.>
権太楼の「化物使い」前半<小人閑居日記 2009. 10.5.>
権太楼の「化物使い」後半<小人閑居日記 2009. 10.6.>
権太楼の「言訳座頭」(長文注意)<小人閑居日記 2009. 12.29.>
権太楼「小言幸兵衛」のマクラ<小人閑居日記 2010. 3.7.>
権太楼の「小言幸兵衛」本体<小人閑居日記 2010. 3.8.>
権太楼の「唐茄子屋政談」前半<小人閑居日記 2010. 7.29.>
権太楼の「唐茄子屋政談」後半<小人閑居日記 2010. 7.30.>
権太楼の「富久」<小人閑居日記 2011. 1.4.>
権太楼の「禁酒番屋」<小人閑居日記 2011. 5.31.>
権太楼の「お神酒徳利」前半<小人閑居日記 2011. 11. 5.>
権太楼の「お神酒徳利」後半<小人閑居日記 2011. 11. 6.>
権太楼のマクラ「柳家おじさん」<小人閑居日記 2012. 6. 5.>
権太楼「不動坊火焔」の前半<小人閑居日記 2012. 6. 6.>
権太楼「不動坊火焔」の後半<小人閑居日記 2012. 6. 7.>
権太楼「うどん屋」のマクラ<小人閑居日記 2013. 2. 15.>
権太楼の「うどん屋」本篇<小人閑居日記 2013. 2. 16.>
権太楼の「蜘蛛駕籠」<小人閑居日記 2013. 9.3.>
権太楼「宗論」のマクラ<小人閑居日記 2013.12.6.>
権太楼「宗論」本篇<小人閑居日記 2013.12.7.>
権太楼「鰍沢」マクラと前半<小人閑居日記 2014.3.9.>
権太楼「鰍沢」の後半<小人閑居日記 2014.3.10.>
権太楼の「短命」<小人閑居日記 2014.6.8.>
権太楼「錦の袈裟」のマクラ<小人閑居日記 2014.11.30.>
権太楼「錦の袈裟」本篇<小人閑居日記 2014.12.1.>
権太楼の「へっつい幽霊」前半<小人閑居日記 2015.6.8.>
権太楼の「へっつい幽霊」後半<小人閑居日記 2015.6.9.>
権太楼「猫の災難」のマクラ「出囃子」<小人閑居日記 2015.10.3.>
権太楼「猫の災難」の本篇<小人閑居日記 2015.10.4.>
権太楼の「二番煎じ」前半<小人閑居日記 2016.3.9.>
権太楼の「二番煎じ」後半<小人閑居日記 2016.3.10.>
権太楼の「心眼」<小人閑居日記 2016.8.12.>
柳家権太楼の「睨み返し」前半<小人閑居日記 2017.1.5.>
柳家権太楼の「睨み返し」後半<小人閑居日記 2017.1.6.>
柳家権太楼の「死神」前半<小人閑居日記 2017.6.10.>
柳家権太楼の「死神」後半<小人閑居日記 2017.6.11.>

 ○ブログにする以前のもので、朝日ネットの会員限定のフォーラム「等々力
短信・サロン」で読めるのは、次の通り。
落語家と世界一周クルーズ<小人閑居日記 2002.10.25.>
 24日は、第412回落語研究会。 「素人義太夫」柳家権太楼
こぶ平の「一文笛」など<小人閑居日記 2003.4.24.>
 23日は新年度に入った第418回落語研究会。 「お化け長屋」柳家権太楼
円生のアクセント<小人閑居日記 2003.12.20.>
 19日は、第534回東京落語会。 「試し酒」柳家権太楼
初席の落語研究会みな快調<小人閑居日記 2004.1.23.>
 22日は、今年最初の第427回落語研究会。 「ひとり酒盛」柳家権太楼
志ん太、喬太郎、菊丸<小人閑居日記 2004.6.1.>
31日は第431回落語研究会。 「大山詣り」柳家権太楼

 ○それ以前の柳家権太楼の「落語研究会」出演と、桂枝雀と一緒の回は、つ
ぎの通り。
第132回1979(昭和54)年4月26日「人形買い」(柳家さん光)、第187回 
1983(昭和58)年11月28日「芝居の喧嘩」、第245回1988(昭和63)年9
月28日「大安売り」、第251回1989(平成元)年3月30日「錦の袈裟」(桂
枝雀「愛宕山」)、第267回1990(平成2)年7月23日「船徳」(桂枝雀「舟
弁慶」)、第274回1991(平成3)年2月26日「お血脈」、第283回1991(平
成3)年11月27日「天狗裁き」(桂枝雀「住吉駕籠」)、第289回1992(平成
4)年6月29日「佐野山」(桂枝雀「寝床」)、第292回1992(平成4)年10
月27日「代書屋」、第298回1993(平成5)年4月14日「くしゃみ講釈」、
第303回1993(平成5)年9月28日「佃祭」(桂枝雀「軒づけ」)、第312回 
1994(平成6)年6月27日「化物使い」、第317回1994(平成6)年11月29
日「壺算」、第322回1995(平成7)年4月14日「火焔太鼓」、第325回1995
(平成7)年7月24日「舟徳」、第330回1995(平成7)年12月27日「芝
浜」(桂枝雀「宿替え」)、第334回1996(平成8)年4月11日「幽霊の辻」(小
佐田定雄作)、第337回1996(平成8)年7月25日「鰻の幇間」、第341回1996
(平成8)年11月14日「睨み返し」、第346回1997(平成9)年4月11日「つ
き馬」、第351回1997(平成9)年9月30日「大工調べ」、第356回1998(平
成10)年2月25日「宿屋の仇討」、第362回1998(平成10)年8月25日「疝
気の虫」、第371回1999(平成11)年5月27日「へっつい幽霊」、第376回 
1999(平成11)年10月18日「くしゃみ講釈」、第380回2000(平成12)年
3月1日「茶の湯」、第384回2000(平成12)年年6月26日「らくだ」、第
390回2000(平成12)年年12月27日「文七元結」、第395回2001(平成13)
年5月31日「子別れ(上)」、第397回2001(平成13)年7月24日「子別れ
(中)」、第398回2001(平成13)年8月29日「子別れ(下)」、第400回2001
(平成13)年10月24日「芝居の喧嘩」、第404回2002(平成14)年2月28
日「居残り佐平治」、第408回2002(平成14)年6月25日「井戸の茶碗」。