秀吉の中国大返し、朝日新聞「みちのものがたり」の疑問2020/09/13 06:26

8月30日のこの日記に「渡邊大門著『清須会議』を読む」を書いて、「天正10(1582)年6月2日未明、明智光秀は「本能寺の変」で織田信長と、その長男信忠を討った。 毛利攻めで備中高松城を攻囲していた羽柴秀吉は、その報に接し、それを秘して毛利と和睦、4日朝(6日説もある)出発した「中国大返し」で、13日昼頃決戦の地・山崎に到着した。 「中国大返し」は、尋常でない移動スピードが強調されるが、備中高松城から山崎まで約170キロだから、現在ではそれほどもなかったという否定的見解が強いそうだ。」と書いた。

昨日の朝日新聞朝刊be「みちのものがたり」は、この「秀吉の中国大返し」(岡山県~京都府)(文・斎藤勝寿記者)で、「軍勢率いて200キロ 光秀討つ」の見出し、「中国大返しは「戦国の奇跡」と称されてきた。/羽柴秀吉率いる2万~3万の軍勢が悪天候と悪路の中、姫路城までの約100キロを2日で走破したからだ。」と書いている。

その後、「本能寺の変 情報どう入手」の見出しに関して、「『清須会議 秀吉天下取りのスイッチはいつ入ったのか?』など戦国時代に関する著書を多数もつ歴史学者で作家の渡辺(邊)大門さん(52)は、秀吉が上方の重要情報をただちに入手するため、使者を用意していた可能性を指摘する」と、インタビューした渡辺さんの見解を紹介している。

使者云々はさておき、確実に記者は『清須会議』(朝日新書)を読んだであろう。 そこに書かれていた「備中高松城から山崎まで、約170キロメートルである。「中国大返し」は、尋常でない移動スピードが強調されるが、現在ではそれほどもなかったという否定的見解が強い。」を、どう判断したのか。 「みちのものがたり」の取材が進む中で、否定的な学説が大勢であることを紹介したら、ストーリー全体が空しいものになってしまうからだったのだろうか。 謎である。

秀吉、関白・太政大臣となり、諸大名を官位で序列化2020/09/12 07:04

渡邊大門さんの『清須会議』を読んで、「天下」の意味、「五畿内」から「日本全国」へ<小人閑居日記 2020.9.4.>で見たように、秀吉は太政大臣に就任することにより、公家の頂点に立ち、一気呵成に朝廷を取り込むことに成功し、朝廷を利用することにより、自身の権力を強化した。

平安時代以降、天皇は早い段階で譲位して治天の君(上皇)となり、院政を行うのがスタンダードだった。 ところが、戦国期の天皇は財政的な問題などにより、長らく譲位ができず、本来の上皇になることができなかった。 譲位という正親町天皇の長年の宿願を叶えることは、豊かな財政の秀吉にしかできなかった。 天正14(1586)年11月になると、晴れて正親町天皇が退位し、新天皇に後陽成天皇が即位した。 その翌月に秀吉は太政大臣に就任し、「豊臣」姓までも与えられた。 関白は令外官(律令の令に規定されていない官)だったので、秀吉は太政大臣に就任することにより、公家の頂点に立った。

翌天正15(1587)年1月、関白・太政大臣の秀吉のもとには、諸大名だけでなく、公家衆も新年の参賀に訪れるようになった。 翌年9月、待望の聚楽第が完成し、以後、毎年正月になると、聚楽第か大坂城で年始の礼が行われた。 天正16(1588)年、後陽成天皇が聚楽第に行幸した際、秀吉は諸大名に対して、天皇と自身に忠誠を尽くし、臣従することを誓約させたのだ。 秀吉は、一気呵成に朝廷を取り込むことに成功し、朝廷を利用することにより、自身の権力を強化したのだ。 秀吉への参賀は、文禄元(1592)年に関白を秀次に譲り、「太閤」と称せられるようになっても続いた。 太閤とは、関白を子に譲った人という意味であり、秀吉は太政大臣の職を辞めたわけではなかった。 秀吉が公家社会から離れていないことに注意すべきだ。

秀吉は、公家や配下の武家を統制するため、官位を用いて序列化などを試みた。 信長は、自身が積極的に官位を活用した形跡が乏しい。 通常、官位は朝廷の作成する口宣案により授与された。 天正13(1585)年7月秀吉が関白に就任すると、家司となる扈従(こじゅう、従者)が必要になり、信頼できる直臣の中から、12名を選び出し、従五位下・諸大夫に任命した。 口宣案の発給が確認できる者も存在する。 さらに同年10月、秀吉が朝廷に執奏することにより、秀吉一門や有力な諸大名が一斉に公家成(くげなり)をした。 公家成とは五位以上になって、昇殿を許される身分になることである。 秀吉は自らが関白などの重職に就任することで、配下の大名の官位執奏権を手にしたのだ。 そして諸大名を官位により序列化し、視覚化(見える化)を行った。

「決勝綸旨(りんじ)」について2020/09/11 07:05

 立花京子さんの『信長と十字架』に、「天下布武」とともに「決勝綸旨(りんじ)」というキーワードが出て来る。 信長がいつから全国制覇をめざしたか、という問題を解くためには、正親町天皇から上洛を促された「決勝綸旨」について検討しなくてはならない、というのだ。 「決勝綸旨」とは、今谷明氏が提唱した用語だそうで、軍事力を行使して朝敵を追討する天皇の命令だ。 永禄10(1567)年11月9日付けで、弁官勧修寺晴豊が奉ずる綸旨として、信長のもとに発給された。 美濃攻略した信長を「古今無双の名将」と異常なまでに称賛し、「いよいよ勝に乗ぜられることは勿論」、特に禁裏御料所の年貢・公事を、信長が百姓からしっかり徴収し上納することと、若宮(後の誠仁親王)の元服と禁裏修理を命じている。 「いよいよ勝に乗ぜられ」との言葉は、それ以後の信長の戦いを奨励するものであり、信長自身も、これをはっきりと、上洛命令と理解していたことが後に判明する。 こうして、信長は、上洛という軍事行動を起こす正当性を得たのであった。

 このとき、勅使として、決勝綸旨を信長のところへ持参したのは、禁裏御倉職(おくらしき)の立入(たてり)宗継だった。 御倉職とは、禁裏の諸事費用を預かり、衣服、調度品を管理する、いわば下級公家で、上下の二家があり、天文期以降、立入家が上の御倉職だった。 晴豊花押まである綸旨案は、「立入宗継文書・川端道喜文書」に所収されていて、綸旨は目録だけだった可能性があるが、綸旨案と同じ口上が宗継によって述べられたのであろう。 目録に加え女房奉書も「立入宗継文書」にある。

 「御倉職」もそうだが、知らない言葉がいくつも出て来て、辞書を引く。

 「弁官」は、律令制の官名で太政官に直属し、左右に分かれ、左弁官は中務・式部・治部・民部の4省を、右弁官は兵部・刑部・大蔵・宮内の4省を管掌し、その文書を受理し、命令を下達するなど、行政執行の中軸をなした。

 「女房奉書」は、勾当内侍(こうとうのないし)など天皇側近の女官が、勅命を受けて女消息体(散らし書)で書いて出した文書。天皇自身が同様の書体で作成することもある。鎌倉時代に始まり、室町時代以後多く用いられた。 「勾当内侍」は、掌侍(ないしのじょう)4人の首位のもの。天皇への取次、勅旨の伝達につかさどる。長橋の局。長橋殿。 「掌侍」(ショウジとも)は、内侍司(ないしのつかさ)の判官。もと従七位相当、後に従五位相当。内侍。 「内侍司」は、後宮十二司の一つ。天皇に常侍し、奏請・伝宣・陪膳、女嬬(にょじゅ)の監督、内外の命婦(みょうぶ)の朝参、後宮の諸礼式をつかさどった。尚侍・典侍・掌侍・女嬬などの職員を置く。 「女嬬」(ニョウジュとも)は、内侍司に属し、掃除・点灯などをつかさどった女官。めのわらら。

 この本の、参考史料に時々、「お湯殿の上の日記」というのが出て来る。 「お湯殿の上の日記」(おゆどののうえのにっき)は、清涼殿のお湯殿の上の間に奉仕する代々の女官がつけた仮名書きの日記。文明9(1477)年から貞享4(1687)年のものが伝存。宮中儀式や女房詞(ことば)などを知るうえで貴重な史料。

信長の義昭獲得と、第十五代室町将軍の誕生2020/09/10 06:51

細川藤孝は、朝倉義景によくよく義昭帰洛の尽力を勧めた。 しかし、義景の嫡子阿若丸の急逝などがあり、延引していたので、義昭は悩んでいた。 藤孝は、義昭に「信長をお頼みなさるのがよい。信長にはかねて内通していました」と云い、藤孝と上野清信は、義昭の使者として岐阜に赴き、明智光秀の取次ぎにより、信長に謁した。 信長は「武臣の面目なり」と請け合い、まず当国に移座なさるようにとのことであったので、戻った藤孝は、この事を義景に諭した。 義昭は一乗谷を出て、近江との境まで朝倉氏、その後、浅井氏、明智光秀、信長の兵に次々と守護されて、岐阜の立教寺に入り、信長と会う。

義景と信長が、義昭争奪のために激しく戦っていたことは明らかである。 義昭をより強く必要としたのは、信長のほうであった。 義昭が慌しく朝倉氏の庇護から離れて、信長の元へ身を寄せた裏には、義昭獲得を焦った信長と、藤孝、光秀の間で、何らかの陰謀がたくまれたとみなければならない。 義昭は、出立の前、義景の忠義を賞し、向後、今までの恩に背いて、義景の身上を見放すことはないという書状を与えた。 しかし、この約束は、二年足らずの後に、見事に一片の反古となる。

信長は、永禄11(1568)年9月7日に、義昭を美濃の立教寺に残して、岐阜から上洛戦へと出陣し、またたく間に、六角氏を、その本城である観音寺城から追い出した。 9月27日には、京都九条の東寺に陣取り、三好勢を桂川以西まで掃討した。 そして9月晦日に義昭を摂津芥川城に迎え、10月14日には京都六条本圀寺(ほんこくじ)に入れて、義昭供奉の戦いに終止符を打った。 その4日後の10月18日、将軍宣下がなされ、ここに第十五代室町将軍足利義昭が誕生した。 義輝没以来、将軍位を賭けて争ってきた義昭の「当家再興」が、信長によってついに実現したのであった。

室町将軍は足利義輝が第十三代で、足利義昭が第十五代である。 私は全く知らなかったのだが、第十四代足利義栄(よしひで)が、永禄11(1568)年2月8日に将軍宣下を受けていた。 義栄は、義輝・義昭の父で第十二代将軍義晴の異母兄義維(よしつな)の嫡子で、三好長慶、三好三人衆、松永久秀にかつがれていた。 立花京子さんは、こう書いている。 「義昭の上洛と、将軍職就任の意味は、なによりもまず、同年の2月8日に義昭より一足はやく将軍宣下を受けていた足利義栄への勝利として認識されるべきであるが、そのことは、従来、ほとんど忘れられている。/その理由の一つに、義栄が、ちょうど義昭が上洛した9月末から10月上旬にかけての時期に病死したことが挙げられよう。正確な死亡日が不明なら、死去した場所も、摂津高槻の普門寺とも阿波ともいわれ、さだかではない。まさに短命、薄幸の将軍であった。」

覚慶(義秋)、朝倉義景に庇護され元服、義昭となる2020/09/09 07:40

 永禄8(1565)年8月5日付け、上杉輝虎(謙信)宛ての大覚寺義俊の副状によれば、足利義輝横死の際に、朝倉義景は、覚慶の一乗院脱出に関わっていた。 さらに、同書状で、義俊は、義景が松永久秀に直談判して調略したため、覚慶が脱出できたと述べている。 松永久秀が、覚慶の脱出を了解していたというのは奇異な感じがするが、三好長慶が、細川藤孝に、覚慶を京都あたりで殺害する目的で救出を頼んだという説もある。 藤孝は、長慶の頼みに従った風をみせて、覚慶の救出を実行したという。

 朝倉義景家臣の前波吉継(後の桂田長俊)が、和田惟政に宛てた永禄8年8月14日付け書状(「和田家文書」)によれば、その時点で、朝倉氏はすでに、覚慶を一乗谷へ迎えようとしていたことが知られる。 義景は、実際には覚慶(義昭)の救出をたくらみながら、真意を秘して、長慶・久秀には、覚慶を一時的に逃れさせ、後で殺害する、と、提案したのではないかとも考えられる。 当時、覚慶(義昭)をめぐる謀略には、底知れぬものがあったようだ。

 しかし、義昭の実際の一乗谷入りは、それから二年余後の永禄10年であった。 足利義秋(義昭)は永禄9(1566)年9月晦日に、敦賀金ヶ崎城に入り、同城で越年、加賀の一向一揆が起きたため、同城にしばらく滞在を余儀なくされた。 騒動も鎮まった永禄10(1567)10月21日、一乗谷安養寺に入り、義景は23日安養寺へ出向き義秋に参礼したが、その有様は、京都全盛時の管領出仕の儀式にも劣らなかった。 12月25日、義秋が、義景館に密々の「御成」をしたとき、義景の応対はねんごろなものであった。 永禄11(1568)年4月21日、義景館で義秋は元服し義昭と名乗るが、その際、義景は、京都から関白二条晴良の列席を仰いでもてなし、多大の出費をもって取り計らい、さらに、5月17日には、義昭を館に招いて、将軍を遇する格式で饗応したという。

 永禄10(1567)年10月といえば、信長が稲葉山城を占拠した2か月後のことである。 義景は、義昭を庇護する決心をつけかねて、すぐに一乗谷にむかえず、金ヶ崎城に留めていたところ、信長が稲葉山城を占拠したことにより信長の上洛が実現に一歩近づいたと見て、急遽、義昭をむかえることに踏み切ったのではなかろうか、という。

 この時点の信長は、永禄8(1565)年12月から覚慶(義昭)支援を表明していたものの、美濃攻略に時間を費やして動けなかった。 永禄10(1567)年8月、ようやく稲葉山城を占拠したが、義昭は若狭、越前と流浪し、信長の手の届かぬところへ行ってしまっていた。 信長は、着々と上洛の準備を進めていたけれど、戦国期の「錦の御旗」(義昭)を失い、焦っていた。