なぜ小さなラトガースが留学の中枢となったか?2017/10/24 06:35

 そこで、ラトガース大学のファーナンダ・ペローン准教授(図書館長)の基 調講演「目に見えないネットワーク : 明治初年ラトガースにおける日本人留学 生」である。 高木不二さんの抄訳と、コメンテーター立教大学の阿部珠理教 授のコメントを参考にして、書いてみたい。 明治初年多くの日本人留学生が アメリカ、ニュージャージー州ニューブランズウイックにあるラトガース・カ レッジや、その準備校であるラトガース・グラマースクールで学んだ。 この ラトガースがハブ(hub)となって、当時のニューヨークやフィラデルフィア、 ボストン、ニューイングランドなどにみられる日本人留学生のネットワークを つないでいた。 なぜ、名門(アイビー・リーグ)でも大きくもない、この小 さな大学がハブとなったか。 そこには「目に見えないネットワーク」があっ たからだ。 それはラトガースやニューブランズウイック神学校をとりまくプ ロテスタントの教会ネットワークの一部であり、さらにはオランダ改革派教会 の日本を含む東洋における活動とつながっていた。

 ラトガース・カレッジは1771年に、クイーンズ・カレッジ(英国王ジョー ジ3世の妃シャルロッテにちなむ)として開学、当初はオランダ改革派教会の 聖職者養成が目的だった。 学生が集まらず、何度か閉鎖された後、1825年篤 志家ヘンリー・ラトガースの援助を得て、ラトガース・カレッジとして再出発 した。 南北戦争後(阿部珠理教授によるとモリル法で実学の大学に補助金が 出た)、ウイリアム・キャンベル学長のもとで、科学部門を併設、1860年代に 総合大学として発展した。 学生たちの活動も文化・スポーツなど多方面で活 発になった。 日本人留学生は、そのラトガースの隆盛期に居合わせた。

 幕末、多くの留学生がイギリスなど欧州へ渡ったが、アメリカへは南北戦争 (1861-65)の影響で、10人前後しか留学していない。 森有礼と新島襄を除 く学生達がラトガースに来たのは、オランダ改革派教会がラトガースと強い結 びつきを持っており、その教会が日本に派遣した宣教師がフルベッキだったか らである。 長崎でフルベッキに学んだ学生が留学を希望すると、ニューヨー クの改革派教会伝道局の責任者フェリスを紹介され、そのフェリスは彼らにラ トガースを勧めた。 フェリスはニューブランズウイック神学校の卒業生だっ た。 最初に来たのは横井小楠の甥の横井佐平太・大平兄弟、翌年には日下部 太郎(越前藩)、畠山義成、松村淳蔵、吉田清成(三人は薩摩藩)がやって来た。

 日本人留学生は、侍階級の出身で容儀が正しく、克己の精神を持ち、日本の 国家に貢献しようとする意欲に燃えて、熱心に勉強したから、アメリカの同級 生にも好印象を与え、成績もよかった。 江藤淳が初期留学生は「勉強死にし た」ほど猛烈に勉強したと書いている。 日下部太郎は、日本人で初めてファ イ・ベータ・カッパ・クラブ(全米優等学生友愛会)のメンバーとなったが、 1870(明治3)年、不幸にも卒業式の数週間前に結核で亡くなり、学位は死後 に与えられ、アマースト大学の新島襄とともに、アメリカの大学を卒業した最 初の日本人となった。 彼の英語とラテン語の家庭教師だったウイリアム・エ リオット・グリフィスは、彼の死を深く悼み、同年越前藩のお雇いとして来日、 一年後開成学校(東京大学)の教授となった。

 明治初年のラリタン河畔の小さなカレッジ(ラトガース)における宣教師・ 教育者・留学生の間のネットワークが、その後の日本の教育・政治・経済界の リーダーを生み出す基礎を形作ったと、ファーナンダ・ペローン准教授は指摘 した。

三田キャンパス東館のラテン語二つ2017/10/23 07:06

 20日は福澤研究センターの昨年からのテーマによるシンポジウム『東アジア の近代化とアメリカ留学』へ出かけた。 三田通りの東門の上の8階にある東 館ホールであった。 エレベーターを降りたところで、正面のラテン語は何て 書いてあるのか、質問している人がいた。 即答はなかったが、「HOMO」が あるから「ペンは剣よりも強し」ではなく、「人」だろうということだった。 「人」 なら、あれだろうか。 私もすぐ正解は思い出さなかったが、聞いたことはあ った。 「HOMO NEC VILVS CVIQVAM PRAEPOSITVS NEC SVBDITVS CREATVR」。 NECが二回出て来てもご近所の日本電気とは関係ない、「天は 人の上に人をつくらず、人の下に人をつくらず」の意だそうだ。

 基調講演はラトガース大学のファーナンダ・ペローン准教授で、私はうっか りしていたのだが、英語の講演だった。 チンプンカンプンだったけれど、映 し出される写真だけは、一生懸命に見てよくわかった。 暇だから東館ホール を見回していると、両サイドのステンドグラスに「Festina lente」という文字 が隠れている。 帰ってから調べると、やはりラテン語でフェスティーナ・レ ンテ、「ゆっくり急げ」という意味だとわかった。

 なお、昨年のワークショップ「東アジアの近代とアメリカ留学」については、下記を書いていた。

「東アジアの近代とアメリカ留学」<小人閑居日記 2016.3.17.>

横井左平太の米国留学・海軍修学<小人閑居日記 2016.3.18.>

平山洋さんの『福澤諭吉』、軍事専門家・福沢<小人閑居日記 2016.3.19.>

フルベッキ…長崎から東京、日本近代化への貢献<小人閑居日記 2016.3.20.>

「熊本バンド」と「横井時雄」<小人閑居日記 2016.3.21.>

崔徳壽教授の「近代朝鮮人の海外留学と慶應義塾」<小人閑居日記 2016.6.30.>

「19世紀後半のイェール大学における中国人と日本人留学生」<小人閑居日記 2016.7.1.>

ニューイングランドの「知東洋派」<小人閑居日記 2016.7.2.>

イェール大学における日中留学生<小人閑居日記 2016.7.3.>

「見て見ぬ振り」「いないこと」2017/10/22 08:19

 昨日見たように、政府が移民政策を取らないとしているから、ごく少数の「難 民」と、「移民」はいないけれど、沢山の「移民のような」人々がいる、という 認識なのだろうか。 現実には在留外国人は250万人、外国人労働者数は約108 万人に達している。 その朝日新聞の記事は、現実を「見て見ぬ振り」するこ とのひずみは、日本社会に積み重なっているという。 まず学校現場。 公立 学校に通う外国籍の子は約8万人、うち日本語指導が必要な子は3万4千人と 10年前の1・5倍。 多くの親は子が将来も日本で生きていく前提で暮らして いるのに、学校現場は人材もノウハウも足りないという。 それを埋めてきた のは、先生たちの気持ちだけというのは、心許ない。

 日本社会を支える外国人たちもいずれは老いる。 自分たちで考えなければ と、在日フィリピン人労働者のための高齢者施設を造る計画を持っている人も いるという。

 多くの外国籍の人たちが日本で働き、その労働力で社会が成り立っている。  その外国人が、生活者としては「いないこと」になっているのだそうだ。 技 能実習生制度など様々な形で人権侵害も起きているらしい。 何か変だ、と言 わざるを得ない。

すでに「移民」頼みになっている日本の現場2017/10/21 07:00

 日本は移民を受け入れるべきだ、という議論がある。 だが安倍晋三首相は 昨年、「いわゆる移民政策を取ることは全く考えておりません」と参院で明言し たそうだ。 また、日本の難民認定者数がごく少ないことが、話題になる。

 移民と、難民の違いを、ほとんど意識していなかった。 【移民】「他郷に移 り住むこと。特に、労働に従事する目的で海外に移住すること。」 【難民】「戦 争・天災などのため困難に陥った人民。特に、戦禍、政治的混乱や迫害を避け て故国や居住地外に出た人。」 と、辞書にある。

 日本の難民認定者数は、平成28年はたったの28人だが、前年より1人増え た。 難民認定申請者数は、過去最多の10,901人で、前年より3,315人増え た。 申請に比べて認定者数が極端に少ない気がするけれど、難民を支援する NPOの役員で、委員に任命されてその認定に携わったことがあるという人に話 を聞いたことがあるが、申請者の多くは就労目的なのだそうだ。

 自由が丘に近い奥沢に住んでいると、背後にお屋敷町をひかえているせいか、 タガログ語で話すフィリピン人らしい女性とすれ違うことが多い。 家事手伝 いとか、介護とかに従事しているのかと思われる。 解体現場やコンビニ、飲 食店で、たくさん外国人労働者を見かけるようになって久しい。

 7月24日の朝日新聞朝刊に、「分断世界」「「移民」頼み 日本の現場」という 記事があった。 日本の総人口に占める在留外国人の割合は、250万人、2%に 近づきつつある。 昨年10月末の外国人労働者数は約108万人と過去最高。  半面、外国人労働者の在留資格別割合は近年ほとんど変化がなく、就労目的は 18・5%。 就労が主目的でない外国人によって国内産業が支えられている。  2016年時点で全就業者の59人に1人が外国人だった。 7年前と比べ、卸売・ 小売業(76人に1人)は約2・5倍、農林業(85人に1人)は3・1倍になっ た。 こうした数字は、日本が事実上、「移民国家」に足を踏み入れている現実 をつきつけるという。

ハーフの父の国、母の国2017/10/20 06:56

 9月25日の<等々力短信>『R.S.ヴィラセニョール』のまくらに、ハーフの アナウンサーやタレントが多くなったと書いた。 そして、国山ハセン、ホラ ン千秋、滝川クリステル、葉山エレーヌ、加藤シルビア、政井マヤ、ローラ、 ベッキー、トリンドル玲奈。 スポーツでも、高安、御嶽海、ダルビッシュ有、 オコエ瑠偉、山崎康晃、ケンブリッジ飛鳥、サニブラウン。 そんな名前を挙 げた。 これを見て、DeNAの抑え投手、山崎康晃はどことのハーフですか、 と聞かれた。 彼の母はフィリピンだそうだ。 そういえば、DeNAでクライ マックス・シリーズのファースト・ステージ、阪神との第2戦の7回に桑原か ら代打でスリーランを打ち、昨日のファイナル・ステージ広島戦でも5回二死 満塁に代打で2点タイムリーを打った「ラッキーボーイ」乙坂智は、印象的な 顔をしているが、父がアメリカ人だという。

 そこで、上の短信を書いた時に、興味本位で調べた親の国を書いておく。 国 山ハセン…父・イラク、ホラン千秋…父・アイルランド、滝川クリステル…父・ フランス、葉山エレーヌ…母・フランス、加藤シルビア…母・ポーランド、政 井マヤ…父・メキシコ(スペイン系)、ローラ…父・バングラデシュ・母…日 本とロシアのクォーター、ベッキー…父・イギリス、トリンドル玲奈…父・オ ーストリア(ドイツ系)。 高安…母フィリピン、御嶽海…母フィリピン、ダ ルビッシュ有…父・イラン、オコエ瑠偉…父・ナイジェリア、ケンブリッジ飛 鳥…父・ジャマイカ、サニブラウン・アブデル・ハキーム…父・ガーナ。

 それ以外でも、多彩だ。 市川紗椰…父・チェロキー族の血を引くアメリカ、 春香クリスティーン…母・スイス(ドイツ系)、山内あゆ…父・ベトナム、山 本モナ…父・ノルウェー、シェリー…父・アメリカ(イタリア(シチリア)系)、 森泉・星(ひかり)…母・アメリカ(イタリア系)、藤田ニコル…父・ポーラ ンドとロシアのハーフ、中条あやみ…父・イギリス。 ディーン元気(やり投 げ)…父・イギリス、九里亜蓮(広島カープ)…父・アメリカ、松島幸太郎(ラ グビー)…父・ジンバブエ。

 閑人でないと、こういうことはできない。 と、思ったら、昨日19日の夕 刊から朝日新聞で「フィリピン花嫁をたどって」という連載コラムが始まった。