「応仁の乱」前夜、混乱の時代の幕開け(前半)2020/03/31 07:00

 その呉座勇一さんが、磯田道史さん司会の「英雄たちの選択」で、『京都ぎら い』(朝日新書)の井上章一国際日本文化研究センター教授と、京都東寺の境内 で「応仁の乱」前夜、混乱の時代の幕開けを語っている番組を見た。 呉座さ んは、この時代は銭(ぜに)、貨幣経済が発達し、「土倉」「酒屋」という金融業 者、つまり高利貸が力をつけ、格差が拡大した、今に似た時代だった、と切り 出した。

 「応仁の乱」26年前の、嘉吉(かきつ)元(1441)年6月24日、「嘉吉の 変」が起きる。 六代将軍足利義教(よしのり)が酒の席で、播磨守護大名の 赤松満祐(みつすけ)に惨殺されたのだ。 その場を管領(かんれい)No.2の 細川持之は逃げ出し、他の大名も皆逃げた。 義教は大名家の家督争いに介入 し、「万人恐怖」と呼ばれていた。 井上章一さんは、家を誰に継がせるか、長 男が駄目で、次男を担ぐ家臣がいたりする家督争いに、他人がそこに口を出す、 最悪のパターンを数々やった、と。 細川持之は、義教の子義勝を七代将軍に 立て、幕府軍(山名持豊)に播磨に戻った赤松討伐を命ずるが、山名はなかな か出陣しない。 持之は義教のイエスマン、調整型の人間で、重臣たちは欲で 集まった集団、サークル社会、本当の仲間だと思っていない、村の寄合のよう なもので、緊急時に機能しなかった。 持之は、後花園天皇に赤松討伐の綸旨 を出してもらうよう働きかけ、朝廷と幕府の関係ができる。 山名持豊(宗全) はようやく出陣、播磨で赤松を自刃させた。

 「嘉吉の変」の2か月後、9月3日、一揆勢が幕府を支える五山の一つ、東 福寺を占拠する。 「土一揆」(室町時代、近畿を中心にしばしば起こった百姓 らによる一揆。年貢の減免や徳政を求め、あるいは守護の支配に抵抗した(『広 辞苑』))勢は三万で、主要な寺社を占拠し、京都七口を抑えて都を包囲し、「土 倉」「酒屋」に押し寄せた。 足利家は寺社に荘園や特権(北野天満宮に酒麹の 独占)を認めていた。 農民は、荘園を持つ寺社の過酷な年貢に追われ、金融 業者の借金と利息にも追われていた。 一揆勢は、流通経路を抑え、徳政令(借 金帳消し)の発令を要求した。 質物の11分の1を納めて、借金の帳消しを 求める。

「俳句のおもしろさ」を中高生に語った芳賀徹さん2020/03/25 07:06

 家内が、渡辺木版画店でもらったきた『銀座百点』の1月号に、芳賀徹さん の「鷹女と多佳子」というエッセイがあった。 2月号の新年句会は既に読ん でいたから、1月号がたまたま残っていて、これを読めたのは僥倖だった。 毎 月25日発行の「等々力短信」だが、第1129号「詩人たちの国で」を20日付 で出したのは、芳賀徹さんの月命日に当る、お彼岸の中日だったからである。

 「鷹女と多佳子」によると、「先日」というから昨秋、芳賀徹さんは初めて三 重県の桑名を訪れ、津田学園中高等学校という私立の一貫校で一こまの講義を した。 日本藝術院の派遣とあるが、それが可能なほどお元気だったわけだ。  好奇心いっぱいという顔つきの中一から高二までの60人ほどの少年少女に、 「俳句のおもしろさ」と題して、お好きな古今の句を十数句選んで、それにつ いて語ったという。 芭蕉、蕪村、虚子、漱石から中村草田男、川端茅舎、松 本たかし、篠原梵、それに永田耕衣まで、四季と無季にわけて十数句だった。  感想文では、どの句が気に入ったかを語るレポートがおもしろかったが、お気 に入りのトップはやはり芭蕉の地元桑名の浜辺での名作<明ぼのやしら魚しろ きこと一寸>。 清少納言も讃えた春の夜明けの、海(伊勢湾)と空の境目も なくひろがる藤色の光のなかに、その光を一身に集めるかのようにしていま詩 人の手のひらに踊る、あの小さな透きとおるような白魚、一匹か数匹か――と 語ると、生徒たちはいまはじめて目がさめるような顏をした。 句の最後にわ ざと、「一寸(いっすん)」と漢音の撥音(はつおん)を使ったのは、この小さ な小さな魚に宿る生命の躍動を伝えてさすがみごとだ。 こういう小さなはか ないものが見せる、それだけいっそう懸命な健気な命の力といのちへの願い、 それを感じとることを日本では昔から「もののあはれ」を知る、という。 そ れが日本文化のいちばん深いところを流れる感受性の伝統なのだよ、と説くと、 少年少女たちはみなうなずいてくれたように見えたそうだ。

 十代半ばの生徒たちを少しばかりどきどきさせてやろうと考えて、正統なま じめな(?)名句のなかに、芳賀さんがしのばせたのが、春に三橋鷹女(1899 -1972)、冬に橋本多佳子(1899-1963)、お好きな女性俳人二人、「女うた」の 名手、すっきりと姿美しい女人の句だった。 鷹女の句は、短信に引用したお 年賀状にあった<鞦韆(しゅうせん)は漕ぐべし愛は奪ふべし>。 読みは、 お年賀状の通りだが、ぶらんこ遊びの起源は、おそらく古代ギリシャ、その地 出土の大杯に、若い女が木の枝につるしたぶらんこに乗って、背を半獣神に押 させている絵があると、碩学原勝郎博士が述べたという。 中国に渡って、宋 の詩人蘇東坡には名吟「春宵一刻値千金……鞦韆院落(いんらく・宮殿の中庭) 夜沈々」(春夜)があった。 日本にも平安時代にすでに伝わっていたというが、 詩では18世紀京都の蕪村の友人炭太祇(たんたいぎ)に<ふらこゝの会釈こ ぽるゝや高みより>とのなまめかしい一句がある、と語る。

 多佳子の句は、同じ昭和26年の、<雪はげし抱かれて息のつまりしこと>。  15、6歳の少年少女には少し刺激が強すぎるかな、と思いながらも、まさにそ れゆえに挙げたのだが。彼らは思いがけぬほどによく反応した。 多佳子は東 京本郷のお琴山田流の師匠の孫娘で、鏑木清方の《築地明石町》の女なみの美 貌の持主だった。 大正6(1917)年満18歳の年に、大阪の材木商の次男坊 でアメリカ帰り、11歳年上の橋本豊次郎に惚れこまれて、その年結婚した。 こ の教室にいた年長の少女たちよりも、わずか1、2歳年上のときのことである。  この句は、その二人のはじめての頃の逢瀬の夜の回想だろうと、芳賀さんは思 い込んでいる。 夫豊次郎は妻多佳子に思いきり贅沢な暮しを与えてくれたの ちに、この句の14年前、妻と4人の娘を残して亡くなっていた。 「息のつ まりしこと」とは、50歳をこえたばかりの女の、切なくもなまなましく残る感 覚を告白する一句である。 教室はさすがにしばしし―んとした、そうだ。

 芳賀徹さんのこの講義を聴いた少年少女が、深い感銘を受けたであろうこと は、容易に想像できる。 そして、その後芳賀徹さんの訃報に接して、さらに 深く「もののあはれ」を知ったことであろう。

詩人たちの国で<等々力短信 第1129号 2020(令和2).3.20.>2020/03/20 06:55

 「小生いまや くたびれ果てました」と、お年賀状の添え書き「いつも貴通信、 愛読しております」に続けられていて、心配していた。 芳賀徹さんが、2月 20日に胆嚢癌のため88歳で亡くなり、短信は長い大切な読者をひとり失った。  賀状の印刷部分は芳賀さんらしく、<鞦韆(しゅうせん)は漕ぐべし愛は奪ふ べし>という三橋(みつはし)鷹女の句を引き、「すてきな一句ですね。鷹女五 十二歳の昭和二十六年の作だそうです。「鞦韆」はぶらんこ(ふらここ)のこと。 古代ギリシャの昔から、宋代の中国でも、李朝の朝鮮でも、ロココ時代のフラ ンスでも、徳川の平和の日本でも、春になると若い娘たちは春衣に着替え、花 咲く枝に美しい紐を垂らし、それに乗って高くゆらして遊んだとのこと。/こ の句でも「漕ぐべし」の命令形で力いっぱいに蹴り上げ、「愛は」、「奪ふべし」 でさらにも春空高く攻めてゆきます。令和の日本でもこんな元気な若い人たち のぶらんこの声があちこちから聞こえてきますように」と。 新聞の訃報に、 「専門は比較文学、近代日本比較文化史。東大教授、国際日本文化研究センタ ー教授などを歴任し、99年から07年まで京都造形芸術大学長を務めた。」とあ る。

昨年7月の短信では、5月出版の『桃源の水脈―東アジア詩画の比較文化史』 (名古屋大学出版会)を紹介した。 陶淵明の「桃花源記」が東アジア諸国の 文化の中に「桃源郷」という一つのトポスをつくりあげ、流布させ、中国、朝 鮮、日本の文学と美術に長く影響を及ぼしたとして、沢山の実例を考証し、そ れが芳賀さんお得意の徳川の平和の日本で、桃源の詩画人、與謝蕪村によって 桃花のごとき花盛りの季節を迎えたとする。そこで9月の短信には折から開か れていた、與謝蕪村とその弟子呉春(松村月渓)の作品を中心に展観した大倉 集古館の「桃源郷展」の案内を同封したのであった。

 芳賀徹さんを知ったのは、昭和43(1968)年5月の中公新書『大君の使節 幕 末日本人の西欧体験』を読んで魅了されてからだ。 その5年後、11月10日 に三田の塾監局で開かれた福澤諭吉協会の第一回「土曜セミナー」で、まだ東 大の助教授だった芳賀さんの「福澤諭吉の文章」を聴いた。 特筆したいのは、 平成4(1992)年秋の福澤協会「芳賀徹氏と『西洋事情』を読む会」を短信に 書いたのをきっかけに、明治日本の水道の先生W・K・バルトンが、近代日本 のシナリオとなった福沢諭吉の『西洋事情』に大きな影響を与えた、ジョン・ ヒル・バートンの長男だったことが判明したことだ。

 「この列島の代々の住民の窮極のアイデンティティは、これが詩の国、詩魂 の国」「天地山川のわずかな動きにも心おののき、わが身の小ささを感じ、人間 の命運に想いを馳せずにはいられぬ詩人たちの国である。」(『詩の国 詩人の国』 筑摩書房)


(毎月25日発行の「等々力短信」、この号を20日付で発信したのは、芳賀徹 さんの月命日に当り、お彼岸の中日だったからです。)

福沢索引2006年7月のブログ・読史五十年から得たもの[昔、書いた福沢241]2020/03/20 06:53

読史五十年から得たもの<小人閑居日記 2006.7.25.>
 22日、慶應義塾創立150年記念事業の一つ「復活!慶應義塾の名講義」の第
6弾、森岡敬一郎名誉教授の「読史五十年から得た教訓と反省」。 三田キャン
パスの第一校舎121番教室、きれいに改装はしてあるが、40年以上の昔、高木
寿一教授の「財政学」や飯田鼎助教授の「社会政策」の講義を受けた記憶のあ
る教室だ。

 森岡先生は文学部の西洋史、マグナ・カルタの研究がご専門、9月には84
歳になられる。 戦争から帰って、なぜイギリスに負けたのかを考えた。 そ
れでイギリスの歴史、憲法や制度、マグナ・カルタの研究に入って行った、と
いうのだ。 私は、司馬遼太郎と同じだ、と思った。

 肝心の、なぜイギリスに負けたのかの要因(つまりあちらにあって、こちら
にないもの)。 一つは、最大のものや理想的なものでなく、考えられる次善の
ものを選択すること。 もう一つは、人間は不完全なものであるという人間観。 
それは、福沢先生の人間蛆虫論、人事には絶対の美がない、どこか欠陥がある
けれど、それを承知の上で謙虚に努力する、というのに通じるところがある。 
利己心を捨てることで、謙虚さを得るというアダム・スミスの話も出た。

 専横な王様にマグナ・カルタを認めさせる以前の時代には、王様は毎年赤字
なので、戦争をやる、つまり「桃太郎」をやった。 太平洋戦争で、日本が中
国に出かけ、さらに南方の石油を目指したのは、8~9世紀の頭で、20世紀を
やったのだ。 古い歴史も、現代につながる教訓がある、というお話だった。

福沢索引2006年5月のブログ・W・K・バルトン生誕150年[昔、書いた福沢233]2020/03/12 06:54

「日本の公衆衛生の父」バルトン記念の会<小人閑居日記 2006.5.15. >
13日、目黒の東京都庭園美術館の新館ホールで「W・K・バルトン生誕150
年記念講演会」。 W・K・バルトンは、日本女性荒川満津(まつ)との間に娘・
多満子を授かり、東京の英国領事館で正式の結婚式を挙げた(当時、日本女性
との関係を正式なものとするのは少数派だったそうだ…加藤詔士名古屋大学大
学院教授の講演による)。 会場には多満子さんの子孫、バルトンからは曾孫に
あたる鳥海幸子さんやメッツ・陽子さん、玄孫にあたるケビン・政弥・メッツ
さんがおられた。

バルトンとバートン、息子の帰郷<小人閑居日記 2006.5.16.>
 稲場紀久雄大阪経済大学教授は昨年、150日にわたってバルトンの故郷エジ
ンバラを中心にスコットランド、そしてロンドンで調査。 福沢の『西洋事情』
外編は、バルトンの父ジョン・ヒル・バートンの『政治経済学』の翻訳が主体
になっている。 バルトンが幼・少年時代を過ごしたエジンバラに9月、本国
ではその業績が知られていないW・K・バルトンの記念碑を建てる予定。

現地で悟ったバルトン来日の理由<小人閑居日記 2006.5.17.>
 稲場紀久雄教授は、バルトンを日本に導いた直接の要因は、育った環境と、
青年達の海外雄飛の願望に火を点した父の著書『ザ・スコッツ・アブロード(海
外のスコットランド人)』ではなかったか、と。 明治維新の若き志士達を支援
したトマス・グラヴァーや日本の灯台の父と仰がれるリチャード・ブラントン
は、父の故郷アバディーン及びその近郊の人である。

W・K・バルトンの学歴と職歴<小人閑居日記 2006.5.18.>
 来日前のW・K・バルトンの学歴と職歴を、藤田賢二東大名誉教授の基調講
演「わが国衛生工学の始祖バルトン」と、稲場紀久雄教授の講演から。 産業
革命には、光と影の両面があった。 機械工学は光のあたる分野だったが、社
会的に切望されていたのは衛生工学だった。 衛生工学に進んだバルトンの生
涯には、父ジョン・ヒルの強い影響。 土木技術者の叔父(母の末弟)コスモ・
イネスと共同で会社と衛生保護協会を設立、環境衛生に関するあらゆる技術的
相談に乗る。

バルトンが日本写真史に果たした役割<小人閑居日記 2006.5.19.>
 写真史家で東京都写真美術館専門調査員、金子隆一さんの講演「W・K・バ
ルトンが日本写真史に果たした役割」。 バルトンが滞日した明治20年代は、
それまでのコロディオン湿板法から、ゼラチン乾板法への転換が確立していく
時期。 秒単位の短時間での撮影、速いシャッターでの撮影も可能になり、写
真印刷が社会的に確立した時期でもあった。

アマチュア、そして総合人間学<小人閑居日記 2006.5.20.>
 バルトンは写真家としては、アマチュアだったから、自由に、何でも撮って
よいという立場であり、それを生かした。 ピクトリアリズム(絵画主義)の
芸術写真、都市の風景のスナップショット、愛岐地震の写真集などでも人物や
生活感を取り込んでいる。

日本の土木工学とスコットランド<小人閑居日記 2006.5.25.>
 西川俊作先生に最近のW・K・バルトンとスコットランド関係の進展を手短
にご報告。 先生は、日本ではスコットランドとイングランドを一緒に考える
けれど、ぜんぜん別で、日本の土木工学はスコットランドと関係が深いこと、
工部大学校のヘンリー・ダイヤーや、橋や灯台のブラントンもスコットランド
人だといわれた。 岩倉使節団がエジンバラを訪れた時、伊藤博文がグラスゴ
ーまで足を伸ばして、お雇い外国人を探した。 工部大学校をつくったダイヤ
ーには、幕末ロンドン密航“長州ファイブ”の山尾庸三(工部卿)が協力。