<うな重を妻に奢りて落着す>2017/05/20 07:06

 自註『本井 英集』の後半には、句会や吟行で、その句の誕生に立ち会った句 も出て来て、楽しい。 <欲得をきれいに飾り大熊手> 平成20年作 「慶 応志木高校のOB俳句会「枇杷の会」。男ばかりで「三の酉」へお参りした。勢 いに任せて悪所へ繰り込むような乱暴者はいない。」 <捩ぢあげるやうに大根 引きにけり> 平成22年作 「「夏潮」渋谷句会での兼題。教員時代、毎年、 生徒と大根を育てた。あんまり出来たので干して沢庵漬けにしたこともあっ た。」 <箱庭の触るれば回る水車かな> 平成23年作 「「夏潮」渋谷句会 は兼題だけの俳句会。「箱庭」の題詠。<箱庭の家鴨を並べかへてみし>など。 箱庭で遊ぶのと同じように俳句で遊ぶ。」

 本井英先生は昨秋、『夏潮』創刊以来の句を収めた第四句集『開落去来』(ふ らんす堂)を出版された。 その句集について、私は「等々力短信」第1088 号に「本井英句集『開落去来』」を書いた。

http://kbaba.asablo.jp/blog/2016/10/25/8235516

 その中で、「観察と写生」「ユーモアや俳味」「お人柄と人情」「意外な措辞」 「ご家族」について、私が気に入った句を32句挙げた。 今回の自註『本井 英 集』には、私が挙げた32句の内、半数に近い15句が選ばれていたのは、嬉し かった。 俳句を詠むほうは少しも上達しないけれど、選句のほうは少しは増 しになったのかと思ったのである。 ただし<冷蔵庫置けば愛の巣らしくなる >(平成21年作)を、「ご家族」を詠んだのか、お嬢さんのお宅あたりかと想 像したが、註に「「冷蔵庫」が季題であることに、やや違和感を覚えながら題詠 した。まるでテレビのドラマのようなストーリーを空想してみたら。」とあった。  短信の「短篇小説でも書けそうだ」は、当たったのかもしれないが。

 <うな重を妻に奢りて落着す> 平成24年作 「江利子は本当に良く出来 た妻だと思う。それでも偶には機嫌を損ずる。勿論こちらに落ち度があるのだ。 「うな重」は「ゴメン」のシノニムである。」 久美子さんが亡くなられた十年 後、江利子さんと再婚された。 俳句は、私小説のようなものでもある。 今 回の句集にも久美子さんを詠んだ句が沢山ある。 下種な私は、つい江利子さ んの胸中を勘繰ってしまうのだった。

 『夏潮』の創刊を準備していた頃、現役の社会人が多かった運営委員の間に は、編集の負担が大きいから、誰か雇ったらとか、月刊を諦めたらとかいう意 見もあった。 本井英先生は、断固反対、初心を貫かれた。 平成18年8月 一ヶ月、逗子のご自宅で全62回の連続俳句会「日盛会」が開催され、延べ800 人以上の参加者があった。 78頁には「この「日盛会」を支えてくれたのが、 今の家内である」とある。 座談会、対談、講演記録は、俳誌『夏潮』の一つ の柱である。 最近では11か月にわたる鈴木孝夫先生との対談「日本と西洋」 が、出色のものだった。 そのテープ起こしが、どれほど大変な作業か。 そ れは江利子さんの仕事だと聞く。 江利子さんは『夏潮』の十年も支えてこら れたのである。 今になって、本井英先生の念頭には、初めから江利子さんの 存在があったことを知る。

 <里山のおしるこ色に芽吹くかな> 平成23年 「早春、芽吹きの頃の逗 子・葉山の丘。最初に気付いたのは江利子。「漉し餡」みたいと。我が家は祖父 も父も兄も甥も製餡業を営んでいる。」

本井英先生の句境を推察する2017/05/17 07:12

 本井英先生が到達なさっている高い句境、はっきりしたものをつかんだ、と いわれるのは、奈辺にあるのか、私なりに想像してみたい。

本井英先生の『夏潮』は、近代俳壇を代表する高浜虚子の唱えた「花鳥諷詠」 を信奉し、ひたすら虚子を求め、さらに虚子の求めた彼方を探る、姿勢と立場 をとっている。 本井英先生が慶大俳句「丘の会」で行った「表現と諷詠」と いう講演記録が、『夏潮』2014年11月号に載った。 虚子は「諷詠」をこう言 った、と語っている。 「諷詠」というのは心に思ったことを、そのまま叙す る。 あるいは心に思った相手への慮りを素直に述べることで、「挨拶ならざる 俳句はない」と言っても好いかもしれない。 また、詩にはリズムがなければ いけない。 調子がなければいけない。 意味を運ぶというよりも、心の中に ある気のようなものが、自ずから口を衝いて出て来る。 そこに言葉の好いリ ズム感が生まれる。 それが、実は俳句の本質なんだ、ということを。

これは折口信夫が奇しくも「最も純粋な日本の詩歌は無内容のものこそそう だ」と言ったのと同じで、「無内容」あるいは「構えたものでない」ということ が、一番大切なのだ、と。 一方、「表現」は、あるはっきりしたものが事前に 頭の中にあって、それを言葉で組み上げて他人に理解させようとする。 「諷 詠」は、そうではなくて、自然に「ぱっと」出て来てしまった言葉だろう、と。

 山内裕子さんの句集、『まだどこか』(ふらんす堂)に寄せられた栞「但馬派 を継ぐひとり」で、本井英先生は、京極杞陽先生の<花鳥諷詠虚子門但馬派の 夏行>を引き、但馬派の俳句や文学、その姿勢をつぎのような言葉で表してい る。 「こだわらない」、「こけおどしを言わない」、「読む人を圧迫しない」、「褒 められようとしない」、「素顔をかくさない」。

 渋谷句会では、最近「情がある」ということをしきりに言われる。 先日の 「枇杷の会」深川吟行の句会では、「口から出まかせ」、「読者のことなど気にし ない、自分にサービス」と、言われた。 

 私が自己流で俳句を詠むきっかけになったのは、落語評論に始まりエッセイ を愛読して私淑していた江國滋さんの『俳句とあそぶ法』(朝日新聞社・昭和 59(1984)年)だった。 その本には、ちゃんと、こう書いてあった。 「俳 句の三本柱は、たしなみと、つつしみと、はばかりである。」 そして、くりか えし、「ほどのよさ」と「さりげなさ」を説いていた。

 私は日頃、少しも俳句が上手くならない、と感じている。 このブログに、 毎月の渋谷句会の結果を報告している私は、毎度「鳴かず飛ばず」だの、「まず まず」だのと、言っている。 明らかに「褒められようとしない」に違反して いるのだ。 俳句では、理屈や説明はいけない、と教えられる。 ところが、 私は高校新聞出身で、5W1H、いつ、どこで、だれが、なにを、なぜ、どのよ うに、の六つをきちんと書き込めと教わった。 毎日、ブログの散文を書いて、 達意、内容をきちんと伝えようと努めている。 新聞はアッといわせる特ダネ を探し、随筆も何か新奇なことや、洒落たことを言って、受けを狙おうとする。  その助平根性から抜け出せないところに、わが俳句の上手くならない理由があ るようだ。 品というものがないのは、「花鳥諷詠」の道とは、ほど遠い。

「無用の努力」のススメに共鳴する2017/03/22 06:44

 『クラウド時代の思考術 Googleが教えてくれないただひとつのこと』の書 評で、いささか不安と疑問が出て来たけれど、2月9日「一人ひとりの「知的 自己満足」が力に」に堺屋太一さんのインタビューを紹介して我田引水したよ うに、私は毎日ブログという「好きなこと」をやって、「知的な営み」(?)に 「自己満足を得」ている。 私が「等々力短信」の前身「広尾短信」をハガキ 通信として始めたのは33歳の1975(昭和50)年2月25日だったから、42年 になる。 皆が手紙を書かなくなった世の中に、ハガキでどれだけコミュニケ ーションができるか実験のつもり。 日頃、ものを考える訓練の必要を感じる、 書くことがその有力な手段で、読書見聞の記録も書き留めておけば、歩留まり のよいことはわかっている。 吸う息があれば吐く息も大切、物書きでないた だの人も、情報を受け取るだけでなく、発信することを、やってみようという のだった。 いまやSNSで、誰もが情報発信するようになったけれど…。  ズーーッと同じことを続けて、与太郎のようにボーーッと暮して来て75年、 決して一生懸命走ったりして来なかったから、スタミナは残っているだろう。

 「無用の努力」のススメ 八十路の哲学に注目! という合田周平電気通信 大学名誉教授の本、『晩節の励み』(三五館)の広告が、こうした私の「人生論 之概略」と響き合うところがあった。

 「我々じいさん、ばあさんは、日々、病気や死のことばかり考えて生きてい ると思っていたら、とんでもないことだ。/高齢者とは、長い「経験」を積ん できた知恵者の集団である。/貧富貴賤などにとらわれない、「利他の心」で生 きる人生哲学を理想としているのだ――85歳・著者」

 60年代に米国からロボット研究、いまのAIを日本に導いたシステム工学の 先駆者が書き下ろした。21世紀の中高年向け、「青春」虎の巻エッセイ!

「世にいう不運などということは、もともと人生には存在しないのである。」

「「治らない病」は一生に一度しか罹らない。」

「明日死を迎えるとしても、今日の只今から幸福になっても遅くはない。」

「検索で物知りだと思うのは錯覚」本2017/03/20 06:40

 「ミレニアル世代」という言葉を知らなかった。 Googleで検索して、 「(millennial generation)2000年以降に成人、あるいは社会人になった世代。  主にアメリカで1980年~2000年頃に生まれた若者をいう。」とわかった。 そ の言葉は、昨19日の朝日新聞朝刊読書欄の書評にあった。

 「アメリカ人、とくにミレニアル世代がどんどんバカになっている。」と。 『ク ラウド時代の思考術 Googleが教えてくれないただひとつのこと』ウィリア ム・バウンドストーン著・森夏樹訳(青土社)の、佐倉統東京大学教授(科学 技術社会論)の書評だ。 「いや、ぼくが言っているのではない、この本に書 いてあるのだ。」と佐倉教授、「著者は高名な科学ライター、彼自身の調査を含 む多くのデータにもとづいての結論だ。説得力は高い。」という。

 「キーワードのひとつは、ダニング=クルーガー効果。能力の低い人ほど自 分を過大評価するという現象で、アメリカの心理学者が1999年に発見した。」

 「インターネットがこの効果を増幅する。ネットで検索すれば情報は簡単に 手に入るから、誰でもたくさん情報を集めて勉強したような気になる。自分は 物知りだという自己意識が、ますます肥大する。」  「だが、それは錯覚だ、と著者は言う。適切な検索には相応の知識とリテラ シーを必要とする。これらの低い人がいくら検索しても、偏向した自分の意見 を補強する材料を手に入れるだけだ。ネット検索は悪循環をさらに悪化させる 悪魔の道具でしかない。」

 佐倉教授は、本書では直接触れられてはいないが、2016年のトランプ現象を 予測する事柄もあちこちで顔を出す、という。 著者は対応策として、自分が 興味のない領域の情報にも触れられる、新聞やテレビなど、プロによって編集 された従来型メディアの重要性を強調しているそうだ。 佐倉教授は、処方箋 としてはいささか頼りない印象はぬぐえない、というが…。

 毎日ブログ<小人閑居日記>を、ネット検索を多用しながら、書いている。 「偏向した自分の意見を補強する材料」を探すというよりも、確認と、内容の 補強という面が強いけれど、「能力の低い人ほど自分を過大評価」して、「どん どんバカになっている」のかもしれないと警戒しなければなるまい。 はたし て「適切な検索に相応の知識とリテラシー」を持っているのだろうか。 プロ ではないが、「編集」できているのだろうか。

一人ひとりの「知的自己満足」が力に2017/02/09 06:35

 一晩、落語研究会を聴いて来て、こうして7日も、ブログに書いている。 今 年の年賀状にも、「48年582回を数える落語研究会を毎月聴き、一週間もブロ グに書く。平成の『耳袋』『飛耳張目録』をめざして…。書く趣味があってよか った。」と書いた。

 仲間内の情報交流会があって、証券会社の副社長をした「等々力短信」の読 者が声をかけてくれた。 私の書くものがまとまると、何十年後かに、時代の 世相を伝えるものとして、役に立つのではないか、と。 前の席にいた病院の 会長も、「特別な才能だから」と。 過褒の言葉だったが、「心がけて精進しま す」と、昇進した横綱みたいなことを言った。 つい自慢話になったのは、「小 人日記」たる所以だ。

 1月4日の朝日新聞夕刊「時代のしるし」は、堺屋太一さんが1976(昭和 51)年に書いた小説『団塊の世代』を取り上げていた。 日本では1947(昭 和22)年から51(昭和26)年までに生まれた人口が、1253万人と異常に多い。  その世代の人々が、電機、自動車、銀行、官庁のそれぞれの舞台で、人員整理 や権力闘争などの荒波にもまれる様子を描いた。 この「団塊の世代」という 堺屋太一さん作の新語は、定着し、一般に使われている。

 4話構成の最終話は、2000年ごろの日本が舞台、経済は停滞し、老人世代と 現役世代の亀裂も生じつつあり、「日本民族の春と夏は短かった」「今は民族の 秋」と登場人物が語る。 大変な少子高齢社会。 年金など社会保障の費用が 膨らんで、若い世代の負担になっている。 地方の衰退も深刻。 結局、その 通りになっている。

 堺屋太一さんは、赤田康和記者のインタビューに答えて言う。 「今の日本 は3度目の敗戦状態にあります。1度目は黒船に敗れて開国を強いられた江戸 時代末期、2度目は太平洋戦争での敗北。今回は敵がいないだけにたちの悪い 敗戦です。」 「この3度目の敗戦状態から、日本を作り直すのは、東京五輪 後の2020年代の仕事です。団塊の世代は70歳代後半に突入していく。」 「問 題は、その後。荒涼たる日本が残るのか。それとも新しい楽しみが生まれるの か。」 「団塊の世代は夢を残してほしい。たとえば全国各地にある公園に寄付 をしてもらう。ブランコや彫刻、花壇など、好きなものを公園に残してほしい。 生きた証しになります。」

 「若い世代は、自分が何が好きなのかを一人ひとり考え、それを実行してほ しいですね。世間から笑われたり、そんなの無駄やと言われてもいい。高度成 長期は一人ひとりが経済成長し、その蓄積が高度成長になったように。今度は 一人ひとりが「好きなこと」をやる。その蓄積が日本全体で大きな創造になる。」

 「知恵が価値を生み出す「知価革命」と呼んでいます。知的な営みに自己満 足を得る。けっこう自信が必要です。自分がやっていることが人のため、世の ためにもなる、ええことやと思わないといけないから。」

 「官僚主導の打破も必要です。」「官僚と業界団体と労働組合。地方議会。革 新派、すなわち左翼も「革新」という名の守旧派。日本を作り替えるのはこれ らの勢力でなく、どこにも属さない消費者です。」「官僚主導で日本は「守旧」 の病に侵されてきた。ところが、ある時点でぼこっと切れる。その1度目が明 治維新で、2度目が終戦。つまり「3度目の日本」がそのとき登場するんです。」

 私は、「若い世代」ではなく、「団塊の世代」のさらに上だけれど、「好きなこ と」をやって、「知的な営み」(?)に「自己満足を得」ている。 我田引水で、 堺屋太一さんのインタビューを紹介した次第。