スカトロジー、『陰翳礼讃』の厠、三上2021/02/10 06:58

 『ガリバー旅行記』を読んで面白がり、その面白いところを伝えようとしたら、つい政治的な風刺とスカトロジー(糞尿譚)になってしまった。 日本の文学に、スカトロジーはあるのだろうか。 昔、「の、ような話」という一文を書いた(「等々力短信」第523号1990(平成2)年2月25日)。 杉浦日向子さんの『大江戸観光』(筑摩書房)を読むと、江戸のベストセラー作家・恋川春町に『芋太郎屁日記』という、代々語り継がれるほどの曲屁の名人、霧降花咲男(きりふりはなさきおとこ)、後に曲屁福平と改名した人物の伝記がある。 「その時此(この)子、たらいの内にて天に指さして、屁上屁下(へんじょうへんが)唯可屁糞尊(へくそん)と高らかに唱えける」と誕生する。 曲屁福平とその曲屁の実際については、かの平賀源内先生が『放屁論』という書物で、自ら聴いた三番叟を「トッハヒョロヒョロヒッヒッヒッ」と聴こえたと記しているそうだ。

最近、谷崎潤一郎が『陰翳礼讃』で厠の臭いについて詳述しているが、若い人はわからないだろうと、誰かが書いていたのを読んだのだが、どこだったか思い出せない。 谷崎は、厠がただの不浄の場とならない条件として「或る程度の薄暗さ」、「徹底的に清潔であること」、「蚊の呻(うな)りさえ耳につくような静かさ」を挙げた。 そして厠の「風流」を、こう書いた。

「まことに厠は虫の音によく、鳥の声によく、月の夜にもまたふさわしく、四季おりおりの物のあわれを味わうのに最も適した場所であって、恐らく古来の俳人も此処から無数の題材を得ているであろう。されば日本の建築の中で、一番風流に出来ているのは厠であると云えなくはない。総べてのものを詩化してしまう我等の祖先は、住宅中で何処よりも不潔であるべき場所を、却って、雅致のある場所に変え、花鳥風月と結び付けて、なつかしい連想の中に包むようにした。」

 そういえば、私もトイレで俳句が浮かぶことがある。 「三上(さんじょう)」と、文章を練るのに最もよく考えがまとまるという三つの場所をいう言葉がある。 馬上、枕上、厠上。 出典は、欧陽脩の「帰田録」だそうだ。 寝ていて、浮かぶこともある。 馬には乗らないから、今なら電車の中だろうか。 どれも、いい句が浮かんでも、あとで思い出せないのが難点だけれど…。

ジョナサン・スウィフトと福沢諭吉2021/02/04 07:05

 『ガリヴァー旅行記』、創元社の『世界少年少女文学全集』では阿部知二訳、講談社『世界名作全集』は『ガリバー旅行記』那須辰造訳(余談だが福島正実が早川書房に入ったのは那須の紹介だそうだ)だった。 朝日新聞は昨年6月12日から毎週金曜日(一面全面の)夕刊小説に、ジョナサン・スウィフトの『ガリバー旅行記』Gulliver’s Travelsを柴田元幸訳、平松麻挿絵で、連載している。 原田範行慶應義塾大学教授が監修、注釈をしている。 毎回掲げられている初版の著者と題名は、By Lemuel Gulliver, First a Surgeon and then a Captain of Several Ships.「船医より始めて のちに数船の船長となった レミュエル・ガリバーによる」 Travels into Several Remote Nations of the World. In Four Parts.「世界の遠国への旅行記四篇」。

 連載予告(6月5日付)の柴田元幸さん解説によると、スウィフトが『ガリバー旅行記』を書いたのは1720年代、日本では徳川8代将軍吉宗による「享保の改革」の時代だが、その英語原文は案外易しく、現代英語と全然変わらないと思える箇所も少なくないそうだ。 何しろスウィフトは、書いたものを召使いに読んで聞かせ、召使いが「わかりません」と言ったら、書き直したという。 “to be understood by the meanest”(もっとも学のない者にもわかるように)というのが、スウィフトの文章を書く際のモットーだったそうだ。

福沢諭吉が、明治30(1897)年『福沢全集緒言(しょげん)』で、自らの著書について、つとめて難解の文字を避けて、平易を主とし、「これらの書は、教育なき百姓町人輩にわかるのみならず、山出しの下女をして障子越しに聞かしむるも、その何の書たるを知るくらゐにあらざれば、余が本意にあらず」と言っているのと、同じ心掛けだ。 昨日は、スウィフトの168年後に生まれた福沢諭吉の命日だった。

少年小説、SF、そして旧訳・新訳2021/01/30 07:09

 池澤夏樹・池澤春菜著『ぜんぶ本の話』7章の内、児童文学が2章、少年小説が1章、SFが2章、ミステリーが1章、読書家三代の家の話が1章という構成と配分になっている。 「大人になること」と題された少年小説のジャンルは、まずスティーヴンソンの『宝島』、そしてアームストロングの『海に育つ』のような文字通り成長小説だ。 ウェストールの『水深五尋』と合わせて海洋物、友情・勇気・工夫・倫理、そういう諸々がうまく絡み合う冒険物語は、なんといってもイギリス物が一番で、少年小説も児童文学と同じくイギリスが一番だ、という結論になっている。 ちなみに少女小説は、『赤毛のアン』『小公女』『あしながおじさん』が、ほぼ題名だけ挙げてある。

 夏樹さんの中学、ご存知練馬区立大泉第二中学校は、大きな学校が二つに分かれたばかりで、若くて元気な先生が多く、雰囲気がよく、日本の学校にしては珍しく居心地がよかったという。 そこの先生たちが「面白いぞ」と回してくれたのが、創刊号からの『SFマガジン』だった。 その頃から早川書房が次々とSFを出版し始め、そのキーマンが福島正実、『SFマガジン』初代編集長。 どれもはじめて知る作家ばかり、どの作品にも科学的知識がひねった形で入っている。 どれも新鮮で、夏樹さんは夢中になった。

 私はSFが2章もあれば、あの方の名前が出て来るんじゃないか、と思いながら読み進めていた。 案の定、SF2「翻訳書のたのしみ」の章「旧訳・新訳問題」に、こうあった。 春菜さん「たとえばハインラインの『夏への扉』は新訳が出た。この作品が珍しいのは、旧訳も品切にせずそのまま出していること。新訳と旧訳と両方が出ているという状態なの。旧版は福島正実訳で新しいのは小尾芙佐さん訳。これがどちらも素晴らしい。」 夏樹さん「定評のある作品の新訳を出すのは大変。でも河出の『世界文学全集』(池澤夏樹=個人編集)ではそれが突破できた。具体的には、たとえば『存在の耐えられない軽さ』はそう。」 小尾芙佐さんは、私の恩師小尾恵一郎先生の奥様で、その翻訳書については、「等々力短信」や「小人閑居日記」で、何冊か取り上げてきていたので、これを読んで大変嬉しかった。

「あなた、いい学校に行きなさいよ。」<小人閑居日記 2013.3.10.>
鎌倉文学館、小尾芙佐さんの展示<小人閑居日記 2013.4.19.>
等々力短信1084号2016.6.25.『書店主フィクリーのものがたり』
等々力短信1126号2019.12.25.『サイラス・マーナー』

 SFの訳者は若い世代が少ない、大森望さんたちの下の世代がなかなか育たないという話で、春菜さんがあまり知られていないけれど面白そうな本を原書で買ってあり、翻訳をやってみようかと思っているといい、夏樹さんに背中を押されている。 夏樹さんが、そうやってカンを働かせて見つけた本が翻訳されて話題になると、ちょっと得意になるね、と。 以前カナダに行った時に、空港で買った本を飛行機の中で読んだら、これがとても良い、帰国してさっそく新潮社の編集者に「ためしに読んでみて」と伝えたら、すぐに「これはいいから出します」となった。 アステリア(アリステアの誤記、出版社に連絡したら、次の増刷で修正する由)・マクラウド、そのあと新潮社は彼の本を三冊出した。 一方、海外で見つけて、「すごい」と新潮社の知人に勧めたら、「来週発売です」と返されたのが、ジュンバ・ラヒリの『停電の夜に』、ちょっと遅かった。

等々力短信1091号2017.1.25. 極北の人情噺(アリステア・マクラウド『冬の犬』)
等々力短信1022号2011.4.25.『停電の夜に』

私の『世界少年少女文学全集』の話2021/01/29 07:11

 つい、講談社版『世界名作全集』の話が長くなったが、それを夢中になって読んでいるのを見て、親が創元社の『世界少年少女文学全集』を取ってくれるようになった。 しかし、池澤夏樹さんが書いているように、大きな本な上、二段組で活字がぎっしり詰まっており、内容もちょっと取っ付きにくい感じがした。 第1回配本が、16巻のドイツ編3のケストナーの『飛ぶ教室』、ボンゼルスの『みつばちマーヤの冒険』、『ケストナー氏の二、三の意見』(『点子ちゃんとアントン』から)その他で、高橋健二訳。 『世界名作全集』の愛読者は、たちまちつまずいた。 1巻が『ギリシャ神話・アーサー物語・北欧神話・イソップ物語』田中秀央、呉茂一、松村武雄、新村出訳、3巻が『イングランド童話集・スコットランド童話集・アイルランド童話集・ロビンフッド物語』福原麟太郎訳。  4巻が、夏樹さんが書いている『ロビンソン・クルーソー・ガリヴァー旅行記』だった。 そんなわけで、せっかく買ってくれたのに、『世界少年少女文学全集』は、ほとんど積ん読ということになった。

 後年、1960(昭和35)年大学一年生の夏休みに、去年9月に書いた「高校卒業旅行、テント担いで紀州へ」の仲間だった故湊邦彦君に誘われて、パレットクラブのメンバーが、岩手県の当時「日本のチベット」何級僻地とか言われていた小学校分校を訪れるテント旅行に参加した。 石川啄木<かにかくに渋民村は恋しかりおもひでの山おもひでの川>の渋民小学校にテントを張って一泊した後、山奥のその名も虚空蔵という村の分校へ行き、子供たちと絵を描いたり、ゲームをしたり、カレーを食べたりして、交流した。 その折、エンピツやクレヨン、画用紙などの文房具とともに、私の積ん読の『世界少年少女文学全集』も持って行った。 みんなで手分けして提げて行ったのだが、とても重かった。 テント旅行の一式のほかに、平気で重い本も持って行ったのは、若かったから出来たのだろう。

 それが、私の『世界少年少女文学全集』の話である。

創元社『世界少年少女文学全集』、講談社『世界名作全集』2021/01/28 07:15

 池澤夏樹・池澤春菜著『ぜんぶ本の話』には、いろいろな本が出てくる。 夏樹さんの読書の最初の記憶は、昭和28(1953)年から出た創元社の『世界少年少女文学全集』だという。 これが毎月家に届くようになった。 本の手触りも印象的で、けっこう大きくて、箱入りで分厚い。 内容はというと、『ガリヴァー旅行記』と『ロビンソン・クルーソー』で一冊、しかも子供向けに書き直していない本格的なもので、訳者は吉田健一(『ガリヴァー』は阿部知二)、二段組で活字がぎっしり詰まっていた。 一冊380円、当時としたらいい値段、家が貧しかったから、よく買ってくれたと思っていたが、あとから聞いたら、父の福永武彦が32巻まで、毎回買って送ってくれた。 そのあと18巻、補遺が出て、それはうちで買ったみたい、と。 そういうわけで、夏樹さんは春菜さんと同じく、もっぱら翻訳物を読みふける子供だった、という。

 創元社の「世界少年少女文学全集」、私にも思い出がある。 私は夏樹さんより四つ上だから、だいたい同じ時期に育った。 外で同年代の友達と遊ぶというようなことがほとんどない、内気な子供だった。 だが、本を読む面白さを知って、救われた。 夏樹さんは、春菜さんが世の中になじめず、本ばかり読んでいたことについて、「読書って自分自身は本に向かって開かれているんだから自閉ではないんだよ。自開だね。自ら開く。本にたいしては開かれている。本は人間と同じように生きものなんだから。人とつきあうように、本とつきあうことができる」と言っている。

私がまず手にしたのは講談社版『世界名作全集』、懐かしい上に、その恩は計り知れない。 昭和24(1949)年か25年の刊行開始、私は小学校の低学年だった。 B6判函入、グラシン紙包み(岩波文庫などをくるんでいたあの厄介な紙)、表紙は四分割のそれぞれに西洋の紋章が描かれているデザイン、背表紙は紺でオレンジ色の題字が入っていた。 第一期の十冊が定価180円、第二期のそれが200円。小遣を貯めたりした200円をしっかり握りしめ、本屋に走ったことを思い出す。

<第一期> 1ああ無情 2宝島 3巖窟王 4乞食王子 5鉄仮面 6小公子 7小公女 8トム・ソウヤーの冒険 9アンクル・トム物語 10ロビンソン漂流記 <第二期> 11家なき子 12ガリバー旅行記 13クオレ物語 14西遊記物語15三銃士 16家なき娘 17十五少年漂流記 18ロビンフッドの冒険 19ハックルベリーの冒険 20シェクスピア名作集

 抄訳者の顔ぶれがすごい。 佐々木邦、江戸川乱歩、宇野浩二、千葉省三、北川千代、南洋一郎、太田黒克彦、久米元一、水島あやめ、池田宣政など。 一流の人たちが子供向けにリライトしている。 おそらく完訳より、ずっと面白いにちがいない。 読み出したら、やめられなくなった訳だと思う。