北野勇作著『100文字SF』2020/09/24 07:04

 8月27日の「筒井康隆さんの『現代語裏辞典』にアイディア」に書いたアイディアの提供者の第二位、約二百三十項目の北野勇作さんのお名前を、朝日新聞の読書欄の短い方(400字)の書評で見た。 9月12日(土)朝刊、北野勇作著『100文字SF』(ハヤカワ文庫JA)、評者は須藤靖東京大学教授。 ちなみにJAは、農協でなく、Japanese Authorだ。

 須藤靖教授、書評を始めた頃は、本一冊の魅力をたった400文字で紹介できるはずはないと思ったが、すぐに何でも長けりゃあ良いというものではないと気づいたという。 俳句は、わずか17音でも無限の世界を記述し尽くす。 結局は自分の表現力の問題に尽きる、と。

 新型コロナウイルスのために、ただでさえ閑居しているのに、気がつけば、ほとんどスイカを使っていない。 したがって、小人閑居日記も毎日、つい長く書き過ぎているなと、反省させられた。

 『100文字SF』は、北野勇作さんがツィッターで発表している「ほぼ百字小説」約2千編のなかから約200編を精選し文庫化したもの。 わずか100文字で読者の頭に爽快感と深い余韻を残す著者のセンスはただ者ではない、という。

 そこで、ネットを探したら、北野勇作さんの「ほぼ100字小説」をいくつか読むことができた。 百枡ぴったりに埋めるのだそうで、その推敲は、文章を一字単位でチェックすることにもなり、役立つという。 三編、紹介させてもらう。

「路地の長屋と町工場の隙間に薄暗くて狭い階段がある。二階くらいの高さでブロック塀に突き当たっているからどこにも通じていないはずだが、階段を上っていく人をたまに見かける。下ってくる人は、まだ見たことがない。」

「ぼくたちは黄昏テレビと呼んでいた。日の光が弱くなって、誰が誰だかわからなくなる時刻に映るから。四角い枠の中の小さな世界に色は無い。それもやっぱり黄昏みたいで、本当は何色なんだろうねと、よく話し合った。」

「娘とプールに行った帰り道、巨大な天使が更地に落ちていた。家に着くなり妻に娘を渡し、カメラを掴んでまた自転車に飛び乗った。どうしたのと叫ぶ妻に、天使っ、とだけ答えて自転車を漕ぎながら見上げる空は、赤。」

秀吉の中国大返し、朝日新聞「みちのものがたり」の疑問2020/09/13 06:26

8月30日のこの日記に「渡邊大門著『清須会議』を読む」を書いて、「天正10(1582)年6月2日未明、明智光秀は「本能寺の変」で織田信長と、その長男信忠を討った。 毛利攻めで備中高松城を攻囲していた羽柴秀吉は、その報に接し、それを秘して毛利と和睦、4日朝(6日説もある)出発した「中国大返し」で、13日昼頃決戦の地・山崎に到着した。 「中国大返し」は、尋常でない移動スピードが強調されるが、備中高松城から山崎まで約170キロだから、現在ではそれほどもなかったという否定的見解が強いそうだ。」と書いた。

昨日の朝日新聞朝刊be「みちのものがたり」は、この「秀吉の中国大返し」(岡山県~京都府)(文・斎藤勝寿記者)で、「軍勢率いて200キロ 光秀討つ」の見出し、「中国大返しは「戦国の奇跡」と称されてきた。/羽柴秀吉率いる2万~3万の軍勢が悪天候と悪路の中、姫路城までの約100キロを2日で走破したからだ。」と書いている。

その後、「本能寺の変 情報どう入手」の見出しに関して、「『清須会議 秀吉天下取りのスイッチはいつ入ったのか?』など戦国時代に関する著書を多数もつ歴史学者で作家の渡辺(邊)大門さん(52)は、秀吉が上方の重要情報をただちに入手するため、使者を用意していた可能性を指摘する」と、インタビューした渡辺さんの見解を紹介している。

使者云々はさておき、確実に記者は『清須会議』(朝日新書)を読んだであろう。 そこに書かれていた「備中高松城から山崎まで、約170キロメートルである。「中国大返し」は、尋常でない移動スピードが強調されるが、現在ではそれほどもなかったという否定的見解が強い。」を、どう判断したのか。 「みちのものがたり」の取材が進む中で、否定的な学説が大勢であることを紹介したら、ストーリー全体が空しいものになってしまうからだったのだろうか。 謎である。

何とか使えるようになった新パソコン2020/06/20 07:02

 新パソコン、二日目である。 まず、大型電器量販店のテクニカルサポート に電話して、Outlookの件を尋ね、メールアドレスの設定が必要だとわかった ので、それをやって最新のOutlookも読めるようになり、送信も可能になった。

 それから、契約しているウイルス対策セキュリティーソフトに、新パソコン を登録した。 3台までというので、古い使っていないものを外した。

次に、PDFファイルに印刷して読みたいものがあったので、印刷しようとし た。 すると、プリンターに「両面ユニットが外れています。セットして下さ い。」とかいう表示が出て、印刷がエラーになってしまった。 両面印刷などし たことがなかった。 再びエプソンの相談窓口に電話して相談、教えてもらい ながら、プリンター背面のプラスチック部品を押し込み(これは関係なかった ようだった)、プリンターEP-802Aの設定に加えて、さらにポート名EFP69C06 というのも設定しなければならないらしく、それも済ますと、印刷が出来た。  古いプリンターなのに、親切に対応してくれるエプソンの相談窓口は、素晴ら しい。 つい慣れないお世辞を言ってしまった。

以上で、ルーティンワークは、何とかできるようになった。 一安心である。 

『メモの魔力』という本が売れているそうだ。 「メモ」については、一家 言あるつもりだけれど、今回、相談その他のために、パソコンその他の機種、 連絡先、会員番号、ID、パスワード等々を、あちこち探すことが多かった。 以 前から整理しようとは思っていたのだ。 改めて一冊の手帳に書き出すことに したら、半日かかったが、その後、便利に使っている。 早くやればよかった。  今回のパソコン・アウト大事件の一効用である。

新パソコンを下手下手使い始める2020/06/19 06:47

 中二日という話だったが、翌日、基本設定とデータの移行が終わったという 電話があって、さっそく受け取りに行く。 今まで立ち上がりには、べらぼう な時間がかかっていた。 だから、事前にスイッチを入れておいた。 それが、 たちまち立ち上がるのは、快適である。 最初の設定の内、家のWiFi環境に つないでインターネットを使えるようにすることや、プロバイダーとの接続、 朝日ネットのWEBメールとブログasabloの設定は、当然、自分でやらなけれ ばならない。 なんとか、それは済ませた。

 ところが、である。 家のWiFiにつながっているのに、プリンターの印刷 ができない。 エプソンのEP-802Aというプリンターで、2009年の購入、電 源スイッチのONがまことに神経質で、入れるのに多少技術はいるものの、何 とか使っている代物だ。 エプソンの相談窓口に電話すると、ここは割合すぐ に通じた上に親切で、新パソコンにEP-802Aのプログラムをダウンロードす る方法を教えてくれ、テストページの印刷まで、付き合ってくれた。

 もう一つの難題。 日頃、プロバイダー朝日ネットのWEBメールを使い、 文字化けで読めないものを、Outlookで読んでいた。 そのOutlook、古い送 受信のデータは移行してくれているのに、最新のものがない。 Outlookのメ ールアドレスが二つあって、現在のものが設定されていないらしいことに気が 付いた。 ここまでで、一日は暮れていったのであった。

「首里城正殿」のペーパークラフトをつくった理由2020/06/18 06:58

 ご近所の大型電器量販店は午前10時開店という。 なんとか家内のパソコ ンに移しておいたファイルで、毎朝のルーティンワーク、11日の「小人閑居日 記」を発信して、平静を装い、本井英先生の俳句日記を拝見、メールもチェッ クした。

 それから、何となくアウトになったパソコンを触ってみると、ワイヤレスの マウスが動いて、なんとインターネットにつながるではないか。 ヒヤーーッ! でも、一晩いろいろと悩んで、地獄を見たような思いも味わったので、予定通 り、新しいパソコンを買いに行くことにした。 家内も、どうせ買い替えよう と思っていたのだから、この際、買えばよいと言う。 NECのLAVIE NS350/NA、画面は17.3型ワイドにした、もちろんWindows10である。 毎 度、パソコンを新しくすると、苦労するのが、基本設定とデータの移行である。  家内も、私がいつもゴタゴタ苦労するのを知っているので、お任せしたらどう か、言う。 思い切って、やってもらうことにし、後刻、前のパソコンを届け た。

 中二日という約束だった。 というわけで、自分のパソコンのない二日を過 ごすことになった。 毎日、長い時間、パソコンに張り付いているので、何と なく開放された気分になる。 手持無沙汰なので、『サライ』6月号の付録につ いていた、2019年10月31日に火災で焼失した「首里城正殿」の、ペーパー クラフトをつくることにしたのである。