福沢諭吉の「無限の苦痛」[昔、書いた福沢196]2020/01/19 08:09

         福沢の「無限の苦痛」<小人閑居日記 2003.12.28.>

 21世紀に向けて福沢を読み直すための事業として慶應義塾大学出版会から 刊行が続けられていた『福澤諭吉著作集』全12巻が完結した。 その第12 巻『福翁自伝・福澤全集緒言』を編集した松崎欣一さんから、ご自身の書かれ た同巻の解説のコピーを送っていただいた。 この解説は、西川俊作さんが『三 田評論』12月号に書かれた「『福澤諭吉著作集』全12巻完結」で「立派な解 説」と評価されたものである。 福沢は『福翁自伝』でも、それを補う自身の 翻訳・著作活動の解説である『福澤全集緒言』でも、前半生には生彩に富むス トーリーを語っているのに、後半生に関しては、あっさりとしか語っていない。  それはなぜか、福沢が言い残し、後世に託したものは何か、それについて松崎 さんが「立派な解説を与えられた」と、西川さんは言ったのだ。

 私は松崎さんに、こんなお礼のハガキを書いた。 「(あいさつ部分・略)一、 『緒言』中の自らの著作に対する福沢自身の評価を「行数」で考察された思い 付き(スタチスチク)に感心。 二、著作が読まれず理解する者も少ないとい う福沢の実感が『全集』編纂の原動力というご指摘。 三、文明の精神を担う 拠りどころとしての「慶應義塾」を、担う一ランナーであったのに、その付託 に気付かなかったという私の反省。 四、自身の描いた筋書(理想)と現実と の乖離に対する福沢の「無限の苦痛」が『全集』『緒言』『自伝』を生んだこと。  等々、教えられる所が多く、今年の最後をしめくくる、よい勉強になりました。」

「福澤諭吉かるた」と「諭吉かるた」[昔、書いた福沢193]2020/01/16 07:07

       「福澤諭吉かるた」<小人閑居日記 2003.11.23.>

 7日に浅草のちんやでクラス会をやった時、級友のひとりが「福澤諭吉かる た」なるものを持って来た。 酒好きらしい彼が「す」の札を紹介した。 「す きなお酒も次第に減らす」。 料理店や飲食店を経営する卒業生でつくっている 「料飲三田会」の企画・発行、服部「ネ豊」次郎文言・監修、橋本金夢絵、平 成15年10月7日出版である。 内容は福沢諭吉の一生をわかりやすく48 の文言にまとめたもので、「き」北里博士を賞讃・応援、「お」男を叱る「新女 大学」、「ね」年中こまめに手紙を書く、といった調子である。

 昨22日、福沢諭吉協会の土曜セミナーがあり、セミナー終了後、このかる たの話題が出た。 服部「ネ豊」次郎理事長は、「福澤諭吉かるた」は今年の初 めにこの席にいる馬場さんがつくったものがあって、それを参考にしたので、 馬場さんが家元だと披露してくれた。 <1475> 福沢諭吉いろはがるた<等々 力短信 第924号 2003.2.25.>につけた試作「福沢諭吉いろはがるた」 2003.2.15.のことである。 光栄なことだったが、私の方は福沢の言葉を中心 にしていて、内容はまったく異なる。(参照 : 福沢諭吉いろはがるた〔昔、書いた福沢100〕<小人閑居日記 2019.8.18.>、試作「福沢諭吉いろはがるた」 〔昔、書いた福沢101〕<小人閑居日記 2019.8.19.>)

 別の筋から聞いた話では、「福澤諭吉」が商標登録されているため、増刷にあ たって「諭吉かるた」に名称を変更せざるを得ないのだそうだ。 「阪神優勝」 みたいな話だが、驚くべき商標が登録許可されるものである。

橋本五郎さん「ジャーナリストとして福沢から学ぶもの」[昔、書いた福沢189]2020/01/12 08:26

     橋本五郎さんの福沢入門<小人閑居日記 2003.10.1.>

 9月27日、福沢諭吉協会の土曜セミナーがあった。 講師は読売新聞編集 委員の橋本五郎さん、演題は「ジャーナリストにとっての福沢諭吉」だった。  橋本五郎さんが昭和41(1966)年慶應の法学部に入学した時、自分は東 大なのに小泉信三さんを通じての福沢ファンだった10歳年上の兄さん(役人) が、『福沢諭吉全集』全21巻を買えと、安月給のなかから5万円余をくれたと いう。 どこで買うかわからず、塾監局(慶應の本部事務局)に行ったら、土 橋俊一さんが手配してくれた。 重い本だというのが第一印象で、提げて帰っ てくる時、4巻ずつ友達に持ってもらった。

 学生時代は軽い文庫本や『福沢諭吉選集』で、『福翁自伝』『学問のすゝめ』 『文明論之概略』を読んだ程度だったが、『福沢諭吉選集』第四巻の丸山真男さ んの解題(1952年7月)に衝撃を受けた。 それは手品のような解説で、 橋本五郎さんは丸山さんから福沢に入ったという。

 駆け出しの新聞記者だった昭和48(1973)年、福沢諭吉協会が発足し たので入会した。 その申し込みのハガキに「田中王堂『福沢諭吉』の復刊と、 丸山真男の福沢論をまとめて一冊にできないか」と書いたら、富田正文さんか らハガキが来た。 橋本さんが当日、会場に持参していたその宝物のハガキに は、「丸山真男の本は検討されているようだが、王堂本の再版は慎重を要する」 とあったそうだ。 橋本さんが衝撃を受けた『選集』第四巻解題を含む丸山真 男さんの福沢論が、岩波文庫『福沢諭吉の哲学』となって広く読まれるように なったのは、2年前の2001年6月のことだった。 この700円の文庫本 が、橋本さんには1万円位に価すると語った。

    「ジャーナリストとして福沢から学ぶもの」<小人閑居日記 2003.10.2.>

 橋本五郎さんは「ジャーナリストとして福沢から学ぶもの」として、つぎの 6項目を挙げた。

  (1)「議論の本位」を定めることの重要さ。

  (2)無原則な機会主義とは全く違う「状況的思考」。

  (3)責任ある言論。     (4)開かれた女性論、家庭論。

  (5)肉親・子女への愛情。

  (6)幻想を抱かず、惑溺に陥らず。

 (1)「議論の本位を定める事」というのは、福沢が『文明論之概略』の最初 にその大切さを説いたもので、それを定めなければ、物事の利害得失を論じら れないとした。 丸山真男さんは「何を何より先に解決しなければならないか、 何が現在の切迫したイッシュであるか、をまず明らかにする」(『「文明論之概略」 を読む』)ことだと説明した。

 (2)今、起きていることを理解するには、できるだけ多面的に見る。 個 人的自由と国民的独立、国民的独立と国際的平等は全く同じ原理で貫かれ、見 事なバランスを保っている。

 (3)「外交を論ずるに当りては外務大臣の心得を以て」(明治30(189 7)年8月の時事新報社説「新聞紙の外交論」) 「責任ある報道」をしようと すれば、自分がその立場にあったらどうするか、何が国益、全体の利益にかな うのかを絶えず自問し、答えられるようにしなければ、無責任のそしりを免れ ない。

       福沢の女性論と家族への愛<小人閑居日記 2003.10.3.>

 昨日の続き。  (4)開かれた女性論、家庭論。 政治記者の橋本さんは、夜討のハイヤー で帰宅すると、午前2時か3時、へたをすると朝駆けの迎えの車がもう来てい るという状態だった。 帰宅した時、和服の夫人が三ツ指ついて、おかえりな さいませというのが理想ではあった。 橋本夫人は総理府勤めで、結婚した時 も、子供が出来た時も、辞めたらどうかといったが、秋田でひとり暮ししてい る橋本さんのお母さんと、電話で話がついていた。 お母さんは「絶対、辞め るな」と言ったという。 ことほど左様に、今日の聴衆もそうだろうが、日本 の男は男女平等ということが理屈でわかっていながら、男女の役割分担といっ た固定観念にとらわれている。 あの時代の福沢の女性論、家庭論が、あれほ どまでに進歩的で、いささかの偏見もないのは、何ゆえか、橋本五郎さんは、 ずっと疑問に思っているという。 

 (5)肉親・子女への愛情。 岡義武さんは日本学士院百年記念講演「福沢 諭吉-その人間的一側面について」で、福沢は「愛情に全く惑溺した一人の父 親以外の何物でもない」とし、「人生をいかに理解すべきか、又ひとはいかに 世に処すべきか、これらの問題について孤絶、寂寥の境地にその身を置くこと をたじろがず、そのことをつねに堅く覚悟していた福沢は、そのような心境に 対する慰めを肉親、子女へのこの上なくふかいその愛に求めていたのではない であろうか」「その情愛は、寂寥、孤独、孤高を恐れず辞しなかった強く逞し い彼の性格の実は他の半面、しかも、不可分の半面であったように私には思わ れるのである」と語っている。

     「とらわれる」こと、そして小泉首相<小人閑居日記 2003.10.4.>

 (6)幻想を抱かず、惑溺に陥らず。 福沢が最も戒めたのは「惑溺(わく でき)」である。 『文明論之概略』の随所に出てくる。 丸山真男さんは「政 治とか学問とか、教育であれ、商売であれ、なんでもかんでも、それ自身が自 己目的化する。そこに全部の精神が凝集して、ほかが見えなくなってしまうと いうこと、それが惑溺です」(『福沢諭吉の哲学』)と説明した。 橋本さんは新 聞記者として、あるがままに見ることを心掛け、とらわれていることはないの か、たえず畏れをいだきながら、やらなければならないと、思っているという。  いつも(81歳で亡くなった)おふくろに分かるように、中学生に分かるよう にと、記事を書いてきた。

 講演は、しばしば小泉首相の話に脱線した。 曰く、自己中心、他人のこと は考えない、ただ一筋に行く、脇は見ない、自分は正しいと思っている、した がって確信に満ちているように見える。 三世で、地元の選挙活動もしていな いから、ひとの痛みがわかっていない。 他人から言われたことは、やりたく ない、しばしば反対のことをやる。 竹中、川口両大臣の留任はそのよい例で、 川口さんは外務省で退任の挨拶もしていた、その証拠にあの日、赤の勝負服で なく、黒と白の葬式用みたいな服を着ていた。 勉強はしない、あまり本を読 まない(『同期の桜』ぐらい)、ものを知らないだけ強い、わかっていることし か言わない。 「構造改革なくして成長なし」というが、構造改革がどう成長 に結びつくのか説明しない、何もわからない。 得意の郵政と道路公団の民営 化の話だけ、ガーッとやる。

 そういった話を聴いて、みんなアハハと笑い、私ももちろん笑ったのだが、 笑いながら、笑っていられる場合じゃないとも思ったのだった。 だから、敢 えて書くことにした。

やさしくかくということ[昔、書いた福沢186]2019/12/30 06:21

       再録:やさしくかくということ<小人閑居日記 2003.8.26.>

 <等々力短信 第930号 2003.8.25.>に書いた「漢字仮名交じり文の運命」 だが、そのテーマで<小人閑居日記>に書いていたことを、思い出した。 毎 日書き飛ばしていると、ぜんぶ憶えているわけにはいかなくなる。 それは昨 年12月7日の「やさしくかくということ」で、加藤秀俊さんの中公新書『暮 らしの世相史 かわるもの、かわらないもの』を読んで書いた何回かの一回だ った。 この問題もまさに「かわるもの、かわらないもの」なので、まず、そ の12月7日の日記を再録する。

        やさしくかくということ<小人閑居日記 2002.12.7.>

 加藤秀俊さんの『暮らしの世相史』に「日本語の敗北」という章がある。 「日 本語の敗北」とは何か。 明治以来、日本語の表記について、福沢諭吉『文字 之教』の末は漢字全廃をめざす漢字制限論、大槻文彦の「かなのくわい」、羅馬 字会や田中館愛橘のローマ字運動などがあった。 戦前の昭和10年代前半、 鶴見祐輔、柳田国男、土居光知が、それぞれ別に、日本語はむずかしいとして、 改革案を出した。 当時、日本語が世界、とくにアジア諸社会に「進出」すべ きだという政治的、軍事的思想があった。 しかし、日本語を「世界化」する ための哲学も戦略もなく、具体的な日本語教育の方法も確立されなかった。 な にしろ国内で、「日本語」をどうするのか、表記はどうするのかといった重要な 問題についての言語政策が不在のままでは、「進出」などできた相談ではなかっ た。 日本は戦争に破れ、文化的にも現代「日本語の敗北」を経験した、とい うのである。

 戦後、GHQのローマ字表記案を押し切って制定された当用漢字は、漢字の 数を福沢が『文字之教』でさしあたり必要と推定した「二千か三千」の水準に、 ほぼ一致した。 だが、その後の半世紀の日本語の歴史は、福沢が理想とした さらなる漢字の制限とは、正反対の方向に動いてきている。 それを加速した のが、1980年代にはじまる日本語ワープロ・ソフトの登場で、漢字は「か く」ものでなく、漢字変換で「でてくる」ものになったからだという、加藤さ んの指摘は毎日われわれの経験しているところである。 加藤さんや梅棹忠夫 さんは、福沢の「働く言葉には、なるだけ仮名を用ゆ可し」を実行して、動詞 を「かたかな」表記している。 私などは、見た目のわかりやすさから、そこ まで徹底できないで、「きく」「かく」と書かず「聞く」「書く」と書いている。  それがワープロ以降、次第次第に、「聞く」と「聴く」を区別し、最近では手で は「書けない」字である「訊く」まで使っているのだ。 「慶応」も気取って、 単語登録し「慶應」にしてしまった。 福沢のひ孫弟子くらいのつもりでいた のに、はずかしい。 深く反省したのであった。

      加藤秀俊さんの日本語自由化論<小人閑居日記 2003.8.27.>

 近所の図書館で、井上ひさしさんの『ニホン語日記』(文藝春秋)のすぐそば に、加藤秀俊さん監修、国際交流基金日本語国際センター編の『日本語の開国』 (TBSブリタニカ・2000年←当時加藤さんは同センター所長)があった。  『日本語の開国』のはじめに、加藤さんの「四つの自由化-「日本語新時代」 をむかえて」という文章がある。

 現在、世界で日本語を勉強しているひとびとの数はすくなく見つもっても五 百万人、体験的に日本語を身につけた人口をふくめて推測すると、たぶん一千 万人をこえるひとびとが日本語をはなすようになってきている、という。 少 数の学者や物好きなインテリでなく、一般大衆が世界のあちこちで「日本語」 をつかいはじめた、そうした「日本語新時代」をむかえて、加藤さんはいま「日 本語」の根元的な「自由化」がもとめられているという。

 (1)完全主義からの自由化。 「ただしい日本語」の基準、モデル的な日 本語などありはしないのだから、日本人と外国人のつかう日本語のちがいは「完 全さ」の「程度」のちがいにすぎない。  (2)文学からの自由。 ごくふつうの日常の言語生活を基準にすると、「文 学」は異質の世界のいとなみ。 いま必要とされているのは、簡潔で意味が明 確につたわる「実用日本語」、日本語の「はなしことば」。  (3)漢字からの自由。 ワープロの登場で、漢字がおおくなった。 漢字 の呪縛からみずからを解放することによって、日本語はよりわかりやすく、よ みやすく、そしてかきやすいものになる。  (4)文字からの自由。 「読み書き能力」がなくても日本語はつかえる。  「文字」がわからなくとも「言語」は学習できる。

     加藤秀俊、梅棹忠夫、そして司馬遼太郎<小人閑居日記 2003.8.29.>

 若いとき、加藤秀俊さんや梅棹忠夫さんの本を読んで、おおきな影響を受け た。 一つには、その文章が読みやすかったということがあった。 それが『日 本語の開国』にあるような、日本語の自由化や国際化につながるものであると いうことまでは、気がつかなかった。

 加藤秀俊さんの(梅棹さんもそうだが)かき方(この段落はその方式でかく) 原則は、できるだけ「やまとことば」をつかい、かな表記し、そのなかで「音 読み」するばあいにかぎって漢字をつかう。 漢字の量がへって、文章はあか るい感じになる。

 いただいたばかりの木村聖哉、麻生芳伸往復書簡『冷蔵庫 7』(紅ファクト リー)の麻生さんの手紙に、岡本博さんという方のことを書いたのがあって、 なかに司馬遼太郎さんが岡本さんの本『映像ジャーナリズム』に寄せた序文が 引用されている。 司馬遼太郎さんも、読みやすい文章を書いた。 短文なが ら、岡本博さんという人のことがよくわかり、「雨ニモマケズ」ではないが、そ ういう者になりたいように描かれている。

 「岡本博は、経歴をみるとおそろしいばかりにオトナくさい元肩書がならん でいるが、自分自身を少年の心のままにとどめることにこれほど努力してきた 人はまれだし、そのことにみごとに成功した人である。  かれの感受性と洞察力は、澄みとおってしかも多量な少年のそれそのもので あり、自分の「見てしまったもの」をばらしたり組みあわせたり、あるいはも う一度のぞきこんだりする能力は、いうまでもなくかれのすぐれた知性と教養 である。  岡本博は、群れて歩いている人ではない。独りで歩き、独りで観客席にすわ り、ひとりでデモに加わり、ひとりで公園の水を飲んでいる。ひとりが似合う、 あるいはひとりが風景をなしているという人は、私の友人のなかでもきわめて すくない。                          司馬遼太郎 」

     「漢字をつかわない日本語」の方向<小人閑居日記 2003.8.30.>

 井上ひさしさんの漢字仮名交じり文についての考えと、加藤秀俊さんの日本 語自由化論をならべてみて、あらためてつくづく、ひとつの問題にもいろいろ な見方があることを感じた。 私などは、加藤論にひかれながら、井上論も捨 てがたく、「ゆれ」ているというのが実情である。

 『日本語の開国』の野元菊雄元国立国語研究所長の「日本語改革の思想史」 には、戦争の時代、生産力や軍事力を上げるために、用語の簡素化と発音式仮 名遣が推進されたこと、井上ひさしさんの本にあったように満州事変で新聞紙 面に中国の地名人名が多く出て漢字制限が無意味になった後も、漢字制限の底 流は依然として流れていたことが書かれている。 戦後割に早く、新かな・当 用漢字という今の表記法などが確立したのは、それなりの準備があったからで、 その中心になったのは保科孝一(1872-1955)という人物だったという。

 野村雅昭早稲田大学文学部教授(前に短信676号で『落語の言語学』をと りあげた)は『日本語の開国』の「漢字をつかわない日本語」で、漢字制限と 言文一致という語彙の改良をおしすすめ、正書法が可能なハナシコトバにもと づく語彙体系を確立する必要を説いている。 日本語をかえなければならない のは、わたしたちが近代国家としての言語を自分のものにし、それを世界中の 人々に解放するためである。 いうならば、真の精神の自由を獲得することに ほかならない。 言論の自由の保証は、ハナシコトバにもとづくものでなけれ ばならない。 できることからはじめる必要がある。 できるだけ漢字をつか わないようにという加藤秀俊、梅棹忠夫両氏のこころみなどは、その準備であ る。 漢字をつかわない日本語の時代は、まちがいなくおとずれる、と野村教 授は断言している。

中川眞弥さんの「『文字之教』を読む」[昔、書いた福沢181]2019/12/25 07:02

         『文字之教』を読む<小人閑居日記 2003.6.25.>

 6月の第三金曜日には、毎年「ジャーミネーターの会」がある。 近年は有 楽町の日本外国特派員協会が会場になっている。 高校時代に、日吉の慶應高 校と三田の女子高、それに私の志木高で、新聞を作っていた仲間の会だ。 「ジ ャーミネーター」というのは、発芽試験器だそうで、三校の新聞部が新人研修 のために出していた研究紙の名前だった。 洒落た先輩(生意気な高校生)が いて、名前にしても、そんな新聞を出していたことも、大したことをやってい たものだと思う。

 毎年スピーチがあるが、今年(20日)は幼稚舎の舎長をなさった先輩(9 年上)中川眞弥さんの「『文字之教』を読む-徳富蘇峰の指摘-」という話を聴 いた。 『文字之教』は、福沢諭吉が明治6年に刊行した子供向きの国語教科 書である。 従来の難しい四書五経の素読といった方法でなく、やさしく、漢 字をわずか928種しか使わずに、日常の役に立つ言葉や文章が身につくよう に工夫されたものだ。 『第一文字之教』『第二文字之教』『文字之教附録 手 紙之文』の和綴三冊本、『手紙之文』は草書体の木版刷り、実際に手紙を書くた めの手本になっている。 今日、ほとんど、読んだ人はいないだろう。 中川 眞弥さんの話を聴くうちに、それが、素晴らしいものだということが、徐々に わかってきた。

      蘇峰の挙げた福沢文章の特色<小人閑居日記 2003.6.26.>

 『文字之教』がどんなものか、『第一文字之教』から例を示す。

    第七教

   酒  茶  飯  砂糖

   買フ 喰フ 良キ 悪キ

  酒ヲ飲ム○茶ヲ飲ム○飯ヲ喰フ○子供ハ砂糖ヲ好ム

  ○良キ子供ハ書物ヲ買テ読ミ悪キ男ハ酒ヲ買テ飲ム

    第十五教

   角  尾  毛  髪

   髭  魚  蛇  坊主

  牛ニ角アリ○犬ニ尾アリ○魚ニ毛ナシ○蛇ニ足ナシ○女ニ髭ナシ

  ○女ニモ男ニモ髪アレドモ坊主ニハ髪ナシ

 徳富蘇峰は、明治23年4月『国民之友』80号に、前月(つまり出版から 17年を経て)この『文字之教』を読み、福沢について、世間が認める新日本 の文明開化の経世家としてではない一面、つまり文学者としての福沢の役割、 日本文学が福沢に負うところの多いことを説明するのに、この本が「大なる案 内者」となる、と書いた。 福沢が、すでに明治6年の時点で、平易質実、だ れでも読むことができ、だれでも理解できる「平民的文学」に注意したことを 知るのだ、と。

 蘇峰は、そうした「平民的文学」の先駆者としての福沢の文章の特色として 七つを挙げる。 1.その言葉の使い方に警句(「警策」エピグラム)があって、 一種の気迫がある。 2.身の回りの卑近な例を引くので(「直截」)、誰でも理 解しやすい。 3.他人が考えもしない発想(「非常の事を通常に云う」)。4. 比較が巧みで難しい理屈が納得しやすい(「不釣合」に突飛な対比)。 5.用 語の意味をつまびらかにして、分かりやすい(「死中に活」)。 6.諧謔、頓智、 諷刺、嘲笑、中でも最も多いのは嘲笑。 7.「嘲笑的な特色と相伴ふて離れざ るものは、懐疑的香味是なり。」

 この七つのうち、5までは、人がもし子細に学習すれば、その一片を学ぶこ とができるだろうが、6.7.は福沢に天性のもので、実に旧日本破壊、新日 本建設に際して、人々を目覚めさせるのに一大利器になったという。