丸家銀行、早矢仕有的、福沢と金原明善2022/06/20 06:59

 『福澤諭吉書簡集』第4巻906は、富田鉄之助が日本銀行副総裁で、福沢が破綻した丸家銀行の善後策について早矢仕有的案にかわるものを求めている書簡だった。

 丸善、丸家銀行については、坂井達朗さんが講義のなかで、詳しく説明した。 早矢仕有的は、天保8年生まれ(福沢より3歳年少)岐阜県武儀(むぎ)郡笹賀村(現山県市美山町)出身で、漢方を学んだ農村医。 先祖は戦国大名土岐氏の家臣、弓術の名人。 それで早矢仕有的の名、学才を惜しんだ庄屋高折善六のすすめで、安政6(1859)年江戸に出て、坪井信道に蘭方医学を、信道の弟、谷信教に英語(阿部泰蔵と同門)を学ぶ。 慶応3年谷塾廃止、慶應義塾に転じ福沢に入門。 明治元年、新政府から大学小助教の資格を認められ、横浜で医院を開業、傍ら医療品医薬品、外国書籍、文具の輸入・販売を兼営。 福沢のアドヴァイスで、名義人は丸屋(初めは地球の球(まる)屋、世間が「たまや」と読むので)善七を名乗る。 高折善六にちなむ架空の名前。 西洋文明の有形の部分を輸入・販売・製造(福沢は無形の部分)、小売業から次第に製造業、金融業に進出。 福沢に簿記・会計に詳しい中村道太を紹介され、その協力もあり急速に経営が拡大する。 従業員の面倒をみる共済組合から、明治12年無限責任丸家銀行を創立した。

 福沢は丸屋の経営に深くかかわった。 文明の商業者として早矢仕を高く評価、自らも多額の投資を行なった。 門下生の有力者、旧藩主層にも紹介、協力や出資を勧めた。 中村道太、福沢英之助、小幡篤次郎、朝吹英二、阿部泰蔵、穂積寅九郎、馬越恭平、近藤孝行(水野忠弘家扶)、奥平昌邁(まさゆき)。

 明治17年、丸家銀行の経営破綻。 ピークに達した松方デフレの影響だが、特に山形県朝日山地方の殖産政策、旧山形藩士の結社「六行社」の事業不振に、水野家との関係で頭取近藤孝行が個人的に融資していた債務を、丸家銀行に付け替えたのが焦げ付いた。 取付騒ぎとなる。

 丸家銀行の再建をめぐって、福沢と金原明善の緊密な協力関係があった。 金原は、浜松時代の水野家家臣団と取引し債権を持っていたと推定される。 丸家銀行の経営破綻は、金原の債権の回収を困難にした。 個人として多額の出資をしていた福沢、子供名義で出資、丸家銀行は特に有限責任制度でなかった。 事後処理のため、福沢と金原の間では、膨大な情報が交換されたはずだ。 多数の福沢書簡が保管されていた金原の東京の屋敷、第二次大戦中に防空壕で水損に遭い、廃棄。 『全集』は、一点のみ収録。

『福澤諭吉書簡集』の「金原明善」2022/06/19 07:38

 『福澤諭吉書簡集』索引の「金原明善」、第4巻906富田鉄之助宛、910丸屋銀行維持社員宛、第5巻1079中村道太宛、第9巻2336。 第9巻2336は、金原明善宛、年不詳(明治19年前後と推定)9月14日付、要旨は【(鉄道の)井上(勝)は中上川(彦次郎)が懇意である旨を伝え、中村(道太)の消息を知らせ、秋山(恒太郎)の預金の利子の請取を依頼する】。

 第4巻[ひと]5の「金原(きんぱら)明善」。 「天保3(1832)年、遠州長上(ちょうじょう)郡安間(あんま)村(現浜松市内)に出生。 生家は七十町歩程の地主で、代々名主を務める家柄であった。 明治8年、私財をなげうち基金を醵出して治水協力社を設立、天竜川治水事業を進めた。 その後河川改修費が地方税によって支弁されるようになると、同社を解散して、天竜川上流の育林事業にのりだし、運輸製材業を営んだ。 また丸家銀行の経営が破綻するとその整理に参画した。 これがのちに金原銀行に受け継がれる。

 福沢との出会いがいつ生れたのかは明確にしえないが、子息明徳が明治6年6月入塾した時であったかもしれない。 しかし明徳は『勤惰表』には名前がない。 金原が丸家銀行の整理に関与した理由は、このとき頭取であった近藤孝行が旧山形藩水野家の家臣(水野忠弘家扶)であり、破綻は近藤が山形藩士の私的な結社である六行社に、個人的に融資したことに始まったからであると考えられる。 この山形藩水野家は、幕府老中を務めた忠邦が天保改革に失敗した結果改易されたものであり(忠邦→忠精(きよ)→忠弘(明治4(1871)年慶應義塾入社))、その故地は浜松であったから、その時代に水野家の家臣と金原との関係が生れていたからであろう。 また、早矢仕有的と並んで丸家の中心的存在であった中村道太が隣国三河の出身であり、かねて金原と親しかった故であったといわれている(『丸善百年史』)。 社会福祉事業に深い関心をもち、特に出獄人保護を熱心に行った。 大正12年歿。

 金原宛福沢書簡は今日わずかに1通残っているのみであるが、これは太平洋戦争の空襲の被害を避けようとして、地下(東京の屋敷の防空壕)に保管したためにかえって湿気の害にあったことが確認されており(渡部忠喜氏談)、銀行の整理の過程で、福沢は相当数の書簡を金原に宛てて発信していたものと考えられる。」

 第4巻906富田鉄之助宛、明治17年11月3日付、このとき富田は日本銀行副総裁、破綻した丸家銀行の善後策について、早矢仕有的案にかわるものを求めている。 第4巻910丸屋銀行維持社員宛、明治17年11月16日付、日本銀行副総裁富田鉄之助の助力による丸家銀行維持の可能性を述べる。 第5巻1079中村道太宛、明治19年8月8日付、京橋区南鍋町の出版社鳳文館の建物の買取について問い合わせ、丸屋銀行整理につき金原らと相談した内容を伝えている。 「時事新報計算簿」(『全集』21)によれば、明治19年冬から20年3月までの間に、建物の代金800円を「藤本氏」に、改装費320円を大工幸吉に、「交詢社新築費」の名目で支払っている。 時事新報社はこの年12月25日から発行所を日本橋から南鍋町(銀座)の同所に移した。

 この時事新報社移転の件は、都倉武之さんの「ウェブでしか読めない 時事新報史」第19回「社屋の移転 日本橋を経て銀座へ」に詳しい。 https://www.keio-up.co.jp/kup/webonly/ko/jijisinpou/19.html

『福澤諭吉書簡集』の「金森吉次郎」2022/06/18 07:02

 『福澤諭吉書簡集』では、どうなっているのか、帰宅してから確認した。 「金原明善」と「金森吉次郎」で索引(書簡番号の斜体は本人宛、他は名前の出る書簡)を見る。 問題の書簡は、第7巻書簡番号1676の金森吉次郎宛、明治24年12月22日付で掲載されていた。 要旨は【濃尾地震の罹災地に対する救援・復興に、ひきつづき『時事新報』によって尽力することを約する】。 解説に、金森吉次郎は美濃の人。『時事新報』が罹災直後から救援のための論陣を張ったのを頼み、罹災者代表として上京した際、福沢に種々尽力を依頼した。「所郁太郎関係文書」(『全集』21)の中に金森から福沢宛の書簡などがあり、それとの関連で書簡1803、1804がある。「早々執筆」(の論文)は、翌25年1月8日付『時事新報』社説「震災地の手当を遅々す可らず」(『全集』13)。

 「金森吉次郎」宛書簡は、上の1676、と1679、1804、関連書簡は1803の井上馨宛で、みな第7巻にある。 1679は、明治25年1月15日付で、和田義郎の死去のため、今日の来訪の延期を乞うもの。 1804は明治26年11月15日付、来宅時に尋ねられた緒方洪庵の塾で同窓だった所郁太郎の履歴調査について、同窓で所と懇意だった柏原学而に問い合わせて、中間報告したもの。 「所郁太郎関係文書」(『全集』21)の註に、所郁太郎は、幕末、国事に奔走して長州にあり、禁門の変の後、長州に逃れ、刺客に襲われた井上馨に大胆な外科手術を施して、九死に一生を得せしめたが、陣中に病を得て没した。 品川弥二郎が往年の僚友を思って、金森吉次郎に問い合わせたのが端緒となり、福沢が履歴を調査することになった。 1803は井上馨宛、同日付、金森から尋ねられて調べた所郁太郎の履歴を、関わりのあった井上馨にも届けたもの。

「金原」宛と全く同じ金森吉次郎宛書簡2022/06/17 06:59

 ところが、富田正文氏の遺品の中に、大正12年12月24日の岐阜日々新聞記事のコピーがあって、記事中の写真で書簡原本の存在が認められた。 内容も筆跡も「金原」宛書簡と、まったく同じで、ただ宛名だけが、金森吉次郎となっていた。

 金森吉次郎は大垣市在住、当時は岐阜県会議員だった。 大正12年9月1日の関東大震災に関連して、岐阜日々新聞は濃尾地震の折に福沢が『時事新報』に載せた救済に関する論説を11月中旬に連載した。 そして『時事新報』に論説が出た事情と、それを福沢に働きかけた金森吉次郎への福沢の返信を、12月24日の紙面で紹介したのだ。 『時事新報』は、明治24年10月28日の濃尾地震の報道と救援活動に、素早い対応をし、明治25年2月までに、地震に関する「社説」、「漫言」を28回掲載した。 『福澤諭吉伝』4巻48篇も、「罹災者を恤(めぐ)む」と題して、この逸話を金森吉次郎から聞き書きして紹介、福沢の返信書簡も掲載している。

 坂井達朗さんは、「金原」宛書簡と、岐阜日々新聞の金森吉次郎宛書簡写真を、同じ大きさに片面コピーして、透かして見ることを求めた。 宛名が違うだけで、ほかはほとんど重なるのだ。 そこで、坂井達朗さんによる疑問の解決と結論だ。 福沢は金森を金原と取り違えた。 中部地方の地震と山岳崩壊の水害問題とあって、とっさに旧友で治水家の金原を思い浮かべたか。 直ぐに気が付いて書き直す。 驚嘆すべき事実は、生涯に書簡を一万通は書いたと言われる福沢、手が決まっていて、文言、字形、字配り、共に寸分違わずに書けた。 金原宛を処分するのを怠った福沢、それが生き残って、世に出た。 偽書ではない。 福沢が書き損なった、誤文書。

坂井達朗さんの「福澤書簡を原文で読む」講座2022/06/16 06:55

 13日、三田キャンパスの研究室棟A会議室で、福澤諭吉協会の公開講座、坂井達朗さんの「福澤関係史料を原文で読む―書簡を中心にして―」の最終回があった。 いろいろと教えて頂いたにもかかわらず、結局、私は福沢書簡の崩し字を読めるまでには、到底いたらなかった。 「ヽ」ひとつを、「候」と読むなど、想像を絶する。 あらためて『福澤諭吉書簡集』を編纂した方々に、深い敬意と感謝の気持を抱くこととなった。

 2020年2月の回がコロナで延期になって以来、長い中断があった。 前回までの内容は、以下のようなものだった。 A. 福沢の生涯と、立場が変わると書簡の宛先および内容が変化するのを辿る。 B. 史料としての書簡の面白さと重要性。 ア. 読む人が限定されている。本音が吐露されている。不特定多数の読者を想定せざるをえない著作との違い。「浴衣掛けで家人と談笑する姿」と、「正装して客に逢う姿」。 イ. 電話の発明される以前は、情報伝達の主要手段であった。 C. 取り扱いの難しさ。 ア.特別の書体。 イ. 発信者と受信者との共通体験の存在を前提とする場合が多い。大胆な省略が可能。 ウ. 通信の背景にある事情を知らなければ、十分の理解は不可能。

 坂井達朗さんの最終回は、「福澤書簡を巡るこぼれ話 二題」だった。 『福澤諭吉書簡集』編集の過程で、新史料が発見され、関係者を喜ばせた。 金原宛、12月22日付、震災の被害による、水害発生の懸念については、早速取り上げる積もりであるが、目下連日の来客で寸暇を得ないため遅れている、という内容。 「金原」は、福沢の文通相手で唯一の金原姓、金原明善と考えられた。 金原明善は天保3(1832)年~大正12(1923)年、浜松在の豪農、治山・治水家、林業家、社会事業家。 地震は、明治24年10月28日の濃尾地震かと考えられ、震源地は岐阜県北部の根尾村、福井県との県境の山岳地帯で、浜松の天竜川とは離れていて、その上流の水源(諏訪湖)にまで及ぶはずはないという疑問があった。

 ところが、意外な展開となった。 それは、また明日。